まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 軍事

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/12/07(木) 00:59:57.27 9
    2017年12月6日 22時58分
    (写真)
    核爆発時の対応などを説明した6日付「吉林日報」(電子版)の紙面=中川孝之撮影


     【北京=中川孝之】北朝鮮と隣り合う中国吉林省の共産党機関紙・吉林日報は6日、1ページを使った特集記事で、核兵器が爆発した際の対処法をイラスト付きで解説した。

     中国が「核戦争」への心構えを住民に説くのは異例。朝鮮半島有事に対する懸念が強まっていることの表れだ。

     「核兵器の常識とその防護」と題された特集記事では、核兵器の種類や爆発の原理を紹介し、爆発時は衝撃波や放射能汚染で
    「広大な範囲で長時間にわたり(人が)殺傷される」と伝えた。核爆発の際、屋外にいたら「2秒以内に伏せる」、
    屋内なら「(爆発の)閃光せんこうの後、すぐに壁の陰に隠れるべきだ」と具体的に指示した。

     放射能漏れも想定。部屋を閉め切り、外出した場合は衣服や体をよく洗い、鼻腔びくうや耳をよく掃除すべきだとイラストを交えて説明した。

    http://sp.yomiuri.co.jp/world/20171206-OYT1T50111.html

    引用元: ・核爆発時の対処法指南…中国・吉林省の党機関紙

    【【生き残った方が苦しんで死ぬ】吉林省の党機関紙が「核爆発時の対処法を解説」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/12/06(水) 14:59:32.68 ID:qZ8n1tS+0 BE:816491279-2BP(2000)
     日中両政府が、沖縄県・尖閣諸島などを巡る東シナ海での偶発的衝突を回避する
    「海空連絡メカニズム」設置案について、上海で開いた「高級事務レベル海洋協議」で
    大筋合意したことが6日、分かった。
    近く正式に運用を開始する見通し。
    複数の日中関係筋が明らかにした。

     自衛隊と中国軍が接近時の連絡方法などをあらかじめ定め、衝突を防ぐ仕組み。
    日中間の最大懸念の一つである尖閣を巡る緊張緩和に大きく動きだすことになり、
    関係改善の流れが加速する。

     2007年に当時の安倍晋三首相と温家宝首相が体制整備で一致し、
    協議が続いていたが、尖閣周辺の領空、領海の取り扱いを巡って対立していた。

    https://this.kiji.is/310972085526316129

    引用元: ・【事実上敗北】尖閣諸島問題で日中合意が成立「自衛隊と中国軍の衝突を防ぐ仕組みを取り決めました」

    【【連中は約束なんか守らないよ】尖閣諸島問題で日中合意が成立「自衛隊と中国軍の衝突を防ぐ仕組みを取り決めました」 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/12/03(日) 09:42:27.88 ID:CAP_USER
    今年1月8日付の小欄は「北に侵食された韓国の闇」と題し、国内政治の都合で日本の安全保障も揺るがす韓国の一断面を指摘した。拙文は「日本にとって今年は、北朝鮮に侵食された韓国とどのように付き合うかを、真剣に考えざるを得ない一年となるだろう」と結んだが、その年が終わろうとしている。

    残念ながら今年も、日韓関係は慰安婦合意などをめぐる韓国政府の非協力的な対応によって、年初の想定を上回る勢いで悪化している。今後について言えば韓国は単にうっとうしい「反日国」にとどまらず、日本人は韓国が「リスクの国」に変わってゆく姿を目撃することになるだろう。

    文在寅政権は、朴槿恵前大統領の側近だった情報機関のトップを相次いで逮捕するなど報復と見せしめに力を入れ、スローガン通りに親日を清算するなどの点で朴政権当時とは異質な姿を見せてきている。

    北朝鮮問題を前に、場当たり的に日米への協調と脱落を繰り返す文大統領は米紙ウォールストリート・ジャーナルから「信頼できない友人」と烙印を押されてしまった。そんな人物が率いる国が厄介でないはずがない。

    ×  ×  ×
     
    こうした主張や見方は、韓国では「極右・産経新聞」の記者による“嫌韓的妄言”などと非難されるのがオチなのだろう。

    北朝鮮が核・ミサイルの性能を猛烈な勢いで向上させている中、確かに韓国は協力しなければならない隣国であることも、十分に承知しているつもりだ。

    ただ、韓国が「同盟国」や「友好国」だとしている国々に安保上の危険性をまき散らす恐れがあるという意味での「韓国リスク」に注目しているのは、小欄だけではない。

    たとえば米戦略国際問題研究所のエドワード・ルトワック上級顧問は、「文芸春秋」12月号の池上彰氏との対談で、韓国のリスクとして

    (1)北朝鮮による軍事侵攻への備えとして、政治と経済の中枢を軍事休戦ラインから南に離すべきだという40年来の提言を放置している
    (2)延坪島砲撃にほとんど反撃しなかった
    (3)文大統領は北に資金を流そうとしている

