まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    カテゴリ: 竹島問題

    1: たんぽぽ ★ 2018/03/21(水) 11:26:10.77 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b584124-s0-c30.html

    2018年3月20日、韓国・ソウル新聞によると、韓国で就学前の子どもたちに竹島問題を分かりやすく説明するための絵本が出版された。

    記事によると、絵本の題名は「宝島 独島(竹島の韓国名)家の家族」で、出版社は同書を企画した理由について「2014年に日本の元小学校教諭が制作した絵本『メチのいた島』に対抗するため」と説明した。「メチのいた島」はアシカと日本の子どもたちの友情を描いた童話で、「竹島周辺で遊んでいたアシカが韓国の漁師の乱獲により絶滅した」との内容が含まれているという。韓国では日本政府が同書の電子図書を全国の小中学校に配布するなど、教育の現場でも積極的に活用するよう指示したとのニュースが波紋を広げていた。

    同社は「日本の子どもたちに偏った歴史の事実を植え付けることになると考え、子どもの目線に立った絵本を企画した」とし、同書を皮切りに全10巻を制作する計画という。同社理事は「まだ文字を読めない子どもたちに韓国の天然記念物である独島の大切さをできるだけ簡単に、面白く説明した」と述べている。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「いいニュース」「企画した人たちに賞を与えるべき」「絵本を購入して応援しよう」「子どもに読んであげたい」「絵本の内容は子どもたちの記憶に残りやすい。本当に必要なものだ」など肯定的なコメントが多数寄せられている。

    また、日本に対し「アシカを絶滅させたのは日本人ではないのか?」「まるで日本が被害者のよう。図々しい」「韓国と戦っても得られるものはない。兄弟国への礼儀をわきまえて」と指摘する声も。

    その他、韓国政府に対し「日本の官房長官が韓国大使を呼んで抗議するのでは?韓国政府はしっかり対応してほしい」「小学校の教科書にも載せられるよう、政府が支援して」と訴える声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    引用元: ・【韓国】日本の絵本に対抗!韓国で竹島テーマの子ども向け絵本が出版=韓国ネット「政府が支援を」「韓国と戦っても日本は何も…」

    【【韓国】日本の絵本に対抗!韓国で竹島テーマの子ども向け絵本が出版=韓国ネット「政府が支援を」「韓国と戦っても日本は何も…」 】の続きを読む

    1: 薬師神 ★ 2018/02/08(木) 03:40:41.34 ID:CAP_USER
    平昌五輪フィギュアスケートのアイスダンスに出場する韓国の閔秀拉(ミン・ユラ)、アレクサンダー・ガメリン組がフリーで使う民謡曲「アリラン」に竹島(島根県隠岐の島町)の韓国呼称である「独島(トクト)」の歌詞が含まれているため、韓国スケート連盟が国際スケート連盟に政治的問題になるか確認していたことが6日、分かった。

    歌詞には「独島よ 昨夜はよく寝たか」という一節がある。
    選手らはいったん歌詞のない楽曲を申請し、問題がないと判断されれば、歌詞付きに変更する予定だという。

    1月31日に問い合わせたが、回答はなく、回答があり次第、国際オリンピック委員会(IOC)にも確認する見通し。
    アイスホッケー女子の南北合同チームが4日に強化試合を行った際には、朝鮮半島に竹島を描いた「統一旗」が会場に掲げられ、日本政府が韓国に抗議した。

    http://www.sankei.com/world/news/180207/wor1802070003-n1.html

    引用元: ・【平昌五輪】アイスダンス韓国代表、曲中歌詞に「独島」…政治的問題になるかIOCに可否確認へ[2/8]

    【【平昌五輪】アイスダンス韓国代表、曲中歌詞に「独島」…政治的問題になるかIOCに可否確認へ[2/8] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/01/18(木) 00:45:43.90 ID:CAP_USER
    no title

    ▲サイバー外交使節団パク・ギテ団長

    (ソウル=聯合ニュース) サイバー外交使節団バンク(団長パク・ギテ)が17日、教育部傘下の東北アジア歴史財団(理事長キム・ドヒョン)の第8回独島(ドクト、日本名:竹島)賞授賞式で「独島愛賞」を受けた。

    同財団はバンクが1999年設立以来、2017年末まで「グローバル独島広報大使」など2万人以上の多様な外交大使を含む15万人を越える会員を通じ、独島と東海を知らせて韓国を広報した功労を認定し、この賞を授けると説明した。

    バンクは全世界の教科書と世界地図、百科事典、ウェブサイトなどの日本海、竹島表記を探して東海、独島に正す活動を展開し、独島・東海表記世界地図と韓国地図などを150万部以上製作して全世界のあちこちの図書館、小・中・高校・大学に配布した。

