まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 反日

    1: まるっとニュー 2020/03/21(土) 19:37:25.66 ID:CAP_USER
    順天市内の元気な桜の木30本ばっさり
    no title


    ・犯人Aさん「日帝の木をなくした」ちんぷんかんぷん
    ・15年生一抱えの桜の木,ヒトツバタゴ 代償

    順天(スンチョン)市内ヨンヒャン第3地区、生態文学教育園近くの人工芝サッカー場とインラインスケート場一帯に植えられた15年生の桜の木とヒトツバタゴ28本が、市民Aさん(48)によってばっさりと切り倒された。

    Aさんは、今月14日午前7時20分頃からこの一帯の通り沿いや駐車場に立ち並んでいる木々を、何の理由もなく、折りたたみ式のこぎりを使って切り倒したことが明らかになった。

    順天市体育施設事業所側は、このような街路樹切断事件が発生して2日間分からなかった。今月16日、月曜日に出勤した清掃員が発見。体育施設事業所がこの事実を順天警察署に通報し、警察は聞き込み調査と付近に設置された閉鎖回路TVで犯人をAさんだと特定して立件した。警察は、1回目の調査でAさんが自身の仕業と認めたため、財物損壊罪で本格的に調査を行う予定だ。

    Aさんは、「日本の奴らが(桜の木を通じて)電磁波を送っていて頭が痛い。そんなわけで、木を切ってしまった」と話すなど、ちんぷんかんぷんだったという。

    Aさんがのこぎりを使って2時間に渡ってこのように多くの木を伐採している間、制止されたり目撃者の通報がなかったのは、休日であったことに加えて、コロナ19の事態で近くのサッカー場とインラインステート場などが全て閉鎖され、行き交う人がいなかったためと分析されている。

    順川市は、15年生の桜の木3本と13年生のヒトツバタゴ25本が破損したと把握し、Aさんに求償権を請求する方針だ。これらの樹木1本当たり50万ウォン相当で、総計1400万ウォンにのぼるという。

    これに先立ち、今月10日にも、この体育センターの清掃員休憩所にある外壁石膏ボード2枚が破損した。警察は、Aさんの仕業ではないかと疑って共に取り調べる方針だ。

    順天市の関係者は、「根元から腰の高さに切られた木が痛ましくて、17日午前根元を完全に取り除いて木の枝も処理し、今後、代替木を補植する予定だ」と明らかにした。

    ソース 南道日報(韓国語)
    http://www.namdonews.com/news/articleView.html?idxno=564283

    引用元: ・【韓国】 桜を伐採したAさん「日本の奴らが(木を通じて)電磁波を送っていて、頭が痛い」 順天市[03/21]

    【アホならまだしも本物さんですよ。【韓国】 桜を伐採したAさん「日本の奴らが(木を通じて)電磁波を送っていて、頭が痛い」 順天市[03/21]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/22(日) 13:20:42.10 ID:CAP_USER
    韓国文化、歴史に触れよう ハングル講座受講生を募集

     佐賀市の在日韓国民団県地方本部は4月から始まるハングル講座の受講者を募集している。半年間のプログラムで、韓国人の大学講師による指導のほか、料理教室やフィールドワークなどで韓国の文化や歴史にも触れられる。申し込みは27日まで。

     入門、初級、中級課程があり、簡単な日常会話からビジネス向けまで学ぶ。キムチ作りや民族衣装チョゴリの試着体験、歴史学習のための県内のフィールドワークも予定している。

     同本部の朴弘正団長は「生徒と生徒の輪を広げることに重点をおいている。イベントやフィールドワークも楽しみながら学ぶことができる」と魅力を話した。

     場所は佐賀市神野東の韓国会館(同本部2階)。入門は4月7日から毎週火曜、初級は同8日から毎週水曜、中級は同9日から毎週木曜に開催。時間は入門と初級が午後7時から、中級は午後7時半から。定員は各課程10人で、受講料は月4000円(初回に半年分前納)。開講から2回までは見学もできる。

    佐賀新聞
    https://www.saga-s.co.jp/articles/-/502866

    引用元: ・【佐賀新聞】韓国文化、歴史に触れよう 在日韓国民団でハングル講座受講生を募集[3/22]

    【嘘を教えるイベントなんて迷惑【佐賀新聞】韓国文化、歴史に触れよう 在日韓国民団でハングル講座受講生を募集[3/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/22(日) 22:03:47.70 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすらに与党の『総選挙用』と批判して物議を醸している。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    日本最大の日刊紙である『読売新聞』は22日付の7面に、『国民惑わす選挙宣伝』という見出しの不届きなコラムを掲載した。

    コラムは『読売新聞』の豊浦潤一ソウル支局長が執筆して、文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応をひたすらに『総選挙用』だと非難した。現政権がコロナ事態を与党の総選挙戦略に合わせて対応しているという、デタラメな主張を繰り広げているのである。

    彼が提示した根拠を見れば、元ベテラン級の記者なのかと疑問が浮かぶほど浅はか極まりない。

    まず、先月13日の経済界懇談会の際に、「国内での防疫管理は(ある程度)安定的な段階に入ったようだ。(コロナ19は)遠からず終息する」と述べた文在寅大統領の発言を取り上げた。これを総選挙の日程と結びつけて疑ったのである。

    引き続き、前日12日の保健福祉部次官の発言を持ち出した。「(まだ)集団的な行事を取り消し、延期する必要はない」と述べた発言である。当時、韓国政府が警戒を緩めていなければ、感染者のエクスプロージョン !!(爆発的増加)を防げたのに、あえて警戒を緩めたかのような論理を展開した。

