まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 北朝鮮

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/03/23(木)13:48:12 ID:???
    北朝鮮、日本の漁民50人以上を殺害か…元工作員が証言

    北朝鮮の元工作員が、海上における日本人の拉致に関する衝撃的な証言をした。北朝鮮による日本人拉致疑惑に関しては、
    いまだに明らかにされていない事案が存在していると見られているが、今回語られた海上における日本人拉致の証言は彼以外からは出ていない。

    (略)

    チェ氏によると、海上拉致は「漁民作戦」と名付けられ、日本海側の元山(ウォンサン)近くなどを拠点に60年代から
    80年代中頃まで繰り返された。作戦に使用する工作船の船体には漢字で「〇〇丸」と日本式の船名が書かれ、
    乗り組む工作員たちはある程度の日本語を話す。さらに、日本製の腕時計や服などを身につけるなど、
    日本の漁船を装って、夜に無灯火で日本漁船に近づき、船を襲撃するのだ。

    工作員たちは、日本漁船に乗り込むやいなや、ナイフや銃で船員たちを制圧し、10~30代の健康そうな若者だけを連行する。
    その他の船員たちは船倉や船室に閉じ込めて、証拠隠滅のため、船ごと沈める。作戦は、年に3回から2年に1回ほど実行されたことから、
    拉致被害者は10人以上、殺害された人は50人~60人以上に上る可能性もある。

    漁民拉致の目的は、日本海沿岸の地理や軍事基地などの状況を把握するためだった。

    続き デイリーNK
    http://dailynk.jp/archives/85472/


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★7 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1488182826/327

    引用元: ・【北朝鮮】北朝鮮、日本の漁民50人以上を殺害か…元工作員が証言 [H29/3/23]

    【【何の罪もない善良な日本人を】北朝鮮元工作員「漁民作戦で日本の漁民50人以上を殺害」】の続きを読む

    1: エベンキ連呼の@ばかばっか ★@無断転載は禁止 2017/01/17(火) 07:13:17.34 ID:CAP_USER
    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺を働き、毎年数十億円の外貨を稼いでいたことが明らかになった。
    この疑惑は以前、筆者も本欄で指摘したことのあるものだが、昨年7月に韓国に亡命したテ・ヨンホ元駐英北朝鮮公使が韓国紙とのインタビューで、事実であると認めたのだ。

    テ氏はソウル新聞のインタビューに答え、次のように語っている。

    「北朝鮮は1980年代はじめから最近まで、ロンドンの国際保険市場で数千万ドルを毎年、稼いできた。
    北朝鮮には国営の保険会社がひとつだけで、事故をねつ造しても、外部からの検証が不可能な唯一の国だ。
    橋梁や工場などのインフラを国際保険・再保険に加入させた後、事故を装う文献をねつ造した」

    北朝鮮で、一度に数百人が死亡するような大規模な事故が多発していること自体は事実だ。
    その多くは無茶苦茶な工期設定や行政の怠慢が原因となった「人災」である。

    しかし北朝鮮当局は、このような本物の事故については、国内にすらアナウンスすることがほとんどなかった。
    その理由は言うまでもなく、国民の反発を恐れているからである。
    実際、昨年夏の大水害においては当局が住民への通告もなしにダムの水門を開いたため、おびただしい数の犠牲者が出たのだが、現地では公開処刑も恐れず権力批判の声を上げる遺族もいたという。

    その一方、北朝鮮当局は海外の保険会社に対し、実に多くの事故を報告している。
    韓国KBSによれば、それぞれの事故で得た保険金は次のとおりだ。

    2006年7月に平安南道(ピョンアンナムド)の水害で4230万ドル(約48億3700万円)、同年に旅客船が沈没したとして600万ドル(約6億8700万円)、2005年にはヘリコプターが墜落したとして5800万ドル(約66億3200万円)、1996年には渇水による被害が発生したとして1億3000万ドル(約148億6500万円)。
    これらのほかにも、同様の例が数多く存在すると見られる。

    ちなみに英国政府は昨年、対北朝鮮制裁の一環として自国内にある北朝鮮国営の朝鮮民族保険総会社(KNIC)のロンドン支社を閉鎖する措置を取り、職員2人を事実上国外追放した。
    同社は、金正恩政権の資金を管理する朝鮮労働党39号室との関連が指摘されており、核兵器やミサイル開発の資金源となっていたとの判断によるものだ。

