まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:ぼったくり

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/22(日) 07:11:12.50 ID:CAP_USER
    2017年10月20日、韓国メディア・亜洲経済は韓国の美容整形業界で保険適用外の整形手術によるぼったくり行為が横行していると伝えた。

    亜洲経済の19日付の記事によると、韓国保健福祉部は18日、「美容整形手術の大半は保険適用外の自由診療。自由診療の手術は種類が多く、その費用は医師自ら決めることができるため、一部の病院で法外な料金を請求する行為が続発している」とコメントした。

    昨年4月には、中国籍の患者が韓国で二重まぶた手術を受けた際、現地の医療業界についてよく知らなかったために病院から1億ウォン(約1000万円)の手術費を請求されたことが分かり、物議を醸した。

    同部の担当者は「医療業界における不当行為の取り締まり強化は国の基本方針であるが、美容整形手術は一般の手術と性質が異なるため、まずは患者の安全問題についての実情調査プランを検討のうえ、制定する必要がある」と語った。

    韓国政府の姿勢に、大韓整形手術外科医師協会は「一部の悪質な医師の行為が、整形医療業界に対する国民の大きな誤解を生んでいる。政府が積極的に調査を実施し、真相を明らかにしてくれることを望む」と歓迎の意向を示した。

    業界アナリストは「最近、整形病院の多くが経営危機に見舞われている。これを機に、業界のイメージが改善されることを望む病院も多いのではないか」と指摘しているそうだ。(翻訳・編集/川尻)

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171022/Recordchina_20171022000.html

    引用元: ・【韓国】二重まぶた整形が1000万円?韓国整形業者ぼったくりの実態―韓国メディア[10/22]

    【【ぼったくりも韓国国技だからね 】韓国の美容整形業界でぼったくり行為が横行―韓国メディア】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/24(木) 11:58:20.46 ID:CAP_USER
    2017年8月22日、韓国・朝鮮日報によると、外国人観光客から不当に高い料金を受け取るいわゆる「ぼったくり」タクシーをなくすため、ソウル市は15年4月に専門チームを立ち上げて取り締まりを強化しているが、被害は依然として多く寄せられているという。

    ソウル市が立ち上げた専門チームには道路交通法に詳しく、語学堪能な13人のスタッフが所属し、取り締まりを行っている。外国人女性が被害に遭うケースが多いため、スタッフには韓国在住の日本人や中国人もいるという。

    スタッフは毎日午後8時から6時間ほど、外国人観光客の多いホテルを中心に見回りをして「ぼったくり」タクシーを摘発する。

    スタッフによると、「ぼったくり」タクシーの中には単に遠回りするだけでなく、客を乗せる前から料金メーターを動かしていたり、昼間の時間帯に深夜割増ボタンを押しているケースもある。

    取り締まりを始めた15年に420件だった違法行為の摘発件数は、16年には261件となり、約38%減少した。しかし、法外な料金を請求したケースは15年の97件から昨年は127件に増加したという。

    あるスタッフは「乗客に話を聞いていると、腹を立てたタクシーの運転手に暴言を吐かれたり、胸ぐらをつかまれることもあるが、国のイメージを守るという使命感で続けている」と明らかにした。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「情けない。韓国にそんな人がいるとは思わなかった」「国の恥さらし。韓国に到着して一番先に接する人がタクシー運転手という外国人観光客も多いのに」などぼったくりタクシーに対する批判の声が多く寄せられている。

    また、「法律が甘過ぎるからぼったくりがなくならない」「ばれたら一発で運転免許取り消しにするべき」と主張する声も。

    そのほか、「韓国のタクシーはなぜか、乗客が運転手に気を遣わなければならない。運転手は日本に行ってサービスを学んで来い」「タクシーもサービス業だ。日本のように制服を着て働いてほしい」など日本のタクシーと比較するコメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/b162561-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】外国人観光客を狙った韓国タクシーのぼったくり、取り締まり強化も被害は増加=韓国ネット「日本で学んできて」[8/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ますます行きたくなくなった】ソウルの外国人観光客を狙ったぼったくりタクシー、取り締まり強化も被害は増加】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 07:56:21.99 ID:CAP_USER
    2017年8月1日、「整形大国」の韓国で、夏休みに入って美容整形を行う大学生が増えている。

