まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 犯罪

    1: まるっとニュー 2020/06/20(土) 09:59:37.16 ID:CAP_USER
    ※韓国日報の元記事(韓国語)
    “マスク使ってほしい”…黒人に暴行された韓国人アルバイト
    https://hankookilbo.com/News/Read/202006181505019738?did=PA&dtype=3&dtypecode=5696
    https://newsimg.hankookilbo.com/2020/06/18/202006181505019738_1.jpg


    2020年6月18日、韓国メディア・韓国日報によると、米国のとある店で韓国人のアルバイトが、マスク着用を促されたことに立腹した黒人の男に暴行される事件が発生した。

    記事が地元メディアの報道として伝えたところによると、12日、米ニューヨーク州にある美容用品専門店で、韓国人のアルバイトのキム・ヨンレさん(26)が、来店した男に「マスクを着用していない場合は入店できない」と声を掛け、着用を求めた。

    男はこれに立腹し、「お前たちのせいでマスクをしなければならなくなった」と新型コロナウイルスの感染拡大に関連した、人種差別的な暴言をキムさんに浴びせ、顔を殴るなどした。

    キムさんは鼻の骨を骨折するなどのけがを負ったという。地元警察は防犯カメラの映像をもとに、男の行方を追っている。

    米国では、新型コロナウイルスの感染拡大後、アジア人に対する差別に基づく犯罪行為が相次いでいるという。9日にはカリフォルニア州に住む60代の男性が、韓国人という理由で暴行を受け顔にけがを負った。

    このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「東洋人も人種差別反対のデモをしよう」と怒りの声が上がっている。

    また、米国では最近、アフリカ系米国人が警察に拘束され死亡した事件が起き、抗議デモが米国内外に広がったことから

    「デモを起こしておきながら人種差別をするというのはどういうこと?」
    「韓国人は黒人から人種差別を受けたとしても、黒人の人権を守るためのデモを続けよう。その姿を見て、彼らはどう思うだろうか?」

    などといったコメントも。その他、

    「防犯カメラに顔が映っているから、すぐに捕まると思っていたが。警察は男を探す意志がないのか?」
    「黒人が白人から暴行を受けると、深刻な問題として受け取られるのに、なぜ東洋人が暴行を受けてもそのようにならないの?」
    「この男が悪いのであって黒人が悪いわけでは決してない」

    などといった声も上がっている。


    2020年6月19日(金) 22時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b814960-s0-c30-d0155.html

    引用元: ・【米韓】 米国で黒人客が韓国人店員を暴行、コロナ関連の人種差別  9日には60代の男性が、韓国人という理由で暴行受ける [06/20] [荒波φ★]

    【韓国人の黒人蔑視は異常だから 【米韓】 米国で黒人客が韓国人店員を暴行、コロナ関連の人種差別  9日には60代の男性が、韓国人という理由で暴行受ける [06/20] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/06/09(火) 13:04:00.75 ID:CAP_USER
    韓国で6月3日、7時間以上旅行カバンに閉じ込められ、意識を失った9歳の子どもが死亡した。

    警察によると、心停止および多臓器不全だった。

    6月1日、継母の40代女は、義理の息子を横50cm、縦70cmほどの大きさの旅行用カバンに閉じ込め、外出した。3時間後に家に戻った女は、子どもがカバンの中で用を足したことを確認し、再び横44cm・縦60cm大きさのカバンに入れたという。

    子どもは1日、午後7時25分に心停止状態で意識を失ったまま病院に移送されたが、意識を回復できず結局死亡した。中央日報によると、女が自分で119の救急隊を呼び「子どもが息をしていない」と訴えたという。

    女は警察の調べに対して、「ゲーム機を故障させ、していないと嘘をついたため、しつけとしてカバンに閉じ込めた」と陳述した。

    女は3日、児童虐待致死などの嫌疑で拘束された。警察は事件当時、家にいなかった父親にも話を聞いている。

    中央日報によると、容疑者の女は1カ月前にも児童虐待が明らかになり、警察の取調べを受けていた。 当時、児童保護専門機関のカウンセラーが容疑者の自宅を訪問し、最近までモニタリングしていたと警察は説明している。

    パフポスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0da501d0811139299f769616e73878674022564f

    引用元: ・【しつけ】7時間以上旅行カバンに閉じ込められ、9歳の子どもが死亡 韓国 [6/9] [新種のホケモン★]

    【始末したんだろ 【しつけ】7時間以上旅行カバンに閉じ込められ、9歳の子どもが死亡 韓国 [6/9] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/05/30(土) 08:47:04.93 ID:CAP_USER
    金大中(キム・デジュン)元大統領と李姫鎬(イ・ヒホ)夫人=いずれも故人=の遺産をめぐり、次男の金弘業(キム・ホンオプ)金大中平和センター理事長と三男の金弘傑(キム・ホンゴル)共に民主党当選人が争っていることが29日、明らかになった。

