まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/17(木) 10:58:57.06 ID:CAP_USER
    【補足】
    かなり省略しています
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    (写真)
    no title

    no title

    no title


    韓国の暴力団の多くがくたばった。以前のように路上で仲間割れをしたり、酒場で組織間の利権争いで争った時代は今や、昔の映画でしか見られない光景になった。韓国を牛耳っていた拳が一つ二つ消えて猛スピードで瓦解した。しかし、組織暴力団の数字は相変わらず減っていない。彼らは絶えず新たに現れ統合して、頑なに自分たちの領域を守っている。

    いわゆる『3大ファミリー(西方派、ヤンウニ派、OB派)』が悪名を響かせた全国区の時代は既に幕を閉じた。 これら3大ファミリーの親分格が一人ずつ歴史の中に消えた。ここから離れた組員がこれらの系譜を引継いで勢力化したが、その規模は昔に比べてはるかに足りない。だが相変わらず組織暴力団は存在する。最近では既存の暴力組織が瓦解した暇に、新興暴力組織同士の統合と再結成がトレンドのように根付いた。

    ■ 『粘り強い生命力』=西南部イーグルス派
    イーグルス派はソウル銅雀区と衿川区一帯の勢力を統合して新イーグルス派を形成した。イーグルス派は1978年頃、当時某商業高等学校に在学中だったユン某氏など12人が結成した不良グループ、『イーグルス』から出発した。1987年に大統領選挙を控え、民主正義党(民正党)冠岳地区の党青年局長はイーグルスを選挙運動に動員する事を計画した。この時にユン氏はハンガラム青年会を結成した後、これを母体に組織を体系化した。

    ■ 『未成年入団』=利川連合派
    去る2014年8月、驪州のある食堂でコ某氏は既存の暴力組織を統合して『利川連合派』の親分に推戴された。その後勢力拡張のために未成年者を含む新規組員を大挙迎え入れ、各種の犯罪を続けた。これらは組織の存続・維持のために年齢別にチームを作って資金を集め、これを領置金・罰金代納・弁護士費用などを使って結束力を強化してきた。組織の規律を立てるという理由で脱退する組員や下部の組員には野球のバットなどで集団暴行を加えた。

    ■ 『盲目的忠誠』=春川統合家族派
    『統合春川家族派』は2011年、春川スンテク派と同期派、生活派、家族派など4つの組織が団結して誕生した。これら組織は2011年6月、洪川郡の某リゾートで結成式を開催してA氏を親分に推戴した。 「先輩に会ったら90度でお辞儀する」、「先輩が呼んだら直ちに出動する」などの行動綱領を設けた。これらはその後風俗店や愛人バンク、ヤミ金業など各種利権事業を独占して、他の組織暴力団と対峙した。核心組員6人は忠誠を誓い、自分の小指を一節ずつ切った。

    ■ 『最大実勢組織』=忠北パラダイス派
    パラダイス派は忠北清洲を基盤に1986年前後結成された暴力組織である。

    ■ 『スペックを見て選ぶ』=龍山梨泰院派
    組員を選ぶ時、外見と学歴を見る事で有名だった。梨泰院派が掲げた条件は身長175cm以上、大卒者もしくはイケメン。TOEICやTOEFLなどの英語試験の高得点者を優遇した。

    ■ 『刀を差して歩く』=仁川クラウン派
    クラウン派は1993年、仁川市中区新興銅にあった『クラウンナイトクラブ』から始まった。。

    ■ 『若い血が団結した』=大田ハニル派

    ■ 『刑務所で結成』=新全国区派
    新全国区派は刑務所に長期服役中だったチョン某氏が2006年2月、『庁下(床下)衛生派』と『全国区派』、『眼中派』など平沢地域の3大暴力組織を統合、外部に組織を結成して作った。

    ■ 『組織員を増やす』=木浦食口(家族の意味)派

    ■ 『高校生を操る』=容認ヨンチョン会派
    高校生にバイトをさせた後、金銭を恐喝。

    ソース:日曜時事(韓国語)
    http://www.ilyosisa.co.kr/news/articleView.html?idxno=145175

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】『新興組織暴力団』新全国区、22の組織公開・・・いなせな兄貴たち[05/17]