    北朝鮮の保険金詐欺は、世界最大級の保険市場があるロンドンが舞台となっていたはずで、元駐英公使であるテ氏が証言した意味は重い。
    今後、同氏の証言を基に、法的な追及がなされる可能性もある。

    http://dailynk.jp/archives/81412

    ニュース速報+ http://daily.2ch.net/newsplus/
    政治ニュース+ http://karma.2ch.net/seijinewsplus/
    ビジネスニュース+ http://potato.2ch.net/bizplus/
    元気ニュース+ http://potato.2ch.net/wildplus/
    ローカルニュース+ http://potato.2ch.net/femnewsplus/
    ニュース国際+ http://potato.2ch.net/news5plus/
    科学ニュース+ http://potato.2ch.net/scienceplus/
    痛いニュース+ http://potato.2ch.net/dqnplus/
    PINKニュース+ http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/
    お詫び+ http://potato.2ch.net/owabiplus/

    引用元: ・【経済】数百人死亡の大惨事の裏で… 北朝鮮が「国家ぐるみ」で保険金詐欺を働き外貨を稼いでいたことが明らかに[01/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こういうのだけはマメ】北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺。北朝鮮公使「北朝鮮は、事故をねつ造しても外部からの検証が不可能な唯一の国」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/12/14(水) 16:39:07.57 ID:CAP_USER
    北朝鮮で今夏に起きた大水害を受け、日本赤十字社が国際赤十字・赤新月社連盟(本部・スイス)の支援要請に応じ、1千万円を拠出していたことが13日、日赤への取材で分かった。

    日本政府は軍事的緊張を高める北朝鮮に独自制裁を実施。拉致問題も膠着(こうちゃく)する中、日赤は「あくまでも人道上の要請に応じた」としている。

    日赤によると、同連盟の支援要請に各国の赤十字が応じ、日赤も9月、支援を実施。連盟は集めた拠出金で物資を調達し、医薬品などを北朝鮮に送った。

    平成23年3月の東日本大震災では、北朝鮮の朝鮮赤十字会が日赤に10万ドルの救援金を送っている。

    一方、日本政府は相次ぐ核実験や弾道ミサイル発射を受け、独自制裁を強化してきた。

    2月には人道目的を除き北朝鮮への送金を原則禁止。朝鮮総連幹部や、核・ミサイル開発に関与したとみられる人物の訪朝後の再入国を原則禁止し、今月には対象者を拡大した。

    今回の拠出について日赤は、「災害があれば国際的な援助要請に応える。赤十字として政治的な判断はしない」と説明している。

    産経
    http://www.sankei.com/world/news/161213/wor1612130031-n1.html

    引用元: ・【日本赤十字】北朝鮮水害で日赤が1千万円支援 日本の独自制裁下も「あくまで人道目的」[12/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【崩壊させたほうが人道的】北朝鮮水害に日本赤十字が1千万円拠出 日本の独自制裁下も「あくまで人道目的」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/11/21(月) 23:43:31.21 ID:CAP_USER
    北朝鮮と韓国の関係改善と朝鮮半島の平和を焦点に、14日から16日まで香港で会議が開かれ、北朝鮮と韓国のほか11カ国から58人が参加した。「朝鮮半島平和条約に関する国際エキュメニカル会議」と題するこの会議は、世界教会協議会(WCC)が主催し、香港基督教協進会が開催地役を務めた。WCCが17日、公式サイトで伝えた。

    討論は、70年を超える分断を経て平和と再統一を探求する、北朝鮮と韓国双方のキリスト教徒たちによるエキュメニカルな関与と寄り添いの長い歴史の上に行われた。

    北朝鮮の朝鮮基督教徒連盟と韓国キリスト教会協議会が、朝鮮半島平和条約の展望と影響に焦点を当て、鍵となる情報や分析・勧告を提供した。

    この会議の終わりに発表された公式声明で参加者たちは、「1953年の休戦協定に代わる包括的な平和条約に向けた新しいプロセスを始めるのにちょうど良い時だ」とするWCC第10回総会の声明文を再確認した。

    1953年7月27日の休戦協定以来存在してきた休戦状態を終わらせることは、長年の懸案であるとともに、依然として決定的かつ緊急に必要であると、この公式声明は続けて述べている。

    「朝鮮戦争の公式な終了の欠如は、今日における北朝鮮と韓国の関係を特色付けるとともに妨害しており、朝鮮半島とこの地域の軍拡競争と軍事化の高まりを助長している。北朝鮮は繰り返し平和条約を求めたが、米国はそのような要求を拒否してきた」と、この公式声明には記されている。

    「相互の敵意や対決、軍事化の悪循環を阻止し、緊張を減らして信頼を築き、朝鮮半島から全ての外国部隊を確実に撤退させ、北朝鮮と韓国の関係における現在の諸問題に取り組み、神の御心であれば、解決できるような環境を促進するために、平和条約に向けた進展が今こそ必要である」

    この会議のグループは、休戦協定に代わる平和条約のための過程に向けたリーダーシップの模範となり、それを発揮するために、朝鮮半島に関する将来のエキュメニカルな先駆的企画を意図的かつ明白に形成することを提案した。