    また、独島・東海動画コンテンツを500以上YouTubeにアップして600万件以上の照会数を記録した。

    パク団長は受賞の感想として「19年間、黙黙と独島と韓国を知らせるために努力した会員たち、特に青少年と青年たちの平凡だが偉大な韓国を正しく広報する活動の価値が認められた」とし、「壬辰倭乱以後、リュ・ソンニョンが懲ヒ録を執筆したように「21世紀の懲ヒ録」を書く気持ちで国際社会に拡散する独島・東海に対する歪曲された内容を防ぐ」と明らかにした。

    彼は独島を「自由に向けた韓国人の足取り」であり「アジアの平和に向けた韓国人の夢」であり「止まらない独立活動家の心臓」、「4千を越える韓国の島の中で最も意味ある島」と強調した。

    パク団長は今後、東海・独島広報活動の方向について、これまで蓄積した成果を土台に国民と在外同胞1人1人を「韓国広報大使」にしていくと明らかにした。

    また、グーグルやウィキペディアなど国境のないデジタルメディアやモバイルアプリ、SNSなどを対象にする「オーダーメード型」戦略を広げて英語圏を中心にスペイン語、フランス語、中国語など多国語体制に転換することにした。

    彼は「これから東海・独島広報大使養成プログラムを通じて蓄積された誤り是正および広報方法とノウハウをマニュアルとガイドブックに整理して一線の学校青少年らが授業時間に積極的に活用できるようにする」と話した。

    一方、昨年「独島愛賞」は初代独島博物館長で書誌学者の故イ・ジョンハク(1927~2002年)先生が受賞した。

    ワン・キロァン記者

    ソース:聯合ニュース(韓国語) バンク「独島(ドクト)愛上「受賞…「国民1人1人を韓国広報大使で「
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/01/17/0200000000AKR20180117074200371.HTML

    引用元: ・【VANK】 今年の「独島愛賞」、サイバー外交使節団バンクが受賞…「国民1人1人を韓国広報大使にしていく」[01/17]

    【【VANK】 今年の「独島愛賞」、サイバー外交使節団バンクが受賞…「国民1人1人を韓国広報大使にしていく」[01/17] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/01/10(水) 19:22:54.90 ID:CAP_USER
    近代以前、東アジア外交の慣例は「広義の国際法」(国際慣習法)であり、独島(ドクト、日本名:竹島)は日本の主張のように「主人のない土地」であったことはなく、国境条約上、朝鮮領土であったことが明確だという研究が出てきた。

    在日独島研究者のパク・ビョンソプ「竹島=独島問題研究ネット」代表は最近、学術誌「独島研究」23号に「独島領有権に対する近代国際法の適用問題」を掲載した。

    17世紀末、朝鮮と日本は鬱陵島(ウルルンド)の帰属をめぐり外交文書をやり取りして交渉し、1699年、鬱陵島が朝鮮領土であることを確認した。いわゆる「鬱陵島争界」だ。

    当時、両国は離島(落島)の帰属に関する判断基準として「どちらの政府が離島所有意思を持っているか」、「離島はどちらの国に近いか」とする二つをたてた。論文は「これは近代以前の広義の国際法ということができる」と強調した。

    実際、その後も日本は、日本で鬱陵島と独島の帰属が問題になるたびに、これらの基準により朝鮮の領土と判断した。江戸幕府は独島の所有意思を持ったことがなく、地理的に独島は朝鮮の土地の鬱陵島に近いからだ。

    明治時代に入っても森山茂らが1870年に作成した「朝鮮国交際始末内探書」をはじめとしてこの様な判断は変わることがなかった。

    イ・ソンファン啓明大教授も同じ学術誌に載せた論文「朝日/韓日国境条約体制と独島」で「鬱陵島と独島は日本の土地ではないという1877年の日本太政官指令は『鬱陵島争界』の結果、1699年に成立した韓日国境条約を日本国内法令として受け入れたもの」とし、「これを「朝日/韓日国境条約体制」と規定することができる」と話した。

    パク・ビョンソプ代表は「日本は1905年、主人のない土地を先行獲得して独島を編入したと主張するが、独島は広義の国際法上韓国の領土であり編入は無効」と強調した。

    チョ・ジョンヨプ記者

    ソース:東亜日報(韓国語) 17世紀国際法「独島(ドクト)は朝鮮土地」
    http://news.donga.com/3/all/20180110/88098365/1

    引用元: ・【竹島問題】 17世紀の国際法で「独島は朝鮮領土」[01/10]

