まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 移民

    1: まるっとニュー 2021/02/22(月) 21:14:07.42 ID:CAP_USER
    おととし東京・青梅市で、多額の現金を持っているという情報を得た男性の住宅に侵入し殴って死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われている被告2人の初公判が開かれ、いずれも起訴された内容を認めました。

    いずれも住所不定・無職で韓国籍のハン・イルイン被告(32)と、野村俊希被告(26)は、おととし12月、東京・青梅市の住宅に金品を奪おうと侵入し、この家に住む小川和男さん(当時67)を鈍器のようなもので殴って死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われています。
    22日、東京地方裁判所立川支部で初公判が開かれ、2人はいずれも「間違いないです」と述べて、起訴された内容を認めました。
    検察は冒頭陳述で「2人は『自宅に数千万円の現金を持っている高齢者がいる』という情報を得て、強盗の計画に実行役として関わった。被害者が亡くなっていて結果は重大だ」と述べました。
    これに対しハン被告の弁護士は「てっとり早く金を稼げるという安易な考えで犯行に及んだが、当初から暴行して金を奪おうと考えていたわけではない」と主張しました。
    また、野村被告の弁護士は「小川さんに気づかれたため、被告は住宅の外に逃げ出して暴行はしていない」と主張しました。
    判決は来月10日に言い渡される予定です。

    NHKニュース 02月22日 11時55分 首都圏 NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210222/1000060695.html

    引用元: ・【青梅強盗致死事件】初公判 韓国籍のハン・イルイン被告(32)起訴内容を認める 弁護士「当初から暴行し金を奪おうと考えてない」[2/22] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【税金がもったいない 【青梅強盗致死事件】初公判 韓国籍のハン・イルイン被告(32)起訴内容を認める 弁護士「当初から暴行し金を奪おうと考えてない」[2/22] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/02/18(木) 13:21:11.49 ID:CAP_USER
    2021年2月17日 19:51 JST
    https://www.viet-jo.com/news/social/210217181716.html

    ハノイ市バックトゥーリエム区カウジエン街区ホートゥンマウ(Ho Tung Mau)通り136番地にあるマンション「ゴールドマークシティ(Goldmark City)」で17日午前、韓国人男性(47歳)が死亡しているのが発見された。

    警察は死因を究明すべく捜査を急いでいる。現在、死亡した男性の新型コロナウイルス検査が行われているが、17日午後1時半時点では検査結果がまだ出ていない。

    男性の死亡を受け、当局は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として、マンションの消毒を行うと共に、同マンションのR2棟を一時封鎖した。検査結果で陰性判定が出れば、封鎖は解除するという。

    これに先立ち、ハノイ市では13日、外国人専門家として入国した日本人男性(54歳)が滞在先のホテルで死亡しているのが発見された。この男性は死後の検査で新型コロナに感染していることが確認され、国内2229人目の感染者となった。

    ハノイ市疾病管制センター(ハノイCDC)は17日午後、死亡した男性の新型コロナウイルス検査の結果が陰性だったと発表した。この男性は建設会社の社長を務めており、2014年にベトナムに入国。それ以来、韓国に帰国したことはないという。警察は引き続き、男性の死因を調べている。

    引用元: ・【ベトナム】韓国人男性が変死でマンションを一時封鎖[02/17] [Ttongsulian★]

    【どうやら屍のようだ 【ベトナム】韓国人男性が変死でマンションを一時封鎖[02/17] [Ttongsulian★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/02/13(土) 08:43:55.00 ID:CAP_USER
    ■共に民主党は選挙近づくと再び「韓日戦」扇動へ

    東京で知り合ったAさんは在日韓国人2世だ。日本で生まれ、事業を興して60年余り暮らしてきた。疑う余地もないほど日本語は完ぺきだ。

    文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、韓日間の「銃声のない戦争」が続くと、次のように語っていたことが今でも頭に残っている。

