まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 犯罪

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/03/04(日) 13:59:19.77 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    毎日事件事故が起きている。誰かが怪我をしたり亡くなったり、誰か警察に逮捕されるニュースがほぼ毎日
    伝えられている。多くの場合、事件事故は個人の怒りから始まる。放火犯、殺人犯などの犯罪者のうち、
    警察に『腹立ちまぎれに犯行を起こした」と供述する人々がいる。

    4日、インターネットのポータルで『腹立ちまぎれに』を検索すると、3万4000件以上のニュースが検索される。
    重複する事件事故と関係ないニュースもあるが、大部分が「腹立ちまぎれに犯行した」という被疑者の供述
    を基にした警察 ・検察 ・判決文などの事件事故ニュースだ。

    先月28日、ソウル 江西区(カンソグ)のある帽子工場で発生した火災は、夫婦喧嘩をして腹を立てた50代の
    男が自分の工場に火をつけた事が分かった。

    先月18日、慶南(キョンナム)密陽(ミルヤン)では夫婦喧嘩の途中、怒りを抑えられなかった20代の男が
    生後10ヶ月の息子を投げて殺害し、拘束される残酷な事件が発生した。

    1月20日未明、ソウル 鍾路区(チョンログ)にあるソウル荘旅館で発生した火災の原因も、腹立ちまぎれに
    起こした放火である事が判明した。警察の調査の結果、ユ某容疑者(53歳)は酒に酔った状態で旅館を
    訪れ、事業主に売春婦を呼んでくれと要求して断られると、すぐさま恨みを抱いて犯行を起こした事が
    分かった。この火事で宿泊客6人が死亡、4人が怪我をした。特に、全南(チョンナム)長興(チャンフン)から
    ソウルに旅行に来たパク某さん(34 歳・女)と2人の娘が犠牲となり、悲しみを誘った。

    消防庁によれば、去る1~2月に放火と放火の疑いで発生した火災はそれぞれ66件、98件である。2ヶ月間
    に発生した8693件の火災に比べれば少ない水準だが、放火はガソリンなどの引火性物質を使っている
    ため、人命被害を生む可能性がある。消防隊員も消火しにくい。

    昨年は383件の放火と515件の放火の疑いの火災が発生した。900件に近い放火だけを防いでも、大切な
    生命を救う事ができる。警察の関係者は“、「誰もが喧嘩や争い事で腹が立つ事がある」と言いながら、
    「いくら腹が立っても凶器を手にしたり火をつけるという、極端な選択は慎む必要がある」と話した。

    先月18日は大邱(テグ)地下鉄火災惨事の15周忌だった。2003年2月18日午前、50代の男が大邱地下鉄
    中央路駅付近で電車にガソリンを撒いて火をつけ、192人が死亡、151人が負傷した事件である。追悼式で
    市民は提川スポーツセンター火災惨事と密陽病院惨事を思い浮かべ、「地下鉄惨事15周忌をきっかけに
    周囲を見回り、危険から自分を守る時間を作って欲しい」と願った。

    ソース:NAVER/アジア経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=277&aid=0004190312

    引用元: ・【韓国】『腹立ちまぎれに』で犯罪者になる者たち・・・放火、殺人まで[03/04]

    【【韓国】『腹立ちまぎれに』で犯罪者になる者たち・・・放火、殺人まで[03/04] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/24(土) 09:44:34.39 ID:CAP_USER
    金嬉老事件「過去じゃない」 立てこもりから50年 朝鮮ルーツの学生は

    1968年、在日韓国人の金嬉老(キムヒロ)元受刑者が男性2人を射殺後、人質を取って寸又峡(すまたきょう)(静岡県川根本町)の温泉旅館に立てこもった事件から20日で50年。県内の在日コリアンの大学生らが14、15の両日、事件の現場を訪れ、当時を知る人たちから話を聞いた。在日コリアンへの差別が動機だったが、半世紀後を生きる学生たちは「過去の事件ではない」という思いをかみしめた。 (佐藤浩太郎)

    学生ら九人は、差別やマイノリティーについて研究する静岡大の山本崇記(たかのり)准教授(38)がまとめる学生団体「日朝学生青年交流会」の活動で訪問した。

    金元受刑者が立てこもったふじみや旅館(廃業)を見学した後、事件当時、警察や報道機関の宿舎になった翠紅苑(すいこうえん)で、経営者の望月孝之さん(72)と、孝之さんの父親で前経営者の恒一さん(百歳)に話を聞いた。

    ふじみや旅館から百メートルほど坂を下った翠紅苑には防弾チョッキを着た警察官らが昼夜を問わず出入りし、従業員も何人が宿泊しているか分からないほどの混乱ぶりで、二人は対応に追われた。旅館のベランダからは立てこもる金元受刑者の話し声が聞こえたという。

    金元受刑者は報道陣に「刑事から『朝鮮人じゃないか』とけなすようなことを言われ、心が煮えくり返った」などと事件の動機を語り、県警の刑事や本部長を指名し、テレビを通じて謝罪させた。学生の一人は、民族差別を訴えた元受刑者の姿が「当時の寸又峡の日本人にはどのように見えたか」と孝之さんに質問した。

    孝之さんは、遅くとも昭和初期から寸又峡には、発電所の建設などに従事した多くの朝鮮出身者が住んでいた事情を説明。「彼に同情的な気持ちと、犯罪者として捉える気持ちが半分半分だった」と明かした。恒一さんは筆談を交えながら「(寸又峡が全国に宣伝されたという意味で)プラスになったことの方が多かった」と答えた。

