まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    2017年03月

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/03/26(日) 12:43:28.61 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170326-00000511-fnn-int
    フジテレビ系(FNN) 3/26(日) 12:38配信

    香港の商業施設で、およそ40メートルある上りのエスカレーターが逆走する事故があり、18人がけがをした。
    2本あるうちの上りのエスカレーターが、大勢の人を載せて、上へと上がっていたが、次の瞬間、突然、進行方向が逆になった。
    乗っていた人が滑り落ちるように下っていって、最後は、折り重なるように倒れていった。

    地元メディアなどによると、事故があったのは、香港にある商業施設の4階と8階を結ぶ全長およそ40メートルの上りのエスカレーターで、25日夕方、突然、逆走した。
    この事故で、18人がけがをした。
    エスカレーターは、2週間ごとに定期点検をしていて、3月23日の点検では、異常はなかったという。
    地元当局が、事故の原因をくわしく調べている。

    引用元: ・【香港】香港でエスカレーター逆走 18人けが[03/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【エスカレーター禁止な】香港で40メートルのエスカレーターが逆走】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/03/26(日) 21:40:45.16 ID:CAP_USER
     《宇宙開発で世界の先端を走っている米国が、中国を脅威に感じている。開発予算をみると、中国の約110億ドルに対し、米国は約390億ドル。差は大きく開いているのに、なぜ米国は中国の動きを注視しているのか。[山田敏弘,ITmedia]》

     1961年5月25日、米国のジョン・F・ケネディ大統領は米議会で、「10年以内に、人類を月に上陸させ、安全に帰還させる」とスピーチをした。このスピーチは、米国の宇宙開発を加速させた歴史的なものであるとして今も語り継がれている。

     当時、NASA(米航空宇宙局)に勝算があったわけではない。現実には、人を月に送るための具体案やビジョンすら持ち合わせていなかったと言われている。

     このスピーチの背景には、数年前の1957年にソ連が米国に先駆けて人工衛星のスプートニクの打ち上げに世界で初めて成功しており、さらにケネディ・スピーチの1カ月ほど前には、ソ連が有人宇宙飛行を成功させていたことがある。ソ連に負けてられないという空気があったのだ。

     それから56年近くが経ったいま、米国には当時のソ連と同じように、宇宙開発で“脅威”と感じている国がある。中国である。

     就任から2カ月ほどが経ったドナルド・トランプ政権だが、そろそろ宇宙開発の方向性と政策を示すのではないかと期待されている。おそらくトランプは、ケネディ大統領が宇宙開発でソ連に抱いたように、中国をこれまで同様に敵視し続けることになりそうだ。

     そもそもなぜ宇宙開発で先端をいっているイメージが浸透している米国が、中国の宇宙開発を脅威に感じる必要があるのだろうか。

     まず2016年の統計を見てもらいたい。昨年、世界でもっとも多くロケットの打ち上げを行なったのは、米国と中国である。ともに22回の打ち上げを実施しており、中国は宇宙開発においてすでに米国に「追いつき」、少なくとも脅威になりつつある。

     もちろん数がすべてではないが、打ち上げ数を見ると、米中に次いで、ロシア(19回)、欧州(9回)、インド(7回)と続く。実施数ではもうロシアを追い越しており、2016年に4回の打ち上げを行なった日本とは大きく差がついている。

    中国の宇宙開発は野心的

     2003年に初めて有人宇宙飛行を成功させた中国は、近年、急速に宇宙開発を進めている。事実、2016年には、2人の宇宙飛行士が宇宙船「神舟11号」で、中国宇宙ステーションの実験モジュール「天宮2号」にドッキングして1カ月を過ごし、無事に帰還している。

     そして2017年にはロケットを30回打ち上げると発表しており、そうなると米国を大きく上回る可能性が出てくる。

     言うまでもなく、中国の宇宙開発技術はまだ米国やロシアには追いつけていないが、欧州などにはもう近づいていると言われている。ちなみに予算だけみても、中国の約110億ドルは世界第2位だが、世界第1位である米国の年間約390億ドルには及ばない。

     ただそれでも、中国のビジョンはかなり野心的だ。中国の国家科学技術革新特別計画による5カ年計画によれば、今後5年で中国は宇宙ステーションの建設を目指し、火星探査を実施の検討を開始するという。

     また中国国家航天局(CNSA)は、中国初の宇宙貨物船「天舟1号」を2017年4月に打ち上げ、2018年には月裏側への探査機の軟着陸を世界初で行う予定だ。また、2020年までには、火星への探査機を送り込むとしており、これについてはロシアや欧州も乗り出しているが、現在のところ米国しか成功していない。