    それと同時にこれら二つの発言を、「単なる楽観(論)というより、差し迫った総選挙に対する焦りがもたらした」とし、『総選挙用』とこき下ろした。非常に不届きな視覚である。

    そして、「総選挙まで消費の冷え込みなどが続けば(選挙が)与党に不利になると考え、前のめりになった発言ではないだろうのか。危機管理の局面で政権トップ(最高指導者)自らが政府の信頼を失墜させてしまった」と指摘した。不届きな想像を前提にした、『似非(えせ)ジャーナリスト』の断面を露わにした。

    彼の疑念は収まらない。彼は、「防疫上の観点ではなく、選挙対策として見れば納得がいく」とし、日本の入国制限措置に対する韓国の反撃を取り上げた。「韓国に入国制限措置を取った国の中で、唯一韓国だけが日本に対抗措置を取った」とし、「日本に強く出なければ、世論の反発が怖いから」という説得論理を繰り広げた。

    安倍政権が政略次元で持ち出した入国制限措置に対し、じっと伏せながら対抗したのは、文在寅政権が政略的に近付いたのではないかという、古臭い植民地史観的な主張である。

    また、「総選挙で敗れた場合、2年の任期を残して文在寅政権がレームダックになる公算が大きい」とし、「そのため勝つことが優先」と付け加えた。ひたすらに総選挙の勝利という一念の下、文在寅政権が事態を臨機応変に『誤魔化している』とし、幾重にも捻じ曲げたのである。

    読売新聞のソウル支局長はこの日、事実を始終全面的に歪曲して、1人称の観点という狭い観点で、極めて偏狭な『駄文』を書き散らしたと言っても過言ではない。

    日本の『嫌韓感情』を刺激して、危機に陥った安倍政権の背中をなだめる浅はかな舌先三寸を通じ、彼はこの日、自分が日本版の『寄生虫』役を天下に公言することになった。

    歴史学者のチョン・ウヨン教授は、「読売新聞が韓国の未来統合党の支持者と “完壁に一致した” 主張をした」とし、「1世紀前に我々の祖先は、“外見は韓人だが腸(はらわた)は倭人の鬼のような者” を、“トオェ(土着倭寇)” と呼んだ」と皮肉った。

    ソース:グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229252

    引用元: ・【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]

    【感情論で罵詈雑言並べてるだけの朝鮮メディア【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/23(月) 09:16:11.13 ID:CAP_USER
    (写真)
    http://www.goodmorningcc.com/news/photo/202003/229257_236615_248.jpg
    ▲ 共に民主党のイ・スジン候補(銅雀乙)は22日、「読売新聞の記者に問いたい」とし、「日本当局がクルーズ船の乗客を閉じ込め、感染の有無を公開しなかったのは “東京オリンピックのための隠蔽” だったのか」と尋ねた。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応について、ひたすら『総選挙用』と貶めた読売新聞の豊浦潤一ソウル支局長に対する批判が沸き立っている。

    共に民主党のイ・スジン候補(銅雀乙)は22日、「コロナ19を乗り越えるため、最善を尽くす我が国民に対する冒涜だ」と言いながら、「今のような世界的危機状況では、“※いとこが土地を買えば腹が痛む” 時ではなく、お互いの長所を学んで共有する “連帯” が必要だ」と忠告した。
    (※人が上手くいってることを嫉妬するという意味)

    彼女はこの日に自身のFacebookで、「責任あるメディアが、韓日関係を悪化させるような愚かな行動をしないでほしい」とし、「ただでさえ今回の総選挙が “韓日戦” と言う人もいるのに、日本のメディアが韓国の選挙に影響を及ぼす言動を慎んでほしい」と窘(たしな)めた。

    続けて、「読売新聞の記者に問い返したい」とし、「それでは日本当局がクルーズ船の乗客を閉じこめ、感染の有無を公開しなかったのは “東京オリンピックのための隠蔽” だったのか」と尋ねた。

    (写真=聯合ニュースの写真に差し替え)
    https://img6.yna.co.kr/photo/yna/YH/2020/03/22/PYH2020032211150007301_P4.jpg
    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすら与党の『総選挙用』だと批判して物議を醸している。

    ソース:グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229257

    引用元: ・【韓国】共に民主党イ・スジン候補、「読売新聞に問い返す、クルーズ船の隠蔽は “東京オリンピックのため” なのか?」[03/23]

    【こりゃ相当確信ついたんだな 【韓国】共に民主党イ・スジン候補、「読売新聞に問い返す、クルーズ船の隠蔽は “東京オリンピックのため” なのか?」[03/23]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/20(金) 23:08:07.28 ID:CAP_USER
    日本入国制限国、世界中209箇所...韓国入国制限国を超えた
    韓国対象入国制限国・地域は174箇所

    世界各国が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散防止のために、外国人を対象に、
    入国制限措置をとる中で、日本人の入国を制限する国や地域の数が韓国人の入国を制限する
    国や地域の数よりも多くなったことが分かった。

    20日、政府筋によると、同日午前7時(現地時間)に基づいて、日本に入国制限措置をする国・地域は、全209ヶ所である。

    https://www.mk.co.kr/news/politics/view/2020/03/292545/

    1
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1584704236/

    引用元: ・【国際】韓国メディアがフェイクニュース拡散「日本人の入国を制限する国、209ヶ所 韓国の174ヶ所を超えた」 ★2

    【国の数も知らない【国際】韓国メディアがフェイクニュース拡散「日本人の入国を制限する国、209ヶ所 韓国の174ヶ所を超えた」 ★2】の続きを読む

    このページのトップヘ