    【【韓国】『新興組織暴力団』新全国区、22の組織公開・・・いなせな兄貴たち[05/17] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/28(木) 18:58:16.56 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】大阪韓国文化院は7月14日にホテル日航大阪で、「朝鮮陶工420年の系譜」として、薩摩焼の15代沈壽官による特別講演会を主催する。文化院の開院20周年を記念する催しで、韓日両国の友好交流を歴史とともに振り返る。

     大阪韓国文化院の朴英恵(パク・ヨンヘ)院長は28日、聯合ニュースの電話取材に、薩摩焼は「韓日両国の歴史が生み出した合作といえる」としながら、「この講演を通し、420年の両国の文化交流に大きな役割を果たしてきた沈壽官家の足跡と系譜から韓日交流の重要性を振り返ってほしい」と述べた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/06/28/0400000000AJP20180628001100882.HTML

    引用元: ・【国内】薩摩焼の15代沈壽官 来月大阪で特別講演[06/28]

    【【国内】薩摩焼の15代沈壽官 来月大阪で特別講演[06/28] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/06(日) 10:39:18.35 ID:CAP_USER
    ■ 被害生徒の生命に支障なし
    ■ 「仲間はずれ(いじめ)など暴行の動機捜査中」
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    LA近郊の小学校の教室で12歳の韓人(コリアン)の生徒が、同い年の同級生に刃物を振り回して逮捕された。

    LA郡保安局によれば4日の午前8時頃、スティーブンソン・ランチにあるピコキャニオン小学校で、ある生徒が凶器で刺されたという申告が受理された。

    保安局のクリス・クラフト担当者は、「教室内で事件が起き、教師が被害者の生徒を直ちに看護師の元に連れて行った」とし、「事件直後、加害者の生徒は校長室に拘禁して、出動した保安局員に引き渡した」と伝えた。

    この学校の韓人の父兄によれば、加害者の学生は最近転校してきた韓人のA少年である。被害者の生徒は白人の男子生徒である事が分かった。二人とも12歳。

    ソース:米州中央日報(韓国語)
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=6170934

    引用元: ・【米国】韓人(コリアン)の小学生が教室で白人の同級生を刃物でさす・・・LA近郊のピコキャニオン小学校[05/06]

    【【米国】韓人(コリアン)の小学生が教室で白人の同級生を刃物でさす・・・LA近郊のピコキャニオン小学校[05/06] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/03(火) 15:02:59.36 ID:CAP_USER
    no title

    ▲中野敏男、東京外国語大学名誉教授の講演とインタビューを通じて進歩的日本知識人の考えを聞いてみた。[写真-キム・サムソク]
    no title

    ▲中野俊夫、名誉教授は去る5月12日、北海道の札幌市教育文化会館で「続く『慰安婦』問題と日本の民主主義」をテーマに講演した。[写真-キム・サムソク]

    日本の中野敏男、東京外国語大学名誉教授(社会理論、社会思想)にインタビューした。彼は2008年「歴史と責任-慰安婦問題と1990年代」、2012年「市価と戦争」、2017年「戦後の誕生-戦後日本と朝鮮の境界」という本を著述した日本の代表的な進歩知識人だ。

    彼は去る5月、日本、北海道の札幌市教育文化会館で「続く『慰安婦』問題と日本の民主主義」について講演し、6月上旬、東京で韓国挺身隊問題対策協議会と日本の日本軍「慰安婦」問題解決のための全国行動が共同セミナーを開催した時も時間をあけて参加するなど現場を指向する活動的な知識人だ。

    去る5月、彼は「日本軍『慰安婦』問題の解決を望む北海道の会」が主催した講演で2105年、日韓『慰安婦』合意について、ムン・ジェイン政権の『慰安婦』合意批判内容、日本軍と日本政府の加害責任、東アジアでの戦後期日本の民主主義を幅広く診断した。特にムン・ジェイン政権になって日本軍『慰安婦』問題が新しい局面に入ったと指摘した。

