まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 朝日新聞

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/02/23(木)00:47:14 ID:???
    元記者が怒りの告発。朝日新聞に「誤報」が掲載されてしまった訳

    「事実」をありのままに報じるべき新聞が、自社にとって「都合の悪い事実」を歪めて報じているとしたら、私たちは一体何を信じれば良いのでしょうか。
    今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、元・朝日新聞の記者、長谷川熙(ひろし)氏の著書『崩壊 朝日新聞』を引きながら、
    朝日新聞の「真実」と「事実」に迫ります。
    朝日の「真実」、ブンヤの「事実」~長谷川熙『崩壊 朝日新聞』より

    (略)

    「ただの一度たりと現地での裏付けを取ろうともせず」

    「従軍慰安婦」問題の発端は「慰安婦強制連行」の「動員指揮官」だったという吉田清治の証言だ。その内容は陸軍の西部軍司令部から出された命令書によって
    山口県労務報告会が朝鮮・済州島で慰安婦狩りをしたというものだが、おかしな点がいくつもあった。

    …西部軍司令部が、その内容がなんであろうと山口県労務報国会という軍組織でない文民の団体に命令を出す権限はない。
    しかも、朝鮮内のことは朝鮮総督府が行ない、山口県労務報国会ごときがそこへ出て行って勝手なことはできない。
    (同上)

    こうした疑問を現代史研究家・秦郁彦氏や、韓国・朝鮮研究家の西岡力氏が提起した。秦氏が現地調査をして、その証言に重大な疑いを投げかけたが、
    それを無視して朝日は吉田証言を取り上げ続けた。

    それにしても秦、西岡らが不審に思うのは、戦時中のことであろうとかくも異常な事件があったというなら、日本の目の前の土地なのだから、
    なぜすぐにでもチームなり、一人でも現場に取材に行かなかったのか、ということだ。

    また、秦によれば、朝日新聞社の記者は、この関係では、2014年8月5日付の検証記事の作成に関連した取材、相談をしにくるまで、
    かって誰ひとりとして秦に接触してこなかったという。秦は現地調査をしたその当人なのに、である。
    (同上)

    「何より事実を追求するという記者のイロハがこの新聞社から消滅していたのだ」という口吻(こうふん)からは、氏のブンヤ魂から来る怒りが伝わってくる。

    そもそも吉田証言が出た当初に現地で「事実」の裏付け調査をしておけば、こんな大誤報は起こらなかった。事実を無視して、「旧日本軍=悪」という「真実」
    (と朝日新聞が思い込んでいること)を世間に広めようとした所から、何十年にもわたる欠陥報道が発生してしまったのである。

    続き まぐまぐニュース 全4ページ
    http://www.mag2.com/p/news/240470/

    引用元: ・【メディア】元記者が怒りの告発。朝日新聞に「誤報」が掲載されてしまった訳 [H29/2/23]

    【【今さらアリバイ作り】朝日新聞元記者「事実を追求するという記者のイロハがこの新聞社から消滅」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/02/07(火) 22:14:15.46 ID:CAP_USER
    朴大統領の辞任表明を受けた韓国の大統領選挙は元国連事務総長の潘基文氏が撤退し、「反日・親北朝鮮」を売り物にする左翼系の文在寅氏が勝つ見通しが強まった。

    こんな精神的途上国を相手にしてもしょうがないが、なぜこういうデマゴーグが毎度出てくるのかを理解しておく必要はある。

    朝鮮半島は中国文明の周辺で、古代からアイデンティティ・クライシスに悩んできた。儒教文化圏ということになっているが、儒教は宗教ではないので、救済の論理をもっていない。

    内面的な救いは他に求めるしかなく、それは近代以降はキリスト教だった。その信徒は人口の約30%で、韓国で最大の宗教である。

    李氏朝鮮では今の北朝鮮のような極貧状態が500年以上続き、人口は600万人前後でほとんど増えなかった。

    儒教は中国では人口の1%以下の特権階級の道徳だったが、それを輸入した朝鮮では人口の50%以上が公務員(両班)になり、何も生産しなかったからだ。

    近代以降は清とロシアと日本に踏みにじられて独立を失い、1960年代まで世界の最貧国だった。

    日本からの経済援助や技術移転で成長したが、それを認めたくないので「日帝36年」の神話をつくり、日本を仮想敵にして南北朝鮮のアイデンティティを作り出した。こういう救いのない状況は、日本人にはわからない。

