まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 反日

    1: まるっとニュー 2020/01/18(土) 10:04:49.38 ID:CAP_USER
    与党・共に民主党で最高委員を務める薛勲(ソル・フン)議員は「大使は朝鮮総督なのか」と発言した。
    母親が日本人で米海軍提督出身でもあるハリス大使を「朝鮮総督」と呼んだのだ。

    与党を支持するネットユーザーの間からは、ハリス大使を「チョッパリ(日本人の蔑称)混血人のグンパリ(兵士の俗称)」
    「米国籍の倭寇」など侮辱的な言葉で非難する声が相次いだ。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/18/2020011880008.html

    引用元: ・【韓国】 ハリス駐韓大使を批判 「チョッパリ(日本人の蔑称) 混血人のグンパリ(兵士の俗称)」

    【差別とヘイト、レイシズム丸出し【韓国】 ハリス駐韓大使を批判 「チョッパリ(日本人の蔑称) 混血人のグンパリ(兵士の俗称)」】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/01/16(木) 10:08:47.95 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の広報活動などに取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が16日、
    国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に宛てて、今夏の東京五輪で旭日旗を使った応援を公式に禁止するよう要請する手紙を送ったと明らかにした。

    韓国や中国など、過去に日本による侵略の被害を受けた側は旭日旗の使用に強く反対しているが、
    IOCは問題が発生すれば事案ごとに判断するという消極的な態度を示している。

    バッハ氏も先ごろ、東京五輪で選手の政治的な行為を全面的に禁じると述べたが、旭日旗については言及しなかった。  
    一方、東京五輪の大会組織委員会は、大会中に旭日旗を会場に持ち込むことに問題はないとの姿勢だ。

    徐氏は「旭日旗は(ナチス)ドイツのハーケンクロイツ(かぎ十字)と同じく『戦犯旗』であり、
    五輪でこの旗を振ることは第2次世界大戦時に戦犯国から被害を受けたアジアの人たちの心を再び痛ませることになる」と強調した。
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200116000400882

    no title
      

    引用元: ・【東京五輪】 IOC会長に旭日旗使用禁止を・・・韓国人教授が書簡 「旭日旗は(ナチス)ドイツのハーケンクロイツ(かぎ十字)と同じ」

    【これってヘイトスピーチだよな? 【東京五輪】 IOC会長に旭日旗使用禁止を・・・韓国人教授が書簡 「旭日旗は(ナチス)ドイツのハーケンクロイツ(かぎ十字)と同じ」】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/01/09(木) 17:19:57.68 ID:CAP_USER
    米国とイランの対立など、世界情勢が緊迫するなか、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、「新年の辞」を発表し、極度に関係が悪化した日本に対して「最も近い隣人であり、協力関係を一層、未来志向的に深めていく」と呼び掛けた。だが、韓国内では、今年も「反日大攻勢」を展開する動きがある。そして、その基礎となる知識は、あきれるほど低レベルだという。安倍晋三首相の祖父、岸信介元首相の経歴も調べず、韓国の原発では大量のトリチウムを放出しておきながら、福島第1原発の処理水問題を持ち出して、東京五輪・パラリンピックを貶めようとしている。卑劣な批判を許してはならない。ジャーナリストの室谷克実氏が迫った。

    2020年も、韓国の「反日大攻勢」は続く。4月の国会議員選挙を控えて、韓国与党のシンクタンクは「反日が集票につながる」との秘密報告を出しているし、文大統領の反日意欲は衰えを見せない。

     選挙での勝敗にかかわらず、文政権は「保守派=親日派」との位置づけのもと、「国内保守派壊滅による主流勢力の交代」(文氏の言う革命)成就のため、「反日大攻勢」の基調を貫くだろう。

