まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 外交

    1: ガラケー記者 ★ 2018/05/19(土) 15:42:09.01 ID:CAP_USER
     韓国側が竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))の領有権を主張する際の論拠として持ち出す明治政府の文書「太政官(だじょうかん)指令」にある「竹島ほか一島は日本国とは関係がない」とする記述について、「竹島」は実在しない島を、「一島」は鬱陵島(ウルルンド)を指すことを示す地図「日本府県略図」が見つかった。専門家は、指令で日本は現在の竹島の領有権を放棄したとする、韓国側主張の論拠を崩す資料になると指摘する。
     太政官は後の内閣に当たる最高機関で、1877年の指令で「竹島外(ほか)一島之儀本邦関係無之儀ト可相心得事」(竹島ともう一つの島はわが国と関係ない)と内務省に指示した。韓国側は「もう一つの島」が竹島とし、1905年の島根県編入まで日本側に自国領の認識がなかったと主張している。
    【詳しくは本紙紙面をご覧ください】
    山陰中央新報
    2018年5月19日
    http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1526694068941/

    引用元: ・【日本府県略図】「竹島外一島」は鬱陵島 韓国側主張崩す地図発見[05/19]

    【【日本府県略図】「竹島外一島」は鬱陵島 韓国側主張崩す地図発見[05/19] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/11/19(日) 14:47:37.79 ID:CAP_USER
    国連人権理事会は16日、「日本の人権状況」についての報告書を公表した。報告書は各国から出た勧告をまとめたもので、中国の「歴史を直視し、慰安婦に対して誠実に謝罪し、補償を行うべきだ」とする要求をそのまま記載し、韓国の「次世代に歴史的真実を伝える努力をすべきだ」の要求も盛り込まれている。北朝鮮からも同様の指摘があった他、日本の報道について、放送局の政治的公平性などに言及する米国やオーストラリアの勧告もあった。

    各国の勧告や意見をそのまま並べただけで何の法的拘束力もないとはいえ、日本はひどい火だるま状態。ほかにもイラン、コートジボワール、キューバ、ポルトガル、グアマテラなど多くの加盟国から「日本の人権状況」を厳しく非難する勧告や意見が218項目にも渡って寄せられることとなった。

    ■侵害国が人権を調査する「言ったもん勝ち」の人権理事会

    この報道を受け、国内では早くも新聞・テレビの報道をストレートに受け取る層から、日本の「反省」をうながす論調が広がっている。だが、ある永田町関係者は「反日ロビーの横行が結果に如実に現れている」と分析する。

    「日本人は”国連”と聞くだけで絶対正義のイメージを持つが、実際はロビー活動が横行するプロパガンダ戦の巣窟。海外では外交問題を有利に展開するためのロビー活動は常識。中韓でもその活動は特に盛んで、韓国の市民団体『韓国挺身隊問題対策協議会』(挺対協)などは人権理事会への根回しをはっきり公表しているほど」

    今回の国連理事会の報告書にもロビー活動が影響が見え隠れしている。同記者はさらに続ける。

    「今回の報告書などは、調査・精査が行われることなく、言ったもん勝ちで勧告が通っているだけの代物。ひどいのは勧告を行う多くの国がどう考えても日本より人権意識が薄く、中には政情不安による虐殺や迫害があった小国まで含まれていること。しかも内容の多くは慰安婦問題を曲解していたり、朝鮮人学校無償化問題を糾弾するなど首を傾げたくなる内容。国内問題に四苦八苦の遠方の小国が、極東の歴史戦に加担するのはさすがに不自然すぎまる。中韓からの”慰安婦”啓蒙活動や働きかけがあったことは明らかです」

    韓国軍のベトナム戦争時の「ライダイハン問題」や、中国のチベットでの人権蹂躙については軽くスルーし、日本の問題だけ、それもフェイクニュースに基づいた歴史誤認を喧伝するのは彼らの外交カードでしかない。ここでは「いわゆる慰安婦」の真偽を問うことはしないが、少なくとも外交問題の観点から慰安婦問題は「日韓合意」で最終的かつ不可逆的に解決済みである。それをよく知る菅官房長官(68)は上記の報告書に「ごく一部の国や地域からの発言や勧告も掲載される傾向がある」との見解を示している。

