まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 韓国

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/22(金) 17:19:01.15 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された労働者や遺族らでつくる市民団体「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」は22日、ソウルで記者会見し、韓国政府は3年前に中止した強制労働の被害申告の受け付けを再開すべきだと訴えた。

     遺族会は、「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者支援特別法」に基づき2008年から15年にかけて強制徴用被害者22万人ほどが政府に被害を申告したが、機を逸して申告できずにいる被害者が10万人以上いると主張している。

     昨年8月、遺族会は1965年の韓日請求権協定で日本から支払われた無償提供資金が徴用被害者に支払われなかったのは不当だとして、韓国政府を相手取り損害賠償を求める訴訟を起こした。現在、裁判が進んでいるが、一部の被害者が政府に申告を受け付けてもらえず訴訟に加われずにいると遺族会は説明している。

    聯合ニュース

    ソース:朝鮮日報日本語版<強制徴用の被害申告受け付け再開を 市民団体が政府に要求=韓国>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/22/2018062202279.html

    引用元: ・【韓国】 強制徴用の被害申告受け付け再開を~市民団体が政府に要求[06/22]

    【【韓国】 強制徴用の被害申告受け付け再開を~市民団体が政府に要求[06/22] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/06/03(日) 15:54:10.91 ID:CAP_USER
    中央日報 2018-06-03 13:56

    龍山駅前4階建ての建物の崩壊現場[YTNニュースキャプチャ]
    no title


    3日午後12時35分ごろ、ソウル龍山区漢江路2の龍山駅前の4階建ての商店街の建物が崩壊した。 建物は全壊したことが分かった。

    この事故で4階に住んでいた60代の女性1人が怪我をし、病院に運ばれた。 この女性は、生命には支障がないものと伝えられた。

    建物の隣にあった車の1台も崩壊の余波で破損された。

    崩壊当時、1~2階の飲食店は休日で営業していない状態であり、3階の居住者は外出していたことが確認されたと消防当局は伝えた。

    救助された女性は、「建物には私一人だった。他の人はいなかった」とし、「4階建ての建物が突然揺れて崩れた」と話したと伝えられた。

    消防当局は、建物の崩壊当時、女性1人だけが建物にいたものと把握しながらも、救助隊員120人を送って追加埋没者などの被害状況と事故原因を調査している。

    また、事故現場周辺の他の古い3つの建物も追加崩壊の危険があると判断して避難命令を下した。

    一方、この建物は1966年に建てられたものと把握された。

    警察と消防当局は、近くで進行中のアパート新築工事が建物の崩壊に影響を及ぼしたのかどうかや、建物の老朽化によりガス爆発などの事故が起きた可能性など、正確な事故原因を調査する予定である。

    http://news.nate.com/view/20180603n09095

    引用元: ・【韓国】4階建ての建物が突然揺れだして崩壊

    【【韓国】4階建ての建物が突然揺れだして崩壊 】の続きを読む

    1: 【大吉】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/01(日) 05:03:00.46 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』
    「日本のやつらが我々に謝罪するだろうか。あいつらがこのペ・ジョンギルの前でひざまずくのか!」

