まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 爆発

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/06/21(水) 20:35:46.52 ID:CAP_USER
    中国広西チワン族自治区のメディア、広西新聞網は20日、同自治区桂林市内で集合住宅の柱が「爆裂」したため、入居している住民やテナント関係者全員が避難したと伝えた。

    柱の爆裂が発生したのは同市象山区内の7階建て集合住宅。17日午前11時ごろ、建物から突然、下腹を震わせるような大音響がとどろいた。「いったい何ごとか」と住民らが調べると、建物の重量を支える柱の1本が「爆裂」していた。

    同建物は鉄筋コンクリート建てだが、柱はコンクリートが剥落して飛び散り、鉄筋がむき出しになり変形していた。入居している住民やテナント店舗の関係者の間で、安全性について強い不安が発生したのはもちろんだ。

    同建物の1階から3階までは37店舗が、4階以上には56世帯149人が入居している。区当局は午後1時半ごろ、居住者と商店に対し避難を指示。同日夜までに全員が、建物を離れた。

    住民らは部屋の変形なども訴えていた。住民らの避難後に地元の建設業者が建物を調べたところ、「爆裂」した柱とは別の、やはり建物の重量を支えている柱にも亀裂が生じていることが分かった。市当局は18日、許可を得ない者の建物進入を禁止した。

    同建物の周辺では屋台が店を出しており、市当局は営業を禁止した。一方で、建物の補強工事が始まったという。

    なお、地元メディアの桂林紅豆網は20日付で、「柱の爆裂」は16日夜には発生していたとする記事を掲載した。発見したのは1階に入居している商店で、商店は同日夜のうちに避難していたとした。

    中国では時折、建物の倒壊が発生している。建築業者が費用の節約するために建設資材を減らしたために建築物の強度が不足したと判明した例もあり、「おから工程」などと呼ばれている。

    桂林紅豆網によると、桂林市象山区内で発生した集合住宅の「柱爆裂」についても、インターネットで「おから工程だ」とする声が出た。

    「おから工程」は「手抜き工事」に相当する語。1998年に江西省で発生した大洪水を視察した当時の朱鎔基首相が、川の堤防が手抜き工事のために強度不足で、一瞬で決壊したとの報告を受け激怒し「豆腐渣工程!(ドウフージャー・ゴンチョン)」、「王八蛋工程!(ワンバーダン・ゴンチョン)」と叫んだことによる。

    「豆腐渣工程」は「おからのようにもろい工事」、「王八蛋工程」は「ばか野郎工事」を意味する。

    Record china 配信日時:2017年6月21日
    http://www.recordchina.co.jp/b181846-s0-c30.html
    no title

    no title

    引用元: ・【チャイナボカン】中国広西チワン族自治区で集合住宅の柱が「爆裂」、倒壊の恐れあり住民ら避難[6/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【全部そうだから】中国広西チワン族自治区で集合住宅の柱が「爆裂」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/02(日)13:05:17 ID:gM9
    4歳児の手の中で突然、Galaxy J7(2016年モデル)が爆発するという事件が発生しました。
    端末を手にしていた子供を含む2名は無事だったとのことです。

    画像
    no title


    続きはソースで
    http://iphone-mania.jp/news-173845/

    引用元: ・ゲームをプレイ中に突然Galaxy J7が爆発!

    【【安く出回ってるもんな】Galaxy J7が爆発!ゲームをプレイ中に突然】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/03(月) 18:52:43.18 ID:CAP_USER
    安徽省安慶市大観開発区の石油製品会社、万華油品公司の倉庫で2日午後、
    閉ざされた空間で可燃物が一気に燃え上がって爆発するフラッシュオーバー事故が起き、
    現場の火災は同日午後8時10分に鎮火した。

    3日未明、事故で閉じ込められた5人が発見されたが、全員死亡していた。
    このほか、3人がけがをした。
    (新華社より)
    no title


    以下ソース:新華網 2017-04-03 15:47:13
    http://jp.xinhuanet.com/2017-04/03/c_136180128.htm

