まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 移民

    1: まるっとニュー 2020/03/22(日) 15:22:09.55 ID:CAP_USER
    さいたま市による謝罪と再発防止を強く要求/マスク配布除外問題、学校関係者が担当局長と面談

     さいたま市による備蓄マスクの配布対象から埼玉朝鮮幼稚園が除外されていたことを受け、埼玉朝鮮学園の関係者、保護者、日本の有志たちが連日、市と子どもみらい局に対して抗議活動や要請を行ってきた。申し入れの結果、18日には金子博志・同局長との面談が実現。約1時間にわたって質疑応答と意見交換が行われた。

     さいたま市は今月9日から市内の幼稚園、保育園などの職員向けに市の備蓄マスクの配布を始めたが、その対象から埼玉朝鮮幼稚園は漏れていた。埼玉朝鮮幼稚園の朴洋子園長が子ども未来局に問い合わせたところ「朝鮮幼稚園がさいたま市の指導監督施設に該当しないため、マスクが不適切に使用された場合、指導できない」との回答だったため事態を差別問題と認識し、11日から抗議が行われた経緯がある。

     13日には配布対象が拡大され埼玉朝鮮幼稚園にも支給が決まったものの、この件に関して清水勇人市長が発表したメッセージでは「朝鮮学校を特定して配布しなかったということではありません」と説明。初期対応への謝罪やヘイトスピーチを助長したことに対する謝罪はなかった。埼玉朝鮮学園の関係者や保護者たちが12日の要請によって取り付けた子どもみらい局・金子博志局長との面談はそのまま実施される運びだったため、ここでの謝罪と再発防止のための意志表明が求められていた。

     面談でははじめに、配布対象から外れた経緯について鄭勇銖校長が改めて説明を求めた。金子局長は時系列を辿りながら「マスク自体は子どもみらい局のものではなく市の備蓄。それを出すとなると説明責任が生じるので、はじめは市が指導できる環境にある施設を対象とするという基準を設けさせて頂いた」と返答。また、清水市長のメッセージ同様「朝鮮幼稚園を意図的に除外するような意思決定はしていない」旨を強調した。

     鄭勇銖校長は、先週から学校に寄せられている多くの市民たちからの激励メッセージを紹介。「さいたま市の今回の対応は明らかに差別に他なりません」「さいたま市民として、たいへん残念に思っています」という言葉まで寄せられた旨を伝え、これに対してどう思うかと質問した。

     しかし、金子局長は「市民からこのようなメッセージがあったのは、私的にはいい話…いい話という言い方は表現が悪いかもしれませんけど、心配している方や、いわゆる差別のない社会の実現を思っている方々がいらっしゃるというのは良かったなと思います」とまるで他人事のように返した。

     その上で、「ただ、市の備品を渡すにあたって説明責任が出てしまうというなかで、これらの話と私たちがマスクを配らなかったという話は直接つながらないと思う」と、あくまでも責任はないという態度を貫いた。


    ここで鄭勇銖校長は「私たちが憂慮するのは、今後もし災害があった時に、なにかの基準で自分たちが外されないかということだ」と問題提起。金子局長が「そこまでのお話になってしまうと私の方からは言えない」と答えると、一同あっけにとられたような沈黙が流れた。


     沈黙を破ったのは埼玉朝鮮幼稚園の朴洋子園長だ。

     「普通に投げかけた言葉をなぜ普通に受け取ってくれないのかなと疑問。結局、子どもの所属で優先順位が決まってしまうのかなと思ってしまう。個人ではなくて行政として是正してほしい。もし災害があったらというのはあくまでもifだが、でも今回の新型肺炎はそういう災害的な状況ではないのか? 私たちはそのように捉えているから訴えている。対策を立ててほしい」と再発防止に向けて呼びかけた。

     この問題について13日から要請を行っている「誰もが共に生きる埼玉を目指し、埼玉朝鮮学校への補助金支給を求める有志の会」もふたたび要請書を提出し発言。

     共同代表の渡辺雅之さんは、「コロナはやがて去るが、私たちの社会に差別は残る」としながら、▼市職員の当初の発言(不適切に使用された際、指導できない)がヘイトスピーチに抵触することを認め、朝鮮学校幼稚部に対する真摯な謝罪を行うこと、▼現在おこってしまっているヘイトスピーチに対して、さいたま市が差別を許さないという姿勢を表明すること-を求めた。

