まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 社会

    1: ニライカナイφ ★ 2017/10/07(土) 21:56:52.28 ID:CAP_USER
    月見を楽しむ中国の祝日「中秋節」の4日夜、中国南部の雲南省に隕石(いんせき)が落下した。
    中国メディアが伝えた。
    中秋の名月を撮影しようとしていた人たちが、暗闇が急に明るくなり、大きな火の玉が数秒かけて落下する様子を動画や写真に収めた。

    中国メディアが米航空宇宙局(NASA)の情報として伝えたところによると、4日午後8時過ぎ(日本時間同9時過ぎ)、地球の上空37キロの地点で小惑星が爆発し、一部が隕石となって同省内に落下した。
    落下の衝撃はTNT火薬540トンの爆発に相当し、マグニチュード2・1の地震が観測された。

    落下地点は地形が険しいため、隕石の回収は難しいという。
    死傷者や家屋損壊などの被害情報はないとしている。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/13718438/

    引用元: ・【中国】月見の夜に隕石落下 小惑星が爆発、地震も発生[10/07]

    【【確かこれが始まりで】月見の夜に隕石落下 小惑星が爆発、地震も発生(雲南省)】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=12,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/06(金)10:57:05 ID:???

    同志社女子大学大学院薬学研究科の前川京子教授と量子科学技術研究開発機構の安達基泰上席研究員は、日本人特有の遺伝子の
    変異により、薬剤の効きやすさに重要なたんぱく質「代謝酵素」の立体構造を変異させることを発見した。
    変異型酵素を持つ人に対応した薬剤や、副作用を抑えた薬剤の開発が期待される。

    薬は小腸で吸収されると、肝臓の代謝酵素の働きで「活性型」になり、組織内で血圧や血糖が下がるなどの薬効を発揮する。
    次に再び肝臓で代謝を受けて無毒化し、排出される。

    研究チームは、薬物代謝の個人差を調べるため、高血圧治療薬の一種「ロサルタン」が効かない6%の日本人に見られる
    遺伝子の変異型に注目。具体的には、代謝酵素の一種で、薬剤の15%の代謝に関与する「CYP2C9」に表れる変異を調べた。
    この酵素は血圧を下げる薬剤などを代謝する。

    X線で正常なCYP2C9とその変異型の立体構造を解析すると、3カ所の薬剤...

    (以下略)

    日刊工業新聞/2017/10/5 05:00
    (全文閲覧するには、会員登録が必要です。)
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00445590

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 76◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507092720/

    引用元: ・【研究】 日本人特有遺伝子、変異が薬効に関与-同志社女子大など発見 [H29/10/7]

    【【背乗り撲滅ニダね】 日本人特有遺伝子、変異が薬効に関与-同志社女子大など発見】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/29(金) 01:15:33.08 ID:CAP_USER
    水掛け論の根本に何があるか

    いわゆる「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」といった事象は、いまだに日韓、あるいは日中の間で歴史問題となっている。それぞれの出来事についての、基本的な事実すら共有できていないというのが現状である。「慰安婦」が存在したことや、南京で市民が殺された、といったところまでは互いに認めていても、人数その他で両国の主張は異なることが多い。

    わずか70年ほど前のことで、なぜこんなに認識が異なるのか。そもそも水掛け論はいつまで続くのか。人数云々以前に、こうした疑問を抱く人も少なからずいるのではないか。

    こうした「そもそも」の疑問について、有馬哲夫早大教授は、新著『こうして歴史問題は捏造される』で、歴史論議の「基本」を解説している。有馬氏は公文書研究の第一人者で、これまでに世界各国の公文書をもとに様々な新事実を発掘してきた。

