まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 用日

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/12/06(水) 23:19:05.26 ID:CAP_USER
    8日から始まるサッカー東アジアE-1選手権に出場する北朝鮮代表の選手団が5日午後、北京国際空港から羽田空港に到着した。男子は東京都内、女子は千葉県内のホテルに滞在する。

     羽田空港の到着ロビーでは、神奈川県から来た朝鮮学校の生徒約20人を含む、数十人の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者が出迎えた。男女の選手団が姿を現すと「マンセー(万歳)」と声が上がり、生徒が歌を歌って歓迎。選手は笑顔で手を振った。

     日本政府は北朝鮮への独自制裁措置として北朝鮮籍保有者の入国を原則禁止しているが、選手団の入国は特例として認めた。選手団は2日に平壌を出発、経由地の北京に滞在していた。

     選手権には日本と北朝鮮、中国、韓国の4カ国が出場。女子は8日から千葉市のフクダ電子アリーナで、男子は9日から東京都調布市の味の素スタジアムで試合を行う。


    2017.12.5 19:53
    http://www.sankei.com/sports/news/171205/spo1712050027-n1.html

    引用元: ・【サッカー】北朝鮮代表が来日「マンセー」と総連関係者 朝鮮学校生徒約20人含め出迎え 東アジア選手権出場、特例入国認める[12/5]

    【【テロ実行の情報交換とか】サッカー北朝鮮代表の来日、朝鮮学校生徒約20人含め朝鮮総連関係者が出迎え】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/06(水) 10:06:35.27 ID:CAP_USER
    インスタ女子の間で「#韓国人になりたい」流行中の意外と深イイ理由
    慰安婦問題などどこ吹く風
    桑畑 優香

    現代ビジネス

    『韓国人に生まれなくてよかった』ヒットの一方で

    「ねえ、どう思う? 最近『韓国人になりたいんですけど……』っていう相談が増えたんだけど」

    異変に気付いたのは、今年6月、夜の東京・新大久保。韓国エンタメ関係のライターたちが集まって飲んでいる席で、仲間の一人が発した一言だった。

    「えーっ」というどよめきに続いて、次々と質問が飛ぶ。

    「それって、日本人でしょ? つまり韓国に住みたいってこと?」

    「韓国人と結婚したいってこと?」

    「俺、韓国関係の仕事やって10年以上だけど、特に韓国人になりたいとか考えたことは一度もないね」というK-POPライターの言葉に、一同がうなずいた。

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53725

    引用元: ・【現代ビジネス】ねえ、どう思う?最近『韓国人になりたいんですけど……』っていう相談が増えたんだけど

    【【情弱をだまそうとする】ねえ、どう思う?最近『韓国人になりたいんですけど……』っていう相談が増えたんだけど 【現代ビジネス】】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=11,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/12/02(土)10:02:49 ID:???

    *荒れるスレです。アク禁依頼は【移民さんお立ち寄り所】スレへ!!
    ----

     経団連が来春、韓国・ソウルで、現地の大学生を対象にした日本企業の就職セミナーを開くことになった。
    就職率が97%に達し、複数の企業から内定をもらう学生が当たり前の「超売り手市場」という日本の人手不足対策の側面もある。
    だが、実際には、韓国の若年層の高い失業問題を韓国経済界が“解決”できず、経団連に泣きついてきたのが実情のようだ。
    うまくいくのだろうか…。

     「日本は人手不足となっている。この雇用の問題で協力できないか」

     このほど、東京で開かれた経団連と韓国の経済団体「全国経済人連合会(全経連)」との会合。
    全経連の許昌秀(ホ・チェンス)会長はこう呼びかけた。

     許氏は、経団連の榊原定征会長ら日本の大企業のトップに対し、「日韓の協力をより進化させ、
    ウイン・ウインの関係を作っていきたい」とあいさつ。
    同時に強調したのが、韓国経済の先行き不透明感で、その象徴として示したのが、「韓国では若者の失業問題が深刻になっている」ことだった。

