まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    2018年08月

    1: らむちゃん ★ 2018/05/31(木) 17:38:34.62 ID:CAP_USER
    サーチナ2018-05-31 08:12
    http://news.searchina.net/id/1660351?page=1

     「日中友好は韓国のおかげ、中韓友好は日本のおかげ、日韓友好は中国のおかげ」という言葉を、中国のネット上ではしばしば見かける。それは、東アジアに鼎立する3カ国が複雑に絡み合いながら、もつれ合いながら存在していることを表すものとも言えるかもしれない。
    中国メディア・今日頭条は29日、「どうして日本人は、韓国人のことを好きではないのか」とする記事を掲載した。

     記事は、ある韓国人ネットユーザーが米国のネット掲示板上で、「どうして日本人は韓国人が好きじゃないのか」という質問をしたと紹介。この質問に対して、日本、韓国それぞれのネットユーザーから回答があったと伝えた。

     日本のネットユーザーからは、「日本は韓国併合後、韓国人に対して日本語と日本文化の学習を迫るとともに、自分たちは韓国人より優れていると認識していた。
    そして、20世紀中ごろには韓国は日本の統治から抜け出したが、どの方面においても日本より後れており、日本人は韓国人に対してなおも優越感に満ちていた。しかし、韓国が経済的、文化的発展を遂げ、世界における地位を高め、
    日本との差を縮めてきた中で、日本の保守主義者たちは依然として韓国は劣等国だと考え、韓国や韓国人について再定義することを拒んできたのだ」との意見が出たという。

     (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【中国メディア 】日本人はどうして韓国人のことを良く思っていないの?

    【【中国メディア 】日本人はどうして韓国人のことを良く思っていないの? 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/06/16(土) 10:53:42.58 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2018年6月16日 09時10分
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180616/Recordchina_20180616009.html

    2018年6月13日、韓国・アジア経済は、気温の上昇とともにソウル市内を流れる漢江(ハンガン)沿いにある汝矣島(ヨイド)漢江公園を訪れる市民が増加し、それにより公園に変化が生じていると報じた。

    記事は、涼をとる市民でにぎわう公園の様子を「修羅場と化している」と表現。中でも目に付くのは夏の日差しを遮ってくれる「テント」だといい、読書や昼寝、カードゲームなどを楽しむ市民が多い中、
    入り口を締め切っているものもあったという。また、日没後もテントの数は減らなかったそうだ。なお、漢江でテントを利用する際には2面以上を開放し、夜には撤去しなければならない決まりになっている。

    記事は、公園内の交通の問題も指摘している。自転車と歩行者が入り混じっているため、事故につながる可能性のある危険な光景が何度も見られるという。この他にも、
    公園の最寄駅である汝矣(ヨイ)ナル駅の前には違法露天商が道路に列をなしており、調理の際の煙などが通行人の迷惑になっている。

    公園近くに住むある住民は「冬以外の春、夏、秋には人が多くうるさい。休むのはいいが、騒がず、ごみの分別をしっかりするなど高い市民意識を見せてほしい。違法露天商対策もしてほしい」と残念そうに話しているという。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【韓国】ソウルの人気観光地が“修羅場”に?市民のマナー不足を韓国ネットが批判

    【【韓国】ソウルの人気観光地が“修羅場”に?市民のマナー不足を韓国ネットが批判 】の続きを読む

    1: ザ・ワールド ★ 2018/05/09(水) 11:12:29.68 ID:CAP_USER
    キャビンアテンダントは多くの韓国人女性の憧れ。だがハードルは極めて高い。

    韓国の若年層の失業率は「壊滅的」なレベルに近づいていると2018年3月、同国の財務大臣は語った。

    仕事を得るために、多くの韓国の若者たちは履歴書を完璧なものにしなければならないとプレッシャーを感じている。もちろん顔写真を含めて。

    キャビンアテンダントは、数ある仕事の中でも特に憧れの仕事、競争も激しい。
    だから、多くの志望者が選考にパスする確率を少しでも上げようと整形手術を受ける。

    キャビンアテンダントを目指す女性向けに、顔を細くし、目を大きくし、口角を上げるなどの特別メニューを設けている整形病院もあるほど。

    体型を保つために絶食し、下剤を飲む、それが仕事。ユナイテッド航空のキャビンアテンダント(CA)がそう語ったのは1993年のこと
    。CAは体重が上限より約5キロ増えると、10日間の無給の休みを取らされると当時、シカゴ・トリビューンは伝えた。

    そんなルールは世界の多くの場所ではすでに緩和されたか、完全に廃止された。
    だが韓国のCA志望者たちは、まだ外見を良く見せることへの大きなプレッシャーに晒されている。