    週刊朝鮮が同日、明らかにしたところによると、次男・弘業氏が理事を務める財団法人金大中記念事業会(権魯甲〈クォン・ノガプ〉理事長)は今年4月1日、三男・弘傑氏に「金大中元大統領のノーベル平和賞賞金とソウル市麻浦区東橋洞の住宅は、故・金大中元大統領と故・李姫鎬夫人の意思をたたえようという国民の財産であって、貴殿個人の資産にはなり得ないことを明言する」という通知書を送ったとのことだ。

    これは、三男・弘傑氏が昨年6月の李姫鎬夫人死去後、東橋洞の私邸と金大中元大統領のノーベル平和賞賞金の所有権を手にしたことを受けてのものだ。三男・弘傑氏は先月の国会議員総選挙に出馬して当選したが、公職者資産リストによると、東橋洞の私邸(32億5000万ウォン=約2億8000万円)が資産に含まれていた。

    三男・弘傑氏はまた、李姫鎬夫人が金大中元大統領の逝去後、ハナ銀行に預けていたノーベル平和賞の賞金8億ウォン(約7000万円)も引き出したという。だが、同氏は公職者資産リストでこの8億ウォンを現金や預金として申告していなかった。

    次男・弘業氏側は、三男・弘傑氏が東橋洞の私邸の名義を弘傑氏に変更し、ハナ銀行に預けたノーベル平和賞賞金を引き出したのは、李姫鎬夫人の遺言にも反すると主張している。

    昨年6月の李姫鎬夫人死去後に公開された遺言状で、同夫人は「東橋洞の私邸を『大統領私邸記念館』(仮称)として使用せよ。ノーベル平和賞の賞金は大統領記念事業のための基金として使用せよ」と書いていた。

    そして、李姫鎬夫人は▲東橋洞の私邸を金大中・李姫鎬記念館として使用すること ▲東橋洞の私邸を地方自治体および支援者が買い取り記念館として使用する場合は、賞金の3分の1(9分の3)は金大中記念事業会に、残りの3分の2(9分の6)は三兄弟に均等に相続する、とした。

    遺言状の内容とは異なり、東橋洞の私邸と現金8億ウォンを三男・弘傑氏が手にすることができたのは、同氏が李姫鎬夫人の法定相続人だからだと見られる。

    金大中元大統領の3人の息子のうち、長男の弘一(ホンイル)元国会議員=2019年4月死去=と次男・弘業氏は元大統領と最初の夫人・車容愛(チャ・ヨンエ)さんとの間の子だ。金大中元大統領は1960年の車容愛さんの死去後、李姫鎬夫人と結婚して三男・弘傑氏が誕生した。

    民法によると、父親が死亡した場合、前妻の出生子と継母との間の親族関係は消滅するものと規定されている。このため、従前の血族関係は否定される。よって、継母と前妻の子との間には相続権が発生しない。

    これにより、金大中元大統領の死去後、李姫鎬夫人と長男・弘一氏、次男・弘業氏の間の相続関係はなくなった。

    法曹関係者の間では、次男・弘業氏と三男・弘傑氏の間で法的攻防が続けられるだろうと見られている。次男・弘業氏側は李姫鎬夫人の遺言の方が優先されると主張しているが、三男・弘傑氏は李姫鎬夫人の遺言よりも法定相続人としての権利の方が優先するという見解を持っている。


    2020/05/30 08:16/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/30/2020053080008.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/30/2020053080008_2.html

    引用元: ・【平和じゃない】 金大中元大統領の息子2人、私邸・ノーベル平和賞の賞金めぐり法廷闘争 [05/30] [荒波φ★]

    【ノーベル平和賞の価値が下がっちゃった】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/06/13(土) 13:16:18.66 ID:CAP_USER
     風俗店の開業を巡って現金を脅し取ったとして、韓国籍の男が逮捕されました。捜査資料で男の顔を覚えていた捜査員が休みの日に偶然、東京都内で男を見つけたということです。

     崔慶一容疑者(47)は2017年、当時40歳の男性ら2人から風俗店を開業するための仲介料の名目で500万円を脅し取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、事件が起きた今から3年前の捜査資料に崔容疑者の顔が載っていました。それを覚えていた捜査員が今月の休みの際に偶然、都内で崔容疑者を見つけ、逮捕に結び付いたということです。崔容疑者は取り調べに対し、「少し考えてから話します」として容疑について認否を留保しています。

    2020/06/13 12:20]
    Play Video
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000186143.html

