まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 用日

    1: 荒波φ ★ 2018/06/30(土) 09:31:40.57 ID:CAP_USER
    2018年6月29日、韓国は27日に行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグF組最終戦で、前回優勝のドイツを2―0で破る大金星を挙げた。決勝トーナメント進出こそ逃したものの、韓国のネット上には選手らへの称賛の声が相次いでいる。

    そうした中、ある韓国人ネットユーザーの書き込みが話題を集めている。

    ドイツ在住の同ユーザーは、韓国にいる母親から携帯に送られてきたメッセージを紹介している。そこには「数日間は日本語を話しなさい。気を付けて」との内容が書かれている。

    母親は、韓国戦に敗れたドイツサポーターの“心の傷”が韓国人に対する“攻撃”につながることを心配したようだ。

    この書き込みに、他のネットユーザーからは

    「母親の気持ちがよく分かる」
    「ドイツにいる韓国人は、W杯が終わるまで肩身の狭い思いをするだろうな」
    「メキシコは『アイラブコリア』と言って大騒ぎだけど、ドイツの雰囲気は正反対だろうね。ドイツに住む韓国人たちが心配」
    「僕も数日後にドイツに行く予定なんだけど、本当に不安だ」

    など、共感や心配を示すコメントが多く寄せられている。 中には

    「僕の友達も中国人のふりをしているって」
    「私もドイツにいる友達に『日本人のふりをしなさい。言葉の最後にですを付ければいい』って伝えた」

    と明かすユーザーも。 その他

    「面白いような悲しいような…」
    「日本語(笑)。一夜にしてドイツの敵国、メキシコの友好国(メキシコは韓国がドイツに勝ったことで決勝トーナメント進出を決めた)になってしまった韓国」

    などの声も見られ、心境は複雑な様子。

    一方で「こういう書き込みを見るたびに韓国代表チームが誇らしく思える」と楽観的な声や、「ドイツの国民意識の高さを信じるしかないよ」とアドバイスするユーザーも見られた。


    2018年6月29日(金) 22時10分
    https://www.recordchina.co.jp/b619914-s0-c50-d0035.html

    引用元: ・【W杯】 「数日間は日本語を話しなさい」 ドイツ在住の娘を心配する韓国人母のメッセージが話題に [06/30]

    【【W杯】 「数日間は日本語を話しなさい」 ドイツ在住の娘を心配する韓国人母のメッセージが話題に [06/30] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/05/20(日) 22:12:08.38 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2018年5月20日 21時53分 (2018年5月20日 22時03分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180520/Recordchina_20180520021.html

    2018年5月16日、華字紙・日本新華僑報は、公益財団法人ひろしま国際センター(広島市中区)が無料で行う「医療通訳サポーター養成研修」に、中国人の業界関係者から「この先、こうした人材に対する需要は増える」との指摘が出たことを伝えた。

    同センターの公式ウェブサイトによると、広島県で暮らす外国人の数は年々増加しており、現在は約4万7000人。病院を受診する人も増えているが、言葉の壁が問題になっているという。

    こうした問題の解決に向け昨年度から始めたのが医療現場で通訳を担うサポーターの養成で、今年度は中国語、スペイン語、タガログ語、ベトナム語が対象言語となる。

    記事は「在日外国人の医療機関受診は日本社会が関心を寄せる大きな問題」とした上でこの取り組みを紹介し、患者の家族や友人による通訳では難しい専門用語を省略したり、患者に配慮して深刻な病状をはっきりと伝えなかったりという問題があることを説明。

    医療通訳サービスを提供する企業で働く中国人女性からは「現在、中国語の医療通訳は主に日中両国の言葉を理解し、医療知識を持つ在日中国人によって行われている。

    日本ではこの先、医療通訳人材の需要がさらに高まるはず」「健康診断や診察のためにわざわざ日本を訪れる中国人が増えている

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【在日】在日外国人の医療機関受診をサポート、広島での取り組みに華字紙が注目

    【【在日】在日外国人の医療機関受診をサポート、広島での取り組みに華字紙が注目 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/14(木) 19:41:59.13 ID:CAP_USER
    https://www.recordchina.co.jp/b613799-s0-c50-d0054.html

    2018年6月14日、中国のスポーツメディアの騰訊体育は、2026年のサッカー・ワールドカップ(W杯)の開催地が米国、カナダ、メキシコによる3カ国共催に決まる中、韓国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が、2030年大会を韓国、北朝鮮、日本、中国で共同招致することに意欲を示したと伝えた。

