まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 犯罪

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/07(月) 18:13:20.98 ID:CAP_USER
    韓国国内で罪を犯し、海外に逃亡する韓国人犯罪者が毎年増えているという。

    韓国法務部の資料によると、2012年から2016年6月まで在宅起訴された状態で、海外に逃亡した犯罪者は2373人に上った。

    年度別に見ると、2012年381人、2013年440人、2014年487人、2015年675人と増加傾向にあり、2016年は6月までに390人だ。

    ■韓国人犯罪者が逃亡先に選ぶ国は?

    より具体的に見ていこう。

    逃亡した犯罪者の犯罪類型別は詐欺(760人)、業務上横領(174人)、麻薬類管理法違反(130人)、兵役法違反(53人)の順だった。

    最も多い詐欺犯の逃亡者数は、2012年118人、2013年148人、2014年151人、2015年204人、2016年上半期139人と大きく増えていることがわかる。

    同資料を発表した議員は「海外への逃亡犯が増えたということは、犯罪捜査に関する司法当局の信頼を阻害する原因になる」と指摘した。

    では、多くの韓国人犯罪者が逃亡先に選んでいる国はどこか。

    2012年~2016年6月までの数字を見ると、1位はアメリカの382人で、2位は中国の329人だった。

    より詳細に数字を追うと、2014年まではアメリカが最も多かったが、ここ最近は中国が増えていることがわかる。

    2015年の数字を見ると、アメリカ96人に対して中国は103人。2016年上半期もアメリカは51人だが、中国へは56人の犯罪者が逃亡している。

    日本は3位にランクイン…

    ちなみに、日本はどうか。

    2012年~2016年6月までに131人の韓国人犯罪者が逃亡したとなっており、アメリカ、中国に続いて3位にランクインしている。

    ただ2015年に限っていえば、中国、アメリカ、フィリピン、日本の順だ。

    さらにフィリピンで捕まった韓国人犯罪者は2014年33人、2015年47人、2016年84人となっている。
    84人という数字は、2016年に送還された海外逃走犯297人の約30%を占める割合だ。
    (関連記事:フィリピンで続出する韓国人殺人事件…その背景に潜む韓国の“不都合な真実”http://s-korea.jp/archives/13097?g

    いずれにせよ、海外に逃亡する犯罪者が増え続けている韓国。一日も早い問題解決が求められている。


    2017年08月07日
    http://s-korea.jp/archives/18675
    http://s-korea.jp/archives/18675/2
    http://s-korea.jp/archives/18675/3

    引用元: ・【韓国】日本は何位? 多くの韓国人犯罪者が“逃亡先”に選んでいる国はどこか[08/07]©2ch.net

    【【ビザなしとかいい加減やめろよ】毎年増える海外に逃亡する韓国人犯罪者 最も多い詐欺犯】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/08/01(火) 14:51:58.42 ID:CAP_USER
    2017年7月31日、韓国の主要食品会社の離乳食からカビや紙、ビニールなどの異物が相次ぎ見つかっていたことが発覚し、衝撃が広がっている。韓国・ノーカットニュースなどが伝えた。

    韓国食品医薬品安全処によると、過去3年半の間に行った離乳食製造・販売会社の衛生管理点検で、不適合判定を受けたものが46件に達していたことが分かった。不適合の主な理由は、異物の検出や消費期限の超過、原材料の虚偽表示などだ。

    K社の工場2カ所では2014年と15年に相次いでカビが見つかり、S社では大腸菌が検出された。またE社の離乳食からはコクゾウムシが、F社の離乳食からは鶏の骨が発見された。この他にも、シリコン(A社)、ビニール(D社)、石(K社、J社)、髪の毛(D社)、木片(O社)、プラスチック(J社)、炭(E社、M社)、紙(I社)など、異物の種類は各メーカーで多岐にわたっていた。

    また消費期限を過ぎた材料を保管して製品に使用したA社、冷凍原料を不適切な空間で解凍したD社、合成保存料を無添加と虚偽表示したM社も摘発された。

    離乳食の異物や添加物などは時に乳幼児の健康を脅かす凶器になり得るが、政府が違反事項を摘発した事例でも軽い行政処分にとどまっていたことも分かった。異物が発見された18件のうち16件は是正命令のみ、残りの2件も品目の製造停止や製品廃棄処分が下っただけで、営業停止などの強力な処分につながった案件はなかったという。

