まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: スポーツ

    1: ろこもこ ★ 2018/03/18(日) 17:23:19.30 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180318/pye1803180010-n1.html

     平昌パラリンピックの大会組織委員会は18日、大会期間中にボランティアら6人がノロウイルスに感染していたと明らかにした。選手への感染はなかったとしている。

     2月の五輪では民間の警備要員を中心に感染が広がり、スイスの選手からも検出された。(共同)

    引用元: ・【平昌パラリンピック】6人がノロウイルス感染 選手はなし[03/18]

    【【平昌パラリンピック】6人がノロウイルス感染 選手はなし[03/18] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/10(土) 06:32:58.75 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=568207

    2018年2月8日、澎湃新聞は「どうして韓国で大型スポーツイベントがあるたびに、食中毒が発生するのだろうか」とするコラム記事を掲載した。

    数日前、平昌五輪で警備を担当する民間警備会社のスタッフ宿舎で多くのスタッフが頭痛、腹痛、下痢などの症状を訴えた。ノロウイルスに感染したとみられ、新華社は患者が警備員のほか調理員、警察官、メディア関係者、国際五輪委員会(IOC)関係者にまで拡大したと伝えている。また、開会式前日の8日にも新たに42人のノロウイルス感染が確認され、感染者は計128人になったという。

    記事は、韓国の疾病管理本部の教授が「現段階の検査状況からみて、集団下痢の原因はかなりの程度で平昌方面の管理不行き届きにあると思われる」との見解を示したとする、中国メディアの報道を紹介。「幸いなことに、今回の集団食中毒事件は選手にまでは波及していないようだ」としている。そして、五輪会場での食中毒発生を受けて各国メディアが選手の安全問題に注目し始め、中国を含めた多くの国の選手が自前の食料を持参していると紹介した。

    記事はまた、1988年のソウル夏季五輪でも晩夏の高温下で長時間保存されたキュウリサラダを食べた多くの選手がウイルス感染を起こし、試合出場のチャンスを失うとともに、多くの観客も頭痛や嘔吐(おうと)、下痢などの症状を訴える事態が発生したと指摘。2014年の仁川アジア大会でも会場スタッフやボランティア、一部選手の弁当からサルモネラ菌が検出されたことがトップニュースとして報じられたとした。

    記事は、「選手やスタッフの安全を保障することも、総合的なスポーツイベントが高いレベルを維持できるかを占う大きな要素の1つだ」と論じている。

    引用元: ・【中国メディア】なぜ韓国が大きな大会を開催するたびに、食中毒騒動が起きるのか[02/10]

    【【中国メディア】なぜ韓国が大きな大会を開催するたびに、食中毒騒動が起きるのか[02/10] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/13(火) 19:18:24.31 ID:CAP_USER
    写写丸が見た「平昌五輪」そして観客は誰もいなくなった

    強烈な寒さが発揮され、「史上いちばん寒い五輪」というキャッチコピーも定着するようになった平昌五輪。

    アルペンは軒並み延期、スノーボードは転倒続出と、気温以上に猛威を振るっているのが「平昌の強風」だ。これも相まって、現地では体感温度マイナス20度、いや30度近いなんていう噂話が出ている。

    寒さは選手たちにも影響を及ぼしている。

    スキージャンプ界の「レジェンド」葛西紀明は、10日に行われた個人ノーマルヒルの決勝後、寒さについて「信じられないくらい。風の音がすごくて怯んじゃうくらい」と述べた。

    実際の競技も1時間近く予定時間をオーバー、ジャンプ台の上で待たされる選手たちも、あまりの寒さに係員から毛布をかけられていた。

    しかし、最大の悪影響は観客席に起きていた。

    決勝1本目が始まる前、観客席はほぼ満員だった。立ち見客も、折り重なるように集まっていた。けっして韓国が強い競技ではないにも関わらず、注目度は高かった。大ジャンプが出れば会場が割れんばかりの大歓声。思わぬ熱狂ぶりだった。

    ところが、2本目が始まるときに観客席を見ると、なんと観客は既に半分ほどしか残っていなかった。地元・韓国の選手が2本目に進めなかったこともあるが、やはりそれ以上に寒さの影響があったのだろう。