    月刊イオ
    https://www.io-web.net/ioblog/2020/03/20/80845/

    引用元: ・【マスク除外】在日コリアンと日本有志ら「責任はまだ終わっていない。さいたま市は謝罪とともにヘイトを止めるよう市長声明を出せ」

    【ほら調子に乗ったw 【マスク除外】在日コリアンと日本有志ら「責任はまだ終わっていない。さいたま市は謝罪とともにヘイトを止めるよう市長声明を出せ」】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/23(月) 18:09:47.67 ID:CAP_USER
    ※機械翻訳

    [記者リン・クイイ(日本/東京22日)]朝日新聞の上級記者が台湾の国家門の封鎖の少し前に台湾を訪問しました。入国後、規則に従ってホテルで14日間の「自宅検疫」が行われました。 朝日関連Facebookファンスペシャルは、台湾での隔離体験を連載するために「隔離日記」を立ち上げたが、この行動は台湾に住む日本人を怒らせた。 台湾の伝染病予防資源の無駄遣いをわいせつと書く女性記者は、「日本人の恥」です。

    今月中旬に海外移民の件数が急増しました。パンデミックを避けるため、17日、原則として19日から非台湾人観光客の入国が禁止されることが発表されました。ニュースの後、朝日女性記者は18日タイから急いで行きました。 バンコクは緊急事態で台湾に飛び、19日、Facebookの朝日新聞アジア太平洋ファンページに「隔離日記」が公開されました。

    女性記者は当初台湾訪問の主な目的について詳しく説明していなかったため、「隔離日記」はすぐに台湾に住む日本人から批判を集めました。 一部の日本のネットユーザーは、現時点で台湾に来ることを選択することは台湾にトラブルを引き起こすだけだと述べた。また、他の国の流行防止ソースを使用して検疫の経験に関する記事を発表し、人々が新聞全体の基準に疑問を投げかけたと述べた。 女性記者は、国民を保護するために流行を防ぐために台湾がどれだけ費やしたかを理解していないようで、この行動は日本人である彼女を恥じています。

    (略)

    20日の検疫日誌には、入国時に温度検査と申告書記入のプロセスが導入されていたが、入国の時間は約3時間で、バンコクから台湾にかかった時間とほぼ同じで、女性記者がホテルを予約しなかったため、 多くの場合、レストランを探します。女性記者は、彼女が台湾を訪れたとき、彼女はほとんどの場合レストランに滞在し、自宅で検疫ホテルを受け取っていないと主張します。 台湾の22の郡と都市で、防疫ホテルと連絡先の電話情報があります。

    女性記者はまた、「金門に防疫ホテルはありますか」と尋ねた。 CDCの関係者は、公共交通機関の規制により、離島への移動をあきらめる必要があると述べました。女性記者も台南に行きたいと思っていましたが、旅が遠すぎて高速鉄道に乗ることができませんでした。 「Kieron」も完全に予約され、CDCの役人によって紹介された後、最終的に適切なレストランを見つけました。

    投稿は台湾人からあまりにも多くの批判を引き起こしたため、女性記者は2日目の検疫日記でも、4月に重要かつ貴重なインタビューが終了したことを説明しました。台湾に入国できないのではないかと心配していたため、私は早くから台湾でインタビューを受けました。 彼女が台湾に来たのは「検疫日記」を書くためではなかった。

    朝日女性記者は、2004年から05年に中国上海に、2005-07年および2010-13年に北京に駐在し、現在は朝日新聞の編集メンバーです(台湾通信社の執筆メンバーに似ています)。彼女は2017年6月からバンコクに駐在しています。 アジア総局は、朝日新聞の上級記者であり、有名な中国通です。

    中国武漢で肺炎が発生した後、女性記者は、1月の「意味を想像するだけで伝染病が拡大する」など、朝日新聞の「複数の出来事」コラムで中国の隠れた流行に関する多くのコメントを発表しました。 中国の医師Zhong Nanshanの事件は、2月に「隠された情報、量が増加しない限り嘘は続く」という見出しで提起され、中国のホイッスラーDr. Li Wenliangと市民ジャーナリストChen Qiushiによって送られた警告は中国によって抑制されたと報告している 事実。 朝日新聞での女性記者のコメントは、親中国人であり、奇妙で非常にまれであると考えられています。

    (中略)

    さらに興味深いのは、朝日関連のファンを批判したネットユーザーのほとんどが台湾に住んでいた日本人だったということです。彼らは台湾の流行予防策を支持し、女性記者の行動が台湾にトラブルを引き起こし、その力を発揮することを恐れていました 台湾の態度を支持する。

    https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3108732
    自由時報 2020-03-22 17:45:18

    https://i.imgur.com/ddWLkoM.jpg
    フェイスブックに台湾隔離日記を発行し、台湾に住む日本人を怒らせ、台湾の流行防止資源を浪費しているとして彼女を非難し、時代遅れの記事を発表した。