     そうした中で目を引くのは、韓国の「反日理念」の劣化だ。「何事も反日のため」という意識の先走りが、理念の劣化に拍車を掛けている。

     韓国最大の反日団体「VANK」の朴起台(パク・ギテ)代表のインタビューを、韓国メディア・マネーS(1月2日)が伝えた。それを読んで爆笑、新年初笑いとなった。

    朴氏はこう述べている。

     「安倍(晋三首相)の外祖父である岸信介は、日帝強占期最後の朝鮮総督を務めた者だ。安倍はこのような家で生まれた」

     新年早々、日本の首相を呼び捨てにするのも無礼千万だが、「岸信介は最後の朝鮮総督を務めた」とは何だ。

     最後の総督は阿部信行だ。ハングルで表記すると、安倍も阿部も全く同じだから、韓国人の中には安倍首相の祖父は阿部信行だと思い込んでいる人もいる。

     そこら辺の脳内錯乱があったとしても、「安倍の外祖父である岸信介は最後の朝鮮総督」とは、お粗末すぎる歴史知識だ。そこを校正できないメディアもお粗末の極みだ。

     しかし、日韓関係史の知識が、こんなレベルの人物が、韓国最大の反日団体のトップとして君臨し、反日の旗を振っている事実は笑い事では済まされない。

     彼は、このインタビューで「日本政府がメディアを統制して、嫌韓ムードをつくった」と述べている。韓国の政権はメディアを操作して反日不買運動を盛り上げた。

     われわれがしていることは日本もしているはず-心理学でいう「投影」かもしれないが、現代日本に関する知識もなさすぎる。

     思えば、文氏の反日も同じようなレベルかもしれない。

     彼は「福島原発事故で1368人が死亡した」と大ウソ演説をして、“放射能大国・日本”の恐怖を煽った。

    19年6月、G20(主要20カ国・地域)首脳会議で大阪に来ると「東京五輪が成功裏に開催できるよう誠意を尽くして協力する」と述べた。しかし、裏では政府関係者たちに「福島原発汚染水問題に対して積極的に対応しなければならない」と述べ(朝鮮日報19年8月14日)、“放射能五輪反対”の声に火をつけた。

     彼は、韓国の原発が汚染水を垂れ流している事実(=月城原発は、累積6000テラベクレルものトリチウムを放出)を知らないのか。彼の耳には都合の良い情報のみインプットされるから、本当に知らないのかもしれない。

     だからこそ、新年早々、「日本による輸出規制措置に立ち向かい、主要な素材・部品・装備の国産化と輸入先の多角化を成し遂げた」といった妄想をブチ上げたのだろう(=『成し遂げる』ならまだ分かるが)。

     こんな妄想の中にいれば、いわゆる徴用工判決に伴う差し押さえ資産の売却に対する「日本の報復」も恐ろしくないはずだ。

     現状の誤認識と、知識のなさを背景に持つ「反日大攻勢」はどうやら不可避だ。

     ■室谷克実(むろたに・かつみ)

    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200109/for2001090001-n1.html
    夕刊フジ公式サイト 2020.1.9

    引用元: ・【夕刊フジ】「安倍の祖父は朝鮮総督」!? 韓国反日団体の低レベルな「歴史知識」と「誇大妄想」 文大統領でさえ…[1/9]

    【上から下までバカばっかw【夕刊フジ】「安倍の祖父は朝鮮総督」!? 韓国反日団体の低レベルな「歴史知識」と「誇大妄想」 文大統領でさえ…[1/9]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/01/13(月) 15:16:07.86 ID:CAP_USER
    済州道(チェジュド)と済州海女抗日記念事業会は12日、済州市旧左邑(クジャウプ)海女博物館一帯で、第88周年済州海女抗日運動記念式および第26回記念大会を開いた。

    記念式は記念公演から始まり、黙祷と道知事による表彰、海女賞表彰、記念演説、激励の挨拶、万歳三唱などの順に行われた。

    済州海女抗日運動は1931~32年、旧左・牛島(ウド)・城山(ソンサン)など済州東部地域の海女が日帝の植民地経済収奪政策に抵抗して行った国内最大の女性抗日運動で、延べ人数1万7000人余りが参加した。

    記念式に先立ち午前9時、済州市旧左邑の済州海女抗日運動記念塔では、海女抗日運動当時に犠牲になった魂を慰めるための追慕祭が開かれた。

    記念事業会は1995年から毎年、済州海女抗日運動を記念するための式典を開き、済州海女賞を授賞して追慕祭を行っている。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/261460?servcode=A00&sectcode=A10
    ⓒ 中央日報日本語版 2020.01.13 14:55

    https://i.imgur.com/RTvDLkj.png
    昨年開かれた済州海女抗日運動記念式の様子[写真 済州道庁提供]

    引用元: ・【韓国】済州海女抗日運動記念式…犠牲になった魂のための追慕祭も開催[1/13]

    【また新たな抗日史が作られたのか 【韓国】済州海女抗日運動記念式…犠牲になった魂のための追慕祭も開催[1/13]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/01/13(月) 14:22:36.06 ID:CAP_USER
    (李 正宣:ソウル在住ジャーナリスト)

     文在寅(ムン・ジェイン)政権の発足以降、悪化の一途を辿っている日韓関係の中、文在寅政権の教育部が、今年3月から日本の植民地時代を集中的に記述した8種類の新しい歴史教科書を中・高校教育課程に導入する。

