まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    2021年03月

    1: まるっとニュー 2021/03/18(木) 02:08:42.99 ID:CAP_USER
    若者の政治離れ。そう言われる近年ですが、政治と若者が脚光をあびた時期がありました。2015年、安全保障関連法案などへの反対運動の中心には若者がいました。彼らや彼女らと同年代の記者(26)は、遠くからあの盛り上がりを眺めていた一人。なぜ運動にかかわり、今は何を思うのか。渦中にいた人に話を聞きました。(朝日新聞和歌山総局記者・滝沢貴大)

    実際は大半が年配の方でした
    デモが盛り上がった2015年、記者はSEALDsの中心メンバーたちと同じ大学に通っていました。休日に彼らのデモに鉢合わせたこともあります。しかし、当時はどこか人ごとのように一連のニュースを見ていたように思います。むしろ、彼らのデモを「パフォーマンス過多だ」と決めつけ、どこか冷めて見ていた部分もありました。今となっては、もっと自分ごととしてニュースに向き合うべきだったと感じています。

    同じ頃、和歌山大に通っていた服部涼平さん(27)は2015年9月、「SEALDs KANSAI」に参加しました。

    「当時は大学3回生。ゼミが始まり、戦時の障害者の待遇などについて学んでいました。そこに安全保障関連法の話が出てきて、1人でデモに行くようになりました。7月の衆院での強行採決に問題意識を持ち、『ここで何もしなくていいのか』と思いました」

    服部さんは、主に大阪や和歌山でのデモに参加し、時には東京にも行きました。2015年9月に安全保障関連法が成立した後、他大学の人から声をかけられ、「SEALDs KANSAI」に加わりました。

    「デモに参加して感じたのは若者の少なさです。『若者がデモに参加した2015年』という切り取り方をされることもありますが、実際は大半が年配の方でした。学生は時間的にも金銭的にも余裕がないのは大きいと思います」

    大半の人が年配だった……。そう聞いて、たしかにそうだと思いました。自分もそうですし、周りにデモに参加している学生もいなかったと思います。政治に若者の意見を反映するために、若者こそ声を上げるべきだと今となっては感じています。

    しかし、服部さんの活動はそれだけで終わりませんでした。

    ※続きは元ソースで御覧ください

    Yahoo!Japanニュース/withnews 3/17(水) 7:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0dc8017068651b944885fbab832399f53b7cc500

    前スレ
    【政治と若者】SEALDsとは何だったのか?「大半が年配の方でした…」デモ後の人生 政治参加の「余裕がない」現実[03/17] [Ikh★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1615987844/

    引用元: ・【政治と若者】SEALDsとは何だったのか?「大半が年配の方でした…」デモ後の人生 政治参加の「余裕がない」現実★2[03/17] [Ikh★]

    【脳内お花畑の馬鹿ばっか。 【政治と若者】SEALDsとは何だったのか?「大半が年配の方でした…」デモ後の人生 政治参加の「余裕がない」現実★2[03/17] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/03/20(土) 23:50:46.55 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日本漫画<鬼滅の刃:無限列車編>.(訳注:無限列車編ではなく1巻扉絵)

    明治時代(1868-1912)、自力で近代化にに成功した日本は西に欧文物輸入にあって徹底的に選別的な態度を守った。富国強兵に直接役立つ西欧の法制、軍制、科学技術の輸入には熱心だったが、キリスト教信仰、人権思想、そして個人主義など社会的で精神的な西欧文化要素に対しては排他的な態度を見せた。
    (長文につき中略)

    日本の自民族中心主義はキリスト教信仰と両立できない信念であり、したがって日本国内の教会だけでなく韓国教会に対しても神社参拝と礼拝中の東方遙拜を強要した。これによって日本では1891年、内村鑑三不敬事件(新教指導者のひとりだった内村鑑三が教会内で日王崇拝を拒否した事件)が起き、韓国ではあの有名な神社参拝強要事態が勃発した。

