まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    1: 【大吉】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/01(日) 05:03:00.46 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』
    「日本のやつらが我々に謝罪するだろうか。あいつらがこのペ・ジョンギルの前でひざまずくのか!」

    日本軍『慰安婦』被害者の熱い声が心に響く映画『ホストリ(HERSTORY)』が、去る27日に公開された。

    『ホストリ』は、日本軍慰安婦被害者のハルモニ(お婆さん)たちが日本政府を相手に勝訴した実話の事件、『関釜裁判』を基にした作品である。

    121分の上映時間の中で俳優たちは、ハルモニたちが経験した痛みや悔恨、そして勇気を淡々と描き出した。

    緊迫した展開や派手なアクションは無いが、この映画はこれで十分である。

    『慰安婦』問題は依然として『現在進行形』の我々の悲痛な歴史だからである。

    映画『ホストリ』の沁みるセリフはより一層その痛みを切々と感じ、また憤怒させてくれる。

    観客に対し、時にはチョリッとする(痺れる)痛みを、時にはムンクルする(ジーンとする)感動を届ける映画、『ホストリ』の名セリフを紹介する。

    1. 「私を私本来の姿に戻してくれ。今すぐ17歳の時、あの時の姿に戻してくれ!」

    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』

    法廷に立った慰安婦被害者のぺ・ジョンギル(演=キム・ヘスク)は、自分の証言の番に慰安婦に連行される前の17歳の姿に戻してくれと言って泣き叫ぶ。

    17歳。 花の年頃に日本軍に連行されたその瞬間から、ハルモニたちの人生は180度で変わった。

    まだその痛みを忘れられないハルモニたちの心情が、ありのままに伝わるセリフだった。

    2. 「私たちは独り身ではなく、国家代表の選手だ」

    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』

    「どちらに行きますか」というタクシー運転手の問いに、「日本に慰安婦裁判を受けに行く」と答えたハルモニたち。

    驚いたタクシー運転手が両目を大きく見開くと、ハルモニたちは豪快に笑って自身の事を「国家代表」と称する。

    ハルモニたちを理解する事ができない人もいたが、応援してくれる人もいるという事である。

    そして弱い国の国民ゆえに経験した悲しみに対す謝罪を受けるという、ハルモニたちの心が感じられた。

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/163554

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】慰安婦映画『ホストリ(HERSTORY)』の涙腺を刺激する名セリフ[07/01]

    【【韓国】慰安婦映画『ホストリ(HERSTORY)』の涙腺を刺激する名セリフ[07/01] 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/05/26(土) 15:05:02.80 ID:CAP_USER
    大学受験を中心に、替え玉受験が社会問題になっている中国。
    「英語熱」の高まりで英語検定でも替え玉受験の組織犯罪が横行し、日本で受験して刑事事件になるケースが出ている。

     昨年12月から今年1月にかけ、
    大阪、京都、東京で替え玉受験にかかわったとして有印私文書偽造などの罪に問われた中国人の男性被告(30)
    =香港在住=に京都地裁は23日、懲役2年執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

     被告は今年1月、京都市の会場で英語検定「IELTS(アイエルツ)」を、
    偽造パスポートを示し別の中国人になりすまして受験した。試験官が写真の不自然さに気づくと会場から逃げ出し、
    路上で取り押さえられた。昨年10月、観光ビザで入国し、この試験の翌日に帰国予定だったという。
    東京や大阪でもIELTSを受験していた。

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL5V3DMQL5VUTIL00G.html

    引用元: ・【中国】替え玉受験、英検にも SNSで依頼、出来高報酬[05/26]

    【【中国】替え玉受験、英検にも SNSで依頼、出来高報酬[05/26] 】の続きを読む

    1: 【吉】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/01(日) 22:12:22.86 ID:CAP_USER
    豪雨が降りしきる7月初日、日本軍慰安婦被害者のキム・ボクドゥクさんが死去した。享年100歳。現在、政府に登録された慰安婦被害者のハルモニ(お婆さん)は27人だけが生存している。これに民主平和党は、政府の日本との慰安婦合意再交渉を要求した。

    韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は1日、「今日の午前4時、慶南(キョンナム)統営(トンヨン)在住の日本軍性奴隷制被害者であるキム・ボクドゥクさんが死去した」と明らかにした。遺体安置所は、慶南道立統営老人専門病院の葬儀式場に用意された。

    (写真)
    no title

    ▲ 1日、慰安婦被害者キム・ボクドゥクさん死去の消息が伝えられた。

    挺対協によれば、慰安婦被害者のキム・ボクドゥクさんは22歳の時に工場に就職させてあげるという言葉に騙され、フィリピンなど東南アジア戦線に連行されて性奴隷の被害を被った。7年後に故郷に帰ったキム・ボクドゥクさんは水曜集会や被害者人権キャンプに出席して、国内外の集会で日本軍の蛮行を証言するなど日本軍性奴隷制問題の解決と連帯活動に尽力したが、最近急に悪化した病状を乗り越える事ができず、恨みを抱いた一世紀を終えた。

    キム・ボクドゥクさんは、政府が2015年に日本と『最終的・不可逆的解決』などの表現まで使って締結した慰安婦韓日合意が2011年の憲法裁判所決定に反する行為と言いながら、翌年挺対協が主導した損害賠償訴訟に原告として参加した。

    民主平和党はこの日、慰安婦被害者キム・ボクドゥクさんの死去に対して冥福を祈り、「政府は慰安婦合意再交渉に積極的に乗り出さなければならない」と求めた。民主平和党のチャン・ジョンスク報道官は書面ブリーフィングを通じ、「今年だけで慰安婦被害ハルモニの5人が亡くなった。もう27人しか残っていない」と言いながら、「しかし、慰安婦被害の生存者と国民の自尊心に大きな傷を抱かせた“和解治癒財団”の清算と、日本政府の誠意ある謝罪と被害補償はまだ遥かに遠い」と指摘した。

    引き続き、「もう本当に時間が残っていない。いくら手で目を覆って無視したくても、帝国主義の侵略の歴史的事実は変わらない」と言いながら、「日本政府は歴史に対する痛烈な謝罪と補償で未来志向的な韓日関係を作る事に協力しなければならない」と求めた。

    その後チャン報道官は、「我が政府も積極的な態度で再交渉に乗り出し、慰安婦被害のハルモニの自尊心を取り戻して傷と恨を癒してあげなければならない」と強調した。

    ソース:アップダウンニュース(韓国語)
    http://www.updownnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=93150

    引用元: ・【韓国】「恨みを抱いた100年」~慰安婦被害者キム・ボクドゥクさん死去・・・民主平和党、政府に再交渉を要求[07/01]

    【【韓国】「恨みを抱いた100年」~慰安婦被害者キム・ボクドゥクさん死去・・・民主平和党、政府に再交渉を要求[07/01] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/30(水) 11:34:49.84 ID:CAP_USER
    (動画あります)

    高齢の女性から、現金400万円をだまし取ろうとした疑いで男2人が逮捕された。2人のうち1人は捜査員を警戒する見張り役だったとみられている。

    警視庁によると韓国籍の朴最理(パク・ジョンイ)容疑者ら2人は、東京・世田谷区の70歳の女性に弁護士を装って、民事裁判が起こされているなどとウソの電話をかけ、現金400万円をだまし取ろうとした疑いがもたれている。

    女性の息子がウソに気付いて通報し、捜査員が現金を受け取りに来た男と、周辺で捜査員がいないか見張っていた朴容疑者を現行犯逮捕したという。調べに対し、2人は容疑を否認しているという。

    ソース:日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/articles/2018/05/29/07394465.html

    引用元: ・【国内】高齢者から現金だまし取る・・・韓国籍の見張り役ら逮捕[05/30]

    【【国内】高齢者から現金だまし取る・・・韓国籍の見張り役ら逮捕[05/30] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/07/02(月) 11:19:05.48 ID:CAP_USER
    「韓国人永久追放」「在日韓国人消滅」「韓国崩壊」… 。
    動画共有サイト「ユーチューブ」日本語版で「韓国」というキーワードで検索したとき、
    1ページ目に登場する「嫌韓動画」だ。