    引用元: ・【中国】安徽省の石油製品倉庫爆発事故で5人死亡[04/03]©2ch.net

    【【蒸し焼きか】安徽省の石油製品倉庫爆発事故で5人死亡[04/03]©2ch.net 】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/03(月) 09:48:54.12 ID:CAP_USER
    中国北部・山西省の住宅が爆発し、住人ら少なくとも9人が死亡した。

    1日夜、山西省臨汾市の住宅が突然爆発し、
    倒壊した周辺住宅のがれきから住民ら10人が救出されたが、このうち9人が死亡した。
    このほかにも、少なくとも6人がけがをしている。
    この爆発で、周辺の住宅13棟が倒壊したほか、5棟が損壊したという。

    地元当局は、違法に保管された爆発物に引火した可能性もあるとみて、原因を調べている。
    中国では、3月25日にも、内モンゴル自治区の集合住宅で5人が死亡する爆発事故があったばかりだった。
    no title


    以下ソース:フジテレビ 04/03 04:49
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00354208.html

    引用元: ・【中国】山西省で住宅が爆発 9人死亡[04/03]©2ch.net

    【【高性能爆薬レベルだよね】山西省で住宅が爆発 周辺の住宅13棟が倒壊、9人死亡】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/03/16(木) 21:13:46.51 ID:CAP_USER
    重慶沙坪[土貝]に住む王さんは11日午後7時、高校時代の同級生と一緒に食事をするため、漢渝路にあるレストランにやって来た。王さんによると、普段は海外に住んでいる高校時代の同級生・陳さんが家族に会うために重慶に帰って来ており、なかには30年以上も会っていなかった同級生もいたため、他の同級生らも呼び、陳さんの帰国祝いをしたのだという。このレストランの常連客だった王さんに、店員はおすすめ料理を紹介。

    その中に、「地雷」という新メニューがあり、斬新な上、値段も安く、同級生らも「食べてみたい」と言ったため、王さんはこの「地雷料理」を注文した。重慶晨報が伝えた。

    久しぶりに顔を合わせた同級生らと積もる話に花を咲かせていると、店員が料理を運んできた。例の「地雷料理」も運ばれてきたが、その名の通り、お皿の上には「地雷」がのっていた。そして、店員からは「導火線に火をつけてから、食べてください」と説明された。

    導火線に火をつけると、すぐに燃え始めたので、王さんらはその様子をカメラで撮影した。しかし、導火線が全て燃え尽きた次の瞬間、なんとこの「地雷」が本当に爆発。破片とスープが辺りに散らばり、陳さんの顔面には煮立ったスープがかかっただけでなく、火花まで服の上へと飛び散った。

    あまりの予想外の展開に驚き、さらに何か起きては大変だと思った王さんはすぐさま精算を済ませた後、レストランの責任者を呼び、慰謝料などをめぐって話し合いを行った。

    友人の帰国祝いに完全に水を差された王さんは立腹。慰謝料などの話し合いもまとまらなかったため、最終的に王さんは警察に通報した。

    駆け付けた警察官が、陳さんの顔のやけどの程度を確認した結果、幸いにも傷はそれほど深刻ではなかったこともあり、話し合いの末、レストラン側が陳さんらに謝罪し、陳さんに検査・治療費として500元(約8250円)を支払うことで一段落した。

    この事故の原因となった「地雷料理」とは一体どんな料理なのか、ネット上で調べてみると、「地雷」とは料理を盛り付けるための簡単な仕掛けを備えた器であることが分かった。「地雷」の導火線に火をつけ、導火線が燃え尽きると「地雷」上部から開き、中の料理が姿を現わすという仕組みだ。この器はオンラインショップなどでも購入できる。

    警察官によると、原因は「地雷」の器に問題があり、爆発を起こして、陳さんがケガをした可能性が高いとしている。またレストランの管理に安全性にも問題があるとして、警察官はレストラン側に改善要請も行ったということだ。

    人民網日本語版 配信日時:2017年3月16日(提供/人民網日本語版・編集/KN)
    no title

    http://www.recordchina.co.jp/b172186-s10-c30.html

    引用元: ・【グルメ】レストランで名物「地雷」料理が本当に爆発―中国[3/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【地雷をなんだと思ってるの】おすすめ料理が「地雷料理」、本当に爆発する】の続きを読む

    このページのトップヘ