まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 性犯罪

    1: まるっとニュー 2021/07/15(木) 20:10:21.49 ID:CAP_USER
    韓国キョンギ(京畿)コヤンシ(高陽市)イルサン(一山)で「集団いじめ」と見られる映像がオンライン上に拡散し物議を醸す中、主犯格とされる女子生徒が謝罪の言葉を述べた。

     この事件で、被害者A君の下半身に触れるなどの行為をした女子生徒は15日、自身のSNSを通して「気絶遊びをしようということになり、そんな中で(A君の下半身が)大きいと聞いて冗談のつもりで一度触れてみた」と言及。

     また「被害者A君に申し訳なく、また私の行動によって失望させてしまった方々にお詫びする」と謝罪した。

     この日、現地警察は動画の中で後ろから羽交い絞めされていた男子生徒(被害者A君)を呼び出し、被害者聴取を終えたと明かした。警察は、この男子生徒の首を絞めていた男子生徒(加害者B君)と、A君の下半身に触れるなどした女子生徒ら2人も聴取のため警察に呼ぶことにしたという。

     前日、SNS上には一山の商店街駐車場の前でA君が集団暴行を受ける映像が投稿され、波紋が広がった。

     同映像にはB君がA君を後ろから羽交い絞めにして首を絞めるなどの暴力を行使する場面が映し出されていた。Cさんは喫煙しながら首を絞められた状態のA君に近づき、性器を触るような仕草をする。さらに男子学生2人と女子学生1人の姿があるが、彼らはB君とCさんの行動を止めることなく、立って見物している。

     撮影者はいじめを疑い、去る13日午後4時50分ごろ警察に通報。現場に出動した警察はB君を調査したところ、「気絶遊びでいたずらしたもの」と主張したという。既に現場を離れていたA君とは通話で事情を聞き、A君も「遊びだったのは確かだ」と述べたことが分かった。

     これに警察はA君の保護者に連絡し、映像内容と事件の手続きに関して伝え、事件は今後、捜査部署に移される予定だったが、その間に映像が拡散し物議となった。

     警察関係者は「現在、校内暴力事件と見て捜査を本格的に開始した段階」とし、「遊びだと主張した部分については、当時の状況や別の友人たちとの関係などを総合的に判断する」と説明。「捜査中の案件であり、被害者と加害者の具体的な関係や年齢は公開できない。被害学生の陳述内容も公開するのは難しい」と明らかにした。

    WOWKorea 2021/07/15 17:56配信
    https://www.wowkorea.jp/news/Korea/2021/0715/10307436.html

    引用元: ・【韓国】羽交い絞めにして下半身を触るなど中学生の「集団いじめ」主犯格の女子生徒謝罪… 「大きいと聞いて触ってみたかった」[7/15] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【見たら腰抜かすな 【韓国】羽交い絞めにして下半身を触るなど中学生の「集団いじめ」主犯格の女子生徒謝罪… 「大きいと聞いて触ってみたかった」[7/15] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/08/23(月) 07:47:00.31 ID:CAP_USER
    (写真)
    https://cdnimage.dailian.co.kr/news/202108/news_1629473320_1024559_m_1.jpeg

    (韓国)国内の某ステッカー販売業者が『男嫌(ナムヒョム)禁止ステッカー』という名称の製品を販売して物議を醸すと、すぐさま販売を中止にする騒ぎが起きた。

    最近、ステッカー販売業者であるA社のホームページに、『男嫌禁止ステッカー・キャリアノートブックステッカー』という商品が登録された。該当のステッカーは人差し指を表現した絵に、『禁止』を現わす標識をつけたデザインだった。

    この人差し指は一部の女性中心のオンラインコミュニティーで、韓国男性の性器のサイズを蔑む意味で使われていて、男性嫌悪の象徴であると解釈されている。

    このような商品の登場に対し、オンラインでは該当のステッカー製品に対する様々な解釈とハゲしい論争が起きた。

    各種のオンラインコミュニティーでは、「女性嫌悪サイトの利用者は速攻で1枚ずつ購入しろ」、「男がこんなステッカーを貼っていたら恥ずかしい」、「女嫌(ヨヒョム)禁止ステッカーも作るべき」など、様々な反応を見せた。

