まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 韓国

    1: まるっとニュー 2019/06/25(火) 00:40:28.69 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日本軍慰安婦を賛える展示会「2019記憶のふろ敷包みinドルトムント」を観覧するドイツ観覧客ら.
    no title

    ▲展示された少女像(写真提供=祥明大、別ソース:内外ニュース通信)

    祥明(サンミョン)大学マンファアニメーション学科コ・ギョンイル教授が第二次世界大戦当時の日本軍慰安婦を賛える展示会「2019記憶のふろ敷包みinドルトムント」をドイツで開いた。

    去る20日から23日までドルトムント・ツォレルン(Zollern)炭鉱博物館で開かれた展示会は戦争と紛争の間で犠牲になっった女性たちの問題を知らせ、共有する女性の人権を尊重してもい、これ以上の犯罪が行われることを防ごうとする趣旨であった。

    韓国と日本の作家16人の作品60点余りと少女像が展示された今回の展示会はドイツ全域で約20万人以上が参加する「2019ドイツ教会の日」行事にメイン展示として招請され、多くのドイツ人の多くの関心の中で進行された。

    コ教授は「ふろ敷包み展は全世界の様々な地域で慰安婦問題を始めとする戦争と社会で搾取され苦痛を受けた女性たちを記憶するもので、人権尊重と共存のための芸術展と公演を通じて知らせる展示・公演・講演を継続していこうと思う」と話した。

    コ教授は2015年、韓国女性人権財団の後援で開かれた「ヨーロッパ平和紀行・ふろ敷包みプロジェクト」を始め、ドイツのベルリン、ボーフム、ドレスデン、チェコ、プラハ、オーストリア、ウィーンなど第二次大戦の傷痕が残ったヨーロッパ各地を巡回し、日本軍慰安婦問題だけでなく戦争の惨状を知らせて反戦の声を伝えている。

    ソース:金剛日報(韓国語)<祥明(サンミョン)大コ・ギョンイル教授、ドイツで日本軍慰安婦作品展>
    http://www.ggilbo.com/news/articleView.html?idxno=678282

    引用元: ・【慰安婦問題】 韓国の大学教授、ドイツで日本軍慰安婦作品展[06/25]

    【カルトはエスカレートする【慰安婦問題】 韓国の大学教授、ドイツで日本軍慰安婦作品展[06/25] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/10(金) 22:03:26.12 ID:CAP_USER
    道を歩いていた女子高生に対して故意に交通事故を起こし、倒れた被害者を車に乗せて監禁、性暴行した30代の男性に懲役10年の判決が下った。


    最高裁1部性暴行犯罪処罰特別法上の強姦傷害容疑などで裁判に渡された33歳きた某さんの上告審で、懲役10年を宣告し、性暴力の治療プログラム120時間履修を命じた原審判決を確定したと明らかにした。



    昨年6月に道を歩いている被害者、当時18歳のAさんは車が受けた後、倒れているAさんの車に乗せて監禁して性暴行した疑いで起訴された。


    彼は恐怖し反抗もできない被害者の顔を拳で数回殴って全治4週の傷害を負わせたことが判明した。



    1・2審「のんびり道を歩いていた18歳の未成年者を犯行対象として一生忘れられない肉体的・精神的苦痛を与えた」とし、懲役10年を宣告した。


    被告は司法がとても重いと上告したが、最高裁も「犯行手口などを見て見たとき、不当な刑量ではない」とし、懲役10年を確定した。?

    ※原文はソースでご覧下さい。
    https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1005260344&plink=SHARE&cooper=SBSNEWSMOBEND

    参考ツイート
    https://twitter.com/kororikyun/status/1126780708528070656
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【韓国】女子高生を車ではねて負傷させ、車に引きずり込んで顔面を何回も殴打し、全治1ヶ月のケガを負わせ強姦した男に懲役10年の判決

    【本場は格が違う【韓国】女子高生を車ではねて負傷させ、車に引きずり込んで顔面を何回も殴打し、全治1ヶ月のケガを負わせ強姦した男に懲役10年の判決 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/25(火) 12:00:26.07 ID:CAP_USER
    韓国海洋科学技術院(KIOST)が独島(ドクト、日本名・竹島)の多様な価値と歴史的な意味を知らせるために「独島探訪ガイドブック」を発行したと24日、明らかにした。ガイドブックは計78ページで、独島へのアクセス、独島概観、独島東島、独島西島、独島の海、独島の価値の6つのテーマで構成されている。 

