まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 反日

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 08:56:12.14 ID:CAP_USER
    慰安婦被害女性が光復(解放)72周年を迎えてプロ野球の始球式を行うことが発表された。

    韓国プロ野球チーム「ktウィズ」は第72周年8.15光復節と14日の慰安婦被害者記念日の指定を記念して、10日に水原(スウォン)ktウィズパークで開かれる起亜タイガースとのホーム試合で、慰安婦被害女性による特別始球式と招待行事を行うと8日、明らかにした。

    特別始球式を行うことになった慰安婦被害者のパク・オクソンさん(93)は、高齢にもかかわらず、日本大使館前で開かれている水曜集会や訪日、講演や証言を通じて慰安婦の惨状を世界の人々に伝えてきた。

    kt球団は「今回の行事は、以前行った派兵将兵の始球、障がい者の始球に続き、社会に意味を投じる始球行事として、慰安婦被害おばあさんを慰労・支援して、社会的関心を持ってもらうために準備した」とし「パクさんはktウィズ選手団と野球ファンに希望のメッセージを伝える予定」と伝えた。

    http://japanese.joins.com/article/167/232167.html

    引用元: ・【韓国】慰安婦被害女性、光復72周年を迎えてプロ野球の始球式に登場[8/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本を叩く武器だから韓国の英雄w】慰安婦被害女性、光復72周年を迎えてプロ野球の始球式に登場】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 10:57:25.13 ID:CAP_USER
     「慰安婦問題のデタラメ」を告発する手紙を2年前、米ケネディ駐日大使(当時)宛てに書いた、在米の韓国系アメリカ人古老が再び、憤っている。先月上旬、韓国映画『軍艦島』公開前に米ニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板で流された「軍艦島は地獄島」などとした意見広告のことだ。

     それは、世界で最も広告料が高いという“ひのき舞台”で日本のイメージを意図的におとしめるだけでなく、事実を歪曲(わいきょく)した反日宣伝だった。

     7月27日付産経新聞はソウル発の記事で、映像に使用された写真は「朝鮮人徴用工」ではなく、日本人であり、場所も軍艦島ではなかったことが判明。映像製作に関わった韓国の大学教授も誤用を認めたことを報じている。

     古老は「『慰安婦問題のウソ』をばらまいたのと同じやり方だ。今度は『軍艦島(の徴用工問題)』でひと旗上げるつもりなのだろう。もはや韓国では“産業”と化している。騒げば騒ぐほどお金が集まり、政治的な勢力は強くなる。(韓国で公開中の)映画の内容もひどい。史実とはかけ離れています」と話す。

     古老は90歳近い。日本統治時代の朝鮮に生まれ、教育を受けた。戦後、韓国の名門大を卒業、渡米して帰化し、在米の大手企業に勤めた。民族に反逆する気も政治的な意図もないが、当時を知る者として「事実に反すること」が流布されているのが許せない、と匿名ながら発言を続けている。

     「朝鮮に徴用令が適用されたのは昭和19年9月以降のわずかな期間でしかない。日本はなぜ『事実でないこと(反日宣伝など)』を止めようとしないのか? (慰安婦問題のように)芽が出て根を張って幹が大きくなる前に動かないと手遅れになってしまう」

    □  ■

     もうひとり、当時の朝鮮での「徴用」の真実を知る日本側の古老がいる。朝鮮総督府の元官吏で和歌山県在住の西川清さん。先月末で102歳になった。郡の内務課長として、戦時動員として行われた朝鮮人内地移送計画(昭和14年~)に直接タッチした人である。

     計画は時期によって「募集」→「官斡旋(あっせん)」→「徴用」と制度が変わったが、西川さんによれば、(朝鮮に徴用令が実施された)昭和19年以前から「徴用」と呼んでいたという。

     「殴る蹴るで強制的に動員したことなど絶対にない。給与などの条件を説明し、納得した上で内地へ行った。待遇だって悪くなかったと思うし、応じなくても(徴用令以前は)罰則はありませんでした」

     当時、内地へ渡った多くの朝鮮人は、仕事を求め、自分の意思で行ったのが事実である。強制力が伴う「徴用」は、戦時下という非常時の労働動員であり、もちろん日本人にも適用されていたし、給与も支払われていた。

     統治時代の朝鮮に近代教育制度を築いたのは日本である。当時の旧制中学校で学んだ人たちも当時を知る者として動き始めた。

     平壌一中出身の長尾周幸(かねゆき)さんは昭和5年生まれ。数え年で88歳になる。今月中に発行を予定している同窓会誌の中で『“従軍慰安婦”虚報払拭のための朝鮮在住者の意見具申書』と題し、OBに「慰安婦問題の真実」についての証言を募集することにした。

     同様の動きは、別の朝鮮の旧制中学同窓会でも出ている。

     韓国系アメリカ人古老はいう。「(自分たちが)見たことも聞いたこともないウソがまかり通っていると、みんな墓場へ行く前に事実を証言すべきだ。もはや、ふとんをかぶっている場合じゃありませんよ」(喜多由浩)



    【プロフィル】西川清
    にしかわ・きよし 大正4(1915)年生まれ。日本統治下の朝鮮へ渡り江原道産業部に就職。朝鮮総督府地方官吏養成所へ入所し、28歳の若さで寧越郡内務課長に就任。著書に『朝鮮総督府官吏最後の証言』(桜の花出版編集部)。

    http://www.sankei.com/column/news/170809/clm1708090007-n1.html

    no title

    韓国映画「軍艦島」のパンフレット
    no title

    元朝鮮総督府官吏の西川清さん=今年6月(喜多由浩撮影)

