まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 用日

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/20(月) 09:38:12.26 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本で出された著書を手に「四国八十八カ所は心の道しるべです」と語る崔象喜さん=愛媛県今治市旭町で2018年8月16日、松倉展人撮影
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    韓国・ソウル在住の旅行作家、崔象喜(チェ・サンヒ)さん(42)が今月、四国遍路の体験や出会いへの感謝をつづったエッセー「韓国女子 涙と絆の四国八十八ケ所参り」を日本で出版した。崔さんは八十八カ所の「歩き遍路」を7回達成。遍路道の案内役や巡礼作法を手ほどきする霊場会公認の「先達(せんだつ)」に2013年、外国に住む女性で初めて認定された。

    崔さんが初めて四国遍路に出たのは10年のこと。その4年前に父が亡くなり、経営した店の倒産、大金を貸した知人の失跡なども重なって「途方に暮れた」時期だった。

    当時は日本語がほとんどできず、宿を予約するにも旅の人に地図を見せ、身ぶりで電話を頼んだ。それでも「恩送りだから」と、かつて旅先の韓国で地元の人に世話になったという日本人の遍路がそっと部屋代を払ってくれた。15キロの荷物を背負っての旅。「遍路ころがし」と呼ばれる難所では、「私のかばんと交換して背負いましょうか」と、ベテラン遍路の助けを受けた。

    「国籍も性別も地位も関係ない。白衣を着ているだけでみな平等の『お遍路さん』になれる」。翌年には韓国語のインターネット交流サイト「同行2人」での情報発信も始め、会員は900人近い。遍路が自由に利用できる休憩所作りに取り組む「四国霊場八十八ケ所ヘンロ小屋プロジェクト」にも参加し、日韓で多くの義援金を集めてきた。
     
    今回は16年に韓国で出版し、2000部以上を売り上げた「四国を歩く女」に加筆した。韓国でこの本に出会って四国遍路に出る人もおり、崔さんの本は遍路旅の「先達」となっている。
     
    「私は一人で出発したが、一人ではなかった」「弘法大師に呼ばれている感じ。宿命のように毎年歩いている」。崔さんの思いだ。
     
    同書は牧山公美訳、アートヴィレッジ刊。税込み1500円。【松倉展人】

    ソース:毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180820/k00/00e/040/178000c

    引用元: ・【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版[08/20]

    【仏像返せや【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版[08/20] 】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2018/07/26(木) 13:19:15.76 ID:CAP_USER
    東野圭吾の小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の韓国語版の累計発行部数が100万部を突破し、電子書籍を含めると120万部を超えた。韓国語版を発行した出版社が25日伝えた。
     同作は韓国で2012年12月に出版され、当初は注目されなかったが、読者の口コミが広がり、5年以上たった現在もベストセラーランキングの上位に入っている。作品の内容をモチーフとしたアプリが作られるなど、異例の人気となっている。
     性別を問わず、幅広い世代から支持されているのも特徴で、国立中央図書館によると昨年の全国図書館の貸出回数ランキングで同作は10代では4位、20代では1位、30代では3位、40代で2位となっている。
     出版社側によると、韓国で100万部を突破したことについて作者が、韓国の読者に感謝するとコメントしたという。
    聯合ニュース
    2018/07/25 21:13
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/07/25/0400000000AJP20180725005200882.HTML

    引用元: ・【東野圭吾】「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 韓国で100万部突破[07/25]

    【どうして嫌いで見下してるチョッパリの本なんか読むのか【東野圭吾】「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 韓国で100万部突破[07/25] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/19(木) 14:30:34.60 ID:CAP_USER
    朝鮮日報

    no title


    「サマーキング召し上がれ」

     ソウル市江西区登村洞の大手スパー「ホームプラス」江西店では19日、「サマーキング」(韓国産/5-9個入り7990ウォン=約800円)を
    紹介するイベントが行われた。日本の品種「つがる」の代替品種として浮上しているリンゴ「サマーキング」は夏にしか味わえない国産品種で、糖酸比が高く、甘さと酸味の割合がちょうどいいほか、果汁が豊富で食感が優れているのが特徴だ。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/19/2018071901393.html

    引用元: ・【韓国/リンゴ】日本の品種「つがる」の代替品種として浮上している韓国リンゴ「サマーキング」めしあがれ

    【またパクリ品種?w【韓国/リンゴ】日本の品種「つがる」の代替品種として浮上している韓国リンゴ「サマーキング」めしあがれ 】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2018/07/24(火) 14:08:56.68 ID:CAP_USER
    2018年7月11日、韓国・ザ・スクープは「日本ブームの裏にある悲しい経済学」との見出しで、その実態を報じた。