    このように異質な敵を排除して味方の同質性を作り出すのはカール・シュミットの理論だが、1930年代にはファシズムと呼ばれ、ソ連では社会主義と呼ばれた。今はポピュリズムと呼ばれるが、その共通点は次の3つだ:

    味方を同質化するためには敵という記号が不可欠だ

    天才的カリスマは必要条件ではない

    ポピュリズムはローカルな現象である

    ヒトラーの敵視した「ユダヤ人」の定義は不明だったが、それは悪を示す記号なので中身は何でもよかった。

    彼も最初はカリスマではなく、貧乏な画家のなりそこないだった。ナチスはドイツ至上主義のローカルな党だったが、だからこそ民族的な同質性を作り出した。

    日本の「ファシズム」には、カリスマがまったくいなかった。共産党などの敵を弾圧した根拠は、日本人にもよくわからないローカルな「国体」だった。

    韓国の反日ポピュリズムもローカルな現象だが、最悪なのは彼らに敵視されている日本政府の背後から弾を撃つ朝日新聞のような「隠れファシスト」である。

    アゴラ 池田 信夫
    http://agora-web.jp/archives/2024284-2.html

    引用元: ・【池田信夫】韓国の救いなき「反日ポピュリズム」 最悪なのは朝日新聞のような「隠れファシスト」[2/6] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【破廉恥極まりない新聞社】池田信夫「最悪なのは日本政府を背後から撃つ朝日新聞のような「隠れファシスト」」】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/01/31(火)20:05:43 ID:???
    「性奴隷」「20万人」…慰安婦問題めぐる誤解と誤認、欧米メディアに根強い実情(1/2ページ)
    2017.01.31

    【国際情勢分析】

     韓国・釜山の日本総領事館前への新たな慰安婦像の設置は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な
    解決を確認した一昨年末の日韓合意の趣旨に反するとして、日本政府が対抗措置を講じたニュースは、
    海外メディアもこぞって報じた。だが、慰安婦問題をめぐるステレオタイプや理解不足は依然、目立っていた。

     米紙ウォールストリート・ジャーナル(アジア版)が12日付で掲載した論考は、北朝鮮や中国の脅威が増す中、
    ともに米国の同盟国である日本と韓国のいざこざが、トランプ次期政権の難題になるとして、次のように論じた。

     「米国は、二つの同盟国間の緊密な連携にとっての障害を取り除く合意を歓迎した。
    韓国側の一方的な合意の破棄は、同盟国としての韓国に対する米国の信頼を損なう」

     論考は、日韓が合意した時点で存命だった元慰安婦46人のうち34人が合意を受け入れたことや、
    韓国の世論調査を見ても、慰安婦問題がこれまで、他の日韓の諸課題に比べて特に目立つ関心事ではなかったと指摘。
    韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追による混乱の中で、合意に反対する活動家らが像を設置し、
    政治家らが次期大統領選で優位に立とうと合意破棄を唱えていると分析し、これらへの反応として、
    日本が駐韓大使らを一時帰国させたと説明した。

     おおむね事実に即した客観的な見方だといえよう。ただ、「慰安婦」は、
    「第二次世界大戦期に、日本軍に拉致された性奴隷(sex slaves)」と説明されていた。

    続き ZAKZAK 全2ページ
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170131/frn1701311530008-n1.htm


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 64◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485556821/211

    引用元: ・【政治】「性奴隷」「20万人」…慰安婦問題めぐる誤解と誤認、欧米メディアに根強い実情[H29/1/31]

    【【名誉棄損で訴えろ 】ウォールストリート・ジャーナル(アジア版)「第二次世界大戦期に、日本軍に拉致された性奴隷(sex slaves)」】の続きを読む

    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/11(水) 10:41:44.61 ID:CAP_USER
    小池百合子東京都知事が座右の書に挙げる『失敗の本質』(中公文庫)は、
    大東亜戦争における日本軍の失敗を分析したものだ。
    インパールで日本軍と戦った英国軍司令官のこんな言葉が引用されている。

     ▼「日本軍の欠陥は、作戦計画がかりに誤っていた場合に、これをただちに立て直す心構えがまったくなかったことである」。
    今から振り返ればあの時、韓国への融和政策の誤りに気づくべきだった。反日団体が、
    在韓国日本大使館前の路上に慰安婦像を設置した、2011年12月である。

     ▼外交常識に反した暴挙に対して、民主党政権は、韓国政府に撤去を強く求めなかった。「第2、第3の像が建立される」。
    李明博(イミョンバク)大統領は、日本政府の弱腰を見通していたようだ。直後の日韓首脳会談で
    野田佳彦首相に慰安婦問題の解決を迫って恫喝(どうかつ)する。

