まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 事故

    1: 動物園φ ★ 2018/06/03(日) 15:54:10.91 ID:CAP_USER
    中央日報 2018-06-03 13:56

    龍山駅前4階建ての建物の崩壊現場[YTNニュースキャプチャ]
    no title


    3日午後12時35分ごろ、ソウル龍山区漢江路2の龍山駅前の4階建ての商店街の建物が崩壊した。 建物は全壊したことが分かった。

    この事故で4階に住んでいた60代の女性1人が怪我をし、病院に運ばれた。 この女性は、生命には支障がないものと伝えられた。

    建物の隣にあった車の1台も崩壊の余波で破損された。

    崩壊当時、1~2階の飲食店は休日で営業していない状態であり、3階の居住者は外出していたことが確認されたと消防当局は伝えた。

    救助された女性は、「建物には私一人だった。他の人はいなかった」とし、「4階建ての建物が突然揺れて崩れた」と話したと伝えられた。

    消防当局は、建物の崩壊当時、女性1人だけが建物にいたものと把握しながらも、救助隊員120人を送って追加埋没者などの被害状況と事故原因を調査している。

    また、事故現場周辺の他の古い3つの建物も追加崩壊の危険があると判断して避難命令を下した。

    一方、この建物は1966年に建てられたものと把握された。

    警察と消防当局は、近くで進行中のアパート新築工事が建物の崩壊に影響を及ぼしたのかどうかや、建物の老朽化によりガス爆発などの事故が起きた可能性など、正確な事故原因を調査する予定である。

    http://news.nate.com/view/20180603n09095

    引用元: ・【韓国】4階建ての建物が突然揺れだして崩壊

    【【韓国】4階建ての建物が突然揺れだして崩壊 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/26(火) 21:45:05.46 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00002933-chosun-kr
    朝鮮日報日本語版

     ソウルの金浦国際空港で26日午前、大韓航空とアシアナ航空の旅客機が衝突する事故が発生した。

     韓国国土交通部(省に相当)によると、同日午前7時58分ごろ、金浦空港国際線の駐機場から搭乗ゲートに向かっていた大韓航空のB777旅客機の尾翼部分と、アシアナ航空のA330旅客機の右翼部分がぶつかった。事故当時、いずれの機内にも整備士1人しか乗っておらず、けが人はいなかった。

     専門家らは、航空機を誘導する管制塔の指示に問題があったか、航空機を移動させた関係者らの過失が事故の原因だとみている。現行の航空法令によると、航空機は空港内を移動する全てのルートについて、空港管制塔の指示に従って動くことになっている。ただし、滑走路ではない駐機場では、操縦士やけん引車両の運転士らが周囲の状況を確認しながら航空機を移動させる。

     事故について大韓航空は「管制塔の指示に従って止まっていたところ、アシアナ機が近づいてきてぶつかった」としているが、アシアナ航空側は自社の航空機について「管制の指示に従って、駐機場に表示されたラインの通りに正常に移動していた」と主張している。

     両社とも責任を押し付け合い、また賠償額について折り合いがつかなければ、法的訴訟に発展する可能性もある。1988年にアシアナ航空が設立され、韓国の航空業界に競争体制が出来上がって以降、大韓航空とアシアナ航空の接触事故が発生したのは今回が初めてだ。

    関連スレ
    【速報】金浦空港の誘導路で大韓航空機とアシアナ航空機が接触[06/26]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1529978887/

    引用元: ・【韓国】金浦空港の接触事故、アシアナと大韓航空が責任なすり合い[06/26]

    【【韓国】金浦空港の接触事故、アシアナと大韓航空が責任なすり合い[06/26] 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/09(土) 11:37:30.82 ID:CAP_USER
    ◆半生イカを口に入れ、韓国人女性の舌が受精

    韓国人女性がイカを半生の状態で食したために、舌がイカの精子で「受精」してしまった。
    7日、英国サン紙が「寄生虫学ジャーナル」誌の研究結果を引用して報じた。

    同医学誌によれば、ある63歳の女性が舌に強い痛みを感じて病院に駆け込んだ。
    医師が舌と歯茎を調べたところ、紡錘状の生体が12個見つかった。
    これを調べたところ、太平洋に棲息するイカの精子がカプセル状の入れ物に入った精莢(せいきょう)であることが判明した。

    女性は精莢が口に入ったとたん、あたかも多数の甲虫が舌を噛んでいるような痛みに襲われたと語っている。
    あまりの痛みに女性はすぐさま口の中のものを吐き出したが、吐き出した後も口の中にたくさんの虫がうごめいている感じは消えなかったと話している。

    こうなったのは女性の下ごしらえ方法に問題があった。
    女性はイカの内臓を除去せず、わずか数秒熱を通しただけで食べていた。
    ただし研究では、精子が生きた状態でどうやって人間の口に入ることができたのかについては未だに明らかにされていない。

    写真:https://jp.sputniknews.com/images/496/96/4969665.jpg

    スプートニク日本 2018年06月08日 21:11
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201806084969684/

    引用元: ・【韓国】食事中にイカを口に入れた女性、舌で「受精」してしまう[06/09]