    以下、同書より抜粋、引用しながら、なぜ「歴史問題」が終結しないのかの根本を見てみよう。

    ***

    大切なのは反証可能なこと

    歴史論争をするとき、なぜそれはただの言い合いや水掛け論になってしまうのでしょうか。とくに日本と韓国や中国が歴史問題を議論するときは、互いに根拠をあげて議論するのに結論には一向にたどりつけません。どこまでいっても平行線です。歴史的事実は一つなのですから、議論すればするほど、互いの認識は近くなるはずですが、そうはなりません。

    それは歴史(および人文科学)の論議は、反証可能でなければならないという原則を中国と韓国が無視するからです。実は彼らは反証可能な根拠に基づいて歴史論議をしていないのです。

    反証可能とはオーストリア出身でイギリスの大学で教鞭をとったカール・ポパーが提唱した概念です。彼の説明を使うと「白鳥はみな白い」というためには「黒い白鳥はいない」ということを証明しなければなりません。しかし、実際には黒い白鳥はいます。したがって「白鳥はみな白い」とはいえません。

    ところが、黒い白鳥は数が少ないので、見たことがない人は、自分の経験上「白鳥はみな白い」と思うでしょう。思う分にはかまわないのですが、その思い込みを他人に語って、誤った知識を与えると問題です。そうならないよう、白鳥の色について自説を語りたい人は、生息地を回って、反証がないか確認する必要があります。この場合の反証とは「黒い白鳥がいる」ということです。

    このように反証がないかどうかを検討することができることを、「反証可能性がある」といいます。そして言説や仮説には、反証可能性がなければならないというのが、歴史やその他の学問においては大前提です。

    ここで混同されないように断わっておくと、「反証可能性がある」ということと「反証がある」というのは別のことです。反証可能性を検討したうえで「反証はない」または「反証はないと現時点では考えておいてよい」となれば、その学説や仮説はその時点では「正しい」と認められることになります。ただし、あとで反証があがってくれば、「誤りだ」ということになります。

    また、反証があるかどうか、検討できないということは、正しいか、間違っているか判断できないということです。学問では、正しいかどうか判断できないことは、正しいとはみなしません。何も証明できない、つまり、証明能力がないということになります。

    (略)

    こうした解説を聞いてなお、「いや、慰安婦は本人の証言がある」「南京事件も実行者の記録がある」といった主張をする人もいるだろう。いわゆる「第一次資料」があるのだ、という見方である。有馬氏は、歴史研究における反証可能な資料は第一次資料だ、としながらも、その取扱いには注意が必要だ、と指摘している。

    「関係者本人の証言記録」や「本人の手記」といった、いわゆる「第一次資料」は「新発見!」といったセンセーショナルな謳い文句とともに紹介されることが多い。しかし、当然のことながら、「第一次資料」だからといってすべて信用していいわけではない。

    「私は従軍慰安婦を強制連行した」という「証言」「手記」が大嘘だったことはすでに明らかになっている。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09200610/?all=1

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【歴史】従軍慰安婦、南京大虐殺…「歴史問題」はなぜ水掛け論になるのか[9/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本のメディア関係者は耳を傾けるべき指摘】従軍慰安婦、南京大虐殺…「歴史問題」はなぜ水掛け論になるのか】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/04(水) 18:57:32.57 ID:CAP_USER
    2017年10月2日、韓国・ニュース1によると、韓国南東部、釜山(プサン)港のコンテナ集積場で韓国で初めて見つかったヒアリは、少なくとも2?3カ月前に韓国に流入し繁殖活動をしたとみられ、さらに拡散している可能性が提起されている。

    韓国の防疫当局関係者は2日、「9月28日の最初の発見(25匹)以降、1000匹規模の群体が発見されたことから、ここ数カ月の間に繁殖活動をしてきたものと思われる」と話した。また現在までに発見された群体は一つだが、さらなる群体が存在する可能性もある。学者により見解は異なるものの、自然状態でのヒアリの繁殖範囲は少なくとも600メートルから数キロ先まで繁殖半径が広まる可能性もあるという。