     ▼ただの脅しではなかった。慰安婦像はその後、がん細胞のように海外を含めて増殖する。
    揚げ句の果てに日韓合意を踏みにじり、釜山の日本総領事館前に設置されたとなれば、
    駐韓大使と釜山総領事の一時帰国は当然の措置である。それでも朝日新聞の社説は、
    「性急な対抗より熟考」を訴える。「旅人の上着を脱がせるのに北風を吹かす」。
    夕刊コラムはむしろ安倍晋三政権を揶揄(やゆ)していた。

    ▼韓国の野党は、合意に基づいて日本が拠出した10億円を返すと言い出した。国内ではまた、
    合意は崔順実(チェスンシル)被告が朴槿恵(パククネ)大統領を唆(そそのか)して実現させた、
    との説がまことしやかに語られているという。

     ▼朝日の主張に従って、いくら日本側が冷静に振る舞っても、「情治」の国の反日の炎は、
    どこまでも燃え広がっていく。そもそも火を付けたのは、朝日の誤報と「河野談話」、これこそ「失敗の本質」である。

    産経
    http://www.sankei.com/politics/news/170111/plt1701110009-n1.html

    引用元: ・【産経】少女像問題、朝日の社説は「性急な対抗より熟考」と訴えるが、そもそも火をつけたのは朝日の誤報だ[01/10]©2ch.net

    【【ただの捏造だろうが!! 】産経「少女像問題、そもそも火をつけたのは朝日の誤報」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/12/15(木) 09:25:26.75 ID:CAP_USER
    (社説)情報サイト 公共性をどう守るか
    2016年12月14日05時00分

     IT大手のDeNAが運営するインターネット上の生活情報サイトに、うその内容や他人の記事の引き写しが多いことがわかり、同社は10あるすべてのサイトの公開を中止した。同業他社でも似たような問題が次々と明らかになっている。

     ネットが多くの人の生活に不可欠な存在になっているいま、見過ごせない事態だ。広く情報を扱う企業としての自覚に欠けていたというほかない。

     とりわけ医療や健康に関するいい加減な記述は、場合によっては利用者のからだや心に深い傷を与える。徹底した原因究明と再発防止を求めたい。

     特定のテーマに沿った記事や写真を集めたサイトは「キュレーションサイト」と呼ばれる。美術館や博物館の学芸員(キュレーター)が専門知識に基づいて収集・展示するように、ネット上の膨大な情報を精選し、まとめるのが本来の目的だ。

     だがDeNAサイトの大半の記事は、外部筆者や学生がマニュアルに従って量産したものだった。別メディアからの転用を推奨するような指示もあったとされ、病の根は深い。

     そんなことまでして追求していたのは広告収入だ。

     閲覧数が増えると、そのサイトで扱う広告の料金が上がる。記事に多くのキーワードを盛りこむなどしてネット検索で上位に表示される細工をする一方、事実を確かめたり、他者の著作権を侵害していないかをチェックしたりする作業は、おろそかになっていたという。

     折しも米国でも、交流サイトのフェイスブックを通じて、大統領選に関するうそのニュースが拡散する出来事があった。選挙結果にも影響したとの指摘があり、風当たりは強い。

     だが、だれもが情報を容易に発信でき、利用できる点にネットの力と可能性がある。成長する過程でさまざまな問題が浮かびあがるのはある意味で当たり前で、それらをひとつずつ克服し、より成熟した存在に育てていく努力が肝要だ。

     その意味で、キュレーションサイトをめぐる不祥事が、ネットニュース「バズフィード」やウェブライターの手で詳しく報じられ、間違いをただすことにつながったのは意義深い。

     利用する側も、ネットには玉石混交の情報があふれているとの認識を持つことが、改めて求められる。それらをつき合わせたり、出所が信頼できるサイトかどうかを調べたりして、主体的に活用する姿勢が大切だ。

     そうした営みの先に、社会の公共財としてのネットがある。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S12704446.html

    引用元: ・【朝日新聞】うその内容が多い情報まとめサイト、いい加減な情報は利用者の心に深い傷を与える 再発防止を求めたい [無断転載禁止]©2ch.net

    【【朝日をコピペしたからか? 】朝日新聞「うその内容が多い情報まとめサイト、いい加減な情報は利用者の心に深い傷を与える」】の続きを読む

    このページのトップヘ