    記事によると、「トレンドのバロメーター」とされるソウルの弘大(ホンデ)、合井(ハプチョン)エリアで「日本ブーム」が起きている。居酒屋から定食屋まであちこちに日本語の看板が目につく。夜になると新宿の夜と見間違えるほどだというが、こうなったのはここ2~3年の出来事だという。和食市場も急成長しており、同エリアのみならずソウル市内には和食の店が多く存在。公正取引委員会の調査によると、和食のブランド数は15年の89個から17年には154個と73%増加し、中華料理(59%)、洋食(16%)をはるかに上回る増加率を見せている。特徴的なのは「テーブル10卓程度の小規模な店」が多い点だという。

    記事では、この現象について四つの理由を挙げている。一つ目は「円安と格安航空(LCC)効果」で、日本旅行に行く若者が急増したことにより、和食や日本文化を好む人が多くなったこと。実際に日本へ行く旅行者も14年の275万人から、昨年は714万人に増加した。
    二つ目は、一人暮らしや若者の失業問題といった日本のトレンドが、そのまま韓国に流入した点。これにより「一人メシ」の人口も増え、コンビニの弁当や小分け商品が韓国でも増加しているという。三つ目は、若者を中心に日本のテレビドラマ「孤独のグルメ」が人気を博したこと。四つ目は、和食店が小規模でも経営できるという特徴を持っていることだという。

    これを受け、ソウル大学心理学科のクァク・クムジュ教授は「韓国と同様の社会問題を先に経験した日本に対する関心が高くなっている。長期にわたる景気低迷を脱しつつある日本を意識する中で、日本文化が徐々に拡散している」と説明している。記事は最後に「韓国の路地を変えつつある日本ブームには、このような悲しい物語が潜んでいる。話に聞いていた『失われた20年』の入り口に、今度は韓国が立っているのかもしれない」とつづっている。

    これに、韓国のネット上では「いや、単に儲けがいいから」「日本の生き方を追っているということは否定できない」「会社でも仕事は一緒にするけど、ご飯は一人の方が楽」「韓国は世界で一番日本に行く国…」「最近は放送社ごとに日本旅行や和食の紹介番組をやってるからブームは当然のこと。でもブームはいつかなくなる」「いいものは取り入れるべき」など、さまざまなコメントが寄せられた。
    Record china
    2018年7月23日(月) 21時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b627096-s0-c30-d0127.html

    引用元: ・【夜になると新宿の夜と見間違えるほど】韓国の日本ブームの裏には「悲しいストーリー」が?[07/23]

    【文化が高いところから低いところに流れただけ【夜になると新宿の夜と見間違えるほど】韓国の日本ブームの裏には「悲しいストーリー」が?[07/23] 】の続きを読む

    1: Boo ★ 2018/11/28(水) 20:58:27.00 ID:CAP_USER
    韓国観光公社が「新韓流」を通じて日本訪韓市場活性化イベントを開催する。

    韓国観光公社は12月4日に福岡国際センターで大型イベント「新韓流フェスティバル」を開催すると28日、明らかにした。

    今回の行事には「韓流・テーマ観光コンテンツが大集合~」をテーマに韓国から8つの市・道、観光・韓流関連15社が参加する。

    日本の知韓派芸能人も登場する。韓国観光名誉広報大使でタレントのスザンヌ、女優でモデルの高橋愛、料理研究家のコウケンテツ、韓国大衆文化専門家の古家正亨が韓国の有名観光地をはじめ、美容や料理など韓国旅行の楽しみ方を紹介する。

    日本では最近「新韓流(第3次韓流)」ブームが起きている。2000年代初期のドラマ『冬のソナタ』から始まった第1次韓流、東方神起、KARAなどK-POPスターが中心の第2次韓流に続き、第3次の新韓流は韓国の文化や生活を広範囲に包括しているのが特徴だ。

    韓国観光公社の林用黙(イム・ヨンムク)福岡支社長は「日本の韓流はドラマやK-POPの範ちゅうから抜け出し、韓国の飲食品、化粧品、ファッションなど韓国人の生活様式全般に広がる様相を見せている」とし「今回の行事開催をきっかけに新韓流を広め、日本人観光客の誘致に弾みをつけたい」と述べた。

    https://japanese.joins.com/article/595/247595.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: ・【日韓】韓国観光公社、福岡で「新韓流フェスティバル」開催[11/28]

    【韓流ごり押し【日韓】韓国観光公社、福岡で「新韓流フェスティバル」開催[11/28] 】の続きを読む

    このページのトップヘ