    日帝が太平洋戦争敗戦で没落後はもはや国民に神社参拝や東方遙拜を強要できなくなった。すると日本政治指導者は日本国民の忠誠対象を日王と日本帝国から日本民族と伝統文化に切り替えた。帝国としての日本は崩壊したが、固有の精神文化を持つ自主的な民族としての日本は健在という事を強調し、既存の国粋的アイデンティティを守ろうとしたのだ。

    日本が米国の太平洋制海権確保のための軍事的パートナーとして、そして冷戦期共産主義覇権国ソ連と中共のアジア太平洋地域勢力拡張阻止のための政治的・経済的防波堤として、莫大な支援の下に急激な速度で国力を回復しながら、日本文化に固有の国粋的指向が派手に復活した。その先鋒に日本の精神文化と大衆文化があった。

    1950-1960年代、日本は自国の禅仏教文化を米国西部海岸で大流行させた。日本の内部的には太平洋戦争崩壊の国民的トラウマ克服に役立つ歴史小説と時代劇が大流行し、代表的なものが山岡荘八の小説<徳川家康>だ。日本では国民小説といえるこの作品のおかげで、日本大衆文化界では現在まで戦国時代を扱う作品が引き続きあふれている。

    どこの国でも時代劇はその国の歴史的、文化的自負心とアイデンティティを鼓吹する目的で製作される。しかし、日本の時代劇の大部分はこのような目的に加えて帝国主義列強時代、世界最強の米国と対決した頃の国家的自尊心と闘争心を生き返らせようとする動機を濃厚に反映している。

    このような指向は漫画やアニメ部門でも明確にあらわれる。<スラムダンク>の作者で有名な井上雄彦の<バガボンド>、和月伸宏の<るろうに剣心>、そして吾峠呼世晴の<鬼滅の刃>が代表的だ。

    no title

    ▲日本時代劇漫画<バガボンド>、<るろうに剣心>、<鬼滅の刃>。日本伝統文化の優越性を何時の間にか自慢する国粋的民族主義思想を反映する作品だ。

    それにもかかわらず、日本帝国主義と自民族中心主義の最大被害者の一つだった韓国で、それも民族理念を強調する進歩政権によって助長された深刻な反日世相にもかかわらず<鬼滅の刃>のような作品が劇場街で興行に成功する現在の状況はアイロニーそのものと見ることができる。

    それでも日本の大衆文化、特に日本時代劇の背後に込められた日本の文化的自負心と排他性、そして帝国主義的要素を韓国人が分からないはずはない。いや、世界のどの国の人よりも知っている。日本アニメ、ドラマ、映画に旭日旗がワンカット出るだけで身震いするが、これは韓国人の日本式軍国主義や全体主義に対して見られる感情的反応だ。それにもかかわらず、日本大衆文化コンテンツ、それも時代劇コンテンツは国内で強い愛を受けている。

    このような二律背反的状況が発生する理由は、韓国人自身が日本と類似の民族理念と全体主義文化に飼い慣らされているためと見ることができる。

    <鬼滅の刃>のような作品の中に暗示的に形象化にされた「日本」という概念を「韓国」に変えてみよう。国粋主義的で民族主義的な自負心の側面で日本と韓国はそっくりだ。そして韓国人のこのような文化的属性は日本の国粋的自負心と同じぐらいキリスト教信仰に大きな負担になる。
    <続く>

    パク・ウクチ博士(延世(ヨンセ)大連合神学大学院兼任教授)

    ソース:クリスチャントゥデイ(韓国語)映画<鬼滅の刃>興行と日本時代に劇、そして神社参拝
    https://www.christiantoday.co.kr/news/に338663

    関連スレ:【宗教】 倭色アニメ『鬼滅の刃』が人気~反キリスト教指向の日本文化に韓国人の精神が蚕食されていく[03/12] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1615561964/