    日本軍『慰安婦』被害者の熱い声が心に響く映画『ホストリ(HERSTORY)』が、去る27日に公開された。

    『ホストリ』は、日本軍慰安婦被害者のハルモニ(お婆さん)たちが日本政府を相手に勝訴した実話の事件、『関釜裁判』を基にした作品である。

    121分の上映時間の中で俳優たちは、ハルモニたちが経験した痛みや悔恨、そして勇気を淡々と描き出した。

    緊迫した展開や派手なアクションは無いが、この映画はこれで十分である。

    『慰安婦』問題は依然として『現在進行形』の我々の悲痛な歴史だからである。

    映画『ホストリ』の沁みるセリフはより一層その痛みを切々と感じ、また憤怒させてくれる。

    観客に対し、時にはチョリッとする(痺れる)痛みを、時にはムンクルする(ジーンとする)感動を届ける映画、『ホストリ』の名セリフを紹介する。

    1. 「私を私本来の姿に戻してくれ。今すぐ17歳の時、あの時の姿に戻してくれ!」

    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』

    法廷に立った慰安婦被害者のぺ・ジョンギル(演=キム・ヘスク)は、自分の証言の番に慰安婦に連行される前の17歳の姿に戻してくれと言って泣き叫ぶ。

    17歳。 花の年頃に日本軍に連行されたその瞬間から、ハルモニたちの人生は180度で変わった。

    まだその痛みを忘れられないハルモニたちの心情が、ありのままに伝わるセリフだった。

    2. 「私たちは独り身ではなく、国家代表の選手だ」

    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』

    「どちらに行きますか」というタクシー運転手の問いに、「日本に慰安婦裁判を受けに行く」と答えたハルモニたち。

    驚いたタクシー運転手が両目を大きく見開くと、ハルモニたちは豪快に笑って自身の事を「国家代表」と称する。

    ハルモニたちを理解する事ができない人もいたが、応援してくれる人もいるという事である。

    そして弱い国の国民ゆえに経験した悲しみに対す謝罪を受けるという、ハルモニたちの心が感じられた。

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/163554

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】慰安婦映画『ホストリ(HERSTORY)』の涙腺を刺激する名セリフ[07/01]

    【【韓国】慰安婦映画『ホストリ(HERSTORY)』の涙腺を刺激する名セリフ[07/01] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/17(木) 10:58:57.06 ID:CAP_USER
    【補足】
    かなり省略しています
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    (写真)
    no title

    no title

    no title


    韓国の暴力団の多くがくたばった。以前のように路上で仲間割れをしたり、酒場で組織間の利権争いで争った時代は今や、昔の映画でしか見られない光景になった。韓国を牛耳っていた拳が一つ二つ消えて猛スピードで瓦解した。しかし、組織暴力団の数字は相変わらず減っていない。彼らは絶えず新たに現れ統合して、頑なに自分たちの領域を守っている。

    いわゆる『3大ファミリー(西方派、ヤンウニ派、OB派)』が悪名を響かせた全国区の時代は既に幕を閉じた。 これら3大ファミリーの親分格が一人ずつ歴史の中に消えた。ここから離れた組員がこれらの系譜を引継いで勢力化したが、その規模は昔に比べてはるかに足りない。だが相変わらず組織暴力団は存在する。最近では既存の暴力組織が瓦解した暇に、新興暴力組織同士の統合と再結成がトレンドのように根付いた。

    ■ 『粘り強い生命力』=西南部イーグルス派
    イーグルス派はソウル銅雀区と衿川区一帯の勢力を統合して新イーグルス派を形成した。イーグルス派は1978年頃、当時某商業高等学校に在学中だったユン某氏など12人が結成した不良グループ、『イーグルス』から出発した。1987年に大統領選挙を控え、民主正義党(民正党)冠岳地区の党青年局長はイーグルスを選挙運動に動員する事を計画した。この時にユン氏はハンガラム青年会を結成した後、これを母体に組織を体系化した。

    ■ 『未成年入団』=利川連合派
    去る2014年8月、驪州のある食堂でコ某氏は既存の暴力組織を統合して『利川連合派』の親分に推戴された。その後勢力拡張のために未成年者を含む新規組員を大挙迎え入れ、各種の犯罪を続けた。これらは組織の存続・維持のために年齢別にチームを作って資金を集め、これを領置金・罰金代納・弁護士費用などを使って結束力を強化してきた。組織の規律を立てるという理由で脱退する組員や下部の組員には野球のバットなどで集団暴行を加えた。

    ■ 『盲目的忠誠』=春川統合家族派
    『統合春川家族派』は2011年、春川スンテク派と同期派、生活派、家族派など4つの組織が団結して誕生した。これら組織は2011年6月、洪川郡の某リゾートで結成式を開催してA氏を親分に推戴した。 「先輩に会ったら90度でお辞儀する」、「先輩が呼んだら直ちに出動する」などの行動綱領を設けた。これらはその後風俗店や愛人バンク、ヤミ金業など各種利権事業を独占して、他の組織暴力団と対峙した。核心組員6人は忠誠を誓い、自分の小指を一節ずつ切った。

    ■ 『最大実勢組織』=忠北パラダイス派
    パラダイス派は忠北清洲を基盤に1986年前後結成された暴力組織である。

    ■ 『スペックを見て選ぶ』=龍山梨泰院派
    組員を選ぶ時、外見と学歴を見る事で有名だった。梨泰院派が掲げた条件は身長175cm以上、大卒者もしくはイケメン。TOEICやTOEFLなどの英語試験の高得点者を優遇した。

