まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:あおり運転

    1: まるっとニュー 2019/08/25(日) 13:48:30.40 ID:CAP_USER
    茨城県内の高速道路であおり運転を繰り返し、相手のドライバーを殴るなどした男らが逮捕された事件は、韓国でも関心を集めている。韓国紙は男がいち早く指名手配されて逮捕されたた経緯などを詳報する一方、済州島で起きた同様の事件では「ノロノロ捜査」などと警察の対応を批判している。

    日本中を騒がせたあおり運転について、朝鮮日報は「被害者が通報すると、警察はすぐに被害者の乗用車に残っていた指紋を採取、スポーツ用多目的車(SUV)を貸していた会社を家宅捜索し、加害者の身元を割り出した」と報道。「犯人が特定されたと判断するや、すぐに容疑者の氏名と顔を公表、全国に指名手配した。警察は『高速道路であおり運転により危険な状況を招いたため逮捕する必要がある』と発表した」と伝えた。

    さらに「この間、日本のメディアは警察が公表した容疑者の身元を事細かく報道した。出身地や出身校、職業はもちろん、性格や子どものころの様子、親の身元まで伝えた」と説明。「『車』と『女』に容疑者は昔から執着していたという昔勤めていた会社の同僚のインタビューまで報じられた。日本人たちはSNSで加害者の身元に関する情報を転載し、速やかな逮捕を応援した」と続けた。

    同紙によると、済州島の事件は7月4日午前に発生した。会社員A氏が家族と一緒に乗用車で走っていたところ、B氏が乗っていた起亜自動車のミニバン「カーニバル」がウインカーもつけずに突然、前に割り込んできた。A氏がクラクションを鳴らして抗議すると、B氏は車を止めて降りてきて、A氏に水の入ったボトルを投げつけ、拳で殴った。B氏は自分の暴行の様子を撮影していたA氏の妻をののしり、携帯電話を奪って道路の外に投げた。

    A氏は警察に通報し、加害者の身元はすぐに分かったが、捜査は一日、また一日と先送りされた。警察は「B氏個人の事情」を理由に事件発生から17日目になってようやくB氏を出頭させて事情聴取した。B氏は警察の聴取に「腹いせにやった」「私は間違った運転をしていない」と語ったという。警察はB氏を暴行と器物損壊容疑で在宅のまま立件したが、被害者のA氏に対する事情聴取は始まってもいない。警察は「B氏が望んでいない」として、事件に関する情報を何も公表しないままだ。

    朝鮮日報は交通事故を専門とする弁護士の「捜査機関の生ぬるい対応と裁判所の軽い処罰が同様の犯罪の量産につながることになる」との見解を紹介。「韓国で起こった同様の事件は45日間『捜査中』だ。加害者は今も街を闊歩(かっぽ)している」と糾弾した。
    Record china
    2019年8月25日(日) 11時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b738943-s0-c30-d0059.html

    引用元: ・【あおり運転】「日本はいち早く指名手配し逮捕、韓国ではノロノロ捜査」と現地紙[08/25]

    【日本車への煽りは反日無罪なんやろ【あおり運転】「日本はいち早く指名手配し逮捕、韓国ではノロノロ捜査」と現地紙[08/25] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/21(水) 20:24:47.43 ID:CAP_USER
    2019.8.21
    車社会の韓国では、悪質なあおり運転が横行している(ロイター) 車社会の韓国では、悪質なあおり運転が横行している(ロイター)
    no title



     茨城県の常磐自動車道で起きた「あおり運転殴打事件」は衝撃的だったが、韓国でも「危険運転」や「道路上の暴力」が問題となっている。素早く逮捕にこぎつけた日本の警察に比べて、韓国では警察のスピード感のない捜査にも批判が集まっているという。隣国の無謀運転事情に迫った。


     《あおり運転・暴行…日本はすぐ顔を公開し逮捕、韓国はノロノロ捜査》

     朝鮮日報(日本語版)は19日、こうしたタイトルで、済州(チェジュ)島で7月発生した事件について伝えていた。

     会社員が家族と乗用車に乗っていたところ、ミニバンがウインカーもつけずに、突然前に割り込んできた。会社員がクラクションを鳴らして抗議すると、ミニバンから降りてきた男に水の入ったボトルを投げつけられたうえ、拳で殴られたという。男はさらに、会社員の妻の携帯電話を奪い、道路の外に投げ捨てた。