    吉岡桂子 Yoshioka Keiko 
    @Yoshioka_keiko
    https://mobile.twitter.com/Yoshioka_keiko?p=s

    ※関連記事
    台湾駆け込み朝日編集委員の「隔離日記」が大炎上
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59835
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【台湾・自由時報】日本の朝日新聞記者が台湾を訪れて「隔離日記」を書き、日本人を怒らせる:台湾を困らせないで[3/22]

    【痛快バカヒ、またやってる 【台湾・自由時報】日本の朝日新聞記者が台湾を訪れて「隔離日記」を書き、日本人を怒らせる:台湾を困らせないで[3/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/12(木) 17:53:19.25 ID:CAP_USER
     生物兵器の開発に転用可能な「スプレードライヤー」を中国に不正輸出したとして逮捕された機械メーカーの社長らが、韓国にも無許可で輸出したとみられることが分かりました。

     横浜市の「大川原化工機」の社長・大川原正明(70)容疑者ら3人は、2016年に生物兵器の開発に転用可能な「スプレードライヤー」を中国・上海のドイツ系企業に不正に輸出した疑いがもたれています。

     警視庁公安部は不正輸出を繰り返していたとみて調べていますが、捜査関係者への取材で、大川原容疑者らが韓国の企業にも不正輸出したとみられることが分かりました。

     大川原化工機は「当該製品の輸出は外為法に違反するものではない」としています。

    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3927681.html
    TBS News 2020年3/12

    引用元: ・【横浜・大川原化工機】 スプレードライヤー、韓国の企業にも無許可で輸出か[3/12]

    【また従業員全員逮捕か 【横浜・大川原化工機】 スプレードライヤー、韓国の企業にも無許可で輸出か[3/12]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/13(金) 23:44:59.54 ID:CAP_USER
    中国、韓国からの入国規制 鳥取県内でも困惑広がる

     新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国が発表した中国、韓国などからの入国規制を受け、鳥取県内でも影響が広がっている。休止中の国際定期便の再開時期にも影響する可能性があり、関係者は困惑している。


     「あまりにも一方的ではないか」。

    入国規制について在日本大韓民国民団県地方本部の薛幸夫(ソルヘンブ)・常任顧問は憤る。

     昨年、日韓関係の悪化でエアソウルの米子―ソウル線が休止した後も、薛さんらは他空港を使って日韓の交流事業を続けてきたが、3月に計画していた韓国・江原道への交流ツアーはコロナウイルスの影響を受けてやむを得ず中止を決めた。

    薛さんは「感染防止策は必要だが、両国民の心情が離れないよう配慮もして欲しい」と話す。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASN3C7DS7N3CPUUB004.html


    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1584104280/

    引用元: ・【社会】在日韓国人が憤り「日本の入国規制、あまりにも一方的ではないか」★2[3/13]

    【世界113ヵ国に同じ事言って回れよ【社会】在日韓国人が憤り「日本の入国規制、あまりにも一方的ではないか」★2[3/13]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/14(土) 18:23:56.49 ID:CAP_USER
    2020年3月14日(土)
    さいたま市 朝鮮学校へのマスク不支給
    謝罪と配布求める
    市民団体が要請

    新型コロナウイルスの感染対策で、市内の子ども関連施設に備蓄マスクを配布しているさいたま市が、埼玉朝鮮初級中級学校の幼稚部を対象から外した問題で13日、「誰もが共に生きる埼玉県を目指し、埼玉朝鮮学校への補助金支給を求める有志の会」は市に、謝罪とマスク配布をするよう申し入れました。

     共同代表の渡辺雅之・大東文化大学教授らは、市職員が同学校側に「転売の恐れがある」との趣旨の発言をしたことから、SNSなどでヘイトスピーチが大量に拡散されていると指摘。「配布除外の措置そのものが、ヘイトスピーチ拡大につながる危険がある」と話しました。

     市子ども未来局・幼児未来部の佐野篤資部長は「正しい表現でないことを言ったというのは、気をつけなければいけない」「ヘイトスピーチ拡散は許されない」と述べました

    赤旗
    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2020-03-14/2020031415_02_1.html

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1584171207/

    引用元: ・【朝鮮学校】市民、さいたま市に謝罪求める「マスク配布除外がヘイトスピーチ拡大につながる危険」「ヘイト拡散は許されない」[3/14]

    【また得意の「謝罪セヨ」「差別ニダ」【朝鮮学校】市民、さいたま市に謝罪求める「マスク配布除外がヘイトスピーチ拡大につながる危険」「ヘイト拡散は許されない」[3/14]】の続きを読む

    このページのトップヘ