    引用元: ・【韓国籍/風俗】顔を覚えていた…捜査員 3年前の恐喝事件 男逮捕 [6/11] [新種のホケモン★]

    【東京都1400万の中で偶然見つけるってすごいな。】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/06/11(木) 19:59:54.89 ID:CAP_USER
    民法に「子への体罰禁止」明文化

    ▲大人物のサンダルを履いて飛び出してきた女子児童-先月29日、慶尚南道昌寧郡のコンビニエンスストアで、パジャマを着て大人物のサンダルを履いたAさん(9)が第一警察通報者と話していた。路上で発見されたAさんは目のまわりにあざがあり、所々けがをしているなど、虐待されているのが明らかな状態だった。写真=聯合ニュース

     韓国法務部は、児童暴力・虐待事件の増加傾向が続いていることから、子に対する体罰の禁止条項を民法で明文化する案を推進すると10日、明らかにした。現行の民法第915条「懲戒権」条項には、親権者が未成年の子を保護・教育するために必要な懲戒をすることができるという内容が含まれている。法務部は「訓育(しつけ)」の意味があるこの条項が、子に対する親の体罰を容認するものと誤認される恐れがあると見て、「体罰は親の懲戒権に含まれない」という別途の条項を新設する方針だ。

    ■しつけを言い訳に虐待正当化できなくなる

     法務部は、「子への体罰」に対する処罰条項は民法に別途で入れないことにした。児童に身体的・精神的苦痛を与える行為に対しては、現行の児童福祉法と「児童虐待犯罪の処罰に関する特例法」(児童虐待処罰法)によっても処罰が可能だからだ。それにもかかわらず、民法改正がもたらす効果について、法曹関係者らは「児童暴力事件で『しつけ』を口実に児童に対する暴力を正当化する根拠がなくなる」と話す。先日、スーツケースに9歳の子を閉じ込め死亡させた義母も「子どもが言うことを聞かなかったから」と「しつけ」としてやったと主張した。チン・ヒョンヘ弁護士は「そうした形で民法が児童虐待を正当化する口実になってはならないというのが今回の法改正推進の背景にある」と分析した。

     法務部は、懲戒権そのものを削除するかどうかについては慎重な姿勢だ。法務部内の「包容的家族文化のための法制改善委員会」ユン・ジンス委員長は本紙の電話取材に「『懲戒権』そのものをなくせば、親の訓育権を否定しているかのように見えるため、子を教え諭す程度の権限を規定する『訓育権』で代替するなどの方法もある」と語った。このように悩みが多いのは、「懲戒権」に複合的な意味があるからだ。親権の一部である懲戒権は、単に「体罰権限」だけを規定したものではなく「しつけ」の意味合いも含んでいる。民法は親が子を保護し、しつける権利義務も規定している。

    ■頭にゲンコツ一発でも体罰? 議論呼ぶ兆し

     「体罰禁止」が民法で明文化されれば、体罰は違法行為になる。民法上、損害賠償の対象となったり、親権争いがある場合は体罰をした親は不利になったりする可能性がある。

    「体罰」の意味をめぐっても、親は混乱に陥るものと思われる。「頭にゲンコツ一発でも体罰なのか」「壁を見て手を上げるのも体罰なのか」をめぐって意見が分かれる可能性もある。2018年7月に民主平和党の千正培(チ ン・ジョンベ)議員=当時=が「暴行や傷害などは親の懲戒権の範囲から外すべきだ」という内容の民法改正案を出した。ところが、法案論議の過程で、どこまでを合理的なしつけと見なすかをめぐって意見が分かれた。

     各児童団体は民法改正を歓迎しているが、一部からは「国の干渉は行き過ぎだ」という批判もある。法でことごとく体罰を禁止するのは親の教育権侵害だという主張だ。

     「親としては子の行動に『無限の責任』を背負いながらも、制御する方法がなくなる」との指摘も出るかもしれない。民法では、未成年の子が犯した過ちは親が賠償することになっている。子どもたちが火遊びをして他人の物を燃やしたり、ほかの子どもを殴ったりしたケースがその代表的な例だ。そのようなことをしないように教えるのが親の義務であり、その一部が懲戒権である。「体罰」がすべて違法行為だと見なされる状況になれば、親としてはしつけの方法を完全に変えるしかない。ペ・イング弁護士は「今後、親と子の関係や望ましいしつけの方法などについて社会的に議論を尽くす必要がある」と述べた。
    ヤン・ウンギョン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/06/11 17:00
    Copyright (c) Chosunonline.com

    引用元: ・【愛のムチ】親のムチ打ちに対して法がムチを取った [6/11] [新種のホケモン★]

    【むしろより巧妙で陰湿な選民支配欲などからの暴力が蔓延する】の続きを読む

    このページのトップヘ