まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 韓国

    1: まるっとニュー 2019/06/23(日) 11:44:51.44 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】中国四川省で17日にマグニチュード(M)6.0の地震が発生し、翌18日に最大震度6強を観測した新潟・山形地震が起きたことで、両国の間に位置する韓国への影響を懸念する声が広がっている。ただ、専門家は今回の地震が朝鮮半島へ影響を及ぼす可能性は低いと判断している。

    韓国気象庁のウ・ナムチョル地震分析官は、中国と日本での地震はそれぞれ異なる原因で発生したもので、韓国への影響は少ないと分析した。日本列島が複数のプレートがひしめき合う場所に位置し、四川省がユーラシアプレートとインド・オーストラリアプレートが衝突してできたチベット高原の周辺にあるのに対し、「ユーラシアプレートの内部に位置する朝鮮半島は(ひずみにより)蓄積されたエネルギーが相対的に少ないため、地震の発生頻度が低く、規模も小さい」と解説した。

    一方で、2011年3月の東日本大震災以降、朝鮮半島で地震の発生回数は増えている。気象庁が観測を開始した1978年以降、朝鮮半島で観測されたM5.0以上の地震は計10回で、その半数が東日本大震災が起きた11年以降に起きている。

     韓国・延世大地球システム科学科のホン・テギョン教授は東日本大震災以降、朝鮮半島で地震の発生頻度が増加し、規模も大きくなっていると指摘。「地震のエネルギーが周辺地域に広がり、朝鮮半島の地震を誘発している」と説明した。

     北朝鮮でもこのところ地震が相次ぐ。西部の黄海北道・松林付近で23日にM3.4の地震が発生した。同地域では21、22日にもM2.5~3.4の地震が起きた。

     ホン教授は「東日本大震災以降、朝鮮半島が日本列島側に引き寄せられ地震が起きやすい環境になった」と指摘し、注意を呼び掛けた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190623000200882?section=society-culture/index
    聯合ニュース 2019.06.23 11:02

    引用元: ・【日・中で相次ぐ地震】朝鮮半島への影響懸念も=韓国「朝鮮半島が日本列島側に引き寄せられ地震が起きやすい環境になった」[6/23]

    【科学までファンタジーなんだな 【日・中で相次ぐ地震】朝鮮半島への影響懸念も=韓国「朝鮮半島が日本列島側に引き寄せられ地震が起きやすい環境になった」[6/23] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/01(水) 21:37:05.12 ID:CAP_USER
    隣人と腕相撲をしたが火を出して、集合住宅に火を付けた疑いなどで起訴された40代男性に懲役刑が宣告されました。

    仁川地方法院刑事12部(ソン・ヒョンギョン部長判事)は現住建造物放火致傷の疑いで起訴された49歳のA氏に懲役2年6ヶ月に執行猶予4年を宣告したと今日(30日)明らかにしました。

    A氏は去年10月2日、仁川市弥鄒忽区のある集合住宅で隣人のB氏と腕相撲をしたが火を出して、火を付けてB氏に怪我をさせた疑いで起訴されました。

    彼は下の階に住むB氏と普段騒音問題で争って、事件発生当日は和解をするために一緒に酒を飲みました。

    しかし、A氏は腕相撲に負けた後「お前は俺に勝てない」とB氏の頭を手のひらで2回叩いて、B氏が「一緒に酒を飲めない」と家の外に出るとガソリンを撒いた後に火を付けたことが調査されました。

    B氏は頭と首に2度の火傷をして病院で全治4週間の診断を受けました。

    裁判部は「放火はともすれば多くの生命と財産に深刻な損害を及ぼすことがある非常に危険で重大な犯罪」としながら「被告人が火を付けた集合住宅には老夫婦だけではなく被害者B氏の妻と幼い子ども2人が暮らしており、火が広がった場合は大きな被害が発生するところだった」と判断しました。

    裁判部はしかし「被告人は火を付けた後に炎が上がるとビビって消火器で火を消そうと努力して、被害者が被告人の処罰を望んでいない点などを考慮した」と量刑理由を明らかにしました。

    2019-04-30 16:53
    http://mbn.mk.co.kr/pages/news/newsView.php?news_seq_no=3823278

    引用元: ・【韓国】腕相撲に負けた…腹立ちまぎれに放火した40代に執行猶予[04/30]

    【なにかにつけて火をつける【韓国】腕相撲に負けた…腹立ちまぎれに放火した40代に執行猶予[04/30] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/26(水) 16:40:17.14 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    「米日(日米)帝国主義のアジア侵略支配に反対するアジア共同行動」(AWC)をはじめとする韓国の市民団体は26日、日本政府が平和活動家の入国を拒否したとして、日本に謝罪を要求した。