    ■国連の成り立ちを考えれば「慰安婦」問題は格好の題材か

    別のジャーナリストは「国連を”世界平和”の為に創設された中立的な組織と考えるから腹が立つ。国連の成り立ちを考えれば第二次対戦中の日本に批判的なのは仕方ない」と悲観的に嘆く。

    「日本でいう国連=United Nationsはじつは国際連合の誤訳であり、連合国が正しい訳で、むしろ(第二次大戦の)戦勝国連合と理解すべきなのが実情です。第2次大戦末期の軍事同盟関係を国際的に発展させたという、その成り立ちを考えれば明らかです。それゆえ敗戦国の日本とドイツは国力のいかんにかかわらず、いつまで経っても常任理事国にはなれず、『日本は第二次大戦で欧米の奴隷制度を終わらせた』といった欧米に不都合な人道的評価は御法度な状態が続いている。それどころか、中韓が主張する『日本は南京を蹂躙虐殺し、30万人の慰安婦にし強制連行した』という言説こそが国連にとって好都合なのです」

    日本の国連分担金はアメリカに次ぐ第2位の2億3700万ドル。比率にして全世界の9.680%を負担している計算になる。尽くしても尽くしても、いつまでたってもこの言われよう……。トランプ米大統領は今年2月に国連人権理事会からの脱退を検討していると報じられているが、日本もそろそろ人権理事会とユネスコあたりの脱退は真剣に検討しても良いのではないだろうか。


    2017.11.19 12:12
    http://dailynewsonline.jp/article/1377219/

    引用元: ・国際】国連がなぜ日本を総叩き?反日ロビーが横行する”言ったもん勝ち”の人権理事会 日本も脱退を検討して良いのでは[11/19]

    【【コテンパにしてやれ】反日ロビーが横行する”言ったもん勝ち”の国連人権理事会 日本も脱退を検討して良いのでは】の続きを読む

    1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/23(月)01:09:03 ID:???
    (*スレ立て時刻では当選確定です!!)

    ◎記事元ソース名/杉田水脈氏の当選確実  

     第48回衆院選の投票は22日午後8時に締め切られ、開票の結果、比例中国ブロックで自民元職、杉田水脈(みお)氏(50)の当選が確実となった。

    (中略)

    前回の衆院選では落選。

    平成28年4月から産経新聞のニュースサイト「産経ニュース」でコラム「杉田水脈のなでしこリポート」を連載している。

    産経web/2017.10.22 20:12
    http://www.sankei.com/politics/news/171022/plt1710220068-n1.html

    引用元: ・【祝い/2017衆院選】 自民党比例中国ブロックの「杉田水脈氏」当選!![H29/10/23]

    【【肝を据えてかかって貰いたい】杉田水脈氏、自民党比例中国ブロックで当選!!【祝い/2017衆院選】】の続きを読む

    1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/09/05(火) 21:02:52.13 ID:CAP_USER
    産経ニュース、2017.9.5 20:52更新
    http://www.sankei.com/politics/news/170905/plt1709050055-n1.html

     慰安婦問題や南京事件などの真相を明らかにし、正しい歴史を次世代に伝えることを目的にした民間団体「『真実の種』を育てる会」が5日、東京・内幸町の日本記者クラブで設立記者会見を開いた。平成27年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意に反対する日本の活動家らが6月に立ち上げた「希望のたね基金」(代表理事、梁澄子・日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表)に対抗する。

     「真実の種」の代表に就任する岡野俊昭・元千葉県銚子市長は「外交の失敗により、次から次へと日本をおとしめる捏造(ねつぞう)の歴史が世界に広がってしまった」と訴えた。その上で「未来を生きる子々孫々のために歴史の真実を伝え、世界に正しく発信していかなければならない」と述べ、設立の意義を強調した。

