まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 社会

    1: まるっとニュー 2019/11/14(木) 14:44:24.75 ID:CAP_USER
    (CNN) 中国でこのほど2人が肺ペストと診断され、北京の病院で治療を受けている。当局が12日に明らかにした。

    この地域でペストの患者が確認されたのは、今年に入ってこれで2度目。5月にはモンゴル人の夫婦が現地で療法食とされるマーモットの腎臓を生で食べ、腺ペストのため死亡していた。

    新華社通信によると、今回感染が確認されたのは内モンゴルから来た2人の患者で、北京の病院で肺ペストと診断された。現在は北京の朝陽区にある病院で治療を受けており、当局は感染予防のための対策を講じた。

    ペストは病原菌によって引き起こされる感染症で、ノミや動物を通じて感染する。症状は3種類に分類され、腺ペストはリンパ節が腫れ、敗血症型ペストは血液に感染、肺ペストは肺に感染する。

    世界保健機関(WHO)によると、今回中国で患者が発生した肺ペストは特に危険性が高く激しい症状を伴い、治療しなければ確実に死に至る。

    中世の欧州ではペストの流行で5000万人が死亡した。その後抗生剤が開発され、早期に治療を受ければほとんどは回復が見込めるようになった。それでもペストが消えることはなく、ここ数年は再び台頭する傾向にある。

    WHOによると、2010~15年にかけて世界で報告された症例は3248例を超え、うち584人が死亡した。感染報告が多かった国の筆頭はコンゴ民主共和国(旧ザイール)、マダガスカル、ペルーの順だった。

    米疾病対策センター(CDC)米国でも年間数人から数十人の症例が報告されている。

    https://www.cnn.co.jp/amp/article/35145373.html?ref=rss&__twitter_impression=true
    CNN 2019.11.14 Thu posted at 10:04 JST

    関連記事
    北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も
    https://www.afpbb.com/articles/amp/3254629?__twitter_impression=true

    引用元: ・【中国】2人が肺ペストに感染、危険性高い劇症型 WHO、危険性が高く激しい症状を伴い、治療しなければ確実に死に至る[11/14]

    【しばらく入国禁止しろ 【中国】2人が肺ペストに感染、危険性高い劇症型 WHO、危険性が高く激しい症状を伴い、治療しなければ確実に死に至る[11/14] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/10/30(水) 14:54:07.52 ID:CAP_USER
    文春オンライン

    「無断転載対策に『天安門事件』をブチ込め?」日本エロ同人業界と中国翻訳部隊の果てなき闘争

    no title


     今年10月下旬、ちょっと笑えるニュースが中華圏で注目を集めた。日本の映像制作サークル「同人アキバ出版」が配信している自主制作成人向け動画のサンプル画像についての話題である。

     このサンプル画像はコスプレ姿の若い女性によるさまざまな成人向け表現からなっていた。画像の端には常に「NO UPLOAD」「NO P2P」など、動画データの違法アップロードを禁じる文言が書かれているのだが……、なぜかその下に「六四天安門事件」と書かれていたのだ。

     言うまでもなく、六四天安門事件(天安門事件)は1989年6月4日に中国の北京で発生した、人民解放軍による大衆デモの武力鎮圧事件だ。多くの犠牲者を出したこの事件は、中国共産党の統治の最大の汚点のひとつであり、中国国内では深刻な政治的タブーとみなされている。

    ■フランス国際放送、同人アキバ出版に食いつく

     近年の中国はネット検閲が非常に厳しく、「百度」などの中国系の検索エンジンでは天安門事件を検索してもまともな結果が表示されない。また、中国系メッセージアプリ「微信」などで事件に言及したり関連画像を投稿したりすると、アプリの挙動が不自然になる、グループチャットの管理人が尋問を受けるなどの問題が生じる可能性がある。

     こうした事情もあってか、日本の一部のネットユーザーの間では、六四天安門事件という言葉自体が(事件の実態への理解から離れて)「中国で嫌がられる言葉」として知られつつある。今回、同人アキバ出版が動画のサンプル画像に「六四天安門事件」を含めたのも、相次ぐ中国側による違法アップロードを防ぐための苦肉の策だったらしい。

     この一件は中華圏の一部のメディアで話題になり、フランスの国際放送『ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)』の中国語版ネット記事(10月22日付け)でも報じられた。

     RFI記事によれば、エロ画像にセンシティブな単語をぶち込んだことに、中国のネット上では小粉紅(中国版ネット右翼)から怒りのコメントが噴出。対して「違法アップロード防止にこういう手法を取るとすぐに小粉紅が湧いてきて罵りはじめるのは笑える。この手法は効果があるかもね」と、同人アキバ出版側の機転を評価する意見も書き込まれていたという。

    ※全文、全写真は記事サイトで

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00015026-bunshun-int

    【写真】エロ同人業界vs中国翻訳部隊の闘争の写真を見る(全9枚)
    https://bunshun.jp/articles/photo/15026

    引用元: ・【話題】「無断転載対策に『天安門事件』」日本エロ同人業界と中国翻訳部隊の果てなき闘争[10/30]

    【アニメ全部にも入れるといい!! 【話題】「無断転載対策に『天安門事件』」日本エロ同人業界と中国翻訳部隊の果てなき闘争[10/30] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/10/29(火) 14:37:27.39 ID:CAP_USER
    2019年10月27日、新浪新聞の微博アカウントは、湖北省武漢市の地下鉄車内で男児が小便をし、見て見ぬふりをした母親の態度に批判が集まっていると報じた。

