まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:アシアナ航空機

    1: まるっとニュー 2019/10/01(火) 14:21:51.08 ID:CAP_USER
    2019年9月28日、韓国メディア・韓国経済TVによると、乗客約180人を乗せてカンボジアのプノンペンに向かっていた韓国・アシアナ機が、非常口を開けようとした乗客のために仁川国際空港に引き返す騒動があった。

    アシアナ航空によると、27日午後7時30分に仁川国際空港を出発しプノンペンに向かっていたOZ739便が、離陸から約30分後に「非常口エラーメッセージ」が表示されたため急きょ引き返した。

    エラーメッセージが表示された原因は、左側翼付近の非常口席に座っていた60代の韓国人男性が非常口を開けようとしたためだった。アシアナ航空は「非常口は開かなかったが、エラーメッセージが出たため乗客の安全のため引き返した」とし、「プノンペン空港の滑走路閉鎖時間などを考慮し、翌日午前3時30分に当該便を仁川からプノンペンに向けて再び出発させた」と説明した。男性は仁川国際空港警察隊に引き渡されたという。

    これに韓国のネットユーザーからは「大迷惑」「ただの好奇心?にしては代償が大き過ぎる」「開けたらテラスがあるとでも思った?」「燃料代と乗客が被った被害額を請求し、罰金も科すべき」「危険だ。ブラックリストに載せて二度と飛行機に乗せないで」「米国のように厳しく処罰してほしい」など男性への批判の声が上がっている。

    また「非常口席はとても重要な席なのに、誰にでも売る航空会社に責任がある。乗客の安全を考えていない証拠だ」と指摘する声も上がっている。
    Record china
    2019年10月1日(火) 13時10分
    https://www.recordchina.co.jp/b743660-s0-c30-d0058.html

    引用元: ・【飛行中に非常口を開けようと…】アシアナ航空機でリターン騒動、韓国ネット激怒「開けたらテラスがあるとでも思った?」[10/01]

    【まともな常識がない 【飛行中に非常口を開けようと…】アシアナ航空機でリターン騒動、韓国ネット激怒「開けたらテラスがあるとでも思った?」[10/01] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/03/30(木) 21:14:34.95 ID:CAP_USER
    2017年3月29日、韓国・聯合ニュースなどによると、ベトナム・ホーチミンの空港を離陸する直前、韓国・アシアナ航空の旅客機にブレーキの異常が見つかっていたことが分かった。

    同日午後0時5分(現地時間)、ホーチミンのタンソンニャット国際空港を発ち韓国・仁川に向かう予定だったアシアナ航空732便は、離陸直前にブレーキ異常の警告灯が点灯したことから離陸を中止、修理のため長時間滑走路にとどまることになった。修理は4時間に及んだが結局運航はならず、乗客290人余りが足止めを食らった。

    その後、アシアナ航空側は乗客を降ろし近くのホテルに案内したというが、中には出発の遅延を抗議する乗客もいたとのこと。ある乗客は、「滑走路でブレーキシステムを点検するという案内放送があった。仁川空港から別の地域に行く乗り換え客もおり、機体点検を理由に出発の遅れが続いたため乗客の不満が高まった」と話した。

    なおアシアナ航空側は、関連規定にのっとって乗客らに補償をし、代替便を投入する計画だと明らかにした。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは、

    「ベトナム周辺は気流が不安定らしい。離陸前に問題が分かってよかったと思うけど?」
    「前もって発見できてよかったよ。もし着陸時にブレーキが利かなかったらどうなってたと思う?」
    「事前に点検や修理をしっかりしておくべきだけど、批判を恐れて無理に運航するより1000万倍まし」

    とアシアナ航空側を擁護するコメントや、

    「乗客は何か起こるととりあえず抗議」
    「そのまま飛んで100%事故が起こったとは言えないけど、命を救ったのに抗議するのはちょっと…」

    と乗客を非難するコメントが寄せられている。

    これまで同様のアクシデントに対して多かった航空会社非難や補償請求のコメントはあまりみられず、

    「アシアナは系列のLCCに力を入れる前に、本体をしっかり育てるべき」

    などにとどまった。


    Record china 配信日時:2017年3月30日(翻訳・編集/松村)
    http://www.recordchina.co.jp/b173817-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】アシアナ航空機が離陸直前に故障、遅延に怒る乗客も=韓国ネット「命を救ったのに抗議するのはちょっと…」[3/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【確率的にはそろそろ】アシアナ航空機が離陸直前に故障、離陸を中止】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/25(水) 13:38:03.54 ID:CAP_USER
    2017年1月24日、韓国・アジア経済によると、現地時間の午前2時20分にベトナム・ホーチミン空港から
    仁川(インチョン)空港に向け出発予定だったアシアナ航空OZ736便(B747型機)が、機体欠陥のため離陸が9時間近く遅れ、乗客349人が足止めされた。

    同日、ホーチミン空港で離陸準備をしていた同便は、慣性航法装置の異常を感知したため整備に入った。
    欠陥は1時間ほどで解消したのだが、乗客2人がパニック障害の症状を訴え「飛行機を降りたい」と要請したため、
    アシアナ航空は該当客を関係機関に引き渡したという。

    しかしその後、乗客全員も機内から降ろして所持品や手荷物などのセキュリティーチェックを実施したため、さらに長引いてしまったという。

    航空保安法上、離陸直前に乗客が自発的に降りた場合、爆発物設置などテロへの懸念から機内および乗客全体に対してセキュリティーチェックを実施している。

    乗客は午前6時20分ごろに再搭乗し、滑走路に向けて離陸を準備していたが、今度は補助動力装置(APU)の異常でエンジンがかからない事態が発生した。

    アシアナ航空は係留場に待機中の地上動力装置(GPU)で何度もエンジン始動を試みたが失敗、
    APU故障により機内のエアコンも作動しなかったため、乗客が蒸し風呂の中で待機せざるをえなかったという。

