まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 反日

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/14(土) 03:26:11.24 ID:CAP_USER
    忠南大学の少女像作りプロジェクト
    学生・教授・職員集まり、推進委発足
    世論調査を繰り広げ参加を導き
    今日から500万円の設立募金始まる

    「一緒に悩んで解決すれば私たちの中の連帯が成長するのでは」

    no title

    「忠南大学平和の少女像推進委員会」に参加した学生たちが、少女像の建設を希望している忠南大学第1学生会館前の民主広場に集まった//ハンギョレ新聞社

    「大学生の私たちは、なぜこんなに社会問題に関心がないのだろうか?」

    昨年冬の「ろうそく革命」が若者たちの心に残した種だったのだろうか。7月、就職などすぐ目の前のことにばかり追われて過ごしていた忠南大学生たちの心が日本軍「慰安婦」問題に行きついた。きっかけは単純だった。偶然遊びに行った世宗市の湖水公園で平和の少女像を見た瞬間「うちの学校にも少女像を立ててみよう」という“謀議”が始まった。

    最初のアイディアは総学生会の中で芽生えたが、学生たちは「忠南大学平和の少女像」を学生会だけのものにしたくはなかった。さまざまな構成員が参加し、討論しあって協議し、少女像を作っていくプロセスが結果物よりはるかに意味があると考えた。

    学生たちは「忠南大学平和の少女像推進委員会」(推進委)を立ち上げ、総学生会、学部学生会、学科学生会、学生、教授、教職員、卒業生たちを集めた。現在までに43人が推進委に参加した。卒業生である国会議員のチョ・スンレ氏も学生たちのメンターの役割を務めている。

    推進委に参加したイ・ミンウさん(25・哲学科4年生)は「忠南大学の学生たちは、これまで社会問題に対する関心が高くなかった。世論が形成され行動へとつながり、問題の解決まで努力する学生たちの姿を大学に通いながらちゃんと見たことがない。そのため社会に出ても、忠南大学出身という自負心が足りなかったのが事実だ。

    今回少女像の建立に向けて先輩・後輩の同窓生が時代の問題を一緒に考えて解決しようと努力しているうちに、私たちの中の連帯意識も少しは成長したのではないかと期待している」と話した。

    彼らは世論を集めるために、8月1日から20日の間、在学生1168人を対象にオンラインのアンケート調査を行った。回答者の95.6%が、少女像の建設に賛成した。賛成の理由としては「学生たちに問題意識を植え、気づきを与える」、「学校に対して矜持と自負心を持てる」などの意見が多かった。

    反対の声は学校側から出た。校内の第1学生会館前の民主広場に少女像を建てるために、大学側に敷地の提供協力を要請したが、学校側は「姉妹提携した日本の大学との関係」を理由に難色を示した。学校と意見対立する形になると、一部の教授と学生たちも「学内に不要な葛藤を誘発する」とし、少女像建設推進を批判した。

    推進委は12日、少女像を建てることを希望する忠南大学民主広場で発足式を開き、「いかなる政治的介入や外交的問題にも揺さぶられず、正しい教育の道を開いてほしい」と大学側に促した。

    推進委は5000~5500万ウォン(約500~550万円)の募金を目標に、13日から本格的な活動に入る。募金過程を透明にしようと推進委を非営利社団法人に登録し、クラウドファンディングも計画している。予定どおり進めば来年3月、忠南大の民主広場に「国立大学としては第1号の平和の少女像」が建設される。

    少女像建設後には、最近構成された現代史勉強サークルが少女像を管理し、定期的に学会や文化祭も地道に開く予定だ。

    イ・ヒョンサン忠南大学総学生会長は「今では教授方も授業時間に頻繁に少女像について話される。応援する方もいれば、気がおかしくなったと言う方もいる。このような状況もとても肯定的だと考える。賛成であれ反対であれ、これを機に慰安婦問題を一度は考えてみることになったからだ。

    教授と討論し友人と論争して、自分の考えを話すこと、就職を超えて他の問題にも関心を持つことが、大学の望ましい方向ではないだろうか。学びは本だけから出てくるものではないと思う」と話した。

    文・写真/チェ・イェリン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28683.html

    引用元: ・【韓国】「本では学べない連帯意識…少女像を建てることで学びます」 忠南大学の少女像作りプロジェクト、500万円の設立募金始まる

    【【ナチスがやった民主主義高揚と同じ手法】忠南大学の慰安婦像建設プロジェクト「本では学べない連帯意識…少女像を建てることで学びます」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/15(日) 03:32:31.78 ID:CAP_USER
    中学校の歴史の教科書にどんなことが書かれていたか、覚えていますか? 今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介されているのは、今、中学生たちが歴史を学んでいる教科書。柴田さんが呆れ果てたというその内容とは?