    【【韓国】食事中にイカを口に入れた女性、舌で「受精」してしまう[06/09] 】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2018/06/15(金) 08:34:26.14 ID:CAP_USER
    11日に慶尚北道慶州(キョンサンブクド・キョンジュ)にある月城(ウォルソン)原子力発電所で発生した冷却材漏出事故に対し原子力安全委員会が13日に現場調査を始めた。

    原子力安全委員会はこの日、「専門家と関係者で構成された調査チームが月城に行き事故経緯と原因を把握するだろう」と明らかにした。これに先立ち11日午後6時45分ごろ、月城原子力本部月城3号機(加圧重水炉型70万キロワット級)で冷却材である重水3630キログラムが漏れ、当時作業中だった労働者29人が放射能にさらされた。重水は原子炉内の炉心を冷ます役割をする冷却材だ。この事故は現場作業者のミスによる冷却材バルブが開いて発生した。漏れた重水はすぐに回収された。

    韓国水力原子力によると放射能にさらされた労働者29人の被ばく量は平均0.39ミリシーベルト、最大で2.5ミリシーベルトだった。韓国水力原子力は「年間法的許容値20ミリシーベルトの12.7%水準。病院でがん診断のために撮影するPET-CTを1回撮影する際に受ける放射線量8ミリシーベルトより低い数値」と説明した。作業者は特殊作業服と個人別に放射能数値を確認できる装備を着用しており、個人別の漏出量を測定したという。韓国水力原子力は「人的ミスに対しては徹底した調査を通じて責任を問い再発防止対策を立てる」と明らかにした。今回の事故は月城3号機(加圧重水炉型70万キロワット級)が11日から計画予防整備に向け発電が停止した期間中に発生した。これに先立ち月城3号機では昨年10月にも原子炉と連結されたバルブの故障で重水110キログラムが漏れた事故があった。

    今回の事故に対し慶北慶州環境運動連合は13日に声明を出し、「官民合同調査を通じて再発防止対策をまとめなければならない」と主張した。同連合は「11日の冷却材漏出当時26分間バルブが開いていた経緯を明らかにし責任の所在を明確にしなければならない。作業者のミスでバルブが開かれても冷却材である重水が3630キログラム排出される長時間バルブを遮断しないのは疑問だ」と明らかにした。続けて「冷却材漏出量に比べ作業者の被ばく量がとても低く報告されている。事故当時の三重水素濃度を正確に明らかにし、近隣住民に対する防護措置はどのようにしたのかも明らかにしなければならない」と付け加えた。
    中央日報/中央日報日本語版
    2018年06月14日11時23分
    http://japanese.joins.com/article/264/242264.html

    引用元: ・【11日に発生】韓国原発で重水漏出、29人が放射能に被ばく[06/14]

    【【11日に発生】韓国原発で重水漏出、29人が放射能に被ばく[06/14] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/15(火) 13:48:56.79 ID:CAP_USER
    ゴキブリがなぜ大韓航空機に? 4件はどれも食事中のトレイから発見(1)

    大韓航空の機内で、ゴキブリが相次いで出没している。大韓航空側はゴキブリ出没件数を公開せずにいるが、最近半月間で記者にゴキブリ被害の情報提供した読者は4人にのぼる。

    情報提供によると、搭乗客のオさんは先月19日午前10時30分、仁川(インチョン)国際空港を出発して日本岡山へ向かう大韓航空KE747便の機内でゴキブリを発見した。
    オさんは食事中にトレイの周囲を這い回る親指ほど大きさのゴキブリを見て驚いたが、狭い機内ということでトレイを片づけることも、席から立つこともできなかったと話した。

    また別の搭乗客シンさんは、新婚旅行を終えて帰ってくる機内でゴキブリのために被害を受けた。
    先月20日、モルディブ・マレから仁川空港に入ってくるKE474便に乗ったシンさんは、食事の途中でトレイを這い回るゴキブリを発見した。
    驚いたシンさんが顔を洗って席に戻ってきた後も、ゴキブリは座席の周辺を這い回り、シンさんの隣の搭乗客がゴキブリを捕まえた。

    イさんは料理の中にいたゴキブリを発見したケースだ。2月6日、仁川発ロンドン行きKE907便に搭乗したイさんは料理の中にいたゴキブリを見つけると、
    すぐに呼び出しベルを押して乗務員を呼び、やってきた乗務員は料理の載ったトレイをそのまま持って消えた。
    イさんは乗務員を再び呼び出し、ゴキブリの写真を撮らなければならのでトレイを持ってきてほしいと言った。
    だが、乗務員は料理をすぐに廃棄したためトレイを持ってくることはできないと答えた。

    キムさんは2月17日、タイ・バンコクを出発して仁川空港に入ってきたKE654便でゴキブリを発見した。
    ゴキブリは、朝の食事をしようとしていたキムさん夫婦のトレイの上を這い回っていた。
    夫人は食事の時に配布されたナプキンでゴキブリを捕まえて急いで乗務員を呼んだ。
    乗務員はゴキブリを捕まえたナプキンを持って消え、責任乗務員である事務長がキムさん夫婦の元にやってきて謝った。

    (以下略)

    http://japanese.joins.com/article/388/241388.html

    引用元: ・【ゴキブリ】大韓航空の機内で、ゴキブリが相次いで出没

    【【ゴキブリ】大韓航空の機内で、ゴキブリが相次いで出没 】の続きを読む

    このページのトップヘ