    観客の多くは外気にむき出しの客席ではなく、風を防げるテントや通路に避難。1本目に比べると、悲しくなるほどのスカスカ状態になってしまった。

    売店でコリアンフードを買ってなんとか体を温める観客もいたが、席に戻る者は少なく、最後のメダル決定の瞬間、周りを見渡すと観客は当初の3割ほどだった。

    観客はそそくさと帰っていったが、選手のコメントを取るため、写写丸たち記者は帰れない。結局、競技終了後もしばらくマスコミ陣の「寒さ我慢大会」が始まった。

    この寒さと風は、もはや寒いを通り越して痛いという感じである。2枚重ねの手袋でも指先は芯から凍るようだし、顔を露出していると皮膚の感覚がなくなり、じんわりと痛みだす。

    葛西紀明が帰ってきて、最後に見事7位入賞を果たした小林陵有が帰ってきて、ようやく我慢大会は終了した。あるテレビスタッフの手元を見ると、そこには1本まるごとカチコチに凍ったお茶のペットボトルが……。

    はっきり言って、「史上いちばん寒い五輪」はテレビで見るのがいちばんかもしれない。

    ソース:SmartFLASH 2018.02.13
    https://smart-flash.jp/sports/33950
    no title

    引用元: ・【韓国】「平昌五輪」そして誰もいなくなった[02/13]

    【【韓国】「平昌五輪」そして誰もいなくなった[02/13] 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/02/15(木) 03:35:03.10 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/smp/photo/story/news/180214/sty1802140018-s.html

    2018.2.14 20:43
     韓国政府は14日、平昌冬季五輪参加に関連して韓国入りした北朝鮮の芸術団や応援団の滞在費用などとして、約28億6千万ウォン(約2億8500万円)の支出を決定した。北朝鮮への便宜供与は国連安全保障理事会の制裁決議に抵触する可能性があるが、韓国政府は違反には当たらないとしている。

     内訳は宿泊や食事代約12億ウォン、競技場への入場券代約10億ウォンなど。北朝鮮が選手団や応援団を派遣した2002年の釜山アジア大会の際は約13億5千万ウォンだった。
     韓国統一省は「応援団の人数が選手団の約5倍で、入場券代がかさんだため」と説明。実際にかかった費用は確定しておらず、最終的な支出額は変動するという。

     金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長ら高官代表団の滞在費用や、公演会場を事前視察した芸術団の先発隊などの費用約2700万ウォンは別途支出する。韓国政府は、北朝鮮代表団が利用する宿泊施設などに韓国側が直接支払えば、制裁違反ではないとの立場だ。(共同)

    http://www.sankei.com/photo/images/news/180214/sty1802140018-f1.jpg
    http://www.sankei.com/photo/images/news/180214/sty1802140018-f2.jpg

    引用元: ・【平昌五輪】韓国、2億8千万円支出へ 北朝鮮の滞在費肩代わり

    【【平昌五輪】韓国、2億8千万円支出へ 北朝鮮の滞在費肩代わり 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/02/15(木) 09:55:31.32 ID:CAP_USER
    冬季オリンピックが開催されている江原道平昌郡や江陵市などでは14日、強風の影響で施設が破損し、一部の競技が延期となった。

    江原道ではこの日午前10時に強風注意報が発令され、江陵市では最大瞬間風速25メートルを記録した。スキージャンプの会場となっている平昌郡竜山里でも午後1時に最大瞬間風速18.4メートルを記録。夜8時20分には平昌アルペンシアのバイアスロンセンターで行われる予定だったバイアスロン女子15キロが強風のため延期となり、15日午後5時15分から開催されることになった。これに先立ちチョンソン郡のアルペン競技場で11日に行われる予定だったアルペンスキー男子滑降も15日午前11時-午後1時15分に延期となっている。

    江陵オリンピックパーク内にある韓国企業の広報館や公式グッズなどを販売する屋外施設でも強風でテントの一部が飛ばされ、運営が一時中断された。江陵関東アイスホッケーセンター内のメディアセンターも一時閉鎖された。

    負傷者も発生した。消防署によると14日午後4時ごろ、江陵市内では強風で飛ばされてきたオリンピック広告の電光板が58歳の女性ら7人の頭などに当たり、救急車で病院に搬送された。幸い生命に支障はなかった。オリンピック組織委員会の関係者は「観客の安全が最優先」として、破損した施設などの補強工事を行うことを明らかにした。


    2018/02/15 09:40
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021500616.html

    引用元: ・【平昌五輪】強風で広報館が運営中断、一部種目で開催延期 強風で飛ばされたオリンピック広告の電光板で女性ら7人病院に搬送[02/15]

    【【平昌五輪】強風で広報館が運営中断、一部種目で開催延期 強風で飛ばされたオリンピック広告の電光板で女性ら7人病院に搬送[02/15] 】の続きを読む

    このページのトップヘ