    「両国関係が最悪の状況に向かうと、『十五円五十銭(じゅうごえんごじっせん)』と発音してみる習慣がついた。私の発音が本当の日本人と同じか確かめてみるのだ」

    日本のお金で15円50銭という金額を意味する「じゅうごえんごじっせん」。この言葉の背景には、日本帝国時代の韓国人の生死がかかった悲しい歴史がある。

    1923年に関東大地震が発生して10万人以上が死亡した。阿鼻(あび)叫喚の混乱の中で、「朝鮮人が人を殺して井戸に毒を入れた」というデマが広がった。

    日本軍・自警団が狂気を帯びた目で駆け回った。韓国人らしき人に「十五円五十銭と言ってみろ」と怒鳴りつけた。つたない日本語で言うと、その場で「即決処分」した。6000人以上の韓国人に対する人種虐殺が歴史に記録されている。

    「まさかそんなことが再び起きるだろうか」と問い返すと、彼は真顔で言った。

    「一寸先も見えない状況が続けば、10年後に私のような在日たちの生活はどうなるかわからない」

    東京の会社に勤めている在日韓国人3世の女性Bさん。日本人と結婚して小学生の子どもがいる。韓日関係でいいニュースがなかなかない今日このごろ、子どもたちが「韓国系の母親」のせいで差別されるのではないかと心配だ。

    「しばらくの間しか(日本に)いないで帰る人たちにはよく分からないでしょう。いつも頭の片隅に不安を抱えて生きなければならない私たちの心情が…」

    2018年の徴用賠償判決に続き、今年初めの慰安婦賠償決定により、韓日関係は再び奈落の底に向かいつつある。今年、衆議院選挙を控えている自民党は、報復措置を公に要求している。

    両国間の感情を高ぶらせていた安倍政権による輸出規制が発動されたのはいつのことだっただろうか。2019年7月の参議院選挙20日前に電撃的に施行され、嫌韓ムードが広がったことを覚えている在日韓国人たちは多い。

    より所のない在日韓国人たちは少しずつ動揺している。同胞100万人を代表する在日本大韓民国民団(民団)中央本部団長が新年会で、「最近の状況は在日韓国人の生死がかかった問題」と言ったのは象徴的だ。

    民団は昨年、地方本部に石が飛んできて窓ガラスが割れた事件について有事の事態を懸念し、口外しないように言った。

    記者は、自身の日本語の発音をチェックするAさんの不安は杞憂(きゆう)だと思っている。日本の社会は、遠慮なく大規模な虐殺を行っていた野蛮な時代に再び戻らないだろう。

    問題は、韓国で日本を過度にたたけば、間違いなく日本で在日韓国人を苦しめるシステムが作動するということだ。

    このため、2015年の慰安婦合意を汚物の塊のように扱い、反日感情をあおってきた文大統領の就任以降、在日韓国人の不安指数は年々高まるばかりだ。

    その文大統領が年頭記者会見で、「慰安婦判決に困惑」「建設的・未来志向的な関係の復元」という発言で期待感を与えた。しかし、わずか2週間で、与党・共に民主党が再び反日感情を刺激した。

    今年4月7日のソウル市長・釜山市長補欠選挙を前に、野党が韓日海底トンネル建設を公約すると、「4・7補欠選挙も韓日戦になるのか」「親日DNA発動」といきなり日本を巻き込んだ。

    党指導部まで堂々と番組に出て反日をあおるとは、大統領が黙認しなければ不可能ではないだろうか。

    反日と嫌韓がコインの裏表のように動いているという事実を知っているなら、日本で暮らす同胞たちが再び危険にさらされるかもしれないということを認識しているなら、このような低質な政治はできないだろう。

    日本で大統領の年頭記者会見後に生まれた小さな期待は、雪が溶けるように早くも消えつつある。

    2021/02/13 07:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/10/2021021080165.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/10/2021021080165_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 「十五円五十銭」を練習する在日韓国人  政権があおってきた反日に「生死かかっている」と不安ふくらむ [02/13] [荒波φ★]

    【で、いつ長期旅行を止めて帰るの? 【朝鮮日報】 「十五円五十銭」を練習する在日韓国人  政権があおってきた反日に「生死かかっている」と不安ふくらむ [02/13] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/02/08(月) 09:54:56.17 ID:CAP_USER
    在日2世だ。父は戦前、祖父と韓国南部・慶尚南道の密陽から13歳で鳥取市にやってきた。2003年から「在日講座」を開き、昨年11月には50回目の節目を迎えた。