    美容クリニックは割引キャンペーンを打つなど客の呼び込みに力を入れているが、中には悪質なクリニックもある。環球網が伝えた。

    韓国紙・亜州経済によると、サクラを使ってネット上に評価を書き込ませたり、一般的な相場よりも明らかに安い料金を掲げていたりするクリニックは悪質な業者である可能性が高いことが、大韓整形外科医師会への取材から明らかになった。

    また、施術前後の写真をネット上に公開しているクリニックもぼったくり業者の可能性があるという。

    5月には、施術前後の写真を患者の同意なくネット上に掲載し、宣伝に流用していたクリニック21施設と広告代理店9社が警察に摘発されている。

    専門家は施術や前後ケアはすべて医師次第だとし、クリニック選びは慎重に行う必要があると指摘。

    施術を受ける前に確かな情報を集め、自分の健康や生命に責任を負ってくれるような信頼できる医師を選ぶよう注意を促している。(翻訳・編集/岡田)

    http://www.recordchina.co.jp/b180837-s0-c30.html

    no title

    no title

    写真は中国で開催された美容整形会議。

    引用元: ・【韓国】整形前の写真が勝手に使われていた!ぼったくり被害も―韓国紙[8/03] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どうせ全部一緒だろ】「整形大国」の韓国、悪質な業者、ぼったくり業者の見分け方】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/12/01(木) 18:47:53.87 ID:CAP_USER
     無許可でガールズバーを経営したとして、大阪府警曽根崎署は1日、風営法違反(無許可営業)容疑で、大阪市北区曽根崎のガールズバー「Bar Pracius(プレシャス)」の経営者で中国籍の姚鵬(34)=同市此花区島屋=と、店長の杉林孝彦(29)=同市淀川区十三東=の両容疑者を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。

     逮捕容疑は11月30日午後10時半ごろ、府公安委員会の許可を受けず、男性客に酒を提供するなどの接待行為を女性従業員にさせたとしている。

     同署によると、同店は9月中旬に営業を始めたとみられる。10月下旬に複数の利用客から「客引きに70分の利用で2500円でいいと言われたのに、2時間で約20万円を請求された」などとの相談が同署にあり、捜査していた。

     姚容疑者らのほかに、接客をしていた女性従業員2人も同容疑で現行犯逮捕したが、釈放した。

    http://www.sankei.com/west/news/161201/wst1612010061-n1.html

    引用元: ・【大阪】2時間20万円!?「ぼったくり」ガールズバー摘発…大阪・キタ、無許可経営容疑で中国人ら逮捕[12/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 】2時間20万円!?「ぼったくり」ガールズバー摘発…大阪・キタ、無許可経営容疑で中国人ら逮捕】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/23(日) 20:29:42.16 ID:CAP_USER
     中国人の爆買いツアーはもう過去のものになり、地方の都市や日本らしい文化の体験を求める個人ツアーが人気だという。「爆買い」ならぬ「爆ツアー」で、新たなトラブルも起きている。沖縄・那覇空港に着く中国人観光客はこの3年で6倍、35万人になった。到着ロビーに手書きの札を持った若い中国人の姿があった。到着した中国人を確認すると車に乗せ走り去った。これがいま急増している違法ガイドだ。ネットで簡単に予約できる。

     「クローズアップ現代+」の中国人スタッフが観光客を装って接触を試みた。現れた20代の中国人は自分で運転しながら案内をする。しかし、一方通行を逆に入ったり、道に迷ったりする。聞けば留学生上がりで、在学中からやっていたという。ガイドの資格(通訳案内士)もなく、白タク行為も違法だ。