    同アカウントは、26日に同市の地下鉄車両内で男児が立小便をしたと紹介。当時車内には多くの乗客がいたが、男児のそばにいた母親は何の反応もせず見て見ぬふりをしていたと伝えている。ツイートに付された画像には、男児の足下の床に水たまりができた様子が写っていた。

    このトラブルに、中国のネットユーザーは「子どもは分別をわきまえられないのは仕方ないとしても、親がわきまえられないのはおかしい。モラルの問題だ」「我慢できなくなる前に降りてトイレを探せよ」「親が最良の教師、というから、この親は民度が低いのだろう」「ブラックリストに入れて欲しい」といった批判の声を多く寄せている。

    また、子どもが車内で催した時の対策として「私は出かけるときには必ず空のペットボトルを携帯している」とするユーザーもいた。

    さらに、親が所かまわず立小便させる児童は男児が多いとの意見も。「どうしてこんなに男のビッグベイビー(中身が赤ちゃんのような人)が多いのか。男の子を持つ親の教育に問題がありそうだ」「幼稚園でもそう。そして多くの親が、『子どもは道理が分らないのだから』という理由で片づける」といったコメントが見られた。
    Record china
    2019年10月29日(火) 14時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b755474-s0-c30-d0135.html

    引用元: ・【中国】地下鉄車両で男児がおしっこ、一緒にいた母親の態度に批判集中[10/29]

    【つい最近までは普通の事だったのに【中国】地下鉄車両で男児がおしっこ、一緒にいた母親の態度に批判集中[10/29] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/11/14(木) 13:40:26.91 ID:CAP_USER
    2019年11月7日、韓国・京郷新聞によると、先月30日、ソウルの公園でホッキョクギツネが保護された。

    記事によると、動物保護団体・KARAは先月30日、「ソウルの公園に白いキツネがいる」という情報を受け現場に行き、公園内にある建物の屋根で日光浴をしながら寝ているキツネを発見した。猫用の捕獲機を使って捕獲し確認すると「ホッキョクギツネ」だったという。同団体のチ ン・ジンギョン理事は「人の後をついて回ることから人に捨てられたか逃げ出した可能性が高い」とし「公園内にある猫のエサを食べて空腹をしのいでいたようだ」と説明したという。

    現在、保護されたキツネは同団体が運営する動物病院で治療を受けている。しかし野生動物や捨てられた動物を救助、保護する既存の施設の対象ではないため、同団体はキツネの今後に頭を悩ませているという。記事は「野生動物救助センターは国内の野生動物を、動物愛護センターは主に飼い犬や飼い猫を保護する機関だ」「ホッキョクギツネは国際的な取引が禁止されている絶滅危惧種ではないため環境部の所管でもない」と説明している。また、イヌ科のキツネは麻疹や狂犬病に弱いため、動物愛護センターへ送るのは危険だという。

    チ ン理事は「『ホッキョクギツネを動物の取引サイトで買った。庭に放した隙に逃げ出した』と主張する人物が現れたが真偽を確認できていない」と話した。また「ホッキョクギツネがソウル都心に現れるようになった主な原因は最近、ペットにするのが難しい外来種の野生動物を家庭で飼う特異な文化の流行にある」と指摘したという。

    韓国では野生動物の販売やインターネットでの取引などを規制する法律案が国会で発議されたが、通過はしていないという。

    これに韓国のネットユーザーからは「最期まで責任を持てないのなら飼わないで」「飼えなくなって捨てるということは すことと同じだ」「北極で生きるべきキツネを遠くまで連れてきた揚げ句捨てるなんて」「開いた口がふさがらない。育てるのが大変なら動物園に寄贈すればいいのに」「韓国の冬はホッキョクギツネにとっては春や夏なのでは?。夏はどうするつもり?韓国でこのような動物を飼うなんて自分勝手だ」など批判の声が相次いでいる。

    また「野生動物の搬入を禁止する法律が必要だ」「野生動物の不法な取引を厳しく取り締まる必要がある」「飼えなくなって捨てる人が多いのに、なぜ規制されないの?韓国の生態系にも影響するのだから動物の輸入は厳しく制限するべき」「野生動物をペットや見世物にするのを禁止するべきだ。カフェにいるミーアキャットやタヌキ、水族館の熱帯魚やヘビなど野生動物は野生でいる時が一番幸せで美しい」など野生動物に関する法整備を訴えるコメントも寄せられている。
    Record China
    2019年11月14日(木) 12時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b758714-s0-c30-d0149.html

    引用元: ・【動物保護団体も困惑】ソウルの公園で見つかったのは…=韓国ネット「自分勝手」「開いた口がふさがらない」[11/14]

    【女は3日殴らないと、キツネになる。【動物保護団体も困惑】ソウルの公園で見つかったのは…=韓国ネット「自分勝手」「開いた口がふさがらない」[11/14] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/10/10(木) 11:11:19.06 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    ラーメンの衛生に関する問題が浮上してきた。

    大田市(テジョンシ)大徳区(テドクグ)宋村洞(ソンチ ンドン)に住むホン某さん(男)はスーパーでラーメンを3袋購入したが、これを食べるために袋を開けた瞬間に顔をしかめた。麺の一部が傷んでいるのか炭化したものなのか、真っ黒な状態だった。

    ホンさんは、「特に1袋だけ変だった」とし、「異物ではないかと気になる」と呆れていた。

    ソース:消費者が作る新聞(韓国語)
    http://www.consumernews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=534124

    引用元: ・【韓国】真っ黒な麺が混ざった袋めん(インスタントラーメン)・・・油汚れ?炭化麺?[10/10]

    【当たり引いたんでないの?【韓国】真っ黒な麺が混ざった袋めん(インスタントラーメン)・・・油汚れ?炭化麺?[10/10] 】の続きを読む

    このページのトップヘ