     「車の前に割り込む」「拳で殴る」「携帯を奪う(奪おうとする)」など、茨城県警に傷害容疑で逮捕された、大阪市の会社役員、宮崎文夫容疑者(43)のケースとの類似点が多々ある。ミニバンの名前から「済州カーニバル暴行事件」と呼ばれている。

     だが、韓国警察は男を逮捕せずに、暴行容疑で在宅捜査をしているという。朝鮮日報は「日本では加害者の顔を公開し、犯行から8日目で逮捕したが、韓国では45日間、『捜査中』だ」「韓国で『道路上の暴行』が後を絶たない背景には、捜査機関の生ぬるい対応がある」と指摘した。


     韓国での運転事情とは、どんなものなのか。

     商社マン時代に韓国駐在を経験した朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「韓国のドライバーは荒い。抜かれたら抜き返す。割り込みも当たり前だ。日本では幼少時に『他人に迷惑をかけるな』と教わり、譲り合う精神もあるが、韓国では『他人に負けるな。下手に譲るな』と教わる。私も以前、トンネルの入り口で2台の車が『どちらが先に入るか』でもめて、大渋滞になった現場に遭遇した。韓国人の友人が来日した際、日本人ドライバーが消防車や救急車に道を譲るのを見て、『奇跡だ。映画の十戒で海が2つに分かれるシーンのようだ』と驚いていた」と語った。

     朝鮮日報が指摘したように、韓国の警察は「生ぬるい」のか。

     松木氏は「韓国の交通警察では、正規の手続きを踏まずに、現場で処理することもあるようだ。『袖の下(ワイロ)』の噂も聞く。韓国に行く日本人は気を付けた方がいい」と語っている。
    https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/190821/for1908210008-s1.html

    引用元: ・あおり運転…韓国もっと酷かった! 韓国駐在経験者「抜かれたら抜き返す。割り込み当たり前」 生ぬるい警察捜査に批判…ワイロの噂も

    【沸点の低い火病の国だからな - あおり運転…韓国もっと酷かった! 韓国駐在経験者「抜かれたら抜き返す。割り込み当たり前」 生ぬるい警察捜査に批判…ワイロの噂も 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/17(土) 17:04:26.09 ID:CAP_USER
    no title


    「BOYCOTT JAPAN 行きません、買いません」──日本政府の輸出管理強化措置により「ホワイト国」から除外された韓国では、これを合言葉にした「日本製品不買運動」が続いている。韓国メディアは一様に日本の措置を「経済報復」と決めつけて報じ、文在寅大統領は「二度と日本には負けない」と発言、国民感情を煽ってもいる。

     その結果、韓国では何が起きているか。『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館新書)の著書がある韓国人作家・崔碩栄氏がソウル在住の男性A氏から聞いた出来事は象徴的だ。

    「A氏が市内をレクサスで走っていたら、突然、後ろからハイビームとクラクションを受け“あおり運転”をされたそうです。A氏は普通に走っていただけなので悪いことはしていない。腹が立った彼は、後ろの車をふさぐように停車して、相手の運転手に『一体なんだ』と詰め寄ったのです」(崔氏、以下同)

     もはや一触即発の状況だが、腕っぷしには自信がある柔道経験者のA氏に対し、相手はとても喧嘩などしそうにはない、真面目そうな普通の男性だったという。

    「相手は、A氏に向かって大声で『こんな状況で日本車に乗っていいのか!』と言ってきたそうです」

     結局、警察が来たが、沙汰止みになったという。このエピソードを聞いた崔氏は、「ごく一部のパフォーマンスに過ぎなかった日本製品不買運動が、ついに一般の市民にも影響を及ぼし始めた」と感じたという。

    「今回の不買運動を始めたのは、もともと反日的な政治活動をしているプロ市民たちです。それへの支持もごく一部で、一般の韓国国民は“そうはいっても日本製品好き”だった。しかし、韓国のマスコミが日本側の措置を徴用工問題に対する『日本の経済報復だ』と報じ、不買運動に積極的に協力した。それが繰り返されるうちに、韓国の国民もそうした言説を信じるようになり、今では社会全体に(運動が)浸透したと言わざるを得ない状況です」

     飲食店でハイボールを頼んだ客が「まさかサントリーのウイスキーじゃないでしょうね」と冗談めかして言うようなケースも、日常的な光景になりつつあるという。しかし、崔氏はこうした軽いノリの「日本不買」でも笑って済ますことはできないという。