    ■ 『刀を差して歩く』=仁川クラウン派
    クラウン派は1993年、仁川市中区新興銅にあった『クラウンナイトクラブ』から始まった。。

    ■ 『若い血が団結した』=大田ハニル派

    ■ 『刑務所で結成』=新全国区派
    新全国区派は刑務所に長期服役中だったチョン某氏が2006年2月、『庁下(床下)衛生派』と『全国区派』、『眼中派』など平沢地域の3大暴力組織を統合、外部に組織を結成して作った。

    ■ 『組織員を増やす』=木浦食口(家族の意味)派

    ■ 『高校生を操る』=容認ヨンチョン会派
    高校生にバイトをさせた後、金銭を恐喝。

    ソース:日曜時事(韓国語)
    http://www.ilyosisa.co.kr/news/articleView.html?idxno=145175

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】『新興組織暴力団』新全国区、22の組織公開・・・いなせな兄貴たち[05/17]

    【【韓国】『新興組織暴力団』新全国区、22の組織公開・・・いなせな兄貴たち[05/17] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/03(火) 15:02:59.36 ID:CAP_USER
    no title

    ▲中野敏男、東京外国語大学名誉教授の講演とインタビューを通じて進歩的日本知識人の考えを聞いてみた。[写真-キム・サムソク]
    no title

    ▲中野俊夫、名誉教授は去る5月12日、北海道の札幌市教育文化会館で「続く『慰安婦』問題と日本の民主主義」をテーマに講演した。[写真-キム・サムソク]

    日本の中野敏男、東京外国語大学名誉教授(社会理論、社会思想)にインタビューした。彼は2008年「歴史と責任-慰安婦問題と1990年代」、2012年「市価と戦争」、2017年「戦後の誕生-戦後日本と朝鮮の境界」という本を著述した日本の代表的な進歩知識人だ。

    彼は去る5月、日本、北海道の札幌市教育文化会館で「続く『慰安婦』問題と日本の民主主義」について講演し、6月上旬、東京で韓国挺身隊問題対策協議会と日本の日本軍「慰安婦」問題解決のための全国行動が共同セミナーを開催した時も時間をあけて参加するなど現場を指向する活動的な知識人だ。

    去る5月、彼は「日本軍『慰安婦』問題の解決を望む北海道の会」が主催した講演で2105年、日韓『慰安婦』合意について、ムン・ジェイン政権の『慰安婦』合意批判内容、日本軍と日本政府の加害責任、東アジアでの戦後期日本の民主主義を幅広く診断した。特にムン・ジェイン政権になって日本軍『慰安婦』問題が新しい局面に入ったと指摘した。

    彼は新しい局面に入った『慰安婦』合意問題、南北首脳会談と北米首脳会談開催で朝鮮半島の歴史的転換期に朝鮮(韓国)戦争の終結、日本の戦争と植民地支配の最終清算が始まった点を強調した。

    講演後に会って様々な質問を投げ、不足した部分は書面インタビューを通じて整理した。引き続き南北首脳会談と朝米首脳会談開催などに対する追加的な書面インタビューは彼の忙しい日程で失敗に終わるところだったが、大事な時間をあけてインタビューに応じてくれて本当に有難かったという言葉をもう一度伝えたい。

    インタビューで彼は日本軍問題解決のための活動を、日本民主主義の活性化の契機と見ながら、東北アジアで新たに作られつつある韓半島の平和に向けた南北関係の動きを支持した。最後に北日国交正常化過程で分断国家が加害国に責任と権利を明確にすために、共同で賠償交渉をして責任を問うことが重要だと付け加えた。

    夫人の中野宣子氏が韓国の延世(ヨンセ)大語学堂で習った韓国語の実力などで翻訳と語学講師で勤めており、インタビューの質問の返事に多く助けた。

    次は彼との一問一答だ。
    (後略)

    キム・サムソク(軍事評論家)

    ソース:統一ニュース(韓国語) 「南北共同で日本に過去清算、賠償要求する時」
    http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=125371

    引用元: ・【南北韓】 「南北共同で日本に過去の清算、賠償を要求する時だ」~中野敏男、東京外国語大学名誉教授[07/02]

    【【南北韓】 「南北共同で日本に過去の清算、賠償を要求する時だ」~中野敏男、東京外国語大学名誉教授[07/02] 】の続きを読む

    このページのトップヘ