まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:カフェ

    1: 荒波φ ★ 2018/10/10(水) 09:46:39.30 ID:CAP_USER
    ロシアの有名サッカー選手2人がモスクワ市内のカフェで韓国系公務員を暴行し警察の取り調べを受けている。

    AFP通信とタス通信など外信が10日に伝えたところによると、サッカー選手アレクサンドル・ココリン(ゼニト・サンクトペテルブルク)とパベル・ママエフ(FCクラスノダール)が8日にモスクワのカフェでロシア産業通商省の公務員を暴行した。

    防犯カメラの映像には被害者であるデニス・パク氏が食事をしている途中に選手らが近づいてきて、いすで頭を攻撃する場面が撮られていた。デニス・パク氏は韓国系だと外信は伝えた。

    デニス・パク氏の弁護士はロシア国営放送で「彼らはデニス・パクの人種をばかにした。被害者は脳しんとうを起こした」と明らかにした。

    有罪判決が下される場合、ココリンとママエフは最高5年の懲役刑を受ける可能性がある。

    この日両選手はこの事件の直前にもあるテレビ司会者の運転手を暴行して車を破損したりするなど1日で2件の暴行事件を起こした。

    事件が伝えられるとサッカー界を含めロシアでは非難があふれた。

    ペスコフ大統領報道官は「クレムリンは事件を認知している。事件映像は不快だった」と表現した。

    スポーツ解説家のドミトリー・グベルニエフ氏は「これは国際サッカー連盟(FIFA)が断固として清算しようとしている人種差別」と非難した。

    合わせてココリンの所属チームのゼニトは「ココリンの犯罪はおぞましい」とし、FCクラスノダールは「ママエフとの契約解除を検討している」と話した。ロシアプレミアリーグも彼らが厳格な処罰を受けなければならないと糾弾した。

    ココリンとママエフはいずれもロシア国家代表チームで活躍した選手だ。特にココリンはフォワードの主力で、ワールドカップ・ロシア大会ではひざの負傷で欠場した。ママエフは2016年欧州サッカー選手権大会(ユーロ2016)まで代表チームで活躍した。

    一方、彼らはユーロ2016当時ロシアが予選リーグで脱落した後、モンテカルロのナイトクラブで3億ウォンを超える酒代を使って超豪華パーティーを行い摘発され懲戒を受けたことがある。


    2018年10月10日09時39分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/907/245907.html?servcode=600&sectcode=600

    引用元: ・【中央日報】 ロシアのサッカー選手、モスクワのカフェで韓国系公務員「人種差別暴行」 [10/10]

    【被害者面は大得意【中央日報】 ロシアのサッカー選手、モスクワのカフェで韓国系公務員「人種差別暴行」 [10/10] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/07/06(木) 09:28:14.78 ID:CAP_USER
    満席のカフェの前でオナニーをした40代が、裁判所から罰金刑を宣告された。

    済州(チェジュ)地方裁判所刑事2単独(判事=ファン・ミジョン)は5日、カフェの前でオナニーを
    した容疑の裁判でユン被告(40歳)に対し、公然わいせつの容疑で罰金500万ウォンと性暴行
    治療プログラム40時間を命令した。

    事件の発端は昨年12月27日、済州市(チェジュシ)シングァン路付近のカフェの前でユン被告は
    自分の大事な部分を取り出し、カフェの中の客が見ている前でオナニーをした。

    結局、公然わいせつの容疑でユン被告は裁判に引き継がれた。

    裁判部は、「被告人が精神科の治療を受けるなど、再犯をしないという意志を見せた点などを
    考慮して量刑した」と伝えた。

    一方でユン被告は、同じ犯罪で罰金刑を宣告されている事が分かった。

    ソース:時事フォーカス(韓国語)
    http://www.sisafocus.co.kr/news/articleView.html?idxno=163305

    引用元: ・【韓国】「満席のカフェの前でオナニー」=罰金500万ウォン[07/06] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【この手の犯罪多すぎ 】「済州市シングァン路付近の満席のカフェの前でオナニー」以前も同じ犯罪で罰金刑に】の続きを読む

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/18(月) 10:52:35.46 ID:???.net
    東京に初めて韓国関連書籍をメーンに取り扱うブックカフェができる。

     日本で韓国文学書籍などを翻訳出版し「文学韓流」の先頭に立ってきたCUON(東京都中央区)が7月7日、本の町として知られる東京・神田神保町にブックカフェ「チェッコリ」をオープンする。

     同社の金承福(キム・スンボク)代表取締役は17日、聯合ニュースの取材に「気軽に本を読んで購入できる空間にしたい」と話した。
    また、「読者のために作家との対話や出版記念会、講演会、読書討論会などを開いて韓国の本を愛する人たちの店として運営していく」と紹介した。

     店名を「チェッコリ」にした理由については、
    「昔、書堂(朝鮮王朝時代の私塾)で本1冊を勉強し終えるたびに生徒が先生を料理などでもてなした伝統が『チェッコリ』。本を通じて学ぶ喜びや労苦を祝っていた温かい伝統を受け継いでいきたいという思いから名づけた」と話した。

     カフェではコーヒーや韓国伝統茶、伝統菓子、夜はマッコリも提供する。交流の場として活用してほしいという。

     小説やエッセー、実用書、語学書、児童書を中心に韓国語の原書3000冊と、日本語に訳された韓国書籍500冊が並ぶ予定だ。

     今後、5000冊に規模を拡大する予定。また、韓国の文房具類も販売する。オープン当日は韓国と日本の著名作家を招き記念講演会を開催する。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/18/2015051801144.html

    引用元: ・【国内】韓国書籍のブックカフェ 東京・神田神保町に7月オープン[05/18]

    【うんこの絵本読まされたらかなわんわ【国内】韓国書籍のブックカフェ『チェッコリ』 東京・神田神保町に7月オープン[05/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