    なお、今回摘発された離乳食製造・販売企業のうち、多くは国際的な食品衛生管理システムである「HACCP」の認証を受けたと大々的に広報している企業だった。

    これについて野党・正しい政党のホン・チョルホ議員は、「不適合判定が多数発生したということは、HACCP認証基準や手続き、管理に問題があることを意味する。認証基準を強化し、行政処分のレベルも大幅に調整しなければならない」と指摘した。

    この衝撃の報道に、30代の女性のネットユーザーを中心にさまざまなコメントが寄せられている。「赤ちゃんが食べるものでふざけるのはやめて。離乳食を作る時間がないから、涙を飲んで買って食べさせてるのに」「ひど過ぎる。これからは自分で作って食べさせなきゃ」「がっかり。うちの子にも食べさせていたのに」と憤慨コメントが続出する中、「強力な処罰を願う」「営業停止にして再起不能にしないと、また再発する」と厳罰を求める声も多数上がった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=160059

    引用元: ・【韓国】韓国の離乳食から虫や髪の毛、ビニールなど異物が続々見つかる[08/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【業界全体ってところがやべえ】韓国の離乳食から虫や髪の毛、ビニールなど異物が続々見つかる】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=7,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/07/31(月)15:36:57 ID:???

    no title


     産経新聞の連載「異聞 北の大地」(産経ニュースでは「北海道が危ない」で掲載)の筆者、宮本雅史編集委員が案内役として同行し、
    外国資本に買収された北海道の森林や水源地などをめぐる特別ツアー(産経新聞社主催)が7月23、24の両日開催された。

     8市町村を中型バスで走破し、2日間の総移動距離は約900キロに達した。
    住宅地、ゴルフ場跡地、大学、山林など10カ所以上を訪ね歩き、外資による「国土侵食」が加速している事実を確認した。

     ツアーは記事と連動した新しい試み。募集期間は実質20日間と短かったが、最終的に計20人が応募。 
    定員を満たし、出席率は100%だった。

     年齢層は30~70代と幅広く、職業も、自営業、公務員、地方紙社長、住職、タクシー運転手、主婦などさまざまだ。
    国会議員も「個人」で申し込み、山谷えり子元拉致問題・領土問題担当相、山田宏参院議員が駆けつけた。
    男女の内訳は男性13人、女性7人だった。

     ■謎の大型アンテナ 

     23日午前8時半、羽田空港を出発し、午前11時前に最初の目的地である新千歳空港に近い千歳市内の中国人専用別荘地に到着した。

     別荘地は高台にあり、航空自衛隊千歳基地が一望できる。基地まで直線距離で5キロ。安全保障上、極めて重要な場所だ。

    (以下略)

    産経 全7ページ 2017.7.31 06:00
    http://www.sankei.com/premium/news/170731/prm1707310005-n1.html

    引用元: ・【北海道が危ない・特別編】 外資の「国土侵食」が加速 “中国人自治区”誕生の可能性も「武器を持たない戦争を仕掛けられている」[H29/7/31]

    【【すごいスピードで侵略進んでね?】 「北海道が危ない」外資の「国土侵食」が加速 “中国人自治区”誕生の可能性も】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 05:23:23.80 ID:CAP_USER
    近年、中国残留孤児1世が亡くなった後、残された2世家族が都営住宅から退去を迫られるケースが相次いでいる――。

    戦前・戦中、国策に従って旧満州(中国東北部)に移住するも、戦後、親や親族と離ればなれとなり、中国に取り残されてしまった残留孤児。1981年3月より始まった集団訪日調査によって、彼ら・彼女らの一部が祖国日本に帰ってくるも、日本語が不自由なためにまともな職を得られず、衣・食・住に難儀する人も多かった。

    そんななか、国と自治体は連携して、公営住宅を優先的に提供するなどして、残留孤児の居住の安定を図ってきた。

    ところがここ数年、永住帰国した残留孤児1世が亡くなると、残された2世家族が退去を迫られるケースが相次いでいる。一体、何が起こっているのか。『中国残留孤児 70年の孤独』の著者・平井美帆氏の特別レポート。

    きっかけは母の死だった

    「都営住宅からの退去に関する説明書」「明渡通知書」「催促状」――。

    母と娘は無機質な文書を手に、困惑した表情を浮かべていた。東京都西部の都営住宅に、中国人の夫と暮らす張さん(57)、少し前までここで同居していた娘の玲さん(31)である。約2年半前から張さん夫妻のもとには、住居の立退きを求める通知が届き、月に何度も行政担当者が訪れるようになった。