    記事によると、鄭会長は13日、国際サッカー連盟(FIFA)の総会後に韓国メディアのインタビューに応じ、「2030年W杯を単独で招致申請する国が一つもなければ、南北と日本、中国による共同招致が成功する可能性がないわけではない」とし、日本と中国、北朝鮮に共同招致を提案したことを明らかにした上で、9月または10月に話し合うことに意欲を示したという。

    記事は、「鄭会長はもちろん、22年大会がアジアのカタールで開催されることから30年に同じアジアで開催される可能性は低いこと、30年大会はW杯100周年に当たるため、第1回大会を開催したウルグアイが招致すれば名分で劣ることなどを理解しているはずだ」とした上で、「鄭会長は、30年大会の招致に失敗しても34年のための布石になると考えているようだ」と伝えた。

    記事はさらに、「韓国が日中韓朝によるW杯共同招致を主張したのは今回が初めてではない」と指摘。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年、訪韓したFIFAのインファンティノ会長との会談で、30年大会の共催を提案したことを紹介した。

    この話題について、中国のネット上では「中国の夢はW杯の単独開催」「中国にはすでに単独開催するにふさわしい経済力がある」「勝手に中国を巻き込まないでくれ」などと消極的なコメントが多数寄せられていた。

    また02年日韓大会での韓国による審判買収疑惑を挙げ「そのような国との共催はごめんだ」という声も相当数あった。

    ほかに「中国代表の実力はまだW杯出場レベルにない」とし、「実力が伴ってから招致しても遅くない」とする人もいた。(翻訳・編集/柳川)

    引用元: ・【サッカー】韓国がサッカーW杯の日中韓朝共催に意欲=中国ネット「ごめんこうむる」[06/14]

    【【サッカー】韓国がサッカーW杯の日中韓朝共催に意欲=中国ネット「ごめんこうむる」[06/14] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/18(金) 18:54:37.11 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/518/241518.html

    日本製造業の象徴である「ものづくり」を学ぶために韓国人が日本の現場に飛び込む。

    韓日産業技術協力財団は、韓国企業の製造革新のために日本製造業原動力であるものづくりにIoT(モノのインターネット)を組み合わせた「ものづくりIoT」研修を実施する。

    今回の研修は、愛知県名古屋などで7月2日から5日まで行われる。募集対象とされているのは、韓国の中小企業工場改善、品質管理、生産技術分野の課長およびチーム長級以上で、募集人員は20人。

    韓日産業技術協力財団は、韓日両国間の産業・技術協力を促進させ、相互交流を通じて発展的かつ未来志向的な韓日関係の確立に寄与するために、1992年9月1日に設立された機関だ。

    引用元: ・【愛知】日本製造業の象徴「ものづくり」を学ぶ…韓国人研修希望者の募集始まる[05/18]

    【【愛知】日本製造業の象徴「ものづくり」を学ぶ…韓国人研修希望者の募集始まる[05/18] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/03(火) 07:16:46.80 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b588920-s0-c30.html

    2018年3月30日、華字メディア・日本新華僑報網は、2020年に開催される東京五輪のボランティアに在日中国人が積極的に参加を希望していると伝えた。

    28日、東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都はボランティアの募集計画を発表。大会ボランティア約8万人、都市ボランティア約3万人の、計約11万人のボランティアを募集する予定だという。年齢は18歳以上で上限はなし。今年7月に正式な募集要項を発表し、9月中旬~12月上旬にネットで志願者を募集するという。

    記事によると、在日中国人も大会ボランティアに興味を示しているそうで、留学生の劉健(リウ・ジエン)さんは、「2020年の五輪の時には、私は大学院生になっていると思う。中国語、日本語、英語ができるので、世界の半分の旅行者に対応できる。日本に来るのは中国人観光客が一番多いので、同胞のサポートができることにも期待している」と語った。劉さんによると、「周りのクラスメートもみんな一緒にボランティアに参加する予定」とのことだ。(翻訳・編集/北田)

    引用元: ・【国内】東京五輪のボランティアはお任せ!?在日中国人が積極参加の意向[04/03]

    【【国内】東京五輪のボランティアはお任せ!?在日中国人が積極参加の意向[04/03] 】の続きを読む

    このページのトップヘ