まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 性犯罪

    1: 荒波φ ★ 2018/08/22(水) 11:19:36.00 ID:CAP_USER
    江原地方警察庁がこのほど、江原道寧越郡寧越邑で知的障害がある20代女性に常習的に性的暴行を加えていた60代から80代までの住民7人を強姦(ごうかん)などの疑いで検挙。うち3人を逮捕、4人を在宅のまま立件していたことが分かった。

    容疑者7人は2014年から今年4月にかけ、ビニールハウスやコンテナの中で同じ集落に住む女性(25)に性的暴行を加えた疑い。被害者の女性は20世帯にも満たない小さな山村で祖母と二人暮らしだった。

    女性は2004年にも住民1人から性的暴行を受けた後、障害者保護施設で暮らしていたが、成人になった14年に村に戻ってきていた。

    警察は「04年の事件は容疑者が刑事罰を受けており、今回の事件とは関係がない。被害者が村に戻るや否や、住民から性的暴行を受けたとみられる」と話した。

    警察は今年4月に通報を受け、捜査に着手した。被害者の証言などに基づき、容疑者を検挙した。警察は7月9日に事件を検察に送致し、現在は刑事裁判が行われている。


    2018/08/22 11:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/22/2018082200894.html

    引用元: ・【韓国】 知的障害の女性を5年間暴行、60代から80代までの住民7人検挙 /寧越 [08/22]

    【【韓国】 知的障害の女性を5年間暴行、60代から80代までの住民7人検挙 /寧越 [08/22] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/23(月) 10:29:23.43 ID:CAP_USER
    南太平洋にある小さくて静かな島国キリバス共和国では、売春する女性を『コレコレア』と呼ぶ。

    『コレコレア』は去る80年代半ば、キリバスに初めて住みついた韓国漁船の船員が現地の女性を買春し始め、韓国のコリア(Korea)が変形した言葉である。

    韓国船員が出入りし始め、キリバスに性産業が初めて登場したのである。加えて『コレコレア』は貧困層女性で、70%が未成年者で構成されていた。

    このように売春問題が日増しに深刻になると、キリバスは去る2003年に韓国船員の停泊を禁止する状況に至った。しかし、2006年に韓国船員の上陸と女性の乗船を再び許可すると、海外売春が再開したこ事が分かった。

    (写真)
    no title


    韓国の後進的性文化が世間に明らかになったのは、キリバスだけではない。ベトナムの『ライダイハン』、フィリピンの『コピノ』など、韓国人船員と現地女性の間で生まれた子どもたちを称する新造語が既に東南アジアの各地で存在する。

    自由韓国党のヨム・ドンヨル議員が警察庁から収集した資料によれば、海外で買春をすして警察に検挙された事犯は去る2012年の38人から、2015年の387人と約10倍に増えた。

    実際に韓国の男性は、アメリカ国務省が毎年発表する人身売買報告書(Trafficking in Persons Report、TIP)で、9年連続で東南アジア地域の児童売春観光の『主要顧客』に挙げられている。

    国際的な亡身(マンシン=恥さらし)が続く状況で、政府は海外売買春事犯に対する取り締まりを強化すると出ているが、実際に旅券発給が制限されるケースはまれで措置が不十分であるという。

    このような消息にネチズンは、「返す言葉がない」、「このような事が国恥だ」、「恥ずかしい・・・、子どもたちは何の罪が」など、様々な反応を見せた。

    ソース:トップスターニュース(韓国語)
    http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=451010

    引用元: ・【韓国人】小さくて静かな島国キリバス、韓国人のせいで売春天国になった・・・『コレコレア』[07/23]

    【【韓国人】小さくて静かな島国キリバス、韓国人のせいで売春天国になった・・・『コレコレア』[07/23] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/26(木) 09:23:28.90 ID:CAP_USER
    クイーンズのフレッシュ・メドーズに住む50代の韓人(コリアン)無免許マッサージ師が、女性客を性暴行した容疑で提訴された。

