まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    2018年07月

    1: 動物園φ ★ 2018/07/24(火) 00:14:56.63 ID:CAP_USER
    阿部岳記者のコラム[大弦小弦]辛淑玉(シンスゴ)さんが「すみません……すみません」
    2018年7月23日 10:42

     言葉を詰まらせ、辛淑玉(シンスゴ)さんが「すみません…すみません」とうつむいた。東京MXテレビから謝罪された20日のこと。番組「ニュース女子」は辛さんと沖縄の基地反対運動へのデマを並べていた

    ▼なぜ辛さんが謝るのか。東京での記者会見の動画を見て浮かんだ疑問は、すぐ解けた。MXは表面的にせよ辛さんに謝罪したが、沖縄にはしなかった。それを受け入れた自分を責めていた

    ▼沖縄で辛さんに話を聞いたことがある。「私が攻撃されるだけなら、諦められる。今回は大切な沖縄の人たちを泣かせたから、嫌でも闘うしかなかった」。終始、沖縄のことが頭にあった

    ▼本当は、自身が深く傷ついていた。在日コリアンという出自へのヘイトを地上波でまき散らされ、悪意と攻撃が身の回りに直接迫った。仕事も生活も捨て、ドイツに実質的に亡命せざるを得なかった

    ▼一時帰国するにも勇気がいる。それでも会見では、番組を制作した「本丸」のDHCテレビジョンと司会者を名誉毀損(きそん)で提訴すると発表した。MXの謝罪受け入れも、その布石だという

    ▼「この先にあるのはジェノサイド(民族大量虐殺)」「原告たり得る私がやらなければ」。毅然(きぜん)と振る舞う辛さんが、こう言った。「今回だけは助けてください。支えがなければ闘いきれません」。沖縄から、何ができるだろう。(阿部岳)

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/287389

    引用元: ・【話題】シンスゴさん「この先にあるのはジェノサイド(民族大量虐殺)」

    【【話題】シンスゴさん「この先にあるのはジェノサイド(民族大量虐殺)」 】の続きを読む

    1: 【B:107 W:89 H:87 (C cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/06/23(土) 09:24:58.57 ID:CAP_USER
    (写真)
    https://imgnews.pstatic.net/image/005/2018/06/23/611212110012463986_1_20180623071102517.jpg

    別れた内縁男(ネヨンナム)の『外道(浮気の意味)』に憤怒して車に汚物をつけるなど、常習的に嫌がらせをした50代の女に罰金刑が宣告された。

    蔚山(ウルサン)地方法院(地方裁判所)刑事1単独(判事=オ・チャンソプ)は22日、財物損壊容疑で起訴されたA被告(55歳・女)に罰金200万ウォンを宣告したと明らかにした。

    A被告は去る1月、蔚山 東区(トング)の某駐車場に駐車していた内縁男のBさんの車のドアノブとドアの隙間に犬の糞をつけるなど、7回にわたって損壊した。Bさんはこれによって15万ウォン相当の車両修理費の被害を受けた。

    A被告は内縁関係を持って別れたBさんが違う女に会うと、すぐにこれに激怒して犯行を起こした事が分かった。

    裁判部は、「被告人が鬱病など精神的に不健康な状態で犯行を起こしたと見られる」とし、「過ちを反省して再犯防止を誓っている点、被害の規模があまり大きくない点などを考慮して罰金刑を宣告した」と量刑理由を説明した。

    ソース:NAVER/国民日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=005&aid=0001108328

    引用元: ・【韓国】別れた男の車に犬の糞をつけた女[06/23]

    【【韓国】別れた男の車に犬の糞をつけた女[06/23] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/24(火) 00:18:31.31 ID:CAP_USER
    (社説)安倍1強政治の果て 民主主義の根腐れを憂う

    2018年7月22日05時00分

     憲法が「国権の最高機関」と定めた言論の府の惨状も極まった。安倍1強政治のおごりがもたらした民主主義の危機は一層深まったと言わざるをえない。

     きょう閉幕する通常国会で、政権与党は働き方改革法、参院の定数を6増やす改正公職選挙法、そしてカジノ実施法を次々と強行成立させた。

     一方で、行政の公正性や政治への信頼を深く傷つけた森友・加計問題は、誰一人政治責任を取らぬまま、真相解明はたなざらしにされた。

     巨大与党を従えた長期政権の弊害が、国の統治を根腐れさせようとしている現状を、これ以上見過ごせない。

     ■説明せぬ政権の不実

     行政府を監視し、熟議を通じて、より幅広い国民の理解を得ながら法律をつくる――。そうした国会の機能をこれほど形骸化させた第一の責任は、安倍首相にある。

     昨年の通常国会から追及が続く政権をめぐる問題は、今春以降、新たな局面を迎えた。

     森友学園との国有地取引をめぐっては、財務省による決裁文書の改ざんや交渉記録の廃棄が明らかになった。首相の妻が名誉校長を務めていた学園に特別な便宜が図られたのではないかという疑惑は、国民の「知る権利」を侵し、民主主義の土台を掘り崩す事態にまで発展した。

