まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:また

    1: まるっとニュー 2020/07/15(水) 11:03:11.58 ID:CAP_USER
     全羅北道任実郡所属のチーム長級の女性公務員が性暴力被害を示唆するテキストメッセージを知人あてに残した後、死亡しているのが発見され、警察が捜査に乗り出した。

     任実警察署と任実郡が14日に明らかにしたところによると、11日午後5時30分ごろ、任実郡所属のチーム長級公務員Aさん(49)=女性=が同郡内の自宅浴室で首をつっているとの通報があり、出動した警察と消防が死んでいるAさんを発見した。Aさんは死亡する前、知人に「最近の人事異動で、過去に性暴力被害を受けた幹部と一緒に働くことになってつらい」という内容のテキストメッセージを送っていたという。Aさんが残したメッセージには具体的な性暴力被害の内容が含まれていなかったとのことだ。

     Aさんの知人はテキストメッセージを受け取った後、Aさんの自宅に行ったが、ドアに鍵がかかっており、Aさんと連絡が取れなかったため、警察に通報したという。

     警察はAさん宅に部外者が侵入した痕跡など他殺の状況が見られない点から、Aさんが自ら命を絶ったと見て、死亡した経緯を調べている。警察関係者は「コミュニティーが狭く、故人の名誉にかかわる問題なので、Aさんが知人に残したメッセージの内容については具体的に明らかにすることができない。メッセージの内容について遺族や知人などに事実関係を確認する方針だ」と語った。

     任実郡関係者は「メッセージを残したという話は聞いたが、詳細は分からない。故人とほかの公務員の名誉がかかっている事案なので、言及には慎重を期す」と話している。

    任実(全羅北道)=金性鉉(キム・ソンヒョン)記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<全羅北道任実郡の女性公務員、性暴力被害を示唆するメッセージ残し自殺>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/15/2020071580005.html

    引用元: ・【韓国】 「前に性暴行された幹部とまた一緒に働くことになった」~女性公務員、性暴力被害を示唆するメッセージ残し自殺[07/15] [蚯蚓φ★]

    【糞みたいな国だな【韓国】 「前に性暴行された幹部とまた一緒に働くことになった」~女性公務員、性暴力被害を示唆するメッセージ残し自殺[07/15] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/07/04(土) 10:43:08.69 ID:CAP_USER
    (え)
    no title


    女子高生たち前でズボンを下ろし、自分の性器をブラブラさせた40代の『バーバリーマン』が、実刑を宣告された。この男は、同じ容疑で拘置所に収監されていた。

    ソウル西部地方法院(地裁に該当)刑事単独6部(判事=シン・ジンファ)は、公然わいせつ罪で起訴されたイ某被告(49歳)に対し、懲役6か月を宣告した。また、80時間の性暴行治療プログラムの履修と、児童・青少年・障がい者関連機関への3年間の就業制限を命令した。

    イ被告は昨年11月26日、ソウル 恩平区(ウンピョング)にある女子高で、多数の女子生徒に向けてズボンのチャックを下ろして性器を取り出し、オナニーをしたことが調査で分かった。

    イ被告は昨年12月20日にも、同じ洞内(町内)にある別の高等学校の正門近くにいた女子生徒と通行人の前で、同じ行為を繰り返した。

    イ被告は2016年から自分の衝動を制御できない露出症を患っていて、事件の犯行は事物を分別する能力や意思決定能力が微弱な状態だったと主張した。

    イ被告は同じ容疑で刑事処罰を5回受けていて、そのうち懲役刑の実刑は2回宣告されている。イ被告は2018年11月に公然わいせつ罪で懲役4か月を宣告され、拘置所内で刑の執行を終えた。イ被告はその後、カウンセリングや治療を受けたが再び犯行を起こしてしまった。

    シン判事は、「被告人の精神的な問題がなければこの事件は発生しなかったかも知れないが、自分の病症を知っている状態から被告人は結局犯行に至った」とし、「様々な経緯を考慮して、被告人に病症があるという理由だけで刑を変えたり軽くすれば、刑事処罰の持つ基本的な社会的機能を没却させる恐れがある」と説明した。

    (以下略)