    24日のNew Haven Register紙によれば、コネチカット州 ストラトフォードに住む36歳の女性が、シェルトン市の『ココスパ(Coco Spa)』のマッサージ師であるヒョン・キム氏(55歳)を相手に訴訟を起こした。

    この女性はキム氏が2016年にマッサージ途中、自分を性暴行したと主張した。

    2016年7月、少なくとも2人の女性の申告によって逮捕されたキム氏は、保釈金4万ドルを払って釈放されている。

    (関連写真)
    https://s.hdnux.com/photos/74/54/00/15908881/7/920x920.jpg
    ▲ Kim Hyung

    ソース:米州中央日報(韓国語)
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=6405234

    引用元: ・【米国】韓人(コリアン)の無免許マッサージ師、性暴行で訴えられる[07/26]

    【【米国】韓人(コリアン)の無免許マッサージ師、性暴行で訴えられる[07/26] 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/07/24(火) 15:19:54.01 ID:CAP_USER
    【7月24日 AFP】
    テニス選手として有名になることを夢見ていたキム・ウニ(Kim Eun-hee)さん(27)は、10歳だった小学生のとき、コーチに初めてレイプされた。その後もレイプは続いた。何度も、何度も。

     韓国のテニスチャンピオンを目指していたキムさんは、当時はあまりにも幼く、それが性行為であることも分からなかった。だが合宿所のコーチの部屋に何度も呼び出されることや、痛みと屈辱的な気持ちを味わわされることが恐ろしくてたまらなかったという。

    「あれはレイプだったんだと理解するまでに何年もかかった」と、キムさんはAFPに話した。「コーチには2年間レイプされた…。2人だけの秘密だよと言われて」

     キムさんがあえて実名で国際メディアに初めて自身の体験を打ち明けたのは、韓国で女性アスリートがコーチから性的虐待を受けても泣き寝入りしている実態を明らかにするためだ。

     韓国はスポーツ大国でもあり、日本を除けば、アジアで夏季・冬季五輪を開催した唯一の国でもある。国土面積も広くはなく、人口もそれほど多くはないが、近年の夏冬いずれの五輪大会でも、国別メダル獲得ランキングでは大抵トップ10入りしている。国際的に強い種目は、アーチェリー、テコンドー、スピードスケート・ショートトラック。他方で、女子プロゴルフでも世界を席巻している。

     その一方で、緊密な絆や男性優位のスポーツ指導者層など、いまだに多くの点で家父長制の階層社会でもあり、キャリアを築く上で場合によっては成績と同じくらい人間関係が重視される。

     勝つことが全てとされる極度の競争社会で、多くの若いアスリートたちは学業よりも、親元を離れてチームメートやコーチとフルタイムでトレーニングをすることを優先し、寮生活のような暮らしを何年も続ける。韓国のスポーツ選手が世界と互角に戦えるのも合宿所システムのおかげだといえる。

     だが、このような環境がさまざまなスポーツで虐待の温床になっていることが明らかになってきた。被害を受けるのは特に、生活全体をトレーナーに管理されている未成年のアスリートたちだ。

    ■「声を上げると村八分に」

    「コーチは私の世界の絶対的存在だった。日常生活について、運動方法から睡眠時間、食事内容に至るまですべて指示された」と話すキムさんは、「トレーニング」の一環と称してコーチからしょっちゅう暴力を振るわれていたことも明らかにした。

     その後、このコーチは数人の保護者から「不審な行為」に対する苦情を受け、辞任。しかし、警察から取り調べを受けるわけでもなく、他の学校に異動しただけだった。

     被害を公表すれば、有名になる夢がそこで終わることも少なくない世界では、多くの人々が沈黙を強いられる。

     ソウルにある西江大学校(Sogang University)でスポーツ心理学を教えるチョン・ヨンチョル(Chung Yong-chul)教授は、こうした環境について、「声を上げる者がスポーツ界の体面を汚した『裏切り者』として村八分に遭うコミュニティー」と指摘する。