     加計学園の獣医学部新設では、首相と加計孝太郎理事長が面会し、首相が「いいね」と言ったなどと記した愛媛県の文書が公になった。事実なら、一国の首相がこれまでウソをついていたという深刻な問題だ。

     いずれも、衆参両院の予算委員会や党首討論で再三取り上げられたが、解明にはほど遠い。正面から疑問に答えようとしない首相らの不誠実な姿勢こそが、政策論争に割くべき貴重な時間を空費させた。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S13599612.html?ref=editorial_backnumber

    引用元: ・【朝日新聞】安倍1強政治 民主主義の危機は一層深まった

    【【朝日新聞】安倍1強政治 民主主義の危機は一層深まった 】の続きを読む

    1: 【B:75 W:66 H:99 (A cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/06/12(火) 08:03:28.09 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    12日の午前3時10分、蔚山市(ウルサンシ)蔚州郡(ウルジュグン)の某中学校4階の教室から火災が発生した。

    この火災で教室の一部(50㎡)と扇風機、ロッカーなどが焼けて、370万ウォン(消防署推算)相当の財産被害を出して約10分後に鎮火した。

    火災警報を聞いた当直が申告して、未明の時間帯で教室には誰もおらず人命被害は無かったと消防当局は明らかにした。

    蔚山市消防本部の関係者は、「扇風機の電源が入っていたと見られる」とし、「扇風機のモーターから火が起きたと見て、火災原因を調査している」と話した。

    ソース:NAVER/蔚山=聯合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0010143055

    引用元: ・【韓国】蔚山の中学校で火災、「つけっぱなしの扇風機が原因?」[06/12]

    【【韓国】蔚山の中学校で火災、「つけっぱなしの扇風機が原因?」[06/12] 】の続きを読む

    1: ろこもこ ★ 2018/07/09(月) 20:26:39.95 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000001-ykf-soci

     米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏と、オーストラリアで慰安婦像設置を阻止した民間団体「AJCN」代表の山岡鉄秀氏らは6日、朝日新聞デジタル英語版で、慰安婦問題について「強制連行・性奴隷説」を流布するような記述がみられるとして、印象操作の中止を求める署名と申入書を、朝日新聞の渡辺雅隆社長宛てに提出した。

     「英語版の記事を読むと、読者は『強制連行』や『性奴隷』を想像する。海外に対して、どれだけの悪影響があるか分からない。報道機関として責任を持つべきだ」

     ケント氏は語った。

     朝日新聞デジタル英語版では、慰安婦問題を報じる際、「forced to provide sex」(性行為を強制された)というフレーズなどが頻繁に使用され、性奴隷を連想させているという。

     ケント氏と山岡氏らは今年2月、「朝日新聞英語版の慰安婦印象操作中止を求める有志の会」を立ち上げ、6月中旬までインターネット上などで署名活動を行った。約1万400筆を提出したという。

     申入書では、「forced to provide sex」の表現を今後使用しないことや、朝日新聞も2014年8月に「大誤報」と認めた吉田清治氏の虚偽証言を、英文で改めて紹介することなどを求めた。

     朝日新聞では、編集局幹部や広報部長などが対応し、有志の会は、23日までに回答を求めた。

     山岡氏は「撤回した記事の内容が、英語版ではまだ掲載されている。海外で日本人が受ける、さまざまな被害に直結している」と強調した。

     今回の申し入れについて、朝日新聞社は、夕刊フジの取材に対し、「申し入れも、署名についても、重く受けとめて真摯に検討させていただきます」「対応は今後検討いたします」と文書で回答した。

    引用元: ・【国内】ケント・ギルバート氏が朝日新聞に殴り込み 英語版・慰安婦報道に署名と申入書提出 「報道機関として責任を持つべき」[07/09]

    【【国内】ケント・ギルバート氏が朝日新聞に殴り込み 英語版・慰安婦報道に署名と申入書提出 「報道機関として責任を持つべき」[07/09] 】の続きを読む

    このページのトップヘ