まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 竹島問題

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 08:50:18.23 ID:CAP_USER
     韓国が不法占拠を続ける竹島の関連資料を収集・展示する島根県の竹島資料室(松江市)に2日、韓国の大学生2人が訪問し、県竹島問題研究会座長の下條正男・拓殖大教授らと、竹島をめぐる問題について意見交換した。

     同資料室に韓国人の研究者らが訪れることは少なくないが、島根県側の専門家が対応に当たるのは異例。

     2人は2年の女子学生で、日本の社会や政治、文化などを学んでいるといい、日本文化などに関するフィールドワークとして1~11日の日程で来日。県に、事前に面談を求めていた。

     県側は、5月に韓国の中学生が県内の56中学校へ、竹島をめぐる日本の領土・歴史教育を批判する手紙を送った事例があったため、今回も「同様の韓国の広報戦略」との見方があり、慎重な対応が必要と判断。県に代わり、研究会の下條座長と佐々木茂副座長が1時間半、2人と面談した。

     面談後、取材に応じた2人は来訪目的を「日本の文化を学ぶ中で、日本では独島(竹島の韓国側呼称)がどう教えられ、学ばれているか知りたかった」などと説明。

     下條座長らの話を聞き、「韓国では教わらなかった日本側の見方や主張を知った。意見交換を重ねることが問題解決につながる」などと話した。

     下條座長は「危惧した広報戦略ではなく、2人は『どうすれば日韓が争わず、共存できるか』という考えを持っていた」と指摘。

     「韓国では示されない日本側の主張の歴史的根拠なども受け入れる柔軟性を備えていた。その考えを韓国内でそのまま発言できるかどうかは疑問だが、こういう若者たちがいるのも事実。日本政府は問題解決に向けた戦略を考え直すべきだ」と話した。

    http://www.sankei.com/west/news/170803/wst1708030027-n1.html
    http://www.sankei.com/west/news/170803/wst1708030027-n2.html

    no title

    韓国人大学生と意見交換した下條正男氏(左)と佐々木茂氏

    引用元: ・【島根】「竹島資料室」を韓国人大学生2人が訪問、研究会座長らが面談する異例の対応 「独島問題がどう教えられているか知りたかった」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【何コロッと騙されてるんだ】「独島問題がどう教えられているか知りたかった」 「竹島資料室」を韓国人大学生2人が訪問】の続きを読む

    1: 【大凶】 @HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/07/01(土) 08:58:04.23 ID:CAP_USER
    ■ 大阪で独島(トクド)の真実を叫んできたユン・ヨンハさん、「日本社会に独島問題を知らせなければ」

    (写真)
    no title

    ▲ 日本で独島の歴史を正確に伝える事に尽力している在日僑胞ユン・ヨンハさん(92歳)が30日、ソウル
      と大邱を訪問して、独島広告看板の設置に対する市民の後援を求めている。
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    日本で『独島を正しく伝える』事に献身してきた90代の在日僑胞が、日本人を相手に独島問題を知らせる
    広告看板の設置に挑む。

    日本の大阪に住む、ユン・ヨンハさん(92歳)がその主人公だ。

    日本の島根県が『チュクド(竹島)の日』を制定した2005年から、彼は独島問題に対する関心を緩めずに
    持ってきた。

    独島の歴史勉強はもちろん、日本現地の新聞に独島の歴史の真実を知らせる抗議文を送った彼は、
    去る2013年から本格的な活動を広げ始めた。

    『日本人と韓国人が共に竹島の日を考え直す集会』を作って講演会を開き、日本社会の各所で独島を
    正しく知ろうと叫んだ。

    今年は2月22日から毎月22日、大阪市内の公園で『独島は日本の領土ではない』と書かれた横断幕を
    かけ、独島広報戦を展開している。

    (写真)
    no title

    ▲ 毎月22日に大阪で、『独島は日本の領土ではない』という内容の横断幕をかけ、独島広報戦を展開
      する在日僑胞ユン・ヨンハさん(92歳)。
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    日本社会に独島問題を正しく知らせる事が、独島問題を解決する第一歩だと彼は信じている。