    アシアナ航空、大韓航空など韓国の大手航空会社は2015年、CAの応募基準を下げ、条件を緩和したと同国のメディアは伝えた。

    だが実際には、選考プロセスと韓国の美的基準が相まって、
    CA志望者は“より美しくあること”への無言のプレッシャーを受けているとコリア・ヘラルドは伝えた。

    「CAは実際、航空会社を代表する存在」と以前、CAとして働いていた25歳のリム・ソジンはBusiness Insiderに語った。

    https://www.businessinsider.jp/post-166633

    引用元: ・【韓国】整形手術は当たり前、キャビンアテンダントを目指す女性たち

    【【韓国】整形手術は当たり前、キャビンアテンダントを目指す女性たち 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/12(土) 09:43:43.01 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://www.youtube.com/watch?v=giVeqNH_ufE



    最近光州では、タクシー搭乗のトラブルが集団暴行につながり、被害者が失明する事件が起きました。

    このように、些細な事から始まる『怒り犯罪』が相次いでいます。

    慶南(キョンナム)昌原(チャンウォン)では、「なに見てんだよ」から始まった争いから凶器を振り回し、全北(チョンブク)金堤(キムジェ)では自動車のクラクションのせいで人が死にました。

    ペ・ヨンジン、コン・グクジン記者が順に報道します。

    <レポート>
    かなり大きな凶器を持った男が誰かに向かって歩いて行きます。

    一人の男が現れると双方の行動はさらにヒートアップします。

    周囲の者が止めに入ったが無駄でした。

    19歳のキム(ソースでは氏付け)は争いになって暴行を受けると、相手の男性A(ソースでは氏付け)を凶器で刺しました。

    <119救急隊員>
    「歩道の上に患者が血を流して横になっている状態でした。意識はありました・・・」

    <ペ・ヨンジン記者>
    「キムは暴行を受けて火が起きると(腹が立つと)、すぐに近くの食堂から凶器を持って来て振り回しました」

    キムは警察の調査で、「走っていた高級外車がカッコいいので見ていたら、2人が車から降りて暴行を働いた」と供述しました。

    A側は、「キムが不気味に睨んでいるようだっので拳を振り回した」と供述した事が分かりました。

    <ヤン・ヨンジン(昌原中部警察署刑事課長)>
    「(キム容疑者は)仲間がいたので自分が一方的に暴行に遭った事が恥ずかしくて、凶器を持って犯行を起こしたと」

    凶器で刺されたAは幸いにも生命に支障はありませんでした。

    警察は殺人未遂の容疑でキムに対して逮捕状を請求しました。

    Aも暴行容疑で書類送検しました。

    チャンネルAニュースのペ・ヨンジンでした。

    映像取材=キム・ヒョンスン
    映像編集=イ・ヒェリ

    ソース:NAVER/チャンネルA(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=449&aid=0000151977

    >>2につづく

    引用元: ・【火】「警笛うるさい」~木刀で殺害・・・かんしゃく起こる怒り社会=韓国[05/12]

    【【火】「警笛うるさい」~木刀で殺害・・・かんしゃく起こる怒り社会=韓国[05/12] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/04/29(日) 12:50:30.68 ID:CAP_USER
    サーチナ2018-04-27 13:12
    http://news.searchina.net/id/1658274?page=1

     日本の祖先については諸説あるが、扶余(ふよ)族が日本人のルーツだという説もあるという。扶余とは、現在の中国東北部(満州)にかつて存在した民族や国のことだが、中国メディアの快資訊網は22日、韓国のある学者の主張を紹介した。

    日本の大和民族のルーツは中国華北地区を経由した朝鮮半島の扶余(ふよ)一族にあるのだという。

     記事が紹介している韓国人学者がそう主張する理由の1つは、日本語も韓国語も中国語にルーツがあるためだという。さらにこの説によると、一連のこの過程はおおよそ唐の時代には終わったとされている。

     記事は、中国で隋・唐王朝が中国を統一し、遼東地区や楽浪をも取り戻そうとして高句麗と衝突したと紹介。この戦争において、隋・唐は新羅と組み、高句麗と百済を滅ぼした。

    しかし、唐王朝は吐蕃の攻撃に備える必要もあり、投入できる力が限られていたため、結果的に遼東と楽浪の半分しか守れず、新羅が漁夫の利を得て朝鮮半島を統一したのだと説明した。

     このようにして、中国華北の扶余族による中国大陸の統治が完全に瓦解したと記事は分析。日本は遠く海を隔ており、当時の中国の実力も海を渡るほどではなかったため、扶余族は最終的に日本へ渡って勢力を広げ、大和民族となったと主張した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【中国メディア 】日本の大和民族のルーツとは? 韓国人学者の主張は(朝鮮半島の扶余(ふよ)一族)

    【【中国メディア 】日本の大和民族のルーツとは? 韓国人学者の主張は(朝鮮半島の扶余(ふよ)一族) 】の続きを読む

    このページのトップヘ