まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:オランダ

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/11/22(日) 12:06:25.31 ID:???.net
    外国で難民認定を受けるために大韓民国国籍取得を隠した脱北者に対し、罰金刑が
    宣告された。

    大邱(テグ)地方裁判所刑事10単独(判事=チョン・シング)は22日、私文書偽造などの
    容疑で起訴された40代のA被告(女)に対し、罰金100万ウォンを宣告したと明らかに
    した。

    A被告は去る2005年に脱北して中国を経て韓国内に入った。大韓民国の国籍を取得
    して、住宅と定着支援金を受けて生活した。

    しかしA被告は、オランダで難民と認定されるとより多くの恩恵を受けられる事を知り、
    去る2012年11月、大韓民国国籍取得を隠したままオランダ移民局に、「脱北して
    中国-フランスを経てオランダに入国した」という内容の虚偽難民申込書を提出して
    韓国内の裁判所に起訴された。

    チョン判事は、「被告人の法廷陳述と出入国記録などから容疑が認められる」と
    明らかにした。

    ソース:NAVER/朝鮮日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=023&aid=0003090860

    引用元: ・【朝鮮人】「もっと恩恵を・・・」~韓国国籍を隠してオランダに難民申請した脱北者に罰金刑[11/22]

    【そうだ!難民しようwww 【朝鮮人】「もっと恩恵を・・・」~韓国国籍を隠してオランダに難民申請した脱北者に罰金刑[11/22]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 20:31:32.01 ID:???.net
     中国や韓国、台湾など6カ国・地域がそれぞれの所有する慰安婦に関する資料を、来年3月にも国連教育科学文化機関
    (ユネスコ)の記憶遺産に共同で登録申請する計画があることが2日、わかった。記憶遺産をめぐっては、4日からアラブ首長国連邦の
    アブダビで開かれる国際諮問委員会(IAC)で中国の公文書館などが昨年申請した「慰安婦関連資料」「南京大虐殺文書」が
    審査される。慰安婦関連資料の登録は「保留」になるとの情報があることから、中韓などは次回の登録を確実にするために連帯した
    体制を整える構えとみられる。

     中韓などの登録申請の計画は、明星大学の高橋史朗教授が2日に自民党本部で開かれた、「国際情報検討委員会・日本の
    名誉と信頼を回復するための特命委員会合同会議」で明らかにした。

     高橋氏は詳細を説明していないが、中韓と台湾のほか、オランダ、フィリピン、北朝鮮が「国際連帯推進委員会」を結成して共同で
    登録申請を目指していると説明した。主体は民間団体とみられるが、政府が関与する国・地域もありそうだ。高橋氏は「(日本には)
    官民一体となった取り組みが求められる」と訴えた。

     一方、4日からのIACで審査される中国側の申請について、自民党の合同会議に出席した外務省幹部は「中国に10回以上、
    『どういう資料があるのか開示してほしい』と要求しているが、中国は申請が認められ、資料が一般公開されるまでは一切回答できない」
    との立場を取っていると説明した。また、ユネスコに対しても慎重な審査を申し入れるとともに、「ユネスコの政治利用への懸念」を伝えているという。

     IACの結果は7日にユネスコのホームページで発表される予定。

    産経ニュース 2015.10.3 07:45
    http://www.sankei.com/politics/news/151003/plt1510030008-n1.html

    関連スレ
    【産経】記憶遺産登録なら反日宣伝拡大の恐れ 「南京事件」「慰安婦」中国申請2件の可否焦点 4日から審査会議 日本も2件申請[10/2] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1443788801/

    引用元: ・【ユネスコ】中韓など6カ国・地域(台湾、フィリピン、オランダ、北朝鮮)が「慰安婦」戦線 記憶遺産登録、来年は共同申請を計画[10/3]

    【モンドセレクションかよ【ユネスコ】中韓など6カ国・地域(台湾、フィリピン、オランダ、北朝鮮)が「慰安婦」戦線 記憶遺産登録、来年は共同申請を計画[10/3]】の続きを読む

    このページのトップヘ