    引用元: ・【宗教】 日本の国粋主義的な「鬼滅の刃」や日本時代劇が韓国で受け入れられる理由~韓国と日本は民族主義的な点でそっくり[03/19] [蚯蚓φ★]

    【似て非なる物って分からないのかな【宗教】 日本の国粋主義的な「鬼滅の刃」や日本時代劇が韓国で受け入れられる理由~韓国と日本は民族主義的な点でそっくり[03/19] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/03/16(火) 22:34:04.97 ID:CAP_USER
    16日、北朝鮮専門誌nk経済によると、アリランエコーは、過去13日の記事で「最近韓国で名のある若者の歌手たちは大企業に隷属されて悲惨な生活を強いられている」とし、「防弾少年団、ブラックピンクをはじめとする大多数の若者歌手が小学校、中学校時代の若い年齢で芸術関連企業との専属契約を結び、大衆歌謡歌手の教育を受けている」と報道した。

    アリランエコーは「過酷な訓練課程に激しい侮辱や苦しみを受け、幼い女性歌手たちの場合、政治家と企業の性接待まで強要されるなど、多くの若者歌手が精神肉体的苦痛に苦しみ、生活は鉄格子のない監獄に住んでいるのと同じである。やがて絶望し遺書を残して自らの命を壊していく」と非難した。

    アリランエコーは「韓国の青少年歌手が子供の頃から信じられないほど不公平な契約に縛られて訓練場で拘禁生活をされている」とし「悪質で腐敗したアート関連の大企業の社長に体、心、魂まで奪われ、奴隷として扱われている」と伝えた。

    https://apbfmzg3cwnm4jc2ukidcuqgn4--news-nate-com.translate.goog/view/20210316n35350?mid=n1006

    引用元: ・【国際】北朝鮮「韓国アイドルは幼い時から悲惨な生活や性接待を強いられ自殺してゆく奴隷」 [動物園φ★]

    【割と的を射ててワロタ 【国際】北朝鮮「韓国アイドルは幼い時から悲惨な生活や性接待を強いられ自殺してゆく奴隷」 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/03/16(火) 10:08:05.48 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/2k3nzAfNHsg

    _______________________________________________________

    <アンカー>
    ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授の “慰安婦” 妄言に対し、国際社会や日本の市民団体、学会までもが批判をし続けています。

    親日のアメリカ人を通じた日本の右翼の歴史歪曲の動きを、映画を通じてすでに指摘していた人物がいます。

    映画『主戦場(チュヂョンシャン)』の監督であるミキ・テザキ(ミキ・テヂャキ)は、今回の事態をどう眺めているのか、チェ・ヒョンヂュ記者がインタビューしました。

    .................................................................................................

    <ケント・ギルバート(親日米国弁護士)>
    「(映画:主戦場)彼女たちは性奴隷ではありません。売春婦でした」

    <記者>
    最近、物議を醸しているラムザイヤー教授の “慰安婦” 妄言と、全く同じ発言をするアメリカの弁護士。

    日本の右翼の歴史歪曲の試みを暴く映画『主戦場』では、アメリカで宣伝活動をする『元祖ラムザイヤー』が登場します。

    『主戦場』のミキ・テザキ監督は、彼らが日本の右翼を代弁しながらカネと名声を得ていると指摘します。

    <ミキ・テザキ(映画 “主戦場” 監督)>
    「ケント・ギルバートの場合、書籍(嫌韓本)を出版して莫大なお金(おかね)を稼ぎました。彼は有名人です。テキサス親父(テキサス・ダディー=ユーチューバー)の場合、ただの無名人でした。急に日本でちょー有名になりました。この人も書籍を出版してお金を稼いでいます」

    逆に日本の右翼は彼らが持つ社会的地位を利用して、自身らの主張に勢いをつけていると言います。

    <ミキ・テザキ(映画 “主戦場” 監督)>
    「(日本の右翼の観点から)ラムザイヤー教授は権威がある白人男性で、ハーバード大学の教授です。日本の右翼はラムザイヤーを利用して、信憑性を容易にエラれています。誰がハーバード大学の教授が嘘をつくと思うでしょうか」