    朝鮮半島にルーツを持つ静岡県立大四年、米沢美侑(みゆう)さん(23)は「在日コリアンへの差別は今も続いている」と指摘。金元受刑者の訴えは「たとえ多くの人に響かなかったとしても、救われた人はいたと思う。今の自分も励まされる部分がある」と話した。

    これに対し、同大四年の望月直人さん(22)は「差別に立ち向かったことより、人を殺したり、脅したりした事実の方が先にくる。必要な訴えだったと思うが、他のやり方もあったのでは」と語った。

    在日コリアンの静岡文化芸術大一年許松大(ホソンデ)さん(23)は「在日にとって事件を過去の出来事として無視できる人はいない」と強調。ヘイトスピーチがはびこる現代は当時よりも排他的で「差別の強度がより高い」と感じている。「今、同じ事件が起きれば、もっと極端な意見が出て、溝がさらに深まる。半世紀たっても世の中は変わっていない部分があると思う」

    <金嬉老事件> 1968年2月20日、在日韓国人の金嬉老元受刑者が静岡県清水市(現静岡市清水区)のキャバレーで暴力団員2人を射殺後、ライフルと約100本のダイナマイトで武装し、寸又峡温泉の旅館に13人の人質を取って約88時間立てこもった。75年11月に最高裁で、殺人罪などで無期懲役が確定。99年に仮釈放され、韓国に帰国した後に殺人未遂事件を起こし、有罪判決を受けた。2010年3月、前立腺がんで81歳で死去。

    ソース:東京新聞 2018年2月20日
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018022002000254.html
    no title

    事件当時、警察や報道機関の宿舎になった翠紅苑の現経営者、望月孝之さん(右から3人目)に話を聞く学生たち=14日、静岡県川根本町で

    引用元: ・【東京新聞】金嬉老事件「過去じゃない」。ヘイトはびこる現代は排他的で差別の強度がより高い。半世紀たっても変わってない[02/24]

    【【東京新聞】金嬉老事件「過去じゃない」。ヘイトはびこる現代は排他的で差別の強度がより高い。半世紀たっても変わってない[02/24] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/02/24(土) 10:35:35.09 ID:CAP_USER
    韓国から金塊を密輸して消費税などの支払いを免れたとして、福岡地検は23日、いずれも韓国籍で
    職業不詳、キム・チョロク容疑者(21)ら21~34歳の男女7人を関税法違反などで福岡地裁に起訴したと
    発表した。認否は明らかにしていない。

    起訴状によると、7人は2月1日、韓国・金海国際空港から福岡空港に入国する際、金塊12キロ
    (5725万円相当)を税関に申告せず、消費税と地方税計457万円の支払いを免れたとされる。
     
    関係者によると、7人のうち女3人は知人の紹介で金塊の運搬役を引き受けた。3人のうち2人がズボンの
    後ろポケットに三つずつ金塊を入れて計12個の金塊を持ち込んだ。事前に報酬を受け取っていたという。

    ソース:毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180224/k00/00m/040/174000c

    引用元: ・【福岡】『金塊密輸』~関税法違反で韓国男女7人を起訴=福岡地検[02/24]

    【【福岡】『金塊密輸』~関税法違反で韓国男女7人を起訴=福岡地検[02/24] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/02/24(土) 11:06:13.51 ID:CAP_USER
    (え)
    no title


    フィリピン中部のセブ島で、40代の韓国人が暴漢の銃撃で死亡する事件が発生した。

    現地の僑民によれば、韓国人のLさん(41歳)が23日の午後10時頃(現地時間)、セブ島・マンダウエ市
    の道路で乗用車を運転していて、バイクに乗った暴漢2人から銃撃を受けた。Lさんは直ちに病院に
    運ばれたが死亡した。

    Lさんはセブ島で韓食堂(韓国料理店)を運営している事が分かった。現地の警察はLさんの所持品が
    盗まれていない点などから、紛争や恨みによる請負殺人の可能性があると見て捜査に乗り出した。
    今年フィリピンで韓国人が殺害されたのは今回が初めて。

    ソース:NAVER/ソウル経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=011&aid=0003229957

    引用元: ・【比律賓】40代韓国人、フィリピン・セブ島で撃たれて死亡=「紛争や恨みによる可能性」[02/24]

    【【比律賓】40代韓国人、フィリピン・セブ島で撃たれて死亡=「紛争や恨みによる可能性」[02/24] 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2018/04/03(火) 12:53:40.14 ID:CAP_USER
    「道具屋」か 仮想通貨口座不正開設疑いで中国人逮捕
    2018.4.3 11:53
    http://www.sanspo.com/smp/geino/news/20180403/tro18040311530003-s.html
    no title

    押収されたパソコンなど=東京湾岸署

     他人に成り済まして仮想通貨交換所の口座を不正に開設したとして、警視庁と福島、群馬両県警は3日までに、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、東京都新宿区、中国籍の会社役員の男(30)を逮捕した。「知らない」と否認している。逮捕は3月15日。

     警視庁サイバー犯罪対策課によると、この口座は中国人とみられる別の犯罪グループが、仮想通貨の不正送金先として悪用した。同課などは、容疑者が口座などを調達して犯罪グループに売る「道具屋」とみて、調べている。

     逮捕容疑は2017年7月6~9日、中国から仮想通貨交換業者(東京)のサーバーにアクセスし、他人の個人情報を入力して口座を開設するなどした疑い。

     容疑者はこれまでに、今回の逮捕容疑を含め、他人の個人情報で計六つの仮想通貨口座を開設。このうち、少なくとも三つの口座が不正送金に悪用されていた。

    引用元: ・【私電磁的記録不正作出】「道具屋」か 仮想通貨口座不正開設疑いで中国人逮捕

    【【私電磁的記録不正作出】「道具屋」か 仮想通貨口座不正開設疑いで中国人逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