まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:サッカー

    1: まるっとニュー 2020/05/21(木) 11:48:21.96 ID:CAP_USER
    ■ドイツで長年プレーしたFWク・ジャチョル、ヴォルフスブルクでのエピソードを吐露
     
    元韓国代表FWク・ジャチョル(アル・ガラファ)は、元日本代表MF長谷部誠とも共闘したドイツのヴォルフスブルク時代について回想し、人種差別被害に遭っていたことを告白した。

    「今考えても、それはあまりにも悲しかった」と語っている。韓国紙「世界日報」が報じた。

    (中略・ソース元参照)

    発端は2013年9月21日、ブンデスリーガ第6節ホッフェンハイム戦だったという。本拠地フォルクスワーゲン・アレーナで行われた一戦で先発出場したク・ジャチョルだが、「その日は調子が良くなかった。あまり眠れず、自信がない状態で出場した。勝っていても、なんだか不安だった」という。

    そのなかで前半20分頃、ヴォルフスブルク陣内のボールをヘディングでゴールキーパーにバックパスしようと試みたが、ここでク・ジャチョルのミスから相手ストライカーにボールを奪われて失点。ク・ジャチョルはハーフタイムに交代するも、試合はヴォルフスブルクが2-1で逆転勝利を収めた。

    ■試合翌日、同僚から投げかけられた思わぬ言葉 「怒ったク・ジャチョルは…」
     
    事件は翌日のトレーニングで起きたという。ク・ジャチョルは「控えのゴールキーパーが『ヘイ、チャイニーズ』と言って『どんな種類のサッカーをやってるんだ』『ナイスアシスト』と皮肉を言ってきた」と明かしている。

    当時の出来事に触れつつ、記事では「怒ったク・ジャチョルは監督に対して『人種差別を受けた』と抗議。それとともに『ビルト』や『キッカー』などのメディアインタビューで、冬にチームを無条件に離れたいと宣言した。監督はゴールキーパーに電話し、ク・ジャチョルに謝罪するように求めた」と記している。

    