    引用元: ・【歴史戦】事実歪曲「軍艦島広告」に憤り 韓国系アメリカ人古老、再び 真実告発へ動き出す旧制中同窓会[8/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本政府は仕事しろ】「『慰安婦問題のウソ』をばらまいたのと同じやり方」事実歪曲「軍艦島広告」に憤りの韓国系アメリカ人古老】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 08:58:31.98 ID:CAP_USER
    8日、慶尚南道金海(キョンサンナムド・キムへ)にある仁済(インジェ)大学金海キャンパスの金学洙(キム・ハクス)記念博物館で、展示会「強制動員を共有する-その日の記憶」が開かれている。

    観覧客が徴用者家族が寄贈した写真を見ながら言葉を交わしている。

    http://japanese.joins.com/article/168/232168.html

    no title

    引用元: ・【韓国】「強制徴用の痛みを忘れない」 写真展開催=韓国・慶尚南道[8/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【奴隷というわりに笑顔で記念撮影w】「強制徴用の痛みを忘れない」慶尚南道金海で写真展開催】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 10:36:37.00 ID:CAP_USER
    安重根(アン・ジュングン)=1879-1910=義士の銅像が京畿道議政府市に設置された。安義士は1909年10月26日に満州のハルビン駅で乙巳勒約(いっしろくやく、第2次日韓協約)の元凶である日本の伊藤博文を殺害したが、銅像はその時の安義士の様子を再現したもの。

    中国政府のシンクタンクの役割を果たしている察哈爾学会が制作した。この銅像の設置が今後、中国との冷え込んだ関係を打開する鍵になるか注目されている。

    議政府市は8日、議政府駅前広場の公園に中国の察哈爾学会から寄贈された安義士の銅像を設置した。高さ2.5メートルの青銅製で、安義士が駆け出して懐の拳銃を取り出す姿が描かれている。

    議政府市は今年5月に仁川港を通じて銅像の寄贈を受けていたが、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題や北朝鮮の核問題をめぐって中国との関係が冷え込んだため、設置の時期を決めかねていた。

    その後今月4日になって同学会から搬入の事実を公表することと、設置を認める連絡を受けたという。

    議政府市によると、2013年6月に中国で開催された韓中首脳会談の際、当時の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が習近平・国家主席に「ハルビンでの歴史の痕跡が消え去ることを残念に思う」と伝えたところ、習主席はハルビン駅に安義士記念館と銅像を設置するよう指示したという。

    この指示を受けて察哈爾学会は同じ銅像を2体制作し、1体を韓国に寄贈する意向を示していた。

    察哈爾学会は2009年、中国の政財界や学会に影響力を持つ韓方明氏によって設立された。学会は同じデザインの小型の銅像を安重根義士崇慕会などにすでに寄贈している。

    議政府市は2015年から察哈爾学会と共同で「韓中平和フォーラム」を開催しているが、安秉竜(アン・ビョンヨン)議政府市長がフォーラムをきっかけに銅像の設置に向けて積極的に動き、今回設置が実現したという。中国で制作されたこの銅像が国内に設置されたことで、議政府市は中国人観光客の増加に期待している。

    議政府市=権祥銀(クォン・サンウン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/09/2017080901105.html

    引用元: ・【韓国】議政府駅前に安重根義士像を設置、市は中国人観光客増加に期待[8/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【観光客の増加に期待して】「懐の拳銃を取り出す姿」日本人殺害のテロリスト安重根の銅像を、議政府市が駅前広場の公園に設置】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/01(火) 22:35:49.76 ID:CAP_USER
     日本の国会は2016年5月「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」、いわゆる「ヘイトスピーチ対策法」を成立させたが、日本国内では依然として嫌韓デモが行われていることが分かった。日本の警察庁の関係者が明らかにした。

     今年7月2日に埼玉県で「朝鮮人を殺そう」と叫びながら行進する嫌韓デモが行われたほか、16日には神奈川県川崎市でも嫌韓デモが行われた。ヘイトスピーチ対策法が施行されて1年が過ぎたが、依然として日本国内では嫌韓デモがなくなっていないのだ。

     ヘイトスピーチ対策法の施行は、表面的には成果があった。日本の警察庁の統計によると、法施行後から今年4月末までに確認された嫌韓デモは35件で、前年同期の61件からほぼ半減した。

     しかし、デモのやり方は一層巧妙になっている。

     警察庁の関係者はNEWSISの取材に対し「2020年の東京五輪を控え、東京都内ではヘイトスピーチを拒否するムードがある上、関連法も施行されたことから、ヘイトスピーチは東京を離れ、周辺地域へと移動している」と話し、問題解決のために地方自治体が頭を悩ませていることを明かした。

     また、デモ隊も法に抵触するような露骨な表現を避けていることから、直接の規制が困難なのが実情だと説明した。

     ヘイトスピーチ対策法には、事前規制の規定に関する内容がないため、地方自治体がデモを規制するためには条例を制定する必要がある。最近では川崎市など条例制定に向けて話し合いを進める自治体もあるが、ごく少数だ。そのため今後もさまざまな形でヘイトスピーチが続くとみられる。

    チョ・ユンヨン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/01/2017080103064.html

    引用元: ・【朝鮮日報】日本の嫌韓デモ、ヘイト対策法施行後も衰えず[8/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国を好きにならない日本人は差別主義者】朝鮮日報「日本の嫌韓デモ、ヘイト対策法施行後も衰えず」】の続きを読む

    このページのトップヘ