    no title

    『新版 新しい社会 歴史』東京書籍

    川口中央図書館に行ったときフト思いついて、中学校の歴史の教科書を見せてもらった(貸出は不可)。東京書籍の『新版 新しい社会 歴史』平成27年検定済みの、わりと大判できれいな本。よりによって偏向で知られる東京書籍の歴史教科書かい。

    日本神話は一切載ってない。きれいさっぱり無視している。卑弥呼が魏に朝貢したと断定している。聖徳太子(厩戸皇子)が蘇我馬子と協力しながら、中国や朝鮮に学んで、大王(天皇)を中心とする政治制度を整えたと書く。日本神話を無視し、なにがなんでも中韓を上位に置くから、無理な記述になるのだ。

    「三・一独立運動」の項で、こう書かれていた。

    日本軍は、1937年末に首都の南京を占領し、その過程で、女性や子どもなど一般の人々や捕虜をふくむ多数の中国人を殺害しました(南京事件)。

    欄外に

    この事件は「南京大虐殺」とも呼ばれます。被害者の数については、さまざまな調査や研究が行われていますがいまだ確定していません。

    ……って、大嘘(中国のプロパガンダ)を事実だと断定している。

    日本は植民地や占領地でも、厳しい動員を行いました。多数の朝鮮人や中国人が、意思に反して日本に連れてこられ、鉱山や工場などで劣悪な条件下で労働を強いられました。こうした動員は女性にもおよび、戦地で働かされた人もいました。

    って、いい加減なこと書くからトンデモ徴用工問題が出てくるんだ。さすがに慰安婦関係は一切載っていない。領土問題もきちんと記述している。

    日露戦争後の日本を

    国民の中には、帝国主義の一員になったという大国意識が生まれ、アジア諸国に対する優越感が固まりました。

    と決めつけ、石油やゴムなどの資源を獲得しようと南進したと書く。日本が負けたからアジアが独立したと書くが、日本がアジア諸国を独立させたという事実を一切書かない。

    沖縄戦については、

    日本軍によって集団自決に追い込まれた住民もいました。

    と、とんでもない断定をする。さらに

    沖縄島では面積の18%がアメリカ軍事施設であり、事故、公害、犯罪などが起こっています。

    って、これまたヤバ過ぎる記述ではないか。目を疑ったが、ハッキリと教科書に書かれている。

    日本人を醜く滑稽に描くビゴーの風刺画を、わざわざ五点も掲載するのは悪意としかいえない。そして、「あたらしい憲法のはなし」という、戦後に短期間使用された、中学校一年生用社会科の教科書の一部を大きく掲載する。戦争放棄をノーテンキに謳いあげるおバカな文体だ。

    いまも某政党の団体が活用しているらしい。中学校の教科書に載せるのはまずいと思うが、東京書籍だから……。

    「あたらしい憲法のはなし」は青空文庫にあった。よいこはこれで憲法のお勉強をいたしませうw。

    編集長 柴田忠男

    http://news.livedoor.com/article/detail/13603370/

    引用元: ・【コラム】中国のプロパガンダをそのまま載せる中学歴史教科書の愚[10/15]

    【【日本歴史学会って反日団体ですから 】中国のプロパガンダをそのまま載せる中学歴史教科書の愚】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/14(土) 05:47:01.44 ID:CAP_USER
    4月から沖縄本島で朝刊の配達を開始した八重山日報に対し、インターネット上で「宗教団体に買収された新聞社」などのデマが拡散されている。

    本紙は特定の企業や経済団体、宗教団体との関係は一切なく、公正中立を編集方針に掲げる新聞社。しかし基地反対派と見られる人たちは、フェイスブックやツイッターで激しい「口撃」を繰り広げているのだ。そのメンタリティとは―。

    「八重山日報が○○○(宗教団体名)に買収されたことくらいは、編集長と話したんだったら知っていてもおかしくない」

    「八重山日報は○○○(宗教団体名)の子会社。少なくとも公正中立な意見ではないです」

    「編集長は○○○(宗教団体名)のガチ信者ですw 選挙時に○○党(宗教団体が設立した政党)の応援に出てきてたりしますw」

    インターネットで検索すると、本紙と宗教団体が特別な関係にあると断定する書き込みが大量に出現する。すべてデマだ。

    最近も、ベストセラー本の出版で有名になった著述家が、八重山日報は宗教団体に買収されていると虚偽のツイートを行った。これが「証拠」とされ、デマ拡散に拍車が掛かった。