    ソース:ソウル=news1(韓国語)
    https://www.news1.kr/articles/?3985113

    引用元: ・【韓国】「女子高生の前でまたオナニー」~前科9犯のバーバリーマンに実刑[07/04] [ハニィみるく(17歳)★]

    【押さえられない病気って何だよw 【韓国】「女子高生の前でまたオナニー」~前科9犯のバーバリーマンに実刑[07/04] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ☆@Ttongsulian ★ 2018/07/06(金) 18:38:57.65 ID:CAP_USER
    北カリフォルニアでまた韓人(コリアン)ゴルフインストラクターが、未成年の女子生徒を性暴行した疑いで逮捕された。

    アラメダ郡保安局は去る3日、ダブリンでキム・ギス(英語=ケニー/52)容疑者を14歳以下の児童を持続的に性的虐待した疑い(PC 288.5)など8件の重犯罪の疑いで逮捕した。

    検察によれば、キム氏は北カリフォルニア州スノール(Sunol)地域のカントリードライブゴルフセンターなど北カリフォルニア一帯でゴルフインストラクターとして働いて、多数の少女たちを性暴行した疑いを受けている。

    保安局は「確認されていない被害少女たちがさらにいるかも知れない」とし、「申告してほしい」と頼んだ。

    キム氏には110万ドルに達する保釈金が策定された。

    (関連写真)
    https://www.eastbaytimes.com/wp-content/uploads/2018/07/CCT-GOLFKIM-0706-01.jpg
    ▲ Ki “Kenny” Kim.

    ソース:米州中央日報(韓国語)
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=6352989

    引用元: ・【米国】「生徒を性暴行」~また韓人(コリアン)のゴルフインストラクター捕まる[07/06]

    【【米国】「生徒を性暴行」~また韓人(コリアン)のゴルフインストラクター捕まる[07/06] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/18(金) 21:36:57.87 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b601852-s0-c30-d0045.html

    2018年5月18日、韓国KBSテレビによると、フィリピンの首都マニラで16日午後9時ごろ、出張で訪れていた韓国人男性が銃で撃たれて死亡した。環球時報(電子版)が伝えた。

    フィリピンで韓国人が殺害されたのは、年明け以来2人目。殺された男性は現地でレストランを経営しており、韓国から仕事のためフィリピンを訪れていた。男性は車を運転中、バイクで近づいて来た何者かに銃で撃たれたという。フィリピンの警察当局が調べている。韓国の警察当局も急きょ調査チームを派遣した。

    フィリピンでは13年から17年5月までに、韓国人43人が殺害されている。(翻訳・編集/大宮)

    引用元: ・【韓国メディア】韓国人がまた殺害される、フィリピンで事件多発[05/18]

    【【韓国メディア】韓国人がまた殺害される、フィリピンで事件多発[05/18] 】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/03/07(火) 13:00:37.41 ID:CAP_USER
    サムスンのスマホがまた爆発、危うく飛行機で…今度は「S3」

    韓国・サムスン電子は1月に「Galaxy Note7」の爆発の原因を「バッテリー自体の欠陥」と発表したしたが、事態は収束しておらず、今月4日には別機種の爆発事故が報告された。

    「Galaxy Note7」の爆発事故発生後、同機種のみならず「Galaxy J」や「Galaxy J5」といった機種の爆発も報告された。

    中国メディアによると、4日に爆発が確認された機種はサムスンの「Galaxy S3」で、台湾から江蘇省南京市に仕事で来ていた男性が所有していた物だった。男性は当日午前に飛行機で南京市についたばかりで、夜に友人と食事をしていた際にバッグの中に入っていたS3が突然爆発し煙があがったという。スマホは本体が黒く焼き焦げていた。

    男性は「飛行機の機内で発火したらと考えると恐ろしい」と語っており、メーカーに検査を依頼し賠償を求めると語った。(翻訳・編集/内山)
    http://news.goo.ne.jp/article/recordchina/world/recordchina-RC_171434.html

    引用元: ・【国際】サムスンのスマホがまた爆発 危うく飛行機で 今度は「GalaxyS3」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これでS8って売れるのかなw】今度は別機種 サムスンのスマホがまた爆発】の続きを読む

    このページのトップヘ