     主な活動については、国内外に点在する「反日」展示施設の視察・調査や、日本人学生への歴史問題講座などを予定している。

     また、旧日本軍が20万人の女性を強制連行したなどと主張する「希望のたね基金」に対し、「慰安婦問題の解決の定義」など10項目にわたる公開質問状を送り、公開討論会の開催も申し入れた。

    引用元: ・【歴史戦】左翼系慰安婦団体に対抗する「真実の種」設立 代表の岡野俊昭氏「歴史の真実を伝え、世界に正しく発信」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【支援するわ 】左翼系慰安婦団体に対抗する「真実の種」設立 代表の岡野俊昭氏「歴史の真実を伝え、世界に正しく発信」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 23:52:57.39 ID:CAP_USER
    戦後70年の2015年は、中国と韓国を先頭にして、日本への攻撃を仕掛けた「歴史戦」が1つのピークを迎えた年であった。日本はこれに5連敗するという無残な結果となった。その中身は次の通りだ。

    (1)15年3月、安倍晋三首相は訪米前に米紙ワシントン・ポストのインタビューを受け、「日本の慰安婦は human traffickingの犠牲者である」と認めてしまった。

    「trafficking」は密貿易の犯罪を意味し、「human」が付いているので、密貿易の対象となる商品は人間そのものとなる。だから、「human trafficking」とは奴隷貿易のことなのだ。「これでは『慰安婦=奴隷説』を認めることになる」と私は夕刊フジにも論説を書き警鐘を鳴らしたが、安倍首相の耳には届かなかったようだ。

    (2)同年7月、「明治期日本の産業遺産」がユネスコの世界文化遺産に登録された。その際、外務省は韓国政府の横ヤリに屈服して、徴用工として炭鉱で働いた朝鮮半島出身者の状態を「強制労働」であったと言わされてしまった。

    「forced labor」(強制労働)という原文を「forced to work」(働かされた)という表現に変えたという言い訳も、「force」が人間の自由意思に対する強制の意味である以上、成立しない。ここから歴史捏造(ねつぞう)の新ネタ「徴用工問題」が立ち上がり、今日に至っていることは、ご承知の通りである。

    (3)同年8月14日、「戦後70年安倍首相談話」が発表された。この中で満州事変以後、日本が世界の秩序を乱す「挑戦者」となったという歴史観を展開した。東京裁判史観の論理そのものであった。

    (4)同年10月、ユネスコの「世界の記憶」に、中国政府が提出した「Nanking Massacre」(南京事件)が登録された。だが、約12件の申請資料は捏造写真や虐殺と無関係のデタラメばかりで、公表すらされていない。

    (5)同年12月28日、慰安婦問題をめぐる「日韓合意」。英文では、「immeasurable and painful experiences」(計測不能な苦痛の体験)、「incurable physical and psychological wounds」(治癒不能の身体的・精神的な傷)と書かれている。

    これでは「慰安婦=性奴隷」説にピッタリの事実描写であり、国際社会はついに日本政府に認めさせたと大喜びした。

    この屈辱から1年半。どっこい日本人は黙っていなかった。以下、「反撃する日本」の一端をリポートする。

    ■藤岡信勝(ふじおか・のぶかつ) 1943年北海道生まれ。北海道大学大学院博士課程単位取得。北海道教育大学助教授、東京大学教授、拓殖大学教授を歴任。現在、拓殖大学客員教授。95年、教室からの歴史教育の改革を目指す自由主義史観研究会を組織。97年、「新しい歴史教科書をつくる会」の創立に参加し、現在同会副会長。
    著書・共著は『国難の日本史』(ビジネス社)、『通州事件 日本人はなぜ虐殺されたのか』(勉誠出版)など多数。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170829/soc1708290017-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170829/soc1708290017-n2.html

    引用元: ・【藤岡信勝】中韓がしかけた「歴史戦」日本5連敗の屈辱 慰安婦、徴用工、南京事件…[8/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本の最大の敵は日本に居るからな】中韓がしかけた「歴史戦」日本5連敗の屈辱 慰安婦、徴用工、南京事件…】の続きを読む

    このページのトップヘ