まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: テロ

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/27(木)09:58:48 ID:???
    北朝鮮工作員の極秘潜入作戦「日本は簡単だ」
    24日 11時02分

    ●深夜に番号読み上げ。乱数放送で工作員に極秘指令か?
    ●「新潟に煙草を買いに来た」工作員にとって日本は「天国」だった。
    ●暗殺、爆破。特殊訓練を受けた工作員のテロに備えるべき

     故金日成主席の105回目の生誕記念日(太陽節)の前日にあたる14日午前1時15分、北朝鮮の国外向けラジオ、平壌放送が奇妙な放送を行った。
     「今から27号探査隊員のための遠隔教育大学情報技術基礎復習課題をお伝えします」
     「823ページ69番、467ページ92番、957ページ100番・・・」
     女性アナウンサーが10分間にわたって数字を読み上げるだけ。これは海外の潜入工作員に向けて指令を出す乱数放送だ。
    この乱数放送は2000年から休止されていたが、去年6月に16年ぶりに再開されていた。米国との対立が緊張状態にあるだけに、
    今回の放送は、日本や韓国に潜入している工作員に破壊工作を指示するものではないかとの観測が一部で出た。

    <日本は工作員天国>
     「日本に北朝鮮工作員はいるのか?」とよく質問を受ける。私が取材した限り、日本にはたくさんの北朝鮮工作員がいて、
    しかも彼らにとって天国のような国なのだそうだ。北朝鮮の工作員たちはどうやって潜入、脱出するのだろう。
    彼らは日本海沿岸部や九州南部沿岸に接近、沖合で陸上の補助工作員と連絡を取り合い、半潜水艇、水中スクーター、ゴムボートなどで上陸する。
    脱出するときはこの逆の手順だ。元工作員によると、潜入、脱出は太陰暦の月末と月初め、つまり新月の夜に暗闇にまぎれて行なわれるという。

    続き TBS News i
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3036904.html

    引用元: ・【社会】北朝鮮工作員の極秘潜入作戦「日本は簡単だ」 [H29/4/27]

    【【スパイ防止法も無いから】北朝鮮工作員「日本にはたくさんの北朝鮮工作員がいる。工作員にとって天国のような国」 [H29/4/27]】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/04/25(火) 17:47:53.70 ID:CAP_USER
    ●北朝鮮工作員が隠し持つ「毒銃器」とは。
    ●極秘の訓練内容「高速で走る列車の上から射撃訓練」
    ●ハンサムな男は工作員になれない。

    <朝鮮人民軍偵察総局とは>

     北朝鮮情勢が緊迫している。朝鮮人民軍創建85周年を迎えたきょう、日本海側の元山で過去最大規模の砲撃訓練を行った。この現場には金正恩党委員長も立ち会ったという。これは米海軍の原子力潜水艦「ミシガン」がきょう、釜山港入りし、原子力空母「カール・ビンソン」が週内にも朝鮮半島周辺に到着することを意識したものだろう。

     金正恩委員長の派手な軍事パフォーマンスの裏で、蠢くのが特殊訓練を受けた工作員たちである。彼らは日本人に成り済まして、私たちの近くに潜伏している。いざ米国への報復攻撃となれば、彼らが本国からの指令で破壊活動をする可能性もある。

     北朝鮮工作員の総本山、「朝鮮人民軍偵察総局」は6つの局からなるといわれる。1局(作戦局)は工作員の養成を担当、2局(偵察局)は韓国への工作員派遣、3局(海外情報局)は国外での諜報活動と破壊工作、5局(会談調整局)で韓国との会談を工作、6局(技術局)はサイバーテロ、これに加えてすべての局を補佐する7局(支援局)がある。日本が警戒すべきは3局ということになろう。

    <工作員が持つ毒銃>

     工作員の生態を知るため、私は韓国で身柄を拘束された元工作員X氏にソウルで会った。年齢は40代半ば、身長は172、3センチ。黒縁眼鏡で、スーツを着ており、ビジネスマンのように見える。北朝鮮工作員の戦闘能力はどの程度のものなのだろうか。元工作員X氏は、まず彼らの装備品を教えてくれた。

     「私が韓国に浸透するときには、消音機付きの拳銃、手榴弾、毒銃器を持っていました。この毒銃器はパーカーの万年筆の形をしていました。その中に毒が塗られた弾丸が一発だけ入っていて、2~3メートルの至近距離から発射して命中すれば、相手は毒が回って死にます。万年筆の後ろの部分をまわして、ボタンを押すと発射される仕組みでした」

     つまり、毒銃器は暗殺のためのものだ。X氏によると、常に肌身離さず持っていたのは毒薬のアンプルだったという。

     「自殺用の毒薬です。ボールペンの中にアンプルを隠して、敵に捕まりそうになったら、噛んで自殺します。大韓航空機爆破の金賢姫が煙草に隠したアンプルを噛んで死のうとしましたが、失敗しました」