    そんな彼が日本社会に独島問題を知らせる事に(韓国)国民の参加を求めるため、30日にソウルと大邱
    (テグ)を相次いで訪問した。

    日本で私有地を調達して、独島歴史展示館と『独島は日本の領土ではない』という内容の屋外看板を
    立てる事が、彼の構想である。

    大阪の自宅に設置した独島の文章を見た通行人が、独島について質問を投げれば答えるという経験
    から、独島問題を知らせる事の重要性を知ったのだろう。

    ユンさんは、「独島問題は直接日本国民に知らせる道しかない」とし、「土地を買って歴史展示館、
    屋外看板を立てて日本人に真実を悟らせる事ができる」という内容の広報チラシを作り、市民に配る
    計画である。

    ソース:NAVER/大邱CBS=ノーカットニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=079&aid=0002984229

    >>2につづく

    引用元: ・【竹島】「独島は日本領土ではない」~92歳の在日僑胞の叫び[07/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【竹島を盗んだ張本人みたいなもん】「独島は日本領土ではない」独島広報戦を展開する在日僑胞ユン・ヨンハさん(92歳)】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/16(金) 08:55:56.13 ID:CAP_USER
    内閣官房の「領土・主権対策企画調整室」は5月12日、『尖閣諸島及び竹島に関する資料調査報告書』(以下、報告書)をネット上に公開した。韓国側の反応は、共同通信の報道を複数のメディアが翻訳して伝えた程度で、「(この資料は)日本の主張を重ねて立証するもの」とした松本純担当相の発言は無視された。

     YTN(韓国のニュース専門テレビ局)の電子版は、「報告書に収められた独島(竹島の韓国側呼称)関連の資料は、日本がこれまでの間、『独島は日本の領土』とする偽りの主張をしながら、提起してきた根拠と差がない」と報じたが、これが全てを物語っている。松本担当相は、「日本らしく丁寧に、客観的なエビデンスを内外に発信していく」そうだが、現実は甘くない。

    説得力ある韓国側の主張

     報告書が公開される10日前、韓国の国策研究機関「東北アジア歴史財団」(独島研究所)のホームページには、昨年8月にYTNが放映した「『YTNスペシャル』大韓民国独島100年の時間」(約100分)が掲載され、その1週間前には、東北アジア歴史財団制作の「独島広報映像」(約7分)が公開された。

     「独島広報映像」は、「日本の独島領有権主張の虚構性を客観的な事実を根拠に説明する」ために制作され、その欺瞞(ぎまん)に満ちた主張には説得力がある。

    「『YTNスペシャル』大韓民国独島100年の時間」も、東北アジア歴史財団の協力で制作され、「6世紀から韓国領だった竹島が、日露戦争の最中の1905年、日本に侵奪された」とする“歴史認識”で一貫している。

    この詐欺まがいの韓国側の広報に対して、資料を羅列しただけの報告書では、歯が立たない。

    主張論破され、新たな論理開発に走る韓国

     今日、竹島問題は、韓国側が主張する理不尽な歴史認識を糺(ただ)す段階にある。竹島問題は、島根県竹島問題研究会が2014年に刊行した『竹島問題100問100答』で、ほぼ決着がついているからだ。

     島根県の竹島研究では、竹島を韓国領とする文献や古地図に対して、韓国側の文献解釈の誤りを指摘したが、韓国側ではそれに対する反証ができずにいる。

     そこで韓国側は主張が批判されると、「独島を韓国領とする論理を開発しなければならない」と強調するようになった。論破された事実を認める代わりに、争点を移して、新たな「論理を開発」することにしたのである。

     その「論理を開発」した結果が、慶尚北道独島史料研究会の『「竹島問題100問100答」批判』や、韓国側の論理をそのまま使った名古屋大学の池内敏教授の『竹島-もうひとつの日韓関係史』(中公新書)である。

     だが、韓国領でないものを韓国領とするのは、無理がある。逆に、独島が韓国領でなかった事実を立証し、墓穴を掘ってしまったといえる。日本側としては韓国側のオウンゴールを誘い、挑発を続ければよいのである。

    文献や古地図を集めるだけでは無意味

     「『YTNスペシャル』大韓民国独島100年の時間」には、韓国側と協同し、「竹島の日」条例を撤廃させようと法廷闘争を挑んだ『「竹島の日」を考え直す会』の久保井規夫氏が登場する。

    続きます。
    http://www.sankei.com/west/news/170615/wst1706150001-n1.html
    2017.6.16 05:30