    彼は新しい局面に入った『慰安婦』合意問題、南北首脳会談と北米首脳会談開催で朝鮮半島の歴史的転換期に朝鮮(韓国)戦争の終結、日本の戦争と植民地支配の最終清算が始まった点を強調した。

    講演後に会って様々な質問を投げ、不足した部分は書面インタビューを通じて整理した。引き続き南北首脳会談と朝米首脳会談開催などに対する追加的な書面インタビューは彼の忙しい日程で失敗に終わるところだったが、大事な時間をあけてインタビューに応じてくれて本当に有難かったという言葉をもう一度伝えたい。

    インタビューで彼は日本軍問題解決のための活動を、日本民主主義の活性化の契機と見ながら、東北アジアで新たに作られつつある韓半島の平和に向けた南北関係の動きを支持した。最後に北日国交正常化過程で分断国家が加害国に責任と権利を明確にすために、共同で賠償交渉をして責任を問うことが重要だと付け加えた。

    夫人の中野宣子氏が韓国の延世(ヨンセ)大語学堂で習った韓国語の実力などで翻訳と語学講師で勤めており、インタビューの質問の返事に多く助けた。

    次は彼との一問一答だ。
    (後略)

    キム・サムソク(軍事評論家)

    ソース:統一ニュース(韓国語) 「南北共同で日本に過去清算、賠償要求する時」
    http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=125371

    引用元: ・【南北韓】 「南北共同で日本に過去の清算、賠償を要求する時だ」~中野敏男、東京外国語大学名誉教授[07/02]

    【【南北韓】 「南北共同で日本に過去の清算、賠償を要求する時だ」~中野敏男、東京外国語大学名誉教授[07/02] 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/04/20(金) 03:24:21.10 ID:CAP_USER
    ◆マレーシアの学校で誕生日の生徒にリンチをして動画撮影が大ブーム 学校側も困惑

    マレーシアの学校で誕生日の生徒に対して複数の生徒が集団暴行するというとんでもない行為が流行っている。
    マレーシアのメディアは最近ソーシャルメディアで中学生の誕生日パーティーの映像を紹介した。

    セランゴール州シャーアラム中学校で撮影された約30秒の動画で、中学生8人が友人1人を囲んで誕生日のお祝いの歌を歌った。
    8人の生徒は歌を歌い終わると一気に取り囲み膝蹴りやほうきや棒で集団暴行。
    倒れたまま苦しむ学生の映像も映っている。

    このような誕生日のお祝いはこの学校だけでなくほかの学校でも行われており、マレーシア中の学校でブームとなっている。
    誕生日を口実に集団暴行するというもので、いじめられっ子や目立たない子がターゲットになりやすいという。

    ターゲットになった子は同意のもと行われるとしているが、事実上半強制的に行われている悪習と指摘されている。
    この悪習は過去に韓国で流行っていたものだが、それがマレーシアでも流行っているようだ。
    マスコミはこの問題を学校側に問うと、中学校の関係者は「そのような伝統は学校には無い。ただ小麦粉を配り祝う伝統はある。私達もネットの動画が拡散後に見てその事実を知った」と回答。

    学校関係者は「その学生と連絡が取れていた」としており、シャーアラム警察も「暴行されたという被害届けは出ていない」と述べた。
    この問題の報告を受けたセランゴール州教育責任者は「事件を調査するよう当局に指示した。現在調査中であり、調査が終わり次第、状況をお知らせする」と述べた。

    写真:no title


    動画:https://twitter.com/sol_getnews/status/986808201864556545

    ゴゴ通信 2018/04/19 12:23:54
    http://gogotsu.com/archives/39191

    引用元: ・【韓流】マレーシアの学校で誕生日の生徒に集団リンチして動画撮影するのが大ブーム…原因は“韓国からの流行”(動画あり)[04/20]

    【【韓流】マレーシアの学校で誕生日の生徒に集団リンチして動画撮影するのが大ブーム…原因は“韓国からの流行”(動画あり)[04/20] 】の続きを読む

    このページのトップヘ