    きっかけは張さんの母の死だった。2014年12月、団地前の横断歩道を渡っていた張さんの母・キクさんは、横から走ってきたバイクに轢かれ、そのまま一度も目を覚ますことなく、クリスマスの日に81歳の生涯を閉じた。

    キクさんは「中国残留孤児」という運命を背負った女性だった。戦前の国策に従い、満州開拓移民として、青森から旧満州(中国東北部)に一家で移住した。だが、父親は日本の敗戦直前に現地で徴兵されてしまい、ソ連軍が北東から侵攻してきた混乱の大地で母親とも離ればなれになる。

    当時まだ幼かったキクさんは、中国人養父母に育てられた。長い長い月日を経て、彼女の身元が判明したのは、2004年11月の訪日対面調査でのことだ。キクさんには中国人の夫がいたが、このときすでに他界していて、5人の子どもはそれぞれ家庭を築いていた。

    次第に祖国に永住したい気持ちが募ったキクさんは2010年、娘の張さん一家とともに日本にやってきた。永住帰国した中国残留孤児は、最初の半年間、中国帰国者定着促進センター(2016年3月閉所)で暮らした後、本人の希望と各都道府県の受け入れ状況を調整して、居住地が決められる。

    そして、居住地の自治体から公営住宅の一室をあてがわれるのが一般的だ。

    キクさんと張さん一家は東京で暮らすことを希望し、都営住宅に入居したが、名義人は残留孤児のキクさんだった。東京都が全額出資し、都営住宅を管理するJKK東京(東京都住宅供給公社)は、原則として、名義人が亡くなった後、同居していた子ども世帯に使用の承継を認めていない。

    そのため、最愛の母が事故死したショックから立ち直る間もなく、一家は立ち退きを迫られた。

    張さんは一連の経緯について納得のいかない顔で話しだした。母親の中国語を、一人娘の玲さんが少しぎこちない日本語に訳していく。

    「日本に来て、家族4人で住むところをもらった。母親の面倒をみるのに、ここをもらえた」
    「もらった?」
    「ああ、貸してもらった」

    思わず訊きかえすと、玲さんはすぐに言いなおした。言葉の綾や文化の違いもあるが、張さんたちは、募集倍率が非常に高いことなど、都営住宅をとりまく厳しい状況をあまり知らないようだった。

    続きはリンク先で
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52400

    著者プロフィール
    平井 美帆
    1971年、大阪府吹田市生まれ。大阪府立千里高校を卒業すると同時に単身渡米し、1993年南カリフォルニア大学舞台芸術学部卒業。一時東京で演劇活動に携わるも、1997年に再びロサンゼルスへ。この頃から現地の日本語情報誌に執筆するかたわら、日本の雑誌に海外ルポを寄稿する。
    2001年1月にニューヨークへ移動し、日米を拠点にノンフィクション作家として活動する。2002年7月、拠点を東京に移す。

    引用元: ・【現代ビジネス】「強制退去」を命じられる、中国残留孤児2世らの悲鳴 母の死を嘆き、自分の血を売り[8/03] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本にすむには日本の掟を守れ】「強制退去」を命じられる、中国残留孤児2世らの悲鳴】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/28(金) 21:12:03.57 ID:CAP_USER
     猛暑日が続くなか、日本海沿岸には韓国人のおじさんとおばさんの顔写真がズラリと並んだうちわが漂流してきた。涼を求めるどころか、むしろ暑くなりそうなデザインだ。

     ハングルで「数学能力・内申成績を確実に教える…」とあり、釜山市内にある予備校の宣伝用うちわと判明。顔写真の面々は、講師の先生というわけだ。

     微妙なデザインのうちわだが、「金○○」という女性の名前がサインペンで書いてあった。持ち主だろうか。

     予備校の宣伝文句に「涼しい冷房完備」とあったりして、うちわは不要になった模様。勉強も大事だが、不要品を海に捨てないという常識を金○○ちゃんに教えてあげたい。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170728/soc1707280011-n1.html

    no title

    漂流してきたうちわ

    引用元: ・【漂流本線日本海】韓国のおじさん&おばさんの顔写真ズラリ… 暑苦しすぎるうちわ[7/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【凶悪犯の情報提供キャンペーン】日本海沿岸に韓国人のおじさんとおばさんの顔写真がズラリと並んだうちわが漂流】の続きを読む

    このページのトップヘ