     韓国スポーツオリンピック委員会(Korean Sports & Olympic Committee)による2014年の調査では、前年に性的虐待を受けたと回答した女性アスリートは約7人中1人に上ったが、そのうちの70%がどこにも助けを求めなかったと答えて

    続きはソースで

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggxY54itECnqd2StONfrZC9A---x400-y260-q90-exp3h-pril/amd/20180724-00000015-jij_afp-000-6-view.jpg


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3183450

    引用元: ・【韓国】韓国スポーツ界に横行する指導者の性的虐待、元選手が告白[07/24]

    【【韓国】韓国スポーツ界に横行する指導者の性的虐待、元選手が告白[07/24] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/25(水) 11:42:09.56 ID:CAP_USER
    極右志向のインターネットコミュニティー『日刊ベスト(以下、イルベ)』で老女と性売買をしたと主張しながら、『証拠写真』を盛り込んだ書き込みが投稿されて警察が捜査に乗り出した。

    警察の関係者は24日、「書き込みの最初の投稿者に対する捜査に乗り出した」とし、「コメントを寄せたネチズン、二次流布者も捜査する予定だ」と話した。

    警察によれば去る22日の午後11時頃、イルベの某会員は、「32歳イルゲイ(イルベ会員)、お小遣い惜しんで74歳のパカス(バッカス)ハルメ(ハルモニ=お婆さん)と○○○した」というタイトルの書き込みを投稿した。

    通称『バッカスお婆さん』とは、ソウル 鍾路区(チョンログ)一帯でバッカスを売りながら性売買の対象を探す老女を称する。バッカスお婆さんは高齢者の性問題と生活苦などの問題を赤裸々にしていという点から、政府次元での対策作りが急務であると指摘を受けてきた。このような状況下でイルベ会員がバッカスお婆さんのヌード写真を悪意的に流布し、議論はより一層大きくなった。投稿者は、「ヒョンタXせるくる。母父醜い息子は、まず行くんですよ(分かりません、Google翻訳ママ)」とし、相手を嘲笑する書き込みもした。

    この投稿にはある老女のヌード写真4枚と、性売買の過程などの後記が含まれていた事が分かった。 コメント欄にも、他の老女のヌード写真などが投稿された事が分かった。

    該当の投稿はその後削除されたが、23日にイルベでは『バッカス』が人気検索語に登場して、他のコミュニティーでも該当の掲示物の内容が急速に拡散した。

    24日には『イルベ・バッカス男』がポータルのリアルタイム人気検索語1位になった。ネチズンはソーシャルメディアに『イルベ・バッカス男』、『イルベ・ヌード写真流布』などの単語にハッシュタグ(#)を付け、投稿したイルベ会員を処罰しなければならないと主張した。

    (青瓦台請願ページのキャプチャー)
    no title


    青瓦台(大統領府)の国民請願サイトには、「国家と警察はイルベにお婆さんのヌード写真を無断で流布した男を逮捕して捜査せよ」という請願文が寄せられた。25日午前7時現在、5万9000人余りが請願に参加した。

    請願人は、「イルベ・バッカス男を一罰百戒して、性犯罪者に対する処罰が軽くない事を見せなければならない」と主張した。

    警察の関係者は、「色々な申告が受理された状況で、担当の警察署を一元化するかなどについて論議している」とし、「徹底的に捜査する」と説明した。

    ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=025&aid=0002838563

    引用元: ・【韓国】「74歳のバッカスお婆さんと○○○した」~ネットに『証拠写真』が投稿される[07/25]

    【【韓国】「74歳のバッカスお婆さんと○○○した」~ネットに『証拠写真』が投稿される[07/25] 】の続きを読む

    このページのトップヘ