    事態を受け当局は、最初の発見場所から1キロの範囲でヒアリの拡散範囲を確認中という。一方、現時点での疫学調査では、正確な韓国への流入時期や原因、拡散ルートは確認できていない。

    韓国では日本などでのヒアリ発見を受け、今年7月から空港のコンテナ集積場などでヒアリを含む害虫のトラップ調査を月2回以上実施、8月からは一部でより検疫を強化したというが、今回見つかったヒアリはそれ以前に流入・繁殖した可能性が高いとみられている。

    農林畜産検疫本部の関係者は「現時点で追加拡散について言及することは難しい」とし、「現在、発生地100メートル以内の出入りを統制し、車両についても消毒後に通過するように防疫を行っている。日本と中国でも輸入港と貨物移動地域のみでヒアリが発見され、都市への拡散はなかった」と話した。

    この話題に韓国のネットユーザーの関心は非常に高く、関連記事も含めると5000件以上のコメントが寄せられている。内容をみると、

    「都市への拡散についてあれこれ言う前に、最悪な状況を想定して処理してほしい。早く女王アリを見つけて退治して!」
    「初動対処を通じて、完全なる防疫は難しくとも被害が深刻化することは避けてほしい」
    「被害者が出ないことを祈る。政府関係者も気を付けて解決して」

    など早期駆除を願う声が圧倒的に多い。

    また韓国は現在、大型連休のさなかであることから、関係者に対し

    「連休なのに緊急対策会議を開くなど努力しているみたいだね」
    「頑張って!」

    など応援メッセージも。

    一方で

    「もうとっくに拡散しちゃっただろうな」
    「心配事が増えるね」
    「日本ではあんなにテレビで放送されていたのに今ごろこの騒ぎ。どうしていつもこうなんだ?」

    と対応の遅さを批判する声も目立ち、「中東呼吸器症候群(MERS)の時のあの騒ぎ…政府とマスコミの対応をよく見守ろう」との指摘もあった。


    2017年10月4日(水) 18時50分
    http://www.recordchina.co.jp/b192323-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】ヒアリ、数カ月前にすでに流入し繁殖、拡散か[10/04]

    【【何をやってもダメ民族 】韓国のヒアリ、1000匹規模の群体発見 数カ月前にすでに流入し繁殖、拡散か(釜山)】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/10/02(月) 09:42:57.84 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ ウドン(うどん)

    昨年の秋夕(チュソク)連休期間、高速道路のサービスエリアで最も売れた飲食物は何だろうか。

    国会予算決算特別委員会所属のソン・ソクジュン議員(自由韓国党)が昨日(1日)、韓国道路公社の
    提出を受けて発表した資料によれば、昨年の秋夕連休に高速道路のサービスエリアで最も売れた
    飲食物は『アメリカノ コピ(AMERIKANO CAFE)』と明らかになった。

    アメリカノは全国182ヵ所のサービスエリアのうち、半分を超える117ヵ所の休憩所で計4700万ウォン
    余りを売り上げて販売1位を占めた。

    2番目に多く売れた飲食物はウドン(うどん)だった。その次はホドゥガジャ(くるみ菓子)で、7ヵ所の
    休憩所で一番人気となった。

    (写真)
    no title

    ▲ ホドゥガジャ(くるみ菓子)

    no title

    ▲ オジンオ クイ(イカ焼き)

    ほかにもククパプ(ごはんと汁を混ぜた物=クッパ)、メクバンソク オジンオ(麦飯石イカ=石焼イカ)が
    後に続いた。トンカス(とんかつ)とラミョン(ラーメン)も人気品目と明らかになった。

    ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=025&aid=0002759698

    引用元: ・【韓国】秋夕連休、サービスエリアで最も売れる飲食物は?[10/02]

    【【こんなのまでパクるのかw】韓国の秋夕連休、サービスエリアで最も売れる飲食物は?】の続きを読む

    このページのトップヘ