まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 犯罪

    1: らむちゃん ★ 2017/10/06(金) 20:11:59.32 ID:CAP_USER
    朝鮮日報2017年10月6日 5時8分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13710486/

     「腐っているものがないか目で確かめ、鼻でもかいで、まずは五感で確認します」


     韓国・仁川南港の埠頭(ふとう)近くにある冷蔵倉庫では9月12日、前日に運び込まれた中国産キムチ2400箱が山積みになっていた。京仁地方食薬庁の検査官が包装されたキムチのうち5箱を手際よく開けた。食品医薬品安全処(食薬処)による検査方式は▲倉庫で現物をチェックする現場検査▲輸入申告書が基準を満たしているか調べる書類検査▲検体を集め、残留農薬などを分析する精密検査??などに分かれる。しかし、人手や予算の問題で精密検査まで行う割合は全体の23%(昨年時点)にすぎない。残る77%に「防腐剤キムチ」などの問題食品が含まれていた場合、それが国民の食卓に上る可能性がある。国産よりも安い中国産キムチは2014年に21万2644トン、15年に22万4048トン、16年に25万3973トンと輸入が増えている。


    ■鶏卵から基準値の2800倍の細菌検出

     中国産食品の問題はこれまでも続発していた。2008年にはメラミン粉ミルク、05年にはまたカイトグリーンを含むウナギと寄生虫卵キムチ、00年には鉛を含むワタリガニが問題となった。韓国ギャラップが先月、成人1004人を調査した結果、「中国産食品は安全だ」との回答は7%にとどまった。実際に中国産食品の問題は現在進行形だ。


     食薬処のポータルサイト「食品安全の国」に公開された中国産の「不適合」食品の内訳を見ると、今月8日に輸入された味付け卵から、基準値の2800倍の細菌が検出された。7月に輸入された中国産の味付け済みエゴマの葉からは大腸菌が基準値の32倍検出された。食薬処の発表によれば、最近明らかになった「殺虫剤卵」は一度に126個食べても問題がないほど危険性は低いが、それよりも危険な食品が韓国に輸入されかけたことになる。済州大医学部のイ・グンファ教授は「大腸菌が多く検出されたのは、製品の衛生管理がなされていないことを示している。病原性大腸菌の場合、出血性腸炎や溶血性尿毒症症候群など致命的な感染を引き起こすこともあり得る」と警告した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【韓国】今も韓国に流入する中国産汚染食品、今月8日に輸入された味付け卵から、基準値の2800倍の細菌が検出された。

    【【変わんねーだろw】「韓国の「殺虫剤卵」は危険性は低いが、中国産の食品は危険」 朝鮮日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/09(月) 02:18:35.72 ID:CAP_USER
    北朝鮮による核・ミサイル開発で世界的に危機感が高まる中、サイバー空間では北朝鮮との「見えない戦争」がますます激化している。

    野党・国民の党に所属する朴柱宣(パク・チュソン)議員は7日、「統一部(省に相当、以下同じ)および統一部の傘下機関を対象にしたハッキングなどサイバー攻撃の件数は、この5年間で4193件に上る」と発表した。

    朴議員が統一部から受け取った資料によると、ハッキングなどのサイバー攻撃4193件のうち43.5%(1826件)が中国のIPアドレスからのものと判明しており、これは北朝鮮の仕業である可能性が高いと分析されている。サイバーセキュリティー関連の韓国政府当局者らは「サイバー空間では毎日、北朝鮮との交戦が繰り広げられている」と語った。

    北朝鮮のハッカーが世界的に注目され始めたのは、2014年11月に起こったソニー・ピクチャーズ社への不正アクセスからだ。ソニー・ピクチャーズは金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長暗殺が題材の映画『ザ・インタビュー』を手掛けており、北朝鮮が同社をハッキングしたことを受け、米国の捜査機関などは北朝鮮のハッカー組織を集中的に追跡し始めた。

    ノベッタ、カスペルスキー・ラボ、シマンテックなど世界的なセキュリティーベンダーも「オペレーション・ブロックバスター」という名称の共同追跡作戦を展開。その結果、「ヒドゥン・コブラ」「ラザロ」「ブルー・ノロフ」「アンダリエル」などと呼ばれる北朝鮮ハッカー組織の実態が判明した。

    韓国警察庁は、これらの集団が主に使用するIPアドレス帯域に基づいて「平壌柳京洞グループ」「中国遼寧省グループ」「朝鮮逓信省グループ」などに区分している。

    北朝鮮のハッカーはもともと、韓国の主要政府機関のウェブサイトを攻撃したり、情報を盗み取ったりすることにサイバー戦力を集中していた。韓米の主な機関のウェブサイトをマヒさせた2009年の「7・7テロ」以来続いてきた、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃が代表的だ。

    昨年8月には、北朝鮮が韓国国防部の内部および外部ネットワークを一挙にハッキングし、作戦計画が外部に流出する事件も起きた。しかし最近では、外貨稼ぎ用のサイバー攻撃が増えている。

