まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 事故

    1: まるっとニュー 2021/02/18(木) 11:47:30.13 ID:CAP_USER
    2021年2月17日(水) 0時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b872152-s25-c30-d0052.html
    https://www.youtube.com/watch?v=SvK8tHo2qNs


    中国湖北省宜昌市の屋外施設内で13日、観光客らが揺らすなどしたためにつり橋がひっくり返り、渡っていた人が転落する事故があった。中国メディアの頭条新聞などが伝えた。

    報道によると、茶畑の上を横断するようにかかるこのつり橋は、無料開放されているネットで話題の人気スポット。掲載された動画には、大勢の人が歪んだつり橋にしがみついている様子が映っているが、中には楽しそうな笑い声をあげている人も。数人が下の茶畑に転落したものの、高さは2メートルほどだったために大事には至らなかったという。

    担当者によると、つり橋の定員は20人だが、この日は春節(旧正月)の連休中ということもあって人が多く、みんな興奮していてスタッフの注意をあまり聞いていなかったため定員オーバーになった。また、渡っていた若者が橋を大きく揺らしたことで事故が起きたという。

    担当者は、「この橋は揺らして遊ぶための(遊具の)橋ではなく、風景を見るためのもの」と語り、事故の後に橋の両側をロープで固定するなどの対策を施したことを明かした。

    中国のネットユーザーからは、「下が崖じゃなくてよかったね」「こういう柔らかい橋は本当に怖い。いつも誰かしらが揺らそうとする」「こういうところで橋を揺らすやつ、大っ嫌い」「(映像を見て)人が落ちてるのを見てもまだ揺らし続けてる人がいる」「人間とは、他人をいじめて快感を得る動物だからな」「けが人がいなかったのは不幸中の幸い。無料開放なんてしない方がいい」「いずれにせよ、『ネットで人気の』と名の付く場所には行かないに限る」といったコメントが寄せられている。

    引用元: ・【中国】つり橋を揺らす観光客ら、ひっくり返って茶畑に転落=注意聞かず定員オーバーも[02/17] [Ttongsulian★]

    【アホだなあ 【中国】つり橋を揺らす観光客ら、ひっくり返って茶畑に転落=注意聞かず定員オーバーも[02/17] [Ttongsulian★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/11/25(水) 14:53:06.98 ID:CAP_USER
    no title


     24日午後4時2分ごろ、全羅南道光陽市金湖洞のポスコ光陽製鉄所第1高炉工場で酸素供給パイプが爆発して火災が発生し、3人が亡くなった。事故直後に作業員2人が心停止状態で発見され、1人は行方不明で、後に亡くなっているのが見つかった。光陽製鉄所は、火災が発生するや自社の消防隊を投入し、火災発生から22分後の午後4時24分ごろには火の手を全て押さえ込んだ。

     この日亡くなった作業員は、ポスコ社員のイさん(40)と協力企業の社員キムさん(32)、チ ンさん(53)。3人は第1高炉周辺のパイプライン整備に投入された。光陽製鉄所側では、3人が高炉とつながる酸素供給用パイプに付いた開閉バルブを操作したところで爆発事故が起きたと推定している。光陽製鉄所の関係者は「酸素供給管の方に隠れた亀裂が生じ、大量の高圧酸素が漏れた」とし「高圧で保管していた酸素が抜け出たことから、爆発とともに火災へとつながり、爆発の衝撃で作業員らは遠くに飛ばされて死亡したものとみられる」と語った。

     消防当局は現場に救助隊を投入して捜索作業を繰り広げ、事故の時点で行方不明だったイさんを2時間後に発見した。イさんは破損した構造物の間に挟まれている状態だった。警察と消防当局は製鉄所関係者などを対象に、正確な経緯を調べる方針だ。また、夜が明け次第、科学捜査チームを現場へ投入して鑑識に乗り出す計画だ。

     光陽製鉄所では、今回の事故に先立ち昨年12月24日にも、爆発とともに火が出て研究員やエンジニアなど5人がけがをした。当時、研究員らは製鉄所から排出される熱エネルギーを集めて再び発電を行う排熱発電蓄熱設備の研究課題を遂行していたところで、試験稼働の過程で事故が起きた。当時は大きな爆発音が2度響き、一帯で振動が感じられ、およそ50メートル離れた李舜臣大橋に大きな鉄の塊が飛んできて、車の通行が一時中止された。

    チョ・ホンボク記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/11/25 14:31
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/25/2020112580086.html

    引用元: ・【韓国】ポスコ光陽製鉄所、酸素パイプの爆発で火災発生…3人死亡「爆発の衝撃で遠くに飛ばされて死亡したものとみられる」[11/25] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【定期的に【韓国】ポスコ光陽製鉄所、酸素パイプの爆発で火災発生…3人死亡「爆発の衝撃で遠くに飛ばされて死亡したものとみられる」[11/25] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/09/20(日) 23:36:50.61 ID:CAP_USER
     韓国ドラマ「賢い医師生活」では、主人公の医師が見せる人間的な姿とともに、日常的に責任を忠実に果たす専門家らしい姿が視聴者の心を動かした。今年4月に38人の命を奪った利川物流倉庫火災を振り返ると、建設現場で「賢い安全生活」を実践する専門家のありようについて考えさせられる。

     昨年1年間に韓国の建設現場では428人が大切な命を失った。1年365日、1日の例外もなく、1人以上の死者が出た。労働者1万人当たりの死者の割合である「事故死亡万人率」は経済協力開発機構(OECD)加盟国で最悪レベルだ。労働災害による経済的損失規模も毎年膨らんでいる。自然災害の16倍の規模だという。

     政府も事故が起きるたびに速やかに対策を示しているが、期待ほど効果を上げていないのが現実だ。今回の利川での火災事故後にも関係官庁が合同で建設現場火災安全対策を発表した。適正工事期間の算定義務化、安全専門管理制度の導入、安全管理不良業者のリスト公開をはじめ、産業災害など死者多数が出た多重人命被害犯罪に対する特例法制定を推進し、産業安全保健法違反事件に対する求刑基準を強化することを約束した。しかし、そうした対策が現場で実効性を持つためには、いくつか必要な要素がある。

     まず、対策は建設現場で発生する問題点を具体的に反映しなければならない。2008年の利川冷凍倉庫火災事故とは異なり、今回の工事構造は発注元が専門建設事業管理(CM=コンストラクション・マネジャー)業者と建設管理型工事監理契約を結び、施工業者選定から期間、品質、安全、リスク要素の管理一切を委託していた。発注元は建設工事に対して無知であり、専門CM業者が工事全般を管轄するが、事故が起きると非難は発注元に集中する。こうした構造では専門CM業者のモラルハザードを防ぎきれない。専門CM業者が日常の責任を疎かにしている場合には、どんな責任を負い、どんな防止策があるのか具体的に摘示する必要がある。

     次に、書類中心で行われる現場の安全監督を現場中心に転換していくため、規制期間の人材を確保しなければならない。今回の利川の事故現場では施工業者が書類上の約束とは異なり、下請け業者を管理し、日常の安全守則を守っていなかった。下請け業者が違法な孫請けを発注し、受注業者が安全管理なしで作業を行っているが、地方自治体など規制機関による現地指導は書類中心で実効性を欠く。そうした基礎的な工事現場の安全管理が忠実に行われるように、現場中心型の安全専門家を育成する量的・質的な補完策が伴わなければならない。

     第三に、安全は企業は勿論、政府、個人がいずれも守らなければならない社会的価値だ。現場で働く勤労者と現場監督者の安全意識がなければ、いかなる規制も「要式行為」(一定の方式を踏まなければ不成立、無効とされる法律行為)にすぎない。そうした空白を補うためには、建設業者自らが安全に作業を行う準備ができていない下請け業者や作業者を現場に投入せず、勤労者も安全が保障されていない作業環境であれば、作業を拒否できる環境を整える必要がある。

     「賢い安全生活」はそうした現場での安全意識の変化が働き方の変化、管理方式の変化につながり、新たな安全文化が定着してこそ可能だ。そして、そうした変化は究極的に企業の競争力を強化する礎になるはずだ。

    姜斉相(カン・ジェサン)慶熙大行政学科教授

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/18/2020091880161.html

    引用元: ・【韓国】OECDで最悪レベル、韓国の建設現場でなぜ事故が頻発しているのか [動物園φ★]

    【法治国家じゃないから仕方がない【韓国】OECDで最悪レベル、韓国の建設現場でなぜ事故が頻発しているのか [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/09/17(木) 18:24:06.67 ID:CAP_USER
    2020.09.17 16:12
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/A2020091714480003224

    17日午後1時8分頃、京畿利川市新屯面の陸軍55師団171連隊3大隊81mm迫撃砲訓練場で爆発事故が起きた。

    この事故で4人が負傷して、軍部隊のヘリで病院に搬送された。このうち2人は重傷であり、残り2人は軽傷と分かった。

    負傷者たちは龍仁のある部隊に所属する軍人たちで、幹部や一般兵などと分かった。

    軍当局は「迫撃砲の砲弾が発射されずに砲身内部で爆発したものと推定される」と明らかにした。

    軍当局は事故原因を調査中だ。

    引用元: ・【韓国】迫撃砲が訓練中に爆発…2人重傷、2人軽傷[09/17] [Ttongsulian★]

    【体を張ったギャグ【韓国】迫撃砲が訓練中に爆発…2人重傷、2人軽傷[09/17] [Ttongsulian★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/09/16(水) 15:00:03.99 ID:CAP_USER
     中国のワクチン工場で去年、感染症のブルセラ症の原因となる細菌が漏れ出し、付近の住民ら3000人が感染していたことが分かりました。

     中国メディアの「財新」は甘粛省の医薬品工場で去年7月から8月にかけて、ブルセラ症のワクチンの製造に使用された細菌が排気に混じり外部に漏れ、付近の住民ら3000人が感染したと報じました。使用期限の切れた消毒剤を使っていたため滅菌が不十分だったことが原因だとしています。この報道の翌日、地元当局は実際には、2万人以上に検査が行われ、このうち3245人が陽性だったと明らかにしました。当局は去年12月にこの漏洩(ろうえい)事故について公表していましたが、感染したのは、工場の職員ら約200人としていました。ブルセラ症は感染すると40度以上の高熱を繰り返すことがあり、日本の国立感染症研究所によりますと、治療しない場合、致死率は約5%だということです。

    テレビ朝日 9/16(水) 11:44
    All Nippon NewsNetwork(ANN)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f215011f212e230b7999e06e055bfa7fe932cd8

    引用元: ・【中国ワクチン工場】中国でブルセラ症の菌が漏洩 付近住民ら3000人感染 当時は感染者200名と公表 [09/16] [新種のホケモン★]

    【機関銃は必要ですか? 【中国ワクチン工場】中国でブルセラ症の菌が漏洩 付近住民ら3000人感染 当時は感染者200名と公表 [09/16] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