    「私たちは、この地域の平和のための希少かつ、今やおそらく唯一の資源として、北朝鮮と韓国のキリスト教徒同士の長きにわたるエキュメニカルな寄り添いや対話・交流を大事にしている」と、この公式声明は述べている。「それは象徴的な表現であり、エキュメニカルな正義と平和の巡礼の事例である」

    クリスチャントゥデイ 2016年11月21日21時50分
    http://www.christiantoday.co.jp/articles/22626/20161121/inter-korean-peace-treaty-ecumenical-conference-hong-kong-wcc.htm

    引用元: ・【宗教】北朝鮮と韓国のキリスト教組織が出席 朝鮮半島平和条約の会議、香港で開催[11/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【その二つ中身一緒だろw】北朝鮮と韓国のキリスト教組織が出席 朝鮮半島平和条約の会議、香港で開催】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/17(木) 01:53:20.70 ID:CAP_USER
     今年に入り、ミサイルや核実験を相次いで行っている北朝鮮。その北朝鮮を今年8月、日本の大学生が訪れ、現地で日本語を学ぶ大学生たちと交流しました。訪問中にもミサイルが発射される中、日本の学生たちは、現地の学生とどんなことを話し、なにを感じたのでしょうか。

     8月の平壌市内。生産や建設の現場に国民を総動員する運動「200日戦闘」の真っ只中ということもあるのか、建設中の建物が目につきました。近くて遠い、北朝鮮。そこで暮らす学生たちは、いったいなにを考えているのでしょう。期待と緊張のなか、日本と北朝鮮の学生どうしの交流が始まりました。

     「偉大な金正日総書記にプレゼントとしてあげたキューバのワニ」(北朝鮮の学生)

     この交流は、日本と朝鮮半島の子どもたちの交流を進めるNGOなどの働きかけで始まり、今年で5回目。北朝鮮側の平壌外国語大学は、北朝鮮で唯一、日本語の学科を持つ5年制の大学です。学生達の手にはスマホ。写真を撮って盛り上がる姿は日本の学生と変わりません。

     バスでの移動中も貴重な交流の時間です。

     「日本人民に対して感情は悪くないんですけどね。政府に対して悪い感情を持っています」(北朝鮮の学生)

     北朝鮮当局者が同行していましたが、会話は自由だったように見えました。

     「ポケモンGO知ってたよ」

     「マジで?」

     その日の夜。北朝鮮の学生達とどんな話をしたのかを語り合います。広島出身の学生は核兵器について話ができたようでした。

     「(広島の)平和公園の原爆の子の像の話をしながら、核兵器の悲惨さだったり、技術とのつきあい方をどうすればいいかに、少しだけ最後、話を持っていけた。核兵器について『怖い』という言葉を聞けた」(大学2年 堀川光生さん)

     交流2日目、平壌市民たちで超満員のイルカショーを楽しんだ学生達。実はこの前日、北朝鮮は潜水艦発射弾道ミサイルを発射していました。帰りのバスの中でのこと・・・

     「きのう水中弾道ミサイル、また成功しました。軍事力では朝鮮がアメリカを超すといっても過言ではないです」(北朝鮮の学生)

     「北朝鮮は核でどこかを攻撃しようとするのか」。そう聞かれた彼女は核は自らを守るためだと訴えました。

     交流最終日。最後のプログラムはお互いの「将来の夢」を語り合うことでした。

     「朝鮮半島に良いイメージを持っている人は正直少なくて、本当はそうじゃないって伝えたい」(大学3年 鈴木菜生さん)

     「私たち新しい世代にとって(日朝関係改善は)解決すべき問題だと、それで私も朝日国交正常化のために働きたいと思った」(北朝鮮の学生)

     両国の学生がそれぞれの夢を書き連ねて終わった3日間の交流。乗り慣れたバスも、これで最後です。

     「朝日関係が悪いけど、これは私たち青年にかかっています」(北朝鮮の学生)

     「『いちゃりばちょーでー』って言葉が、ひとたび会えば皆兄弟って言葉が(沖縄に)あって、その本当の意味を教えてくれたのは皆さんだったと思います」(大学4年【沖縄出身】 喜久村睦貴さん)

     メールもラインもできない、二度と会えないかもしれない。それでも「自分たちの世代で日朝関係を改善したい」という気持ちでは共通点を見いだせたようです。「いつか実現しますように」。そう願いながら参加した日本の若者たちは、報告会で自分たちの経験を伝えています。

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2917091.html

    引用元: ・【日朝】日本の大学生が見た北朝鮮、20代だからこそ出る本音[11/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【朝鮮新報かと思ったらTBS】日本の学生が北朝鮮を訪問。北朝鮮の学生「軍事力では朝鮮がアメリカを超す」沖縄出身 大学4年「ひとたび会えば皆兄弟」】の続きを読む

    このページのトップヘ