    結局、乗客は「整備の問題で出発できない」としか案内されず、機内や空港で9時間近くの足止めにより疲労困憊し猛抗議、約70人は搭乗を放棄した。

    その後、OZ736便は韓国時間の午後12時25分にホーチミン空港を出発、仁川空港への到着は午後5時8分を予定している。

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。


    「整備の確認をしないで飛んでたら…危ないとこだったね」

    「あれって20年越えの機体じゃない?今もあんな飛行機を運航してる航空会社があるの?」

    「(2015年に錦湖産業の買収で多額の負債を抱える)パク・サムグがオーナーだっていうのに、望むことなんてある?金もないし整備が行き届かなくて当たり前」

    「(韓国)2位の航空会社なら2位らしくサービスの質も良くして、整備もしっかりしないと。だから大韓航空に負けてるんだ」

    「こういうのを見ると、大韓航空に乗るのが正解だと思う。整備もちゃんとしてる」

    「機長が始めから12時間待機と案内していたら、自分も飛行機を降りたはず。アシアナ側の言葉にだまされて悔しい。
    しかも、仁川に着いたら商品券が支給されてよけいムカついた」

    「韓国に着いたら免税品を買える100ドルのクーポンをくれた。これで終わらせて、後は法的にやれってか…最近の大企業は法律が大好きみたいだね」

    「誰か損害賠償の仕方を教えてください」


    2017年1月25日(水) 13時20分
    http://www.recordchina.co.jp/a161960.html

    引用元: ・【アシアナ航空機】欠陥に次ぐ欠陥で9時間遅延、乗客の怒り爆発[01/25]©2ch.net

    【【怖くて乗れんわ 】アシアナ航空機、ベトナム・ホーチミン空港で欠陥に次ぐ欠陥で9時間遅延】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/06(火) 12:05:22.29 ID:CAP_USER
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161206/Recordchina_20161206019.html

    2016年12月6日、ソウル新聞などによると、韓国ソウルから英国ロンドンに向かっていたアシアナ航空機が、エンジンの異常でロシアに緊急着陸した。

    ロシアのインタファクス通信によると、5日午後10時55分ごろ、ソウルからロンドンに向かっていたアシアナ航空のボーイング777型機のエンジンに問題が生じ、ロシアのウラル山脈近くのハンティ・マンシースク空港に緊急着陸した。同航空機には乗務員15人と乗客182人の計197人が搭乗していたが、幸い全員無事だった。また、パイロットは航空機内のエンジン火災警報装置が鳴ったため緊急着陸の判断を下したが、実際に火災の発生は確認されていないという。

    アシアナ航空機は10月にも、フィリピンのクラークに向かう途中、済州空港に緊急着陸。整備士らが点検した結果、警報装置に異常が見つかっていた。当時、国土交通部関係者は「航空会社側は安全マニュアルに沿って適切な対応をした」と強調した上で、「煙警報装置の誤作動が原因だったため、2年周期で行っている警報装置の点検を短縮する案を検討中だ」と明らかにしていた。

    これに、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

    「乗客が全員無事でよかった」
    「安全が第一。パイロットの判断は素晴らしい」

    「航空機不足のため、アシアナ航空は到着したばかりの航空機をすぐにまた出発させている。今度、同様のことが頻繁に起きるだろう」
    「他の装置にも問題があるのでは?アシアナは乗らないようにしよう」

    「ナッツ航空(大韓航空)よりはましかと思って利用していたけど、どっちもどっちだね」
    「乗客がトイレでたばこを吸ったのでは?」

    「またアシアナ?しっかりして!」
    「誰かがギャラクシーノート7を充電したのだろう」

    引用元: ・【韓国】 韓国アシアナ航空機がまた!火災警報装置が鳴りロシアに緊急着陸=韓国ネット「ギャラクシーノート7を充電した?」[12/06] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【そろそろ…】 韓国アシアナ航空機がまた!火災警報装置が鳴りロシアに緊急着陸】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/02(火) 14:36:48.57 ID:CAP_USER
    no title

    写真はアシアナ航空機。

    2016年8月2日、韓国・KBSによると、先月29日に起きた大韓航空機のタイヤパンク事故に続き、アシアナ航空機でも先月27日にタイヤの事故が起きていたことが明らかとなった。

    アシアナ航空機はベトナムのダナン国際空港に到着後、後輪がパンクしていることが確認された。このトラブルの影響で、出発時間は予定より18時間45分遅れたという。同航空によると、現地の空港に残っていた乗客らにはホテルを提供した。
    また、タイヤがパンクした原因は調査中だという。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

    「近いうちに大きな事故が起こりそうで怖い」
    「金を稼ぐために1台の飛行機を酷使しているから」

    「安全点検を徹底してほしい」
    「韓国の航空会社は本当に問題が多い。こんなに多くの事故を起こすのは韓国の航空会社だけ」

    「タイヤの製造会社はどこ?どうせ韓国製のタイヤでしょ?」
    「過密なスケジュールのせいで航空機を整備する時間が足りないから、このような事故が起きる。航空会社の安全不感症が原因だ」
    「着陸時にパンクしていたら大変なことになっていた」(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/a146425.html

    関連スレ
    【韓国】成田発の大韓航空便 済州でタイヤ事故=「けが人はなし」[7/29]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469765937/
    【韓国】 成田発の大韓航空機、韓国着陸直後にタイヤがパンク=韓国ネット「ナッツでも踏んだんだろう」[07/29] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469807074/

    【【また】大韓航空機に続いてアシアナ航空機でもタイヤパンク事故】の続きを読む

    このページのトップヘ