まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 韓国

    1: 荒波φ ★ 2018/04/04(水) 10:11:14.42 ID:CAP_USER
    日本と韓国の戦後補償問題は、解決したと思うと蒸し返される、の繰り返しだ。どのような経緯をたどってきたのか、振り返ってみよう。

    【解決】1965年6月 日韓請求権協定
    椎名悦三郎外相と李東元外相によって調印された協定により、戦後補償問題は解決したはずだった。このとき、日本政府は韓国に5億ドル(当時の韓国国家予算は3.5億ドル)を供与している。

    【蒸し返し】1992年
    韓国挺身隊問題対策協議会(挺身協)などが慰安婦は強制連行されたと主張。

    【蒸し返し】1993年3月
    金泳三大統領が「補償は求めない」と発言した。そのため、日本側では“補償しなくてもよいならば強制を認めてもよい”との意見が一部で出始める。

    【解決】1993年8月 「河野談話」発表
    慰安婦の強制性を認め「おわびと反省」を表明。

    【解決】1995年7月 「アジア助成基金」設立
    「償い金」を元慰安婦に「アジア助成基金」から支払。韓国外務部は「誠意ある措置と評価した。

    【蒸し返し】1997年1月
    償い金を受け取った元慰安婦たちを挺身協らが猛批判する。

    【蒸し返し】2005年8月
    盧武鉉政権が慰安婦の個人請求権は「放棄していない」と主張。

    【蒸し返し】2011年8月
    韓国の憲法裁判所が慰安婦問題で日本と交渉しないのは「違憲」と判断。

    【蒸し返し】2013年3月
    朴槿恵大統領による“千年の恨み”発言。

    【解決】2015年12月 日韓慰安婦合意
    「最終的かつ不可逆的に解決」とした日韓慰安婦合意がなされ、韓国で設立された「和解・癒やし財団」に日本政府が10億円を拠出した。

    【蒸し返し】2017年12月27日
    文在寅政権となった韓国側が慰安婦合意を「被害者の意見を集約しなかった」「問題は再燃するしかない」と結論づけた。


    2018.04.04 07:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20180404_657770.html
    http://www.news-postseven.com/archives/20180404_657770.html?PAGE=2

    引用元: ・【日韓】 動き続ける韓国のゴールポスト 日韓戦後補償問題の迷走 [04/04]

    【【日韓】 動き続ける韓国のゴールポスト 日韓戦後補償問題の迷走 [04/04] 】の続きを読む

    1: Ttongsulian ★ 2018/03/23(金) 18:03:21.45 ID:CAP_USER
    消防当局「203特攻旅団の射撃場で銃器事故…1人心停止」

    2018/03/23 17:49
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/03/23/0200000000AKR20180323156600063.HTML

    10: Ttongsulian ★ 2018/03/23(金) 18:14:25.42 ID:CAP_USER
    >>1
    23日世宗消防本部によればこの日午後4時33分頃、世宗市燕西面龍岩里の203特攻旅団射撃場で軍関係者が「射撃訓練中に銃器事故が発生した」と119に通報してきた。

    119救急隊が現場に出動した当時、キム某(24)下士(※伍長)が射撃場で頭に銃で貫通傷を受けて倒れていたことが伝えられた。

    キム下士は119救急隊によって午後4時57分頃に近くの病院に運ばれたが死亡判定を受けた。

    軍の捜査機関は詳しい事故の経緯を調査中だ。

    2018/03/23 18:00
    http://www.yonhapnews.co.kr/society/2018/03/23/0701000000AKR20180323158600063.HTML

    引用元: ・【韓国/速報】軍射撃場で銃の事故…1人が心停止[02/23]

    【【韓国/速報】軍射撃場で銃の事故…1人が心停止[02/23] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/19(木) 19:07:10.04 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/smp/west/news/180419/wst1804190001-s1.html

     島根県の日本海沿岸に3月、ポリタンクが大量に漂着した。その大半にハングル表記がみられ、一部には強酸性液体の内容物が確認された。ポリタンクの漂着は近年、日本海沿岸を中心に増えており、同県では昨年2~3月にも約3千個が流れ着いた。歓迎されざる“冬の風物詩”となりつつある状況に、沿岸自治体は困惑している。

     3月2日午後2時ごろ、同県出雲市の海岸部をパトロールしていた県出雲県土整備事務所の職員が、湊原海岸にポリタンクが21個漂着しているのを発見。周辺を巡視した結果、約17キロの範囲で538個のポリタンクを確認し、その大半にハングルの表記がみられた。

     県は他地域にも漂着しているとみて、巡視を強化。16日までに、同市など7市町で2301個の漂着を確認、2124個が回収された。このうち、182個に内容物があり、検査を終えた162個のうち96個に強酸性、8個に弱酸性、2個に弱アルカリ性の液体が残存していたことが分かった。漂着はこれ以降、目立ってはないという。