    本紙が宗教団体に買収されているかどうか、編集長が信者であるかどうかは、会社の登記簿を取り寄せるなり、会社に問い合わせるなりすればすぐに判明するはず。本紙への誹謗中傷を目的に、意図的な虚偽が発信されている可能性が大きい。

    こんな書き込みもある。

    「八重山日報が発信源になっているデマは数え切れない」

    県内の他のメディアは、基地反対派の意見にウエイトを置く紙面づくりだが、本紙は反対派、容認派双方の意見を両論併記で掲載する報道姿勢。これが基地反対派の逆鱗に触れたようだ。

    「オール沖縄」という名乗りから明らかなように、基地を容認する沖縄県民は許せない。そのような県民の声を掲載する新聞は、宗教団体に洗脳されているから、信じるに値しない―。そうした強引な「レッテル貼り」と印象操作が、執拗に書き込みを繰り返す基地反対派の狙いのようだ。

    本紙の報道姿勢に対する批判は正面から受け止める。しかしネット上では、本紙の報道姿勢を疑問視する声の大多数が「宗教団体に買収されているから」という虚偽に基づいた決めつけだ。これでは議論にならない。

    自分と考えの異なる人に対し、基地反対派が浴びせる醜い「口撃」が問題化した例もある。

    「あなたたちは単なる国賊でありこの国の汚物なのですから身の程をわきまえるよう」

    今年2月、基地反対派に反論する活動を展開している名護市民の我那覇真子さんに対し、反差別を掲げている「レイシスト行動集団」主宰の野間易通さんがこうツイートし、波紋を広げた。野間さんのツイッターは一時凍結された。

    インターネットは何でもありの世界。とはいえ「県民は日米両政府に人権を弾圧されている」と訴える当人たちの人権感覚は、果たしていかなるものなのか。一部の人だけだと信じてはいるが、実態はお寒い限りだ。

    (仲新城誠)

    https://www.yaeyama-nippo.com/2017/10/14/%E6%9C%AC%E7%B4%E3%AB%E3%87%E3%9E-%E5%AE%E6%99%E5%9B%A3%E4%BD%E3%8C%E8%B2%B7%E5%8F%8E-%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E6%B4%BE%E3%AE-%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E6%A7-%E3%A8%E3%AF-%E6%9C%AC%E9%9F%B3%E3%AE%E3%B3%E3%A9%E3%A0%E2%A7/

    関連記事
    "中立・公正な報道""沖縄メディアの現状"とは?八重山日報編集長「大手2紙は絶対の存在。洗脳されている部分があった」
    http://blogos.com/article/248545/

    引用元: ・【八重山日報】本紙にデマ「宗教団体が買収」 基地反対派の〝精神性〟とは[10/14]

    【【民進党に止めを刺したやつか。www】ベストセラーで有名な著述家が、八重山日報に対し虚偽のツイート「八重山日報は宗教団体に買収されている」】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/10/13(金) 09:58:42.63 ID:CAP_USER
    【ニューヨーク聯合ニュース】米ニューヨークのマンハッタンに旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が設置され、13日午後(米東部時間)に除幕式が行われる。米国で4体目となる。ニューヨーク一帯では慰安婦被害者の慰霊碑が相次ぎ設置されているが、少女像は初めて。現地の韓国系市民団体、ニューヨーク韓人会が韓国の団体と協力しながら像の建立を進めてきた。

    https://i.imgur.com/xe0mHBn.jpg
    平和の少女像(ニューヨーク韓人会提供)=(聯合ニュース)

    像はマンハッタンにある同団体の建物に今年オープンした韓人移民史博物館内に設置された。建て替え中の在韓日本大使館の向かいにある像と同じ作品という。

     同団体の関係者は「決して消し去ることができないわれわれのつらい歴史を振り返り、二度と悲劇の歴史が繰り返されないようにしようという趣旨で建てた」と説明した。

    2017-10-13 08:59 聯合ニュース
    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20171013000200882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

    引用元: ・【聯合ニュース】マンハッタンで「平和の少女像」除幕へ 米東部で初めて[10/13]

    【【日本差別するための像】マンハッタンで慰安婦像「平和の少女像」除幕 在韓日本大使館の向かいにある像と同じ作品】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/09(月) 05:35:11.71 ID:CAP_USER
    日韓関係をぎくしゃくさせている原因のひとつとしてあげられることの多い、日本による「朝鮮統治」。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、朝鮮総督府で官吏をされていた西川清氏の著書『朝鮮総督府官吏、最後の証言』の内容を引きながら、朝鮮統治時代の日本人と朝鮮の人々との関係性について、メルマガ著者の伊勢雅臣さんが分析・解説しています。