    【【竹島問題】 17世紀の国際法で「独島は朝鮮領土」[01/10] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/25(水) 08:00:37.90 ID:CAP_USER
    2015年7月、軍艦島を含めた『明治日本の産業革命遺産』が世界文化遺産に登録されると、韓国内では俄然(がぜん)、「徴用工問題」が浮上し、過去の日本の歴史を糾弾するため徴用工像の建立が始まった。これまでの慰安婦像に比べると、格段に速い反応である。

    歴史問題の新たな捏造

    これに対して日本政府は「遺憾の意」を示したに止まり、それ以上の措置は取らなかったようである。これでは、韓国側が新たな「歴史問題」を捏造(ねつぞう)し、一方的に民族感情を昂(たか)ぶらせるだけである。

    なぜならこの行動様式は、核開発やミサイル発射実験で日本を恫喝(どうかつ)したつもりの北朝鮮とも近いものがあるからだ。相手が下手に出ると増長し、少しでも強硬な姿勢を示すと、今度は必死になって反論を試みるのだ。

    一部の評論家のように、この行動様式を揶揄(やゆ)して嫌韓感情を煽(あお)るのも感心しない。彼ら(韓国側)には彼らなりの「正義」があるからで、意味なく民族感情を高揚させているわけではない。彼らとしては、彼らの「歴史認識」を日本側が認めて反省の意を示すことで、自尊感情を充足させようとしているだけなのだ。

    歴史的に韓国領であったことのない竹島が、韓国側にとって「民族の自尊心」や「独立の象徴」となるのはそのためで、彼らが問題にしているのは歴史の事実ではなく、歴史に対する認識だからである。

    これに対し、日本政府が「竹島は歴史的にも国際法上も日本の固有の領土だ」と発言したところで、彼らは自らの歴史認識の誤りに気がつくはずもない。日本政府は、効力のない発言を何十年となく繰り返し、これからも続けていくことだろう。

    韓国が日本海を東海と言い出したのは戦後だ

    日本の書店には、嫌韓ブームにあやかって相変わらず韓国批判の書籍が並んでいる。だが、それらは、韓国側を挑発することはあっても、それで日韓の懸案事項が解決することはない。馬に向かって「鹿になれ」といい、鹿に向かって「馬になれ」といっても、馬は馬で、鹿は鹿でしかないからだ。日本は日本、韓国は韓国だということである。相手を攻めるには、その特性を理解し、攻略すべきである。

    その一つの例として、近年、日韓の懸案となっている「日本海の呼称」問題がある。この9月、韓国政府が公開した日本語版の広報ビデオ(「過去・現在・未来の名前、東海」)では、日本海について、「2千年以上にわたって使われてきたこの海の最も古い名前、東海」と説明し、ここでも歴史問題としている。

    だが、韓国側が日本海を「東海」と称するようになるのは戦後のことで、2千年も遡(さかのぼ)らない。1946年6月15日付の『東亜日報』で、教科書の表記に関して「東海か?日本海か?」と報じたのが早い例である。

    それを、韓国側では「東海は2千年前から使われていた呼称だ」「1929年に『大洋と海の境界』(海の呼称に関するガイドライン)が編纂(へんさん)された際、日本の統治下に置かれていた韓国は、東海の呼称を主張することができず、日本海となってしまった」「この歴史は清算しなければならない」との論理で、「日本海の表記を東海に改めるべきだ」と主張しているのである。

    日本海の一部を指す名称だった「東海」

    だが、国際水路局(現在の国際水路機関)で『大洋と海の境界』が編纂される前年、1928年7月1日付の『東亜日報』は「東海-或は滄海(そうかい)と云う、日本海の一部」と報じていた。当時の東海は、日本海の一部を指していたのである。

    この事実は、1903年に刊行された『韓海通漁指針』でも確認できる。「東海」は、「東北咸鏡道の豆満江より東南慶尚道釜山附近に至る沿海」とされ、「一大内海を形成せる日本海の一部」だったからだ。

    それに日本海は、海軍省水路局が刊行した全国的な水路誌『寰瀛(かんえい)水路誌』(1883年刊)によると、北は韃靼(だったん)海湾、南は朝鮮水道に挟まれた海域であった。これは、その後編纂された『朝鮮水路誌』(1894年)も同様で、日本海は日本列島と「朝鮮及黒龍沿岸州ノ海岸ヲ以テ西及西北ノ海界トナス」中にあった。

    http://www.sankei.com/west/news/171025/wst1710250001-n1.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【竹島を考える】「東海は2千年前から」…広まる韓国の虚偽、「遺憾の意」だけでは解決遠い 下條正男・拓殖大教授[10/25]

    【【叩きのめす以外に手はない】「東海は2千年前から」…広まる韓国の虚偽、「遺憾の意」だけでは解決遠い 下條正男・拓殖大教授【竹島を考える】】の続きを読む

    このページのトップヘ