まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    2016年01月

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/12/24(木)04:38:14 ID:wIE
     米国の歴史学者の一部が長年にわたり慰安婦問題で日本を糾弾してきたが、その運動を主導する米国
    人女性学者の韓国政府寄りの政治活動がきわめて顕著となってきた。

     その学者は、慰安婦問題での事実を正す日本側の学者たちからの抗議に正面から答えないまま、安倍
    晋三首相を獰猛な「ミツアナグマ(蜜穴熊)」にたとえ、「戦争志向だ」と非難する投稿や「日本の竹
    島や尖閣諸島は日本には帰属しない」と断じる論文を米紙に寄せている。

     こうした“反日・親韓”の政治的言動は、米国での慰安婦問題論議が単なる歴史や人道上の課題では
    ないことを改めて示しているといってよい。

    日本糾弾を繰り返すダデン教授

     2015年3月、米国歴史学会(AHA)の機関誌『歴史展望』(Perspective on History)が、コネチカッ
    ト大学のアレクシス・ダデン教授ら米国の歴史学者20人による日本外務省への非難声明を掲載した。
    日本外務省は、米国マグロウヒル社が作成した高校教科書の慰安婦に関する記述の間違いについて訂正
    を求めていた。ダデン教授らはその外務省の動きを「不当な検閲」だなどと非難したのである。

     その非難に対して、今度は日本側の学者50人が同じ雑誌『歴史展望』の12月号に反論を掲載した(こ
    の一連の動きは本コラム「少しずつよい方向へ動き出した慰安婦問題」でも紹介した)。

     すると、日本の英字紙『ジャパン・タイムズ』が12月11日付の記事で、日本側学者50人の反論が米国
    歴史学会機関誌に載ったことを伝え、そのなかでダデン教授の新たな主張を報じた。

     ダデン教授は日本側の学者が否定する「慰安婦の強制連行」などには触れず、慰安婦を現代のナイ
    ジェリアのイスラム過激派テロ組織「ボコ・ハラム」の女性略奪に重ねて、日本側を改めて糾弾した。

    韓国では「我々の味方の米国人」

     日本史を研究する米国人女性学者のダデン氏は、慰安婦問題について一貫して「日本軍が組織的に
    20万の女性を強制連行した」という主張を曲げず、日本を非難してきた。昭和天皇を有罪とした東京
    での模擬裁判「女性国際戦犯法廷」(2000年12月)でも、米国下院の慰安婦問題での日本糾弾決議
    (2007年7月)でも、中心的な役割を果たした人物である。

     ダデン氏は今年、米国や日本の学者、活動家ら約500人から署名を集めて、慰安婦問題について日本
    政府や安倍首相に謝罪を求める声明を公表した。その署名運動の提唱も推進もダデン氏が主導してい
    た。

    つづく

    省略部の詳細はソースで。
    JBpress(日本ビジネスプレス)
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45604

    引用元: ・【日韓】米国人歴史学者の日本批判は学問か政治活動か 慰安婦問題で日本糾弾の主導者は韓国政府とべったり:古森 義久[12/23]

    【学問でも政治活動でもなく【日韓】米国人歴史学者の日本批判は学問か政治活動か 慰安婦問題で日本糾弾の主導者は韓国政府とべったり:古森 義久[12/23]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 22:47:48.31 ID:CAP_USER.net
     「日本は首相が交代するたびに歴史について違う話をします」

     今月20日午前、ソウル国際青少年センター。韓国のある大学生がこのように語ると、日本の大学生が
    「日本人がみんな政府と同じように考えているわけではない」と反論した。民間団体「韓日社会文化フォーラム」が
    主催した「韓日未来フォーラム」には、韓国と日本からそれぞれ20人の大学生が参加し、通訳を介して激しい
    論争を交わした。大学生たちは2日間にわたり慰安婦問題、独島(日本名、竹島)問題など、韓日間に横たわる
    懸案について討論を行い、その結果を発表した。

     韓国側からは「日本の学生たちは歴史問題に無関心のようだ」、日本側からは「韓国の学生たちは模範解答のように
    同じことしか言わない」といった不満の声も聞こえた。どのテーマでも何か明確な結論を出すことはできなかった。
    韓国から参加したチェ・ホンチョルさん(21)は「日本人の友人はいるが、感情を害すると思うのでデリケートな
    テーマについてはこれまで話題にすることを避けてきた」と語る。準備段階から参加した春日井さん(25)が
    「それでも考え方が違うことを認め合い、対話を始めたこと自体が成果だと思う」と話すと、周囲の学生たちもうなずいた。
    あるいは「複雑なテーマはすぐ解決できるわけでもないので、まずはそれに伴う感情の問題から解決すべきだ」といった
    折衷型の意見もあった。「異なった見方があることは最初から分かっていた」「今回は相手の主張について、その論理的な
    根拠を聞き、そのような見方もあるということを理解した」という声が大勢を占めていたようだ。

     「今回参加した学生たちこそ、韓日関係発展に最も希望を持てる世代」という見方もあった。日本から参加した
    小林さん(22)は「私たちは過去のことを直接体験したわけではないため、じっくりと落ち着いて話ができるという
    側面がある一方で、元慰安婦女性など当事者たちの声を聞ける最後の世代でもある」と述べた。来年は「竹島の日」を
    制定した島根県で開催される予定だ。主催者側は「非常にデリケートな場所でより深い話ができるようにしたい」と抱負を述べた。

    イ・ギフン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2015/12/23 09:38
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/23/2015122300975.html

    引用元: ・【朝鮮日報】日韓の大学生40人、通訳を介して激しい論争 日韓未来フォーラム、日韓関係発展の先頭に立つ学生たち[12/23]

    【彼らとは何話しても無駄【朝鮮日報】日韓の大学生40人、通訳を介して激しい論争 日韓未来フォーラム、日韓関係発展の先頭に立つ学生たち[12/23]】の続きを読む

    このページのトップヘ