まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 犯罪

    1: まるっとニュー 2020/03/21(土) 14:37:23.16 ID:CAP_USER
    ソウルの新型コロナウイルス感染症(コロナ19)確定者が300人を超えるなど、地域社会感染が広がっている中で、瑞草洞検察庁裁判所付近で各種のデモ集会が絶えない。特に、多数の人々が検察庁と裁判所を行き来する道でデモを行う人と従業員の健康が懸念されている。

    21日、警察などによると、韓国のキリスト教総連合会は、今週平日の午後2時ごとに、毎日瑞草洞ソウル中央地検とソウル中央地方裁判所の入口大通りで「ジョングァンフン牧師釈放を促す集会」を開いた。瑞草法曹タウン闘争の国民総連合会も同日、最高検察庁の正門前で検察応援集会を予告した。ライアン特攻隊と情景芯教授の釈放を要求する人も、それぞれ検察と裁判所近くでパク・クネ大統領刑執行停止を促す集会と情景芯ドンヤンデ教授釈放を促す集会を続けている。 韓基総は先月26日からソウル都心での集会を開くことができなくなり、去る6日から瑞草洞に席を移した。500人が集まるジョングァンフン牧師釈放を促す集会が開かれると、参加人員は大変な混雑になる。市民は、これらの群集を掻き分けてのみ検察と裁判所の入り口に到達することができる。集会の特性上、高齢者が多く参加しているせいで、集会人員の集団感染リスクは比較的高い。

    瑞草洞に通勤をするキム某(31)氏は、「韓基総集会が開かれる中、集会人混みを通り過ぎて、検察庁社を行き来することができる」とし「集会は、主に車道で開かれるが、歩道で太極旗などを売る露店が開かれ、多くの方々は歩道にも出ている」と述べた。キム氏はまた、「マスクをしない高齢者も来る」とし「このような方の隣に長時間いるなど心配が多くなる」と語った。

    先にソウル市は感染症予防法に基づいてソウル駅広場でソウル広場、清渓広場、光化門広場、孝子洞三叉路につながる広場と周辺などの集会を禁止した。これに違反した場合、集会の主催者と参加者は、300万ウォン以下の罰金を払わなければならない。

    しかし、瑞草洞は集会禁止区域ではない。ソウル市が瑞草洞も集会禁止区域に指定しなければならないという声が出てくる理由だ。ソウル市側はソウル全体を対象に集会禁止をすることはできないという立場だ。

    警察も集会を法的に制止することができない以上、適当な方法がない。警察関係者は、「韓基総集会は大規模に開いていて万一の事態に備えてキャリアも投入される」とし「コロナ19感染の危険のために警察同士で距離を最大限に離れていることにとどまっている」と述べた。

    ギムチョンユン記者pro-verb@segye.com

    ⓒ世界を見る目、世界日報
    https://m.news.naver.com/read.nhn?oid=022&aid=0003449202&sid1=102&mode=LSD

    記事入力2020.03.21。午後1:54

    no title

    17日午後2時開かれた韓国キリスト教総連合会ジョングァンフン牧師釈放を促す集会に参加した参加者の様子。
    no title

    情景芯教授の釈放を要求する人々が去る18日午後5時ごろ、ソウル中央地裁の入口の前でデモを行っている。

    引用元: ・【韓国/デモ】コロナ19地域感染拡散する...デモ集会人混みの喧騒…瑞草洞 デモ集会人員の集団感染リスクは比較的高い [3/21]

    【コイツら本当に大丈夫か? 【韓国/デモ】コロナ19地域感染拡散する...デモ集会人混みの喧騒…瑞草洞 デモ集会人員の集団感染リスクは比較的高い [3/21]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/21(土) 18:58:00.69 ID:CAP_USER
    放射性物質を30年間漏らしておいて…経緯はわからない?

    [ニュースデスク]?アンカー?

    大田市の中心にある原子力研究院から放射性物質であるセシウムが流出した理由を調査した結果、30年前、許可されていない配管を勝手に設置して、ここを通って汚染水が流れ続けいたことが明らかになった。

    研究側関係者が皆、退職をしており、自分たちもよく把握していなかったと釈明しました。

    コ・ビョングォン記者が取材しました。

    ttps://00m.in/80HSI,ttps://00m.in/SjxJo,ttps://00m.in/sDXpz

    引用元: ・【韓国】原子力研究院から放射能汚染水が30年ダダ洩れ 研究員「関係者が全部退職したので正確な状況はわかりません」

    【意図的に流したんだろ【韓国】原子力研究院から放射能汚染水が30年ダダ洩れ 研究員「関係者が全部退職したので正確な状況はわかりません」】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/20(金) 18:22:45.15 ID:CAP_USER
    軍で使用するコンピュータ(PC)のセキュリティプログラム(TACS)に一時的にトラブルが生じるなど、運用上の問題が発生したことが確認された。2016年の軍内部のイントラネット(国防網)ハッキング事件の対策としてPCセキュリティ管理体系が構築されたが、不備があったのではないかという指摘が出ている。

    19日、軍関係者よると、国防部は昨年12月から約2ヵ月間、全軍のPCにTACSを設置・運営してきた。TACSは個別セキュリティプログラムの機能を一つに統合する。


    しかし、運用後、各軍でトラブルが相次いだ。PCが突然ダウンしたり、画面が「ブルースクリーン」に切り替わるアクシデントが起こった。また、文書が削除されたり、PCにログインできない状況も発生した。問題はセキュリティプログラムが稼動しない場合、北朝鮮のハッキングに軍情報が無防備になることだ。これに先立ち国防部は、2016年9月に軍インターネットとイントラネットがハッキングされた事件を北朝鮮の犯行であると結論を下している。この対策の一環として、PCセキュリティ管理体系が構築されたが、ここでも問題が発生したのだ。