     つまり、日本企業に韓国の若者の雇用を引き受けてほしいと求めたのだ。

     これに対し、日本側からは、日本企業が実施するインターンシップなどに、韓国の大学生が参加している事例も示された。

    (以下略)

    産経web/2017.11.30 12:00
    http://www.sankei.com/politics/news/171130/plt1711300001-n1.html

    関連記事
    【朝鮮日報】 求職難の韓国・求人難の日本、両国財界が共同事業推進へ [H29/10/23]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508734694/

    【経済】経団連、韓国の大学生向けに日本企業の就職セミナー 来春にも [H29/11/21]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511252080/


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    引用元: ・【経済】 日本の人手不足を高失業率・就職難の韓国の若者で補う経団連の仰天プランに潜む“落とし穴” [H29/12/2]

    【【迷惑を被るだけでメリットは皆無】 日本の人手不足を高失業率・就職難の韓国の若者で補う経団連の仰天プランに潜む“落とし穴” 【産経web】】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2017/11/26(日) 23:35:23.10 ID:CAP_USER
     人材サービスのネオキャリア(東京・新宿)は月内に韓国で日本企業に就職したい人材向けに就職支援学校を設ける。日本語指導や日本での働き方、業界研修などを無料で実施する。日本企業への就職活動も支援する。同様の学校を台湾やベトナムでも2018年春までに設置。日本企業と外国人人材をマッチングして手数料収入を獲得する。

     韓国の人材サービス大手TOS(ソウル市)と共同で、ソウル市内に開校する。日本で就職を希望…

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23916960W7A121C1TJC000/

    引用元: ・【企業】ネオキャリア、韓国に就職支援学校 日本への就活支援 [11/26]

    【【何しに来んの?】ネオキャリア、韓国に就職支援学校 日本への就活支援】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2017/11/25(土) 08:39:13.47 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 覚書を締結した韓国農民新聞社の李社長(右)と日本農業新聞の穴久保社長(24日、東京都
      台東区で)
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    日本農業新聞の穴久保光雄社長と韓国農民新聞社の李相旭社長は24日、東京都台東区の日本農業
    新聞本所で、農業・農村と協同組合の価値発信に向けて連携を図る覚書を交わした。共同取材や
    フォーラムなどで協力し、農家所得増大や地域活性化へ協同組合が果たす役割の重要性などを訴える
    ことを目指す。

    穴久保社長は、日韓両国ともに農産物の自由化圧力にさらされる一方、食の安全や安心などに対する
    消費者の関心が高まっていると指摘。その上で「両国は共通の課題を抱えている。このため、農業・農村
    と協同組合の価値の発信に向け、できるものから取り組みを進めたい」と述べた。

    これに対し、李社長は「日韓両国の新聞社の協力が欠かせない。双方の報道で国民が農業・農村を
    愛する機運が高まるよう努めたい」と語った。

    締結式には、日本農業新聞の穴久保社長や廣田武敏、吉田聡両常務と内田英憲編集局長、韓国農民
    新聞社は李社長の他、農協組合長らが出席した。日本農業新聞と韓国農民新聞社は2005年に食料・
    農業・農村報道の役割強化で共同声明を交わすなど交流を深めてきた。11年の東日本大震災発生で
    中断していた交流を本格的に再開するに当たり覚書を結んだ。

    (動画=YouTube)
    https://www.youtube.com/watch?v=XMv0vYZEbyU



    ソース:日本農業新聞
    https://www.agrinews.co.jp/p42573.html

    引用元: ・【日韓】日本農業新聞と韓国農民新聞社、協同組合重要性へ覚書締結・・・農と農協価値発信へ[11/25]

    【【泥棒に情報提供するなって】日本農業新聞と韓国農民新聞社、協同組合重要性へ覚書締結・・・農と農協価値発信へ】の続きを読む

    このページのトップヘ