     雇われている会社の名前を聞き出し、電話をかけたが、「違います」と切られてしまった。これが、中国の旅行代理店の依頼を受けて、ホテル、バス、ガイドの手配をするランド・オペレーターだ。低価格を武器に、正規の旅行社やタクシー、バスの仕事を奪っている。今年(2016年)、初めて国の調査がおこなわれ、全国で864社とされたが、活動の実態はほとんどわからない。

    ドタキャン続発でホテル・バス会社は大迷惑

     トラブルの多くはバスやレストランのドタキャンだ。安さを求めて複数の会社に声をかけ、ギリギリまで交渉して安いところに決めるから、当然キャンセルが出る。それも前日だ。そうした悪質ガイドの情報を共有できれば自衛もできるが、体制がない。ランド・オペレーターの1人は「監督する組織がないから、白タク、不法民泊、やり放題。誰も税金を払ってない。美味しい利益だけ取る」とうそぶく。

     立教大の高井典子教授は「日本の旅行業界は日本人のためのものだった。そこへアジアが入り込んできて、真空地帯にランド・オペレーターが登場したんです」と説明する。中国市場戦略研究所の徐向東・代表によると、中国人観光客はかつては6割がツアーで、4割が個人だった。そのツアーが「爆買い」だったのだが、それが逆転した。個人が求めるさまざまなニーズにはランド・オペレーターが必要だ。外国人旅行者は今年初めて2000万人を突破したが、2020年には倍の4000万人が見込まれる。「増えるうちの1400万人は中国人」と徐代表はいう。

     これにどう対応するか。国の方針は、「通訳ガイドは無資格でも可能」「民泊は住宅街でもOK」「ビザの緩和」「悪質業者を監督できる法改正を検討」と、規制を緩める方向にある。徐代表は「シェアリング・エコノミーは世界的な流れ。その点では中国の方が進んでいます。日本人の日常生活を味わうのは大きな魅力です」と話すが、そこで生ずるのが生活習慣の違いからくる「摩擦」だ。すでに様々なことが起こっているが、ここで韓国の試みが注目されている。

    韓国「観光警察隊」マナー・エチケット注意、国内悪質業者も摘発

     ソウルの繁華街ミョンドンを制服姿で歩く一団がいた。タバコを吸っている中国人旅行者に近づいて、中国語で「ここは禁煙です」。もみ消した吸い殻も拾って、笑顔で別れる。「観光警察隊」というれっきとした警察官である。「ちゃんと説明すればわかる。安心できれば、また来てくれるでしょう」と話す。

     3年前、外国人とのトラブル解消の切り札として、外国語のできる150人で組織された。普通の警察官とは少しちがう垢抜けた制服で繁華街をパトロールし、観光客のマナー・エチケット喚起だけでなく、これまでに悪質旅行業者やぼったくりタクシーなど7000件の不法を摘発した。

     高井教授は「国の印象は出会った人で決まります。政府だけでなく、自治体、民間、個人が生活習慣の違いを教えていけば変わるはずです。日本を好きになって帰ってほしいですね」という。

     外国人が街角で困った様子を見せた時、日本人がどんな反応をするかを確かめたテレビ番組があった。東京はまったくの知らん顔だが、大阪は違った。外国語のできんおっちゃんが、なんかかんか言って寄っていく。人も集まる。あのおせっかい、ほんまによかったなあ。一方で、わさびを盛ったアホもおったけどな。

    NHKクローズアップ現代+(2016年10月20日放送「潜入!中国人『爆ツアー』の無法現場」)

    http://www.j-cast.com/tv/2016/10/23281420.html

    引用元: ・【社会】中国人観光客も食い物にされる「違法ガイド」留学生らが白タク、不法民泊、ぼったくりとやり放題[10/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【逮捕して強制送還するべき】中国人留学生が「違法ガイド」で白タク、不法民泊、ぼったくりとやり放題】の続きを読む

    このページのトップヘ