     まさに哀しき工作員の必需品だ。

    <死者も出る極秘訓練>

     前号でも書いたように、偵察総局の工作員は高級中学校を卒業した17歳以上の若者から選抜される。選抜の条件をX氏はこう語る。

     「もっとも大事なのは頭脳と肉体です。両方兼ね備えてないと工作員にはなれません。次に出身成分、その次が容貌です。背が高すぎても、低すぎてもいけない。顔が不細工で嫌悪感を与えるようではダメですし、ハンサムすぎてもいけない。要するに平凡な見た目であることが必要です」

     工作員候補生は金日成政治軍事大学で訓練を受ける。思想教育、語学はもちろんのことながら、肉体鍛錬のレベルは想像を絶するものばかりだ。私がインタビューした元工作員X氏は「思い出したくないほど辛かった」と語る。

     「最初は水泳訓練です。いきなり貯水池を8キロ泳げと。あとは30キロの荷物を担いで毎夕40キロ走り続ける逃走訓練をする。寒いときは苦痛でした」

     幾人もの元工作員を取材した結果、訓練には以下のようなものがあった。

    (1)班ごとに交替で60キロ泳ぐ遠泳訓練

    (2)集団で魚雷を引っ張って泳いで目標物を爆破する訓練

    (3)高速で走る列車の上を走りながら射撃をする訓練

    (4)ひとりで15人の敵と戦って勝つ訓練を一日3時間

    (5)浸透前には射撃訓練を3000回以上

     途中で脱落するものだけでなく、死亡する訓練生も多いという。工作員はこうした肉体鍛錬を潜り抜けた後、対象国に「浸透」するのだ。話している途中、X氏はズボンをまくって脚を私に見せた。そのふくらはぎは筋肉が隆々と盛り上がっており、常人のものとはかけ離れたものだった。

     「訓練はしんどかったけど、工作員という職業はやりがいがありました。私にはこの仕事が合っていたのだと思います。でも、私は工作員になりたくてなったわけではありません。労働党から重要な業務をやるようにといわれて、それを受け入れただけです。そもそも北では個人の希望で選定することなんてできないのですから」

    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3037993.htm

    引用元: ・【北朝鮮】元工作員X氏が暴露~工作員の武器と資質[4/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ハンサムは工作員になれない(笑)】北朝鮮工作員が本国からの指令で破壊活動をする可能性】の続きを読む

    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/04/20(木) 18:38:02.05 ID:CAP_USER
    【平壌4月19日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩元帥に、金日成大元帥による在日同胞子女への初の教育援助費と奨学金の送金60周年に際して在日本朝鮮人総聯合会中央常任委員会が19日、手紙を送った。

    手紙は、金日成大元帥が1957年4月、祖国の人民が困苦欠乏に耐えて戦後復興建設を促していた困難な時期に、異国で苦しんでいる同胞らに子どもを勉強させるお金を送らなければならないとし、巨額の教育援助費と奨学金を送ったことについて指摘した。

    また、主席が送った教育援助費と奨学金は、困難な異国で民族教育を開花、発展させていく生命水であり、総聯(朝鮮総聯)と在日朝鮮人運動を力強く後押しした原動力であったと強調した。

    そして、初の教育援助費と奨学金をもらったその日から60年にわたるこんにちまで白頭山の不世出の偉人たちが在日同胞子女のために送った教育援助費と奨学金は日本円で480億599万390円に及ぶと明らかにした。

    さらに、すべての総聯(朝鮮総聯)の幹部と在日同胞は60年の歳月、いつも在日同胞子女を忘れず変わることなく送った教育援助費と奨学金に宿っている金日成主席、金正日総書記と金正恩委員長の崇高な志を胸に深く刻んで民族教育を在日朝鮮人運動の新しい要請に即していっそう強化発展させていくと強調した。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf#this

    引用元: ・【北朝鮮】金正恩元帥に在日本朝鮮総聯から手紙→民族教育を在日朝鮮人運動をいっそう強化発展させていくと強調[04/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ズブズブの関係】在日本朝鮮総聯が金正恩元帥に手紙「すべての在日同胞は金正恩委員長の崇高な志を胸に深く刻んで」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/13(木) 01:36:46.85 ID:CAP_USER
    1926年生まれのチョ・ヒョクレ氏は大変な幼少期を送った。郡庁書記に選ばれるほど聡明だった父、趙明河(チョ・ミョンハ)先生はヒョクレ氏が生まれてまもなく息子と夫人を置いて日本の大阪に発った。その後、単独で1927年に台湾に入った。

    1928年5月14日午前9時50分頃、チョ先生は台中の図書館前で毒を塗った短剣を抱いて無蓋車を待っていた。車には日王ヒロヒト(裕仁)の妻の父である陸軍大臣、久迩宮邦彦が乗っていた。チョ先生はカーブで速度が落ちた車に乗って短剣を投げた。しかし、短剣は久迩宮の首を通り過ぎてチョ先生は現場で検挙された。これが「台中義挙」(日本では「台中不敬事件」)だ。

    台北刑務所に収監された先生はその年10月10日、死刑が執行された。「お父さんはどういう気持ちで幼い私を残して発ったのか。満23才で刑務所で何を考えたのだろうか…。」チョ氏は父の心を追って関連資料を集めて一生を送ってきた。