     つまり、中国はこれから宇宙開発で世界をリードしていきたいという意思を見せている。中国の場合は宇宙プロジェクトの成功は国民の愛国心をくすぐり、中国共産党の正当性を示すことになるため、国家として非常に重要だからだ。

     一方、米国や欧米からは中国の宇宙開発が軍事利用に転用されるとの警戒心がある。特に米国は、以前から中国への警戒心は強い。例えば、法律で国内の宇宙開発計画から中国を締め出していることは、あまり知られていない。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n1.htm

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【国際】NASAにとって中国が“脅威”に… 野心的な宇宙開発を警戒、国際会議から中国人締め出し[3/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【処分してかまわんよ】NASA、中国人だけ「排除措置」】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/03/25(土)06:41:55 ID:???
    韓国 小中高校で独島教育強化へ

    【ソウル聯合ニュース】韓国の教育部は24日、日本の文部科学省が独島の領有権を主張する高校教科書の
    検定結果を公表したことを糾弾する報道官声明を発表するとともに、独島教育を強化する基本計画を明らかにした。

     声明は「検定に合格した教科書は日本の帝国主義の侵略に関する内容は隠蔽(いんぺい)・縮小し、
    韓国固有の領土である独島を『日本の領土』として記述した」として、
    「歪曲した歴史を教え、独島の領有権主張を繰り返すことは侵略戦争で隣国の主権と人権を深刻に
    侵害した歴史的な過ちを忘却し、再び隣国に苦痛を与える行為」と批判した。

     また、日本政府が1877年、太政官指令で鬱陵島と「竹島」は日本と関係ないと指示したことなどは、
    独島が歴史的・地理的・国際法的に明白な韓国の領土であることを示すと強調した。

    続き 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/24/2017032402127.html


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 67◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489361296/645

    引用元: ・【韓国】小中高校で独島教育強化へ [H29/3/25]

    【【不法占拠して】韓国 小中高校で独島教育強化へ】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/03/21(火) 14:00:23.84 ID:CAP_USER
    2017年3月20日、環球網によると、中国人乗客が航空機内で韓国人と言い争い、フライトアテンダントを侮辱した。

    韓国・聯合ニュースによると、19日夜、仁川国際空港発香港行きの大韓航空機で、中国人乗客と韓国人乗客の言い争いが起きた。

    中国人乗客が予約していない座席に座り、後から来た韓国人乗客と言い争いになった。仲裁に来たフライトアテンダントにまで暴言を吐いたという。

    騒ぎを受け、滑走路まで移動していた大韓航空機は引き返し、離陸は2時間46分遅延した。

    問題の中国人乗客は旅行会社社員で、約20人の中国人ツアー客を連れて帰国するところだった。韓国警察は拘束するまでの事案ではないとして、非拘束立件の措置を下した。

    また、大韓航空は今後、問題の乗客の搭乗を拒否することを表明した。


    Record china 配信日時:2017年3月21日(翻訳・編集/増田聡太郎)
    http://www.recordchina.co.jp/b172752-s0-c30.html

    引用元: ・【大韓航空】中国人乗客(仕事中のツアコン)が航空機内で韓国人と言い争い、フライトが遅延[3/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【想像できるわ 】大韓航空機が引き返し。中国人と韓国人が言い争い】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/21(火)21:03:54 ID:5lI
    東京・上野公園で、中国人男性が頭に鉄パイプが刺さった状態で見つかり、重傷を負った。警視庁は、中国人男性が、何らかのトラブルに巻き込まれた傷害事件とみて、捜査している。
    20日午後11時半ごろ、東京・台東区の上野公園で、頭に鉄パイプが刺さった状態で歩いている男性を通行人が発見し、119番通報した。
    男性は、病院に搬送され重傷だが、命に別条はないという。
    鉄パイプは、直径およそ1cm、長さ20cm程のもので、男性の額から右側頭部にかけて斜めに刺さっていた。
    男性は、28歳の中国人で、事件前、ほかの中国人と口論になっていたという目撃情報もあり、警視庁は、中国人同士のトラブルとみて、当時の状況などを調べている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170321-00000089-fnn-soci

    引用元: ・上野で頭に鉄パイプ刺したまま歩いてる中国人男性が発見される

    【【治安が悪いなぁ】上野で頭に鉄パイプ刺したまま歩いてる中国人男性が発見される】の続きを読む

    このページのトップヘ