    軍は、ウィンドウ7をウィンドウ10にアップグレードしたことで、セキュリティプログラムとの互換に異常が発生したと見ている。さらに、セキュリティ管理体系の導入手続きに問題があったことも指摘されている。開発を担ったA業者は、開発評価、運用評価を一つに統合して評価を受けた。通常、ソフトウェア開発には2つの評価が別々になされる。

    申圭鎭 

    http://www.donga.com/jp/home/article/all/20200320/2015160/1/
    東亞日報 March. 20, 2020 08:17

    引用元: ・【韓国】軍のPCにセキュリティ問題... 北朝鮮のハッキングに無防備[3/20]

    【わざとだよ? 【韓国】軍のPCにセキュリティ問題... 北朝鮮のハッキングに無防備[3/20]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/21(土) 07:25:20.40 ID:CAP_USER
    原安委「放射能ほとんど検出されず」

     韓国の原子力安全委員会(原安委)が20日、「昨年9月に原子力研究院で発生した放射性物質の流出が外部環境に及ぼす影響は微々たるもの」とする調査結果を発表した。原子力研究院は昨年末に独自点検を行った結果、正門前の河川の土壌から通常より高い濃度の「セシウム137」を検出し、昨年1月に原安委へ報告。このときから調査が進められてきた。

     調査の結果、放射性物質の流出に伴う研究院周辺の環境への影響はほとんどなかった。原子力研究院と韓国原子力安全技術院(KINS)の調査の結果、研究院と周辺河川で放射能はほとんど検出されなかった。放射性物質が全て外部に放出されたと仮定しても、一般人が一年間に浴びる放射線被ばく量の300万分の1から3700分の1というレベルだと判明した。

     流出原因は、研究院内の「自然蒸発施設」の設計が承認されたものとは異なるせいだったことが明らかになった。自然蒸発施設は、地下1階の地下貯蔵層に貯められた液体放射性廃棄物が3階まで上って行ってまた地下の貯蔵層に戻る際、太陽熱で水が蒸発するという構造の施設だ。だが地下1階には地下貯蔵層のほか、別の排水タンクがあり、ここを経由して外部に流出した。1990年8月から30年間、毎年470-480リットルがこの排水タンクを経由して外部に漏れたことが確認された。また昨年9月には、運用者の運転未熟によりおよそ510リットルが外部に漏れた。

     原子力研究院は謝罪文を発表し、「対策を立てたい」と表明した。

    ユ・ジハン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020032180001

    2020/03/21 07:01

    引用元: ・【朝鮮日報】「韓国原子力研究院から流出した放射性物質、環境への影響は微々たるもの」[3/21]

    【日本海に垂れ流し 【朝鮮日報】「韓国原子力研究院から流出した放射性物質、環境への影響は微々たるもの」[3/21]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/18(水) 09:02:03.23 ID:CAP_USER
     12日午前、済州島に行く格安航空会社「ティーウェイ航空」の旅客機に乗るため、金浦空港(ソウル市江西区)に到着した会社員のイさん(28)は、空港にサーモグラフィーカメラ(熱感知カメラ)が1台もないことを知って驚いた。しかも、発熱をチェックする職員もいなかった。イさんは済州空港の入国ゲートに到着してはじめてサーモグラフィーカメラを見た。イさんは「密閉された機内で数百人が密着して座り、1時間以上過ごした後に検査をすることに何の意味があるのか」と言った。

     国際線でも大差はなかった。14日午後、上海行きの中国東方航空機を利用した海外在住韓国人のイさん(57)とチェさん(56)夫妻も金浦空港の出国ゲートで飛行機に乗るまで、発熱チェックを受けなかった。機内に入る前、航空会社職員が体温を測ったのが唯一だった。空港ではなく、航空会社が自主的に検査していた。

     現在、金浦空港のサーモグラフィーカメラは1台だけである。韓国空港公社の関係者によると、国際線到着便の乗客を対象に出入国審査台の前に設置したものが唯一だという。いくら高熱があっても、航空会社が制止しない限り、国内・国際線航空機の搭乗には問題がない。金浦空港は先月の1カ月間で120万人が利用した。仁川国際空港が空港到着から航空機搭乗まで3段階にわたり発熱の有無をチェックしているのとは対照的だ。

     空港公社側は「発熱チェックは公社の責任ではない」という見解を持っている。空港公社の関係者は「サーモグラフィーカメラの操作は地方自治団体の責任だ。先月24日、ソウル市と江西区庁に装備・人員支援要請をしたが、19日間もたってからやっと『自己解決せよ』という回答が来た」と話す。これについて江西区は「管内に感染者が相次いで発生しており、自宅隔離者が115人にも達している。保有している装備もなく、防疫人員も大幅に不足しているため、空港公社の要請に応えるのは難しい」としている。

    ファン・ジユン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020031880004

    2020/03/18 08:16

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国 金浦空港の防疫網に穴…搭乗者発熱チェックせずに通過 ソウル市江西区「機器支援する余力ない」[3/18]

    【実態はこんなもんだよな 【朝鮮日報】韓国 金浦空港の防疫網に穴…搭乗者発熱チェックせずに通過 ソウル市江西区「機器支援する余力ない」[3/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