    そんな彼にとって2015年11月は特別だった。チョ・ミョンハ義士記念事業会と20人の大学生探訪団が台中義挙現場を見て回った。同行した海外独立運動史専門家キム・ジュヨン大韓民国独立記念館選任研究委員が義挙の内容とチョ先生について詳しく説明した。高齢のチョ氏はたとえその場に一緒にいられなくとも探訪団の写真だけ見て非常に幸せになったという。父の独立運動を20代の青年たちが見て聞いて記憶することができると考えたからだ。

    大学生探訪団が台中義挙現場を訪れたのは国家報勲処の国外独立運動史跡地探訪プログラムのおかげだった。10年前から報勲処が実施してきた独立運動記念団体の海外踏査支援プログラムだ。独立運動の足跡を歴史学者と独立運動団体が発掘し、青年たちがそこを訪れるように国家が費用を一部支援する形だった。

    ナム・ギヒョン趙明河義士記念事業会長は「歴史探訪は学生たちと同じ年頃だった青年独立闘士がどんな生活を送ったのか生き生きと見せることができる機会」と話した。

    報勲処が把握した海外の独立運動史跡地は1000カ所程度だ。中国が最も多く、ロシア、米国、日本、ヨーロッパ、メキシコ、キューバなど多様だ。しかし2015年900人に達した海外独立運動史跡地探訪学生は昨年600人に減った。2016年度国家予算を編成する時、企画財政部が国家補助金事業の実効性を評価する過程を経た結果だ。

    企画財政部評価諮問団は「外遊性が強く特定団体が偏重支援される恐れがある」としてこのプログラムの廃止を勧告した。報勲処は民間団体支援の代わりに直接運営するとして予算7億ウォンを生かした。この過程を経て探訪者が減った。

    それ以前は独立運動関連記念団体が探訪地域を定めて参加学生を募集し、財源を一部用意して報勲処に申請した。報勲処はこの中から選定して2000万ウォン程を支援した。しかし、昨年からは報勲処が探訪地域と企画、参加者募集のような過程をみな引き受けるという。事実上予算も減って、探訪者も減ったわけだ。記念団体は自分たちが望む独立運動史跡地が選ばれるのを待つだけだ。

    報勲処は5月に選定結果を発表する。歴史を文で見るだけと現場で直接目で見て感じるのは体感の程度が違う。薄れ行く独立運動史の記憶を青年たちとどのように連結するか悩むことが必要だ。

    ノ・ジヒョン社会部記者

    ソース:東亜日報(韓国語) [ノ・ジヒョンのニュースルーム]91才息子の希望
    http://news.donga.com/3/04/20170412/83812673/1

    引用元: ・【韓国】 日王の義父に短剣投げたチョ・ミョンハ義士の息子91才の希望~国外独立運動史跡地探訪プログラム[04/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【テロ賛美】東亜日報(韓国語)「日王に短剣投げたチョ・ミョンハ義士~国外独立運動史跡地探訪プログラム」】の続きを読む

    1: ストレッチプラム(茨城県)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/04/18(火) 09:25:57.96 ID:eAUo7r3O0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画に伴う名護市辺野古の新基地建設や米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議活動を巡り、
    威力業務妨害や公務執行妨害・傷害、器物損壊の罪に問われている山城博治・沖縄平和運動センター議長(64)らの第3回公判が17日、那覇地裁(潮海二郎裁判長)であった。

    那覇地検は沖縄防衛局職員の証人尋問を行った。
    法廷では地検から「証人が圧迫を受ける」と申し立てを受けた地裁が、証人と傍聴人の間を遮蔽(しゃへい)するついたてを設け、弁護側は裁判官の忌避(交代)を申し立てたが却下された。

    三宅俊司弁護士は「傍聴人に対する裁判の公正・公平を侵害する」と指摘し、即時抗告を申し立てる考えを示した。
    傍聴人や山城議長から「堂々と顔を見せるのが当たり前だ」「こっちは暴力団ではない」などと反発の声が上がり、異様な雰囲気の中で審理が行われた。

    辺野古の米軍キャンプ・シュワブで基地建設工事の現場監督だった防衛局職員は、抗議市民らがゲート前にブロックを積み上げたことについて
    「ブロックを積まないでください」と何度も広報や警告をしたとした。
    積み上げで「基地内での作業時間がおのずと短くなった」と被害を訴えた。

    次回の第4回公判は5月8日で、高江の事件に関して審理する予定。
    前回の第2回公判で、検察側が開示・請求していた証拠映像の事実関係に疑義が生じた件は、検察側が整理するのに5月いっぱいかかるとし、同月11日に予定していた審理は変更となる。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-480562.html
    no title


    関連ニュース
    姿を隠しての証言を要求 検察証人の警官と防衛職員 山城議長公判「報復恐れ」
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/89582

    引用元: ・【山城公判】「暴力団じゃない」「堂々と顔見せろ!」 証人の警官ら「報復恐い」と遮蔽 被告ら発狂 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【報復する気マンマン】「堂々と顔見せろ!」辺野古妨害裁判の傍聴人らが公判で】の続きを読む

    このページのトップヘ