     一方、ポリタンクの漂着は近隣でも相次いでみつかり、鳥取県では3月12日までに161個を回収。山口県や兵庫県、京都府などでも確認された。島根県によると、流れ着く量は近年増えており、平成28年には県内で4051個に上った。

     ポリタンクの大量漂着について、関係者は「韓国のノリ養殖に伴う化学物質の違法な使用が関わっているケースが多い」とみる。ポリタンクに社名が表示されていたある韓国系企業は「私たちが不法投棄したと疑われ、心外だ」と憤る。

     担当者によると、この会社はノリ養殖向けなどに製品の過酸化水素などをポリタンクに入れて販売しているが、ポリタンクの中身を塩酸に詰め替えて転売されるケースが相次いでいるという。塩酸は漁民の多くがノリ養殖の際に異物を取り除くため使っているが、使用は禁じられている。当局も取り締まりを強化するが、塩酸などが残ったポリタンクの不法な海洋投棄が後を絶たないという。

     同社は不法投棄を根絶するため、政府に取り締まり強化を要請。使用済みポリタンクの回収率を高め、2次利用されるのを防ぐ努力も続けている。

     日本に流れ着くのはポリタンクだけではない。近年はさまざまな海洋ごみが漂着している。

    引用元: ・【国内】ハングル表記のポリタンク、山陰に大量漂着…中に強酸性液体、韓国側の違法行為のツケ回される[04/19]

    【【国内】ハングル表記のポリタンク、山陰に大量漂着…中に強酸性液体、韓国側の違法行為のツケ回される[04/19] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/16(月) 19:54:48.73 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/smp/west/news/180416/wst1804160041-s1.html

     水産庁は16日、沖縄・久米島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で許可を得ず操業したとして、漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで、韓国のはえ縄漁船「506ヘンボク」(29トン、10人乗り組み)を14日に拿捕したと発表した。

     船長のハン・サンフン容疑者(45)も現行犯逮捕。関係者が担保金を支払うとの保証書を提出し、15日に釈放された。

     逮捕容疑は14日午後4時10分ごろ、久米島灯台(沖縄県久米島町)から西北西約388キロの日本のEEZで、許可なくタチウオ漁をした疑い。船長は「日本の海域の方がたくさん取れると思った」と容疑を認めている。

    引用元: ・【国内】沖縄沖EEZで韓国漁船拿捕 無許可でタチウオ漁疑い 「日本の海域の方がたくさん取れると思った」[04/16]

    【【国内】沖縄沖EEZで韓国漁船拿捕 無許可でタチウオ漁疑い 「日本の海域の方がたくさん取れると思った」[04/16] 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2018/04/20(金) 22:49:14.83 ID:CAP_USER
    平昌誘致でサムスンが不法なロビー活動か、IOCが「監視」明言

    【4月20日 AFP】今年開催された平昌冬季五輪の招致活動期間中に韓国の大手財閥サムスングループ(Samsung Group)が不法なロビー活動をしていたとされる報道を受け、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長は19日、倫理委員会が捜査の進展を「監視」していくことを明らかにした。

     五輪の最大スポンサーの一つであるサムスンが、見返りを提示してIOCメンバーの票を集めていたとするSBSの報道を否定している中、バッハ会長は訪問中のインド・ニューデリーで記者会見を開き、疑惑の数々について「サムスンはきっぱりと否定している。これまで把握しているのは、それだけだ。しかし、IOCの倫理委員会が状況を監視していくことは間違いない」と述べた。

     SBSは、サムスンの重役と汚職問題により失脚した国際陸上競技連盟(IAAF)のラミーヌ・ディアック(Lamine Diack)元会長の息子、パパ・マッサタ・ディアック(Papa Massata Diack)氏との間でやり取りされたメッセージを含む電子メールのコピー137通を入手したと報道。その中には韓国・平昌をはじめ、ドイツ・ミュンヘンとフランス・アヌシー(Annecy)が立候補していた2018年冬季五輪の開催地決定について、投票権を持っていたIOCメンバー27人のリストも見つかったと伝えている。

     報道によるとパパ・マッサタ・ディアック氏は、リストに挙がっていたメンバーが必ず平昌に投票することを確約したとされており、2010年にかわされた1通のメールでは、陸上のダイヤモンドリーグ(IAAF Diamond League)のスポンサー料3年総額950万ドル(約10億円)を含む1200万ドル(約13億円)の資金に加え、「成功報酬」も要求していたとされている。これらの電子メールは、韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領の汚職事件を捜査していた同国検察が昨年押収したものだったという。

     大会のトップスポンサーとして、開催地の招致活動に関するロビー活動は禁止されているサムスンは、先日報じれらた疑惑について強く否定しており、「サムスンは平昌が選ばれるための違法なロビー活動には一切関与したことはない」とする声明を発表している。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3171878

    引用元: ・【韓国】 平昌誘致でサムスンが不法なロビー活動か、IOCが「監視」明言[04/20]

    【【韓国】 平昌誘致でサムスンが不法なロビー活動か、IOCが「監視」明言[04/20] 】の続きを読む

    このページのトップヘ