      独島海底地形、海洋環境、海洋生物および海洋生態系と韓半島気候変動研究の最適地である独島の価値など科学的な意味と、日本人の独島アシカ乱獲駐屯地、独島爆撃被害事件慰霊碑など歴史的な情報を収録している。海洋科学技術院は鬱陵島(ウルルンド)独島海洋研究基地の訪問者に無料で配布する予定だ。 

      ガイドブックを出した海洋科学技術院鬱陵島独島海洋研究基地のイム・チャングン隊長は「独島訪問客に独島に込められた意味と価値を伝えようとガイドブックを制作した」とし「これを通じて独島だけでなく周辺海洋生態系を理解する契機になることを望む」と述べた。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254812&servcode=a00&sectcode=a10
    [ⓒ 中央日報日本語版]2019年06月25日 11時48分

    https://i.imgur.com/x7mWpde.jpg
    独島ガイドブックの目次(韓国海洋科学技術院提供)

    引用元: ・【韓国海洋科学技術院】 「独島探訪ガイドブック」発行[6/25]

    【嫌がらせの才能【韓国海洋科学技術院】 「独島探訪ガイドブック」発行[6/25] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/11(土) 10:15:56.97 ID:CAP_USER
    ある市民団体の代表が国会前で汚物を投擲する騒動が発生した。

    10日ソウル永登浦警察署などによれば忠州の某市民団体代表A氏はこの日午後2時頃、永登浦区汝矣島の国会近くであらかじめ準備してきた人糞とプリントをバラ撒いて警察の制止を受けた。

    警察はA氏を軽犯罪処罰法違反(汚物投棄)で捕まえて調査した後、帰宅処分にした。

    特にA氏はこの日撒布したプリントを通じて「国会議員の皆さん、今のこれが国会ですか?としながら「国民の代表たちが国民と意思疎通をせずに、国民の生活に関心も無しに互いに争っている」とした。

    続いて「今日国会に差し上げていくのは議員の皆さんに目を覚ませというプレゼント」と伝えた。

    一方、国会は選挙制度、高位公職者不正捜査処の設置、検警捜査権の調整案が迅速処理対象(ファストトラック)案件に指定された後、ずっと開店休業の状態だ。

    政党間の葛藤が持続している状況の中、5月の臨時国会議事日程の議論は始めることもできず、今後の国会日程も不透明な姿だ。

    これに市民団体の参与連帯は「早急な民生法案、改革法案の議論など国会が最も優先しなければならない役割を無視したまま政争を理由に5月臨時国会の日程さえ議論することができないのは明白な職務放棄」と指摘した。

    続いて「ファストトラック処理を巡って国会が見せた非正常的な姿と、続く『開店休業国会』を見詰める市民たちの失望と怒りは決して軽くない」として「国会を離れて場外乱闘中の自由韓国党の無責任も批判されるべきだ」と声を高めた。

    そして参与連帯は来る25日まで『また開店休業、国会の仕事をもう少しやれ』キャンペーンを進行するという方針を明らかにした。これを通じて『開店休業国会』では無い『仕事をする国会』を求める市民たちの声を集めて国会に伝達するという計画だ。

    2019.05.10 19:40
    http://www.00news.co.kr/news/articleView.html?idxno=57894

    引用元: ・【韓国/💩】「議員たちは目を覚ませ!」~開店休業状態の国会に激怒した市民団体代表が人糞投擲(ソウル)[05/10]

    【世界中さがしても韓国のみww【韓国/💩】「議員たちは目を覚ませ!」~開店休業状態の国会に激怒した市民団体代表が人糞投擲(ソウル)[05/10] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/26(水) 12:08:10.13 ID:CAP_USER
     元朝日新聞記者の植村隆氏(61)が従軍慰安婦に関する記事を捏造と批判され名誉を傷つけられたとして、文芸春秋と麗沢大の西岡力客員教授(63)に計2750万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で東京地裁は26日、請求を棄却した。

    https://this.kiji.is/516444383038538849

    引用元: ・【慰安婦報道訴訟】「文芸春秋に記事を捏造と批判され名誉を傷つけられた」 元朝日記者植村隆の損害賠償請求棄却 東京地裁

    【完全敗訴じゃんw 【慰安婦報道訴訟】「文芸春秋に記事を捏造と批判され名誉を傷つけられた」 元朝日記者植村隆の損害賠償請求棄却 東京地裁 】の続きを読む

    このページのトップヘ