    韓国を誹謗(ひぼう)中傷する「ネット右翼」(日本のインターネットサイトで活動する極右派を指す言葉)の仕業だが、
    最近大きな変化が起きている。「韓国」というキーワードで検索しても、このような動画が簡単には見つからなくなったのだ。

    1カ月間で韓国を中傷する動画数十万本が姿を消した。
    動画を掲載していたネット右翼のユーザーのアカウントは200件閉鎖された。

    韓国を中傷することに熱を上げていた彼らがユーチューブから姿を消したのはなぜだろうか。
    それにはネット右翼に立ち向かう弁護士たちとネットユーザーたちが大きな役割を果たしている。

    きっかけは2016年のことだった。同年4月に安倍政権が日本国内の在日コリアンが通う朝鮮学校の補助金支給停止を宣言すると、
    日本弁護士連合会所属の一部弁護士たちがこれを批判する声明を出した。

    問題は、それから1年が経過した2017年7月に始まった。
    日本弁護士連合会に朝鮮学校補助金支給停止を批判した所属弁護士を処罰してほしいという「懲戒請求」が殺到したのだ。

    毎年2000-3000件にすぎなかった弁護士懲戒請求件数が2017年には約13万件に達するほどだった。
    背後には、あるネット右翼が管理・運営するブログがあるとみられた。

    このブログが朝鮮学校補助金支給停止を批判した弁護士たちの氏名・連絡先
    弁護士懲戒請求の方法などを紹介して以降、懲戒請求件数が急増したからだ。

    ネット右翼の「テロ」に遭った弁護士たちは今年4月から反撃に出た。懲戒請求を繰り返すネット右翼を対象に損害賠償を請求することにしたのだ。
    朝日新聞によると、東京弁護士会所属のある弁護士は「朝鮮学校補助金に関連する発言をしたことがないのに、懲戒請求に苦しめられた」
    として、請求者960人に法的措置を取ることを発表した。

    札幌弁護士会所属の池田賢太弁護士(34)も、法的措置に出た弁護士の一人だ。池田弁護士が訴訟を起こすと、ネット右翼3人が謝罪の手紙を送ってきた。
    同弁護士は先月、会員制交流サイト(SNS)「フェイスブック」の自身のアカウントに謝罪の手紙を受け取ったことを明らかにし、返信を公開した。

    「貴殿がなすべきことは、私や弁護士会に対する謝罪ではなく、貴殿の心の中にある明確に存在する差別をする心と向き合うことであり、差別を楽しむこととの決別です」。
    この返信がネット上で拡散されて話題を集め、先月26日付の朝日新聞にも紹介された。

    一般のネットユーザーたちも弁護士たちの加勢をした。ある大規模ネット・コミュニティー・サイトのユーザーたちが中心になった。

    彼らは「この際、サイトからネット右翼を追い出そう」として、ネット右翼が集まる掲示板を攻撃するうち、
    ネット右翼の資金源であり、広報手段でもある「嫌韓ユーチューブ」に注目した。

    5月15日、初めて「ユーチューブにネット右翼たちの動画を通報しよう」という書き込みが掲載された。
    ユーチューブの管理・運営規約に「悪意のあるコンテンツ」を禁止するとあるため、ネット右翼の嫌韓動画を「人種差別な悪意のあるコンテンツ」として通報しようというものだった。

    通報から3日後、ユーチューブが「新潟の少女を殺害したのは在日韓国人だ」というネット右翼の動画を実際に削除すると、
    ネット右翼のユーチューブ・アカウント通報運動に火が付いた。

    ネットユーザーたちは1カ月間に1800万件以上のコメントを投稿、「ネット右翼のユーチューブ・アカウント停止祭り」を行った。
    効果は想像以上だった。これらネット右翼たちのアカウント約260件が停止処分を受けたり、自ら削除したりしたとみられている。

    韓国を中傷する嫌韓動画は20万-30万本が削除されたと推定される。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/02/2018070201169.html

    引用元: ・【韓国】 日本の弁護士・ネットユーザーが「嫌韓動画」 30万本削除

    【【韓国】 日本の弁護士・ネットユーザーが「嫌韓動画」 30万本削除 】の続きを読む

    このページのトップヘ