    の3点を指摘する。

    背景にはソウルが北からの攻撃に無防備で、米軍が軍事的選択を大幅に失っているという認識があるのだろうが、韓国を「無責任」で「自国の安全保障問題に向き合わない国」と看破して「無視してもいい存在」とまで断じているのだ。

    北朝鮮に政策変更を迫るため全世界で圧力を極大化させる中、対北人道支援を口にして足並みを乱すことがどれほど危機を増加させるか、文政権は理解できないのだろうか。

    ×  ×  ×
     
    北朝鮮危機に誘発された「韓国リスク」のうち、日本にとって最大のものは人命の危機だろう。

    在韓邦人は旅行など一時滞在者も含めて約6万人といわれる。軍事作戦が始まる前ならば、日本の民間航空機や船舶で空港や港から避難できるが、攻撃が始まれば民間便は海空ともに運航停止となる可能性が高く、そこで自衛隊の航空機、艦艇の出番となる。

    問題はここからだ。自衛隊に拒否感を持つ韓国側が着陸、入港を認めるかどうか。邦人退避作戦にとって反日感情は脅威となり得るのである。

    命がかかった場面でそんなことがあるかと思われるかもしれない。しかし、セウォル号沈没直後、九州沖の日韓中間線付近で救難待機していた海上保安庁特殊救難隊の救難参加打診は、韓国から拒否されている。

    自国民の命よりも日本への対抗心が優先する-。日本人には想像もつかないだろうが、紛れもない事実だ。日本が備えるべき「韓国リスク」の本質は、この異質な価値観である。


    2017.12.3 05:00
    http://www.sankei.com/world/news/171203/wor1712030001-n1.html
    http://www.sankei.com/world/news/171203/wor1712030001-n2.html
    http://www.sankei.com/world/news/171203/wor1712030001-n3.html

    引用元: ・【半島有事】 邦人退避に「韓国リスク」 [12/03]

    【【自衛隊は助けに来れない】「韓国リスク」の本質は、韓国の異質な価値観。北朝鮮危機での邦人退避作戦にとって脅威【SANKEI DIGITAL】】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [JP] 2017/12/01(金) 15:59:01.86 ID:A/ZYETtt0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)への12月10日のノーベル平和賞
    授賞式に米国、英国、フランスの核兵器保有各国の駐ノルウェー大使が欠席することが30日分かった。
    代理が出席する。3カ国の大使館や外務省が共同通信に明らかにした。

    ICANが推進してきた核兵器禁止条約に対し、核保有国は「安全保障上の脅威を無視するものだ」と
    強く反発、署名を拒否している。いずれも欠席の理由は示していないが、3カ国で協議して決めたとしている。
    条約に反対する姿勢を改めて示す狙いとみられる。

    https://mainichi.jp/articles/20171201/k00/00m/030/142000c

    引用元: ・ノーベル平和賞授賞式、アメリカ・イギリス・フランスの大使がボイコット

    【【北朝鮮に上げてるのと同じ 】ICANへのノーベル平和賞授賞式、アメリカ・イギリス・フランスの大使がボイコット 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/12(木) 09:05:28.74 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の外交部当局者は12日、中国の公安当局が北朝鮮のテロ対象になる可能性がある韓国国民に一時帰国を勧告しており、うち5人は既に中国を離れたと伝えた。残りの対象者も近く、韓国への一時帰国などを検討しているという。

    同当局者によると、外交部は現地公館を通じ、韓国国民に注意を呼びかける一方、中国当局と緊密に協力しながら、今後必要な対応を取る方針だ。

    在瀋陽韓国総領事館は11日、「度重なる北の挑発威嚇と国連安全保障理事会の対北制裁に関連し、北によるテロなどの可能性が取り沙汰されており、わが国民は身辺の安全に注意してほしい」と呼びかけた。


    2017/10/12 08:42
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/10/12/0900000000AJP20171012000200882.HTML

    引用元: ・【聯合ニュース】中国当局が一部韓国人に帰国勧告 北朝鮮のテロ可能性から[10/12]

    【【5人帰国】中国当局が「北朝鮮のテロ対象」の韓国人に帰国勧告】の続きを読む

    このページのトップヘ