    先月起こった韓国のビットコイン取引所4カ所に対するハッキングの試みや、韓国国内の現金自動預払機(ATM)をハッキングしておよそ1億ウォン(約980万円)を盗み取った事件の黒幕は、北朝鮮でサイバー戦を担当している偵察総局121局だったことが明らかになった。

    既に北朝鮮のハッカーは、バングラデシュ中央銀行がニューヨークの米国連邦準備銀行に開設していた口座を昨年2月にハッキングして8100万ドル(約92億円)を奪って以降、1年間に世界およそ30カ国、100以上の金融機関を無差別に攻撃してきた。今年5月に世界およそ150カ国、30万台以上のコンピューターに感染したランサムウエア「ワナクライ」の背後にも、北朝鮮のハッカーグループがいた。

    これに伴い、世界の主要国が北朝鮮ハッカーとの「サイバー戦争」を繰り広げている。英国では今年5月、国民保健サービス(NHS)傘下の病院や診療所のコンピューターが攻撃を受け、手術など診療がストップするという事件が起きた。

    これについて英国政府通信本部(GCHQ)元長官のロバート・ハニガン氏は今月1日、ザ・タイムズ紙のインタビューで「北朝鮮はハッキングの『プレミアリーガー』になる直前。北朝鮮のミサイルは英国に届かないが、北朝鮮のハッキングは既に英国のNHSや、ほかの欧州諸国の一部に到達した」と語った。

    金真明(キム・ジンミョン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/08/2017100800588.html

    引用元: ・【国際】今や世界中で展開、北朝鮮ハッカーとの戦争激化[10/09]

    【【ならず者国家 】今や世界中で展開、北朝鮮ハッカーとの戦争激化】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 04:12:40.74 ID:CAP_USER
    中国産輸入食品から防腐剤や消毒剤などの有害物質が相次いで検出された。9月13日、食品医薬品安全処(省庁の1つ)などによると、最近6カ月間に輸入された中国産キムチのうち、プロピオン酸やデヒドロ酢酸などの防腐剤が入ったキムチ製品が6件摘発されたとのことだ。

    月に1回の割合で「不適合中国産キムチ」が入ってきているのだ。中国・青島の食品会社から輸入された「キムチ・サダグ」からは今年6月、プロピオン酸が1キログラム当たり46ミリグラム検出され、搬出・廃棄処分された。

    プロピオン酸などの防腐剤はパンやチーズなどに一定量で使用が許可されているが、キムチ製品に対しては使用が禁止されている。防腐剤の成分を過剰摂取すると胃けいれんや吐き気などを引き起こし、じんましん・鼻炎の発症や男性生殖機能などに悪影響を及ぼすという。

    今年7月に中国産「小ネギキムチ」では発がん性物質問題があり、韓国や米国で使用が禁止されている「チクロ(cyclamate)」という人工甘味料の成分が検出された。

    食品当局はこれに対して、「検出された防腐剤成分は有害性が高くない。問題の中国産キムチが国内に流通しているかどうかに関して調査を実施する計画はない」と述べた。輸入キムチの大部分を占める中国産キムチは年間20万トン以上に達する。

    食品医薬品安全処が国会に提出した「最近3年間の中国産不適合食品」という資料によると、今年4月に中国産コウライギギ(ナマズ目の魚)からマラカイトグリーンが0.027ミリグラム/キログラム検出された。

    消毒剤のマラカイトグリーンはかつて養殖業者が寄生虫・水カビ除去のため使用していたが、発がん性が確認されて使用禁止になっている物質だ。

    建国大学のキム・ジンマン畜産食品工学科教授は「2005年に発生した中国産『寄生虫卵キムチ』や『マラカイトグリーン・ウナギ』などの食品問題は今も解決されていないということだ。このほど『殺虫剤卵』問題が発生したが、それよりも衛生的に問題で有害な食品がある可能性もあるので、食品安全管理を強化しなければならない」と語った。

    金成謨(キム・ソンモ)記者 , チェ・ウォヌ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400310.html


    運び屋が韓国に持ち込む中国産食品年間1万7000トン

    正式な輸入検査を経ず、中国の運び屋(中国語で「代工」)が韓国に持ち込む食品が食の安全で死角となっている。年間で運び屋延べ4500人が1万7000トンの食品を持ち込んでいるあ、政府による検証はほとんど行われていない。

    食品医薬品安全処(食薬処)が国会議員に提出した資料によると、過去5年間に携行品として輸入された食品の検査で、加工食品3125点を調べ、102点で問題を摘発した。

    特に中国産キムチなど加工食品に対する検査では、520点のうち75点(14.4%)が不適合食品だった。13、14年には検査が全く行われなかった。水産物は5年間で15年に16件の検査を実施しただけで、残る4年間には調査は行われなかった。

    税関当局は平沢港、仁川港、群山港などで活動する運び屋が4500人余りに達すると把握している。運び屋は中国から韓国に入国する際、乾燥トウガラシ、ゴマ油など最大50キログラムを持ち込む。年間の往復回数は数十回に及ぶ。

