まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 事故

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 19:45:20.99 ID:CAP_USER
    釜山(プサン)駅を出発して仁川(インチョン)国際空港駅に向かっていたKTXの列車が故障し、KTXと同じ線路を使用している空港鉄道の列車が1時間以上遅延したのち正常運行を再開した。

    31日、空港鉄道によると、この日午前8時2分ごろ、釜山駅を出発して仁川国際空港駅に向かっていたKTX102列車が原因不明の故障によってソウル恩平区(ウンピョング)デジタルメディアシティ(DMC)駅-ソウル江西区(カンソグ)金浦(キンポ)空港駅区間の線路で突然停車した。

    故障すぐにKORAIL(韓国鉄道公社)は乗客361人を代替バスに案内して仁川空港への移動措置を講じ、故障列車は水色(スセク)駅でに回送した。

    このKTX列車は同日午前8時45分ごろに仁川空港駅に到着する予定だった。この事故でソウル駅~仁川空港駅の下り区間の空港鉄道運行が遅れ、午前9時20分から正常運行を始めた。

    運行が遅延した空港鉄道下り列車は一般列車・直通列車など計15本になることが確認された。空港鉄道下り列車は6分間隔で運行しているが、この日の事故で各便10~30分程遅れた。

    空港鉄道関係者は「故障したKTX列車が停車した線路は空港鉄道と信号システムを共有している区間なので、空港鉄道列車の運行も遅れた」と説明した。

    http://japanese.joins.com/article/853/231853.html

    引用元: ・【韓国】仁川空港行きKTXが故障…空港鉄道1時間遅延運行 「故障原因を把握中」[7/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【コイツらいつも原因不明やな 】「故障原因を把握中」仁川空港行きKTXが故障…空港鉄道1時間遅延運行】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/28(金) 16:42:32.50 ID:CAP_USER
    韓国の原発、鉄板のさびに続きコンクリ壁のあちこちに穴見つかる=「手抜き工事?」「日本でも原発の安全神話は1回の津波で消えた」―韓国ネット

    no title

    26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の原発建屋のコンクリートに、多数の穴が開いている事が明らかになった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。(Record China)


    2017年7月26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の原子力発電所の建屋のコンクリートに、多数の穴が開いていることが明らかになった。

    韓国南西部、全羅南道(チョルラナムド)霊光(ヨングァン)郡にあるハンビッ原発4号機の建屋上部の円形ドームと下部境界部分から、横14センチ、縦20センチの大きさのコンクリートサンプル58個を採取して調査した結果、57カ所の隙間が見つかった。

    同原発では今年5月、4号機格納建屋の上部円形ドーム部分と、下部境界部分の高さ68メートル地点で鉄板が腐食しているのが見つかり、腐食原因の調査が行われていた。

    今回の調査結果を受け、原発はコンクリートに開いた隙間が鉄板の腐食に影響を及ぼした可能性があるとみて、さらに詳しい正確な原因を調べている。

    原発の格納建屋は、放射能が外部に漏れるのを防ぐため、厚さ1.2メートルのコンクリート外壁と鉄板で覆われている。今回見つかったコンクリート壁の隙間は、1~12センチ程度だった。

    ハンビッ原発の関係者は「原因の点検後、安全性が確認されれば再稼働する計画」と述べている。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「もっとしっかり管理してくれ」「手抜き工事なのでは?」「原発は安全でクリーンって言ってたやつがいたが、本当か?」「いったい何を根拠に原発は安全ということになっているのやら」など、原発の安全性に対する不信の声が多く寄せられた。

    また、「日本みたいに原発事故が起きたりしないだろうな」「日本でも原発の安全神話は1回の津波で消えた」など、日本の原発事故に関連した意見も。

    さらに、「脱原発だ」「原発はなくすのが正しい」と、文在寅(ムン・ジェイン)政権が宣言した「脱原発」に同調するコメントも目立った。(翻訳・編集/三田)


    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=185665&ph=0
    Record China 2017年7月27日 20時50分 

    引用元: ・【韓国の原発】鉄板のさびに続きコンクリ壁のあちこちに穴見つかる=「手抜き工事?」―韓国ネット[7/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【放射能ダダ漏れなんだろうな】韓国の原発、鉄板のさびに続きコンクリ壁のあちこちに穴見つかる】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/08(火) 11:18:20.35 ID:CAP_USER
    2014年に南西部の珍島(チンド)沖で沈没し、今年4月に引き上げられ、現在、木浦港で行方不明者の捜索が進められている大型フェリー「セウォル号」で、貨物室から大量の鉄筋が見つかり、外に運び出す作業が行われています。

    作業は6日から行われており、6日と7日の2日間で、21トンに相当する鉄筋が運びだされました。

    「セウォル号」は、規程を2倍上回る量の貨物が積み込まれていたことが沈没の一つの原因になったとされていますが、そのうち5分の1が鉄筋でした。

    当初、検察と警察による合同捜査本部は、セウォル号に積み込まれた鉄筋について、286トンという調査結果を発表しましたが、

    その後、2015年1月に事故原因の解明のために設置された「セウォル号特別調査委員会」の調査で410トンであることがわかり、さらに、このうちの278トンが済州(チェジュ)海軍基地に運ばれる予定だったことが確認され、波紋が広がっていました。