    朝鮮総督府の「一視同仁」チームワーク

    朝鮮総督府で官吏をされていた人が、当時の体験を語った貴重な本がある。本年7月、102歳で亡くなられた西川清氏の『朝鮮総督府官吏、最後の証言』だ。表紙の帯には「おそらく総督府の実態を語れるのは私が最後だと思います」との発言がある。

    この本の裏表紙にある写真が、西川さんの証言のすべてを物語っている。そこでは4人の若い男性が桜の木の下で、肩を組んでいる。キャプションには「1934年 官吏仲間と楽しく花見する西川氏」とある。

    一人は着物を着ているので日本人と分かるが、他の3人は洋服だ。そのうちの一人が西川さんで「大和系日本人」、残る2人の青年には「朝鮮系日本人」と注意書きされている。

    仲良く肩を組んでいるので、そのような注意書きがなければ、誰が日本人で誰が朝鮮人だか全くわからない。西川さんの朝鮮総督府での業務体験を読んでいくと、日本人と朝鮮人が一体となったチームワークで仕事をしていたことがよく窺われる。

    町の周囲の山が禿山だった

    西川さんは昭和8(1933)年18歳で和歌山県の熊野林業学校を卒業し、校長の斡旋で朝鮮総督府に就職した。朝鮮といっても、当時は内地(国内)、外地(朝鮮、台湾)とも同じ日本だったので、日本国内の遠い地方に行くという感覚だった。任地は江原道(こうげんどう)。「道」は日本で言えば「県」にあたり、江原道は朝鮮半島の東海岸、南北ではちょうど中程にあった。

    朝鮮に行ってまず驚いた事は、釜山(プサン)や京城(ケイジョウ、現ソウル)など町の周囲の山が禿山だったことです。
    …朝鮮にはオンドルという薪(まき)を焚いて床を暖める設備がどこの家にもありました。朝鮮は非常に寒くなりますから、このオンドルには大量の薪が必要です。しかし、朝鮮には植林をするという技術もなく、指導者もいなかったので、街に近い山々にはほとんど樹木がなくなっていました。
    (『朝鮮総督府官吏 最後の証言』桜の花出版編集部/星雲社)

    西川さんの最初の仕事は、この禿山に植林をすることだった。まず土が流れないよう、70~80センチの段々を作り、そこに木を植える。植林は土砂崩れや洪水防止のために急務であった。また海の近くに植林することで、漁場に栄養が行き渡る。西川さんは日本の林業学校で「樹のない国は滅ぶ」と教えられていた。

    朝鮮総督府は1911年からの30年間で、5億9,000万本もの植林を行った。朝鮮全人口の一人あたり約25本という膨大な数である。西川さんはその一翼を担ったのである。

    日本人官吏と朝鮮人官吏の給与も出世も平等だった

    昭和11(1936)年に朝鮮総督府は地方官吏養成所を設け、西川さんはその第1期生として京城で1年間学んだ。江原道からは5人が送られたが、そのうちの2人は朝鮮人だった。養成所の第1期から朝鮮人も選ばれて、幹部候補生として育てられたのである。幹部ともなれば、日本人の上司となることも、ごく普通であった。

    昭和18(1943)年、西川さんは江原道の21の郡の一つ、寧越郡の内務課長に昇進した。寧越郡は7つほどの村を管轄しており、全体で60名ほどの職員がいた。どこの郡でも郡守はほとんど朝鮮人で、寧越郡も例外ではなかった。西川さんは朝鮮人郡守の下で内務課長を務めたわけである。

    給与も出世についても、日本人も朝鮮人も全く差別はなかった。ただ内地から来た日本人には外地手当が支給された。したがって内地に働く日本人官吏と、朝鮮で働く朝鮮人官吏は同じ給与だったようだ。これは現在の多くの日本企業の海外法人よりも公平である。

    その後、西川さんは道庁に移って課長補佐になったが、そこでも朝鮮人の方がずっと日本人よりも多く、また道庁の部長もほとんど朝鮮人であった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13700505/

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【歴史】「従軍慰安婦」の強制連行も、差別もなかった 最後の証人が語る、日本の朝鮮統治の「真実」[10/09]

    【【朝鮮人は裏切り者 】「従軍慰安婦」の強制連行も、差別もなかった 最後の証人が語る、日本の朝鮮統治の「真実」】の続きを読む

    このページのトップヘ