    「なぜなら、韓国社会では客観的な事実や科学が、国民扇動に負けた前例があるからです。2008年には、米国産牛肉の輸入再開決定をめぐり、韓国政府に対する大規模な抗議デモが起きた。この時、米国産牛肉を危険だと訴えていたのは市民運動家ばかりで、専門知識のある医師や科学者は『米国産を危険とする主張には根拠がない』と主張していた。でも、市民は専門家の言うことに聞く耳を持たなかったのです。

     それから10年以上経た今、米国産牛肉を『危険だから』という理由で食べない人はいません。結局、デモに参加した市民は運動家に煽られたわけです。

     今回の日本の輸出管理強化にしても、これまでの優遇措置を止めるだけで、輸出規制ではないという日本側の説明は、もはや韓国には届かないでしょう。日本側が何を言っても、韓国社会が許容できることしか聞いてもらえない状況は、慰安婦や徴用工などの歴史問題に通じるものがあります」

     しかし、韓国では日本製品はあらゆる場面で愛用されており、それを買わない、使わないのは無理をしているようにしか見えない、と崔氏はいう。

    「日本製品を使う人、買う人はまるで“非国民”扱い。日本製品を我慢するのは、“ぜいたくは敵だ!”“欲しがりません勝つまでは”のスローガンに通じます。まるで、戦時中の日本のようです」

    https://www.news-postseven.com/archives/20190817_1431366.html
    NEWSポストセブン 2019.08.17 16:00

    引用元: ・【韓国】反日運動はここまで来た 日本車への“あおり運転”も[8/17]

    【反日ヘイトはいいヘイトなんだよ【韓国】反日運動はここまで来た 日本車への“あおり運転”も[8/17] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/11/21(水) 10:44:20.09 ID:CAP_USER
    繁華街の通路で路線バスが停留所に突き込み、11台が次々追突、10人が負傷した。バスの前部にオートバイが巻き込まれていた。先週の17日(2018年11月)、韓国ソウルの中心部で起きた事故だ。

    目撃者や現地メディアによると、バスの運転手とオートバイの男性との間で、車線をめぐるトラブルがあった。バスは、バスの前に置かれたオートバイを押し倒すようにそのまま発進したらしい。オートバイの運転手が進路妨害のため置いたのか。ともあれ、バスはオートバイを巻き込みながら暴走した。

    年間5000件、検挙者2000人もいるとか

    韓国では、いま問題になっている「報復運転」ではないかとみられている。報復運転とは「車を運転中に割り込みや進路を妨害され、それに対抗し、報復的な運転をすること」だという。

    韓国の社会問題に詳しいS-KOREA編集長の慎武宏さんは「韓国人の国民の特性として『パルリパルリ文化』という文化がある。『早く、早く』ということで、悪くいえば『せっかち』。そこから『報復運転』という荒っぽい運転につながっている」と話す。ネットでも「(今回の事故は)韓国の運転文化自体があるから仕方ない」という声もある。

    野上慎平アナの説明によると、韓国での報復運転は「年間約5000件、1日平均13.6件、検挙者年間2168人(京郷新聞調べ)と、かなりの数になっています。ドライバーの約70%が報復運転をした、されたというアンケート結果(起亜自動車)もあります」

    慎武宏さんは「韓国では学歴や収入が高い人ほど報復運転をしやすい。高歴学の人は思い通りにならないと怒る傾向がある。高い車を自分の価値だと考える」とみている。

    野上アナは「日本のあおり運転と似たところがあるかもしれません」と語る

    一ツ石

    ソース:j-cast<日本の「あおり運転」より荒っぽい韓国の「報復運転」 バスの運転手が腹を立てると...怖ッ!>
    https://www.j-cast.com/tv/2018/11/20344162.html

    関連動画:YouTube<バスがバイク引きずり…11台に衝突 韓国(日本テレビ系(NNN)) Yahoo!ニュース>
    https://www.youtube.com/watch?v=YpweR17I6Y0


    引用元: ・【韓国】 日本の「あおり運転」より荒っぽい韓国の「報復運転」~バスの運転手が腹を立てバイク引きずり11台に衝突[11/20]

    【これが通常運転さ 【韓国】 日本の「あおり運転」より荒っぽい韓国の「報復運転」~バスの運転手が腹を立てバイク引きずり11台に衝突[11/20] 】の続きを読む

    このページのトップヘ