    一方、一部では「本当に男嫌禁止を主張しているのか、男性を揶揄する意図なのか判断がつかない」、「なじぇこのようなステッカーを作ったのか理解できない」などの意見も相次いだ。

    一方でオンラインで論争が激しくなると、すぐさまステッカー販売業者のNAVERスマートストアにも抗議文が掲載された。最終的に業者側は該当商品のページを削除した。現在、問い合わせの文章は未回答の状態で残っている。

    続けて業者側は、「特に意味もなく作った」という立場を見せた。業者のある関係者は、「(消費者から)数多くの抗議文が寄せられ、問題にしたくないので商品を削除した」とし、「特別な意図が込められたものではない。ただ単にインターネットに数多くある画像でステッカーを作っただけ」とステッカー製作の趣旨について説明した。

    ソース:デイリアン(韓国語)
    https://www.dailian.co.kr/news/view/1024559/?

    引用元: ・【9cm】『男嫌禁止ステッカー』販売で韓国ネチズンが激しい論争[08/23] [ハニィみるく(17歳)★]

    【やっぱ小さいんだな 【9cm】『男嫌禁止ステッカー』販売で韓国ネチズンが激しい論争[08/23] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/07/11(日) 21:47:50.85 ID:CAP_USER
    7/9(金) 11:31配信 朝鮮日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb70c093d7326fc114273ca875ab1f75b9bba564
     ソウル市鍾路区のあるビルに「同性愛者関連の通報によるトイレ閉鎖」という告知文が掲げられているのがインターネット上で拡散され、議論が沸騰している。性的マイノリティーに対する差別だという批判を受け、ビル側は「建物内で不適切な行為を目撃したという苦情が増えたためだ」と説明した。

     問題の告知文は8日、SNSなどを通じてシェアされた。今月2日に女性新聞が報じてはいるが、それが再び注目され、ネットユーザーによる論争が起きている。

     告知文には「内部事情(同性愛者の出入りなどの通報)により、地下4、5、6階のトイレを当面閉鎖するので、ご不便でも地上階のトイレの利用をお願いします」と書かれている。閉鎖は昨年5月11日からとなっている。

     ビル管理者は同日、マネートゥデーとのインタビューで、そういう措置を取らざるを得なかった理由を明らかにした。地下の階段、エレベーター脇のトイレなどで性的マイノリティーの人たちが性行為をしているという苦情が増えたためだという。

     ビル管理者は「これまでに受理した苦情は合計で数百件になる。さらにトイレを管理している方々の大半はお年を召した高齢者で勤務に支障があるほどだ。性的志向に関連なく、法を犯す行為を防ぐ意図にすぎない」と話した。

     告知文自体が性的マイノリティー差別と受け取られるという意見には同意しながらも、撤去する計画はないと強調した。苦情があるたびに警察に即時通報するという内部方針も決めたという。

     ビル側の説明にもかかわらず、ネットユーザーの間では「性的マイノリティーを名指しすること自体が差別だ」との声が上がっている。「性的マイノリティーのせい」と決め付けるのではなく、「わいせつ行為が理由だ」との点を強調すべきだというのがネットユーザーらの意見だ。

     しかし、公共の場所での性的関係が公然わいせつ罪に該当するため、ビル側の措置は違法ではないとの主張もある。公然わいせつ罪は1年以下の懲役や500万ウォン(約48万円)以下の罰金に処される。

    引用元: ・【韓国】「同性愛者の性行為」でトイレ閉鎖、告知文を掲示したビルに批判の声「性的マイノリティーに対する差別だ」[07/11] [シャチ★]