    引用元: ・【竹島を考える】韓国のスペシャル番組「独島100年の時間」の欺瞞 嘘八百の主張を打ち崩すには 下條正男・拓殖大教授[6/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【報告書の公開に安住するな】「尖閣問題や竹島問題、手持ちの駒で中韓に引導を渡し、止めを刺すこと」下條正男・拓殖大教授】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/21(水) 11:37:52.12 ID:CAP_USER
    平成32年度以降に導入される小中学校の学習指導要領解説書の全容が20日、判明した。指導要領で北方領土に加え竹島(島根県隠岐の島町)や尖閣諸島(沖縄県石垣市)が「固有の領土」として明記されたことを踏まえ、領土周辺で日本船舶の拿捕(だほ)や船員の死傷者が出た事件など国家主権が侵害されてきた歴史とも関連付けて理解させることを示した。

     解説書は、指導要領の内容を具体的に説明するもので、教科書会社の編集指針となるほか、教員が授業を行う手引にもなる。領土事項などの記述が増えたことで、教科書の書きぶりが改善される可能性がある。

     文部科学省が3月末に告示した指導要領に伴ってまとめた解説書は、領土教育の記述を増加させたのが特徴。小5の社会科では、北方領土に加え竹島や尖閣諸島について「固有の領土」とした上で、竹島は韓国に不法占拠され、日本が韓国に繰り返し抗議していることなどを明記した。

     中学社会の公民的分野では、領土を国家主権と関連付けて理解させるよう明示。渡航や漁業、海洋資源開発などが制限されたり、船舶の拿捕や船員の抑留が行われ、特に死傷者が出るなど不法占拠による主権侵害の実態を示しながら理解を促すよう求めた。

    日本の領土をめぐっては、北方領土周辺で平成18年、日本漁船がロシア警備艇に銃撃を受けて拿捕され、乗組員1人が死亡する事件が発生。竹島でも過去に韓国の大統領らが上陸し、尖閣諸島では国有化以降、中国公船による領海侵犯が常態化している。

     北朝鮮による日本人拉致問題については、中学社会の公民的分野で、対立と合意、協調などに着目して課題を的確に捉えるとともに、日本が解決に向け国際社会の明確な理解と支持を受けて努力していることを明記。同分野では憲法改正の手続きを定めた改正国民投票法の成立を受け、憲法改正などにも触れた。

     自衛隊については小中の社会科で、災害時の救助活動だけでなく、わが国の平和と安全を守っていることを理解させるよう求めた。


    http://www.sankei.com/life/news/170621/lif1706210025-n1.html
    2017.6.21 08:46

    引用元: ・【教育】拿捕や死傷者など船員被害の歴史を教科書に明記へ 竹島や尖閣など 学習指導要領解説書の全容判明[6/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【拉致被害者や仏像も取り戻せ】韓国による拿捕や死傷者など船員被害の歴史を教科書に明記へ ,や尖閣など】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/05/30(火) 19:25:06.20 ID:CAP_USER
    8カ月間の計画でキャンピングカーに乗って欧州を回りながら独島(ドクト、日本名・竹島)を広報している家族がいる。ユン・ミンジュンさん(12)、ソウン君(10)、ミンハ君(5)と教師夫婦のユン・ヨンソンさん(41、慶南居昌アラム小)、ハンナさん(居昌チュサン小)の家族だ。 

      慶尚北道(キョンサンブクド)支援機関の財団法人独島財団の後援で欧州大陸横断に挑戦するこの家族は29日、露ウラジオストク港に到着した。ここからシベリアを横断し、フィンランド、ドイツ、フランス、オーストリア、イタリアなど30カ国以上を8カ月間かけて回る。 

      この家族は各地で「独島は美しく平和な大韓民国の島」と知らせる。独島ステッカーなど各種広報物も配る。オランダ・ハーグの国際司法裁判所にも行く。キャンピングカーには「独島、韓国の美しい島(Dokdo, Beautiful Island of Korea)」と表記している。 

      教師のユン・ヨンソンさんは「子どもが体で感じて体験できる機会が必要だと考えていたところ、独島を全世界に知らせる旅行なら大きな教育になると確信した」とし「家族の活動をソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じて伝える」と話した。 

      独島財団のイ・サンモ代表理事は「今はもう世界的な独島広報にまい進しなければいけない時期」とし「全世界に独島を知らせるためのさまざまなネットワーク活性化事業を展開する」と述べた。

    http://s.japanese.joins.com/article/583/229583.html
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年05月30日 08時02分

    引用元: ・【8カ月計画】独島を知らせるためキャンピングカーで欧州横断する韓国人家族[5/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【経費をせしめるネタ】独島を知らせるためキャンピングカーで欧州横断する韓国人家族】の続きを読む

    このページのトップヘ