    父母ら家族の母語は韓国語だが、自らは高校まで日本名「玉川幸夫」として地元の学校に通い、日本の言葉・文化の中で育った。

    生活は苦しかった。高校卒業後、進学はあきらめ、父とトラックで鉄くずを集めて働いた。株式会社をおこすまで事業は拡大するが、日本名でなければ取引がうまく進まなかった。

    税金を納めても、その使い道を議論する議員を選ぶことはできない。「まわりの人たちと対等にものを言える」ために、自分たちの声を政治に直接反映させることが必要だと、1994年ごろから、外国人参政権運動に加わった。

    2003年に民団県本部の団長に就任した。あらためて、日本居住の朝鮮人・台湾人の参政権停止(1945年)や、サンフランシスコ平和条約発効時に日本国籍が消滅(52年)といった史実を振り返った。

    「『在日』は歴史的に構成された存在。いかに自分たちは在日になり、ならされたのか」と始めたのが「在日講座」だ。

    当初は「在日の在日による在日のための講座」として始めた。歴史や時事問題のほか、言語や音楽といった文化や国際交流もとりあげた。在日コリアンの人権活動として始まった講座はいま、国籍にかかわらず地域住民にも門戸を開く。

    「美しい絵空事かもしれないが、日韓の友好を求め、みんなが地域で平等に生きていくため」に、今後も講座を続けていく。(長崎緑子)



    ――在日講座で取り上げたテーマを具体的に教えてください

    植民地支配や慰安婦問題、竹島、ヘイトスピーチ、韓国の民主化、音楽交流など、多岐にわたっています。

    ――竹島問題では、鳥取県と江原道の交流再開に尽力したそうですね

    2007年に江原道庁に単身乗り込んで知事に面会し、「道と県といった地方で民間交流をすることが東アジアの平和につながる。国を越えて、交流を再開しましょう」と伝えた。在日韓国人という立場だからこそ「同胞のよしみ」で面会することができました。

    ――在日講座以外ではどんな活動をされていますか

    07年から10年ほど、外国人への地方参政権付与とヘイトスピーチ撲滅のためのシンポジウムを毎年開きました。鳥取地震(1943年)で発生した泥流に巻き込まれた、朝鮮人労働者らを弔う岩美町の「荒金鉱山犠牲者慰霊祭」も毎年続けています。

    ――今後も在日講座を続けるそうですね

    SNSに多くの言葉が載っては瞬時に忘れ去られていく今の時代、繰り返し、繰り返し、語り続ける必要があるのではないでしょうか。その繰り返しの中で、一人でも多くの友を得たいと思っています。


    2021年2月8日 9時30分
    https://www.asahi.com/articles/ASP276SVXP1VPUUB002.html

    引用元: ・【在日講座】 昨年11月には50回目の節目 「みんなが平等に生きていくために」 今後も講座を続けていく [02/08] [荒波φ★]

    【なんで被害者面するの? 【在日講座】 昨年11月には50回目の節目 「みんなが平等に生きていくために」 今後も講座を続けていく [02/08] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/01/29(金) 01:16:01.66 ID:CAP_USER
    7つの事件で殺人や監禁致死などの罪に問われ、審理期間が過去最長となった1審の裁判員裁判で、無期懲役の判決を受けた兵庫県姫路市のパチンコ店の実質的経営者で韓国籍の中村春根、本名、陳春根被告(49)について2審の大阪高等裁判所は死刑を求める検察と一部を除いて無罪を求める弁護側の双方の主張を退け、1審に続いて無期懲役を言い渡しました。

    NHKニュース 01月28日14時39分 関西 NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210128/2000040519.html

    引用元: ・【姫路監禁殺害事件】最長裁判員裁判の2審も無期懲役 韓国籍の中村春根、本名、陳春根被告(49) [1/28] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【これは普通なら死刑だろ 【姫路監禁殺害事件】最長裁判員裁判の2審も無期懲役 韓国籍の中村春根、本名、陳春根被告(49) [1/28] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