    【つまり、韓国でトイレは【韓国】「同性愛者の性行為」でトイレ閉鎖、告知文を掲示したビルに批判の声「性的マイノリティーに対する差別だ」[07/11] [シャチ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/07/09(金) 11:18:44.75 ID:CAP_USER
    地下鉄駅の女子トイレでわいせつ行為をした50代の男が、警察に検挙されました。

    (警察)
    no title


    8日、警察によれば、ソウルの江南(カンナム)警察署は性暴行犯罪の処罰などに関する特例法上、性的目的のための多重利用場所侵入行為などの容疑で50歳のA容疑者を検挙、取り調べています。

    A容疑者は去る6日の午後2時40分頃、地下鉄9号線の新論ヒョン(シンノンヒョン)駅の女子トイレでオナニーをした容疑を受けています。

    警察は、「トイレの隣の個室から男のうめき声が聞こえる」という通報を受けて出動して、A容疑者を現行犯で逮捕しました。

    A容疑者は、わいせつ行為をした事実を自供したことが分かりました。

    これについて警察の関係者は、「違法撮影など、その他の犯罪の容疑はなく、正確な事件の経緯を調査している」と明らかにしました。

    ソース:MBN(韓国語)
    https://www.mbn.co.kr/news/society/4546833

    引用元: ・【韓国】「男のうめき声が聞こえる・・・」~女子トイレでオナニーした男(ソウル・江南)[07/09] [ハニィみるく(17歳)★]

    【カンナムスタアアァァァイル! 【韓国】「男のうめき声が聞こえる・・・」~女子トイレでオナニーした男(ソウル・江南)[07/09] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/07/08(木) 10:41:54.57 ID:CAP_USER
    원주로 몰리는 성매매 종사자..왜?
    https://www.g1tv.co.kr/news/?mid=1_207_4&newsid=248659


    2021.07.07 16:31
    https://www.insight.co.kr/news/347356

    性売買防止特別法以降、全国の売春集結地が閉鎖の手順を踏んでいる。

    これと共に各自治体は売春の根絶と自活のため、従事者に『支援金』まで支給している。

    しかし、この支援金が自らの役割を果たしていないという指摘が提起された。脱売春を支援するという本来の趣旨とは異なり、支援金を受け取っていながらも他の地域で売春を続けて行くケースが数多くあるというのだ。

    最近G1ニュースは全国の売春集結地が消えて、原州地域に業主と従事者が押し寄せていると報道した。

    報道によれば、江原圏最大の売春集結地である原州希梅村の店舗と従事者の数は5年間で2倍近くに増えた。

    これらが原州に集まった理由は希梅村で働く女性Aさんのインタビューを通じて推察することができた。

    Aさんは元々勤めていた春川駅の紅燈街(※歓楽街、遊郭)である蘭村が2013年に消えて、ココに移ってきた。

    彼女は春川市の条例によって職業訓練費など1600万ウォン(※約155万円)を受領したが、相変わらず原州で売春に従事している。

    Aさんは一緒に支援金を受け取った40人余りの女性の中で大部分が別の場所で再び売春をしていると話した。彼女は「1600万ウォン貰って(売春を)止めるというのは話にならない。そのまま再びこの生活をするようになった」と話した。

    脱売春支援金は売春が行われる地域を変えるだけで、実質的に売春を中断させることはできないという意味と解釈される。

    このような状況と関連して、チ ン・ユソン江原道議員は「そのままお金を与えて解決できる問題ではなく、自活できるように引き続き手助けしなければ非常に難しい」と指摘した。

    一方、原州希梅村は都市再生ニューディール事業の進行で、来年末までに閉鎖される見通しだ。

    引用元: ・【韓国】支援金を受け取っておきながら他の地域に移動して再び『仕事』をする売春女性[07/07] [Ttongsulian★]

    【「売春させろ」とデモした国だもん【韓国】支援金を受け取っておきながら他の地域に移動して再び『仕事』をする売春女性[07/07] [Ttongsulian★]】の続きを読む

    このページのトップヘ