    運び屋は年間で1万7000トンの食品を韓国に持ち込んでいるとみられるが、食品当局による検査は年間100トン(0.6%)にも満たない。殺虫剤成分が残留したトウガラシ、防腐剤を含む中国産キムチなどが確認不能の経路で国民の食卓に上る可能性がある。

    中央大食品工学科のパク・キファン教授は「中国の食品は品質がさまざまで、価格が安い代わりに品質が劣る『偽食品』まで登場している。運び屋を取り締まらなければ、食の安全をめぐる騒動の再発は防げない」と指摘した。

    チェ・ウォンウ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400313.html

    引用元: ・【韓国】中国産キムチに防腐剤、魚には発がん性消毒剤 運び屋が韓国に持ち込む中国産食品は年間1万7000トン[10/07]

    【【中国人運び屋が持ち込む】中国産キムチに防腐剤、魚には発がん性消毒剤】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/07(土) 11:00:26.04 ID:CAP_USER
    最近3年間の学校暴力審議数21%増加...加害タイプは複雑に

    情報通信網上のわいせつ・暴力・いじめ、セクハラ・性暴行など

    大邱の小学校で2年生間の性的虐待事件が発生して論議をかもしている中で、小・中・高等学校を問わずセクハラや性的暴行などの比重が増加していることが分かった。

    共に民主党パク・ギョンミ議員(国会教育文化体育観光委員会・女性家族委員会委員)が、教育部から提出された「2014~2016年度の学校暴力対策自治委員会運営現況と審議結果」によると、最近3年間の全国のすべての学校級(特殊・各種学校を含む)で学校暴力事案で審議した件数は、合計1万9521件から2万3673件と約21%増加した。

    審議件数は中学校(1万1332件→1万1775件)で最も高かったが、小学校(2792件→4092件)と高校(5266件→7599件)で審議件数が持続的に増加したことが分かった。

    加害タイプ別では、暴行が最も多く、続いて性暴行・セクハラなどを含むその他のタイプが二番目に高かった。最近相次いで発生している校内の学生間の性的虐待・性的暴行などの問題は、実際、小・中・高のすべての学校級で少なからず発生しているのだ。

    特に小学校の場合、性的暴行・セクハラなどに関する学校暴力審議件数が394件から746件、なんと89.3%も増加したことが明らかになり、性暴力問題の低年齢化が懸念される。

    中学校と高校では情報通信網上のわいせつ・暴力・サイバーいじめのタイプの審議件数が他のタイプに比べて著しく増加した。中学校では810件から1139件に増加しており、高校では282件から660件と倍以上増加したことが分かり、すべての学校級で合計65.5%増加したことが確認された。

    一方、加害生徒の指導と教育措置件数の現状によれば、小学校では書面での謝罪措置が最も多く、特別な教育履修または心理療法措置が徐々に増加する傾向にあることが分かった。

    また、中学校と高等学校では書面での謝罪措置の割合が小学校に比べて低いが、依然として最も高く、特別教育履修、または心理療法と接触・脅迫や報復行為の禁止措置が続いて、大半は軽い懲戒中心の措置が行われるものと思われる。

    被害生徒の保護措置では、心理カウンセリングやアドバイスがすべての学校級で70%以上の最大の割合を占めた。特に、心理カウンセリングやアドバイス措置に加え、治療と療養の法的支援やワンストップ支援などの追加的な措置の割合が全体的に増加していることが分かった。

    ソース:デイリーアン 2017-10-07 06:00(韓国語)
    http://www.dailian.co.kr/news/view/665340

    引用元: ・【韓国】最近3年間の学校暴力審議数21%増加。小学校の性的暴行・セクハラなどは89.3%も増加[10/07]

    【【反日教育の前に道徳教育やれよ】韓国の学校暴力審議数21%増加。小学校の性的暴行・セクハラなどは89.3%も増加】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=11,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/04(水)09:01:15 ID:???

     偽造クレジットカードを製造するための器具を用意したなどとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は3日、
    支払用カード電磁的記録不正作出器械原料準備の疑いで、会社社長で中国籍の王崢容疑者(29)=埼玉県川口市=を逮捕した。

     逮捕容疑は6月26日、知人男性が経営する川口市内の会社で、偽造カードを製造するために使う磁気テープがついていない
    「生カード」約50枚が入った荷物を受け取ったとしている。

     組特隊は7月、王容疑者に荷物を発送した中国籍の男(24)を不正電磁的記録カード所持の疑いで逮捕。
    9月に王容疑者を同容疑で逮捕し、川口市内にある王容疑者の会社から刻印機やパソコンなどのほか、
    生カード409枚や偽造カード36枚を押収していた。

    (以下略)

    産経web/2017.10.3 18:24
    http://www.sankei.com/affairs/news/171003/afr1710030031-n1.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 75◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504129238/

    引用元: ・【事件】「偽造クレジットカード工場」摘発 運営の中国人社長を逮捕 警視庁 [H29/10/4]

    【【内臓を売ってでも賠償させるべき】「偽造クレジットカード工場」運営の中国人社長を逮捕(警視庁) 】の続きを読む

    このページのトップヘ