     今回導入される歴史教科書は、昨年の11月に検定を通過し、今年の3月から入学する中学生と高校生たちに配布される。文在寅政権発足当時、朴槿恵(パク・クネ)政権の「国定教科書導入」決定を破棄した後、文在寅政権下の教育部が検定した名実共に文在寅政権初の教科書だ。

    前近代氏が25%、近現代史が75%

     ところが、韓国メディアによると、文在寅政権の初の検定教科書は、数千年に至る前近代史(紀元前~朝鮮時代)の内容を25%に減らし、その代わりに200年足らずの近現代史(開港期~現在)の内容を75%に増やすなど、既存の教科書から大きく様変わりしているという。

     しかも、大幅に増えた近現代史の記述には、政権の志向性を最大限に反映した内容になっているとの批判が巻き起こっている。

    まず、日本の植民地時代に対する記述が大幅に拡大され、強化された。

     韓国メディアによると、新たに導入される計8種類の歴史教科書では、日本の物資収奪(日帝植民地時代、日本が韓国からコメや戦争に必要な物資などを強奪したという主張)と徴用工や慰安婦などといった植民地時代に関する内容、そして独島(竹島)を扱う内容が大幅に拡大された。特に高校の8種類の教科書の全てが、日帝時代の徴用工動員や独島について、それぞれ特集ページで扱っており、学生らが実質的に参加できる反日活動を提示する内容も含まれているという。

    「植民地近代化論」は教科書から削除

     過去の歴史教科書には、わずかながらも登場していた「植民地近代化論」に関する記述は、今回は完全に消えているという。

    「植民地近代化論」とは、日本の植民地時代に韓国近代化の礎石が設けられるなど、一部においては日帝時代が韓国の発展に役立つこともあったという主張だ。

     最近、日本で旋風を巻き起こしているベストセーラー『反日種族主義』のイ・ヨンフン博士は、まさにこの「植民地近代化論」の代表的な学者の一人だ。しかし、「日帝収奪論」が主流となっている韓国の歴史学界では植民地近代化論を「親日史観」と批判してきた。

     代表的な親政府メディアである「ノーカットニュース」の単独報道によると、今回の新しい歴史教科書では植民地近代化論の内容を根こそぎ削除し、その代わりに、植民地近代化論がなぜ問題なのかという批判を取り上げ、学生たちに自律的な討論をさせる内容が盛り込まれたという。

     一方で北朝鮮との関係改善に向けて、北朝鮮の挑発に対する記述は最小限に減らし、文在寅政府の南北関係改善を広報する内容を大幅に増やした。

     北朝鮮の奇襲攻撃によって46人の韓国の若い海軍が戦死した「天安艦爆沈」について、まったく取り上げない教科書が3種類、「原因の分からない爆発」などと表現し、北朝鮮の責任を明示しなかった教科書が3種類、という有様だ。

     さらには、「韓半島(朝鮮半島)の緊張は2018年、文在寅政府の努力によって大きな転機を迎えた」「朴槿恵政府と李明博(イ・ミョンバク)政府が、対北朝鮮強硬策を維持したせいで南北関係は悪化した。文在寅政府が発足し、南北関係は転機を迎えた」など、現政府の業績を記述する内容も目立った。

     文在寅政府になって、北朝鮮からの挑発がむしろ増えている現実とはかけ離れた内容と言わざるを得ない。

    反日教科書で10代の左派政権支持層を育成

     昨年の12月27日、韓国国会では、保守野党の自由韓国党の必死の反対にも関わらず、与党と左派の群小政党連合体の「4+1」の合意の下で改正選挙法を成立させた。これによって保守党に絶対的に不利な選挙環境が醸成されたが、その一つが投票年齢を満18歳へと引き下げたことだ。つまり、文在寅政府は左偏向・反日教科書を通じて韓国の10代を左派政権の支持層に育成しているのだ。

     歴史教科書の改訂と投票年齢引き下げ。中高生に反日を植え付け、選挙では反日を訴える革新政党への投票を促す。目的は一つ、自分たちの権力維持に違いない。

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58942
    JBpress 2020.1.13

    引用元: ・【韓国】「反日」プロパガンダの道具と化す韓国の歴史教科書 歴史教科書の大改訂で文在寅が目論むもの[1/13]

    【こんな異常な反日国【韓国】「反日」プロパガンダの道具と化す韓国の歴史教科書 歴史教科書の大改訂で文在寅が目論むもの[1/13]】の続きを読む

    このページのトップヘ