    アメリカの観点変えれば、世界の観点を変えられると考える日本の右翼。

    映画の中の日本の極右たちが “慰安婦” 問題の『主戦場』。つまり、メインとなる戦場は韓国でも日本もなく米国であると言っているのもまさに、このような理由からです。

    テザジ監督は、日本の右翼が『ラムザイヤー2号』を捜し続けているとし、このような動きに積極的に対応すべきだと言っています。

    それと共に、最近ハーバード大学で上映された『主戦場』を見て、学生たちが見せた反応を紹介しました。

    <ミキ・テザキ(映画 “主戦場” 監督)>
    「日本の右翼勢力が、慰安婦被害者が嘘をついているというラムザイヤーの主張が武器になるため、放置してはいけないと(学生たち)が思ったようです」

    デジャキ監督は、「日本にはまだ “慰安婦” 問題自体を知らない人が多い」とし、「 “慰安婦” 問題を普遍的な女性人権問題として、国際社会に積極的に伝える努力が重要だ」と強調しました。

    TBS、チェ・ヒョンヂュでした。

    ソース:TBS(交通放送=Traffic Broadcasting System)
    http://www.tbs.seoul.kr/news/bunya.do?method=daum_html2&typ_800=4&idx_800=3427174&seq_800=20419751

    引用元: ・【TBS】『歴史歪曲』試み、日本の右翼の戦場は他でもなくアメリカ[03/16] [ハニィみるく(17歳)★]

    【 水戸黄門を見て歴史的事実を語る愚 【TBS】『歴史歪曲』試み、日本の右翼の戦場は他でもなくアメリカ[03/16] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/03/22(月) 07:46:06.77 ID:CAP_USER
    韓国人の半分以上が「日本を訪れたい」と答えたアンケート調査結果が発表された。

    共同通信、朝日新聞などは21日、新聞通信調査委員会が昨年12月から今年1月まで韓国や米国、中国、フランス、タイなど5カ国の国民を対象に実施した世論調査の結果を報じた。

    新聞通信調査委員会は2015年から年間1回、このような調査を実施してきた。今回の世論調査対象者は各国の約1000人ずつだった。

    調査で「日本に行きたいと思うか」という質問に韓国人の51.0%が「行きたい」と答えた。直前の世論調査に比べて16.8%ポイント上昇した数値だ。同じ質問に対する他国国民の回答の割合をみると、タイ77.8%、フランス60.2%、米国51.8%、中国40.3%が「行きたい」と答えた。

    直前の調査に比べて中国は19.4%ポイント、米国は6.5%ポイント、タイは5.4%ポイント下落し、フランスは2.6%ポイント上昇した。

    日本に対する好感度は調査対象5カ国の中で韓国が最も低かった。日本に好感を感じるという回答の割合はタイ89.6%、米国79.6%、フランス77.8%、中国39.7%、韓国31.3%の順だった。日本に対する好感度に関する韓国の世論調査参加者の割合は直前の調査に比べ8.6%ポイント上昇した。

    これを受け、時事通信は世論調査で韓国側を担当した関係者の話を引用して「安倍晋三前首相の退任で韓日関係の改善への期待が高まっている」と分析した。

    東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開催に関連した質問には5カ国いずれも中止、または延期するべきだという回答の割合が70%を上回った。国別では、タイが95.6%で最も高く、韓国94.7%、中国82.1%、米国74.4%、フランス70.6%の順だった。


    https://japanese.joins.com/JArticle/276773?servcode=A00§code=A10

    引用元: ・【中央日報】安倍氏の退任後に「ノージャパン」も終わり? 韓国人51%「日本に行きたい」 [3/22] [昆虫図鑑★]

    【お断りします 【中央日報】安倍氏の退任後に「ノージャパン」も終わり? 韓国人51%「日本に行きたい」 [3/22] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