    AWC韓国委員会など7団体はこの日、ソウルの日本大使館前で記者会見を開き、「正当な国際連帯と自由な政治活動を弾圧する日本政府を糾弾する」と表明した。

    これらの団体は、日本の労働・市民団体の招きで21日に福岡を訪問したAWC韓国委員会の運営委員が日本当局に入国を拒否され、拘束された後、強制的に出国させられたと主張。

    「日本当局は10日間の観光日程が具体的でないという理由でこの運営委員の入国を許可しなかった」とし、「バッグなどの所持品検査を行う過程も高圧的だった」と説明した。

    また「これまで日本政府はAWC韓国委員会をはじめ、多数の韓国人活動家の入国を禁止するなど、国際連帯活動を弾圧してきた」として日本政府に公式謝罪を求めた。

    その上で「どのような場合でも政治的活動を理由に自由な出入国、交流を妨害してはならない」とし、「国際法に違反して自由な旅行を妨げた日本政府は即刻謝罪せよ」と訴えた。


    2019.06.26 16:33
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190626002400882?section=news

    引用元: ・【聯合ニュース】 「平和活動家の入国を拒否」 日本政府に謝罪要求=韓国市民団体 [06/26]

    【ちゃんとビザ取れよwww 【聯合ニュース】 「平和活動家の入国を拒否」 日本政府に謝罪要求=韓国市民団体 [06/26] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/05/03(金) 08:34:05.80 ID:CAP_USER
    (出処=聯合ニュース)
    no title


    5回も飲酒運転の前科がある50代の女性が再び飲酒交通事故を起こして逃走して、歩行者をはねて拘束された。

    釜山(プサン)南部警察署は2日、特定犯罪加重処罰などに関する法律違反の疑いでA容疑者(56歳・女)を拘束した。

    A容疑者は23日の午後8時頃、釜山市(プサンシ)南区(ナムグ)の一ある道路で酒に酔った状態で車を運転をして、対向車と駐車中の車に相次いで衝突して逃走した。

    A容疑者は100mほど逃走した中、車を避けようとしたが商店街の建物と駐車していたバイクにぶつかり、歩行者をはねた疑いを受けている。

    調査の結果、A容疑者は飲酒運転の電力が5回もあり、事故当日は知人とマッコリを飲んで帰る途中だった。

    A容疑者は現場で警察の飲酒測定に応じなかった。

    警察は、「来る6月25日から施行予定である改正道路交通法上、飲酒運転の取り締まり基準が血中アルコール濃度0.05%から0.03%以上に強化されるにもかかわらず、一部の運転手に飲酒運転の実態が残っているようだ」とし、「酒を一杯でも飲んだ場合、運転をしてはならないという意識が必要だ」と求めた。

    ソース:NAVER/ソウル経済(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=011&aid=0003548621

    引用元: ・【韓国】飲酒運転前科5回の女が飲酒事故を起こして逃走 → 逃走中も次々と事故起こす(釜山)[05/03]

    【怖いから帰ったほうがいいよ 【韓国】飲酒運転前科5回の女が飲酒事故を起こして逃走 → 逃走中も次々と事故起こす(釜山)[05/03] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/26(水) 22:27:12.90 ID:CAP_USER
    日本による植民地時代の強制徴用被害者7人が日本製鉄(旧・新日鉄住金)に損害賠償を求めて起こした訴訟の控訴審で、ソウル高裁は26日、同社に原告一人当たり1億ウォン(約930万円)を支払うよう命じた一審判決を支持する判断を下し、同社の控訴を棄却した。韓国大法院(最高裁判所に相当)が昨年10月、強制徴用被害者らに対する日本企業の賠償責任は1965年の韓日請求権協定とは別個のもの、と判断したことを根拠としたものだ。

     被害者らは1942-45年、17-27歳のときに日本製鉄の釜石製鉄所や八幡製鉄所などで強制的に労働に従事させられた。その後2013年3月に損害賠償を求めて日本製鉄を提訴したが、判決が遅れ、その間に原告は全員死去した。

     今回の判決によって被害者の遺族らが賠償金を受け取れるかどうかは現段階では不透明だ。昨年11月に大法院は別の強制徴用関連訴訟で日本製鉄と不二越の賠償責任を認めたが、両社とも賠償支払いに応じていない。韓国大法院には現在、強制徴用被害者らが日本企業を相手取って起こした損害賠償請求訴訟がさらに7件控えている。

    キム・ウンジョン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/26/2019062680241.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/06/26 21:39

    引用元: ・【強制徴用】日本製鉄に二審でも賠償命令、原告7人は全員死去[6/26]

    【被害者偽装して勝訴【強制徴用】日本製鉄に二審でも賠償命令、原告7人は全員死去[6/26] 】の続きを読む

    このページのトップヘ