    鉄筋が積まれていた場所は甲板と船底で、船の復原力、つまり、船体が傾けられた際に転覆せずに持ちこたえ、もとの姿勢に復元する能力に、直接の影響を与えた可能性があるという見方が出ています。

    ただ、甲板に積まれていた鉄筋は、沈没とともにほとんどが海底に落ち込み、今回、貨物室から運び出された鉄筋だけで事故原因につなげるには限界があるとみられています。

    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=64636&id=Dm

    引用元: ・【韓国】セウォル号から大量の鉄筋 沈没原因解明には限界か[8/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【まだやってたのかよ?遅すぎwww】セウォル号から大量の鉄筋 沈没原因解明には限界か】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/30(日) 22:02:06.39 ID:CAP_USER
     30日午後1時50分ごろ、京畿道軍浦付近を走行中の列車「ムグンファ号」を鉄の塊が直撃し、窓ガラスが割れて乗客7人が負傷した。

     列車は同日午後1時18分にソウル・竜山駅を出発し、韓国南部の麗水に向かっていた。午後1時50分ごろ京畿道の軍浦‐義王間を走行中、鉄の塊が飛んできて2号車のガラス窓を突き破り、車内に飛び込んだ。

     この事故で、ガラスの破片が顔や体に当たるなどして乗客7人が負傷し、このうち5人が病院に搬送された。幸い鉄の塊が直接当たった乗客はいなかった。

     鉄の塊は縦20センチ、横10センチの四角い電話機ほどの大きさで、重さは約10キロあったという。

     鉄道警察は、事故の経緯や、飛んできた物体が何の用途に使われるものなのか調査する方針だ。

    コ・ソンミン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/30/2017073001480.html

    引用元: ・【韓国】走行中の列車に10キロの鉄塊、窓ガラス割れ乗客7人負傷[7/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【結構なもんだな】走行中の列車「ムグンファ号」を鉄塊が直撃、窓ガラス割れ乗客7人負傷】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 02:11:36.65 ID:CAP_USER
    2017年7月31日、韓国経済新聞は、オープンから2カ月が経過したソウル駅前の高架公園「ソウル路7017」の現状を伝えた。

    同日、外国人の友人を連れ公園を訪れた大学院生のカンさん(27)は、オープン間もないはずの「名所」の様子に驚いた。公園のうち約200メートル区間に設置された数十の円形の植え込みが、すべてビニールで覆われているのだ。

    カンさんは「穴の開いたビニールがとても見苦しい。外国人にここを見せてあげようと思って来たのに恥ずかしい」と眉をひそめた。

    ビニールをかぶせた理由について、施設を管理するソウル市は、公園のコンクリート床面に生じた亀裂の補強工事の影響で植物にセメントの粉が掛かるのを防ぐためとしている。

    実は同公園は床面のあちこちに亀裂が生じており、現在、80カ所余りが確認されている。単純計算で2.5メートルに1カ所だ。亀裂はオープンから1カ月ほどの6月にも3カ所見つかり、安全問題も指摘されていた。

    当時、市は「補強作業をしており安全に問題はない」と釈明していたが、わずか1カ月で再び補強工事が始まったというわけだ。なお韓国の建築基準では、0.4ミリ以上の亀裂は補修が義務付けられているという。

    今回も市は「美観問題から補強工事をするのであって、安全に問題はない」という立場を示している。セメントが乾く過程で膨張と収縮を繰り返すため、どんな建築物でも亀裂が生じるとの説明だ。

    また「公園下を通る車両の振動が伝わって特定区間に集中的に亀裂が生じている」とも主張した。

    驚くべきことに、市が「オープン後に亀裂の補強工事が必要」という点を設計段階から把握していたことも明らかになった。

    市の関係者は「円型の植え込みを設置するという設計者の要求をのんだことから(床面の)素材の選択に制限があった」とし、「床をより厚くすれば亀裂が減少しただろうが、予算の関係でできなかった。セメントが完全に乾燥する来年初めまでは亀裂が続く可能性がある」と説明している。

    現在、公園は亀裂を補修した跡が白いクモの巣のように広がり、工事現場で使われる立入禁止を示すテープや円錐形のラバーコーンがあちこちにみられる。そのため市民からは「オープンしてもう2カ月だが、工事現場なのか公園なのか区別できない」と不満の声が上がっている。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「総事業費のうち実際に工事にかかった費用はどれくらいだろう?」「施工会社と責任者を捕まえて白状させろ」など怒りの声のほか、ソウル市長への非難の声が相次いでいる。

    また、「この公園、そのうち崩壊するのでは?」「ソウル路のアイデアは安全や効用面から無理があったと思う」「もう高架を撤去しようよ」といったコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)

    http://www.recordchina.co.jp/b186135-s0-c30.html

    no title

    写真はソウル

    引用元: ・【韓国】韓国の若者、外国人の友達をソウルの“見苦しい”新名所に案内してしまい赤面=韓国ネット「そのうち崩壊するのでは?」[8/03] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【地震がなくてもビル崩壊する国】「そのうち崩壊するのでは?」床面のあちこちに亀裂 ソウル駅前の高架公園「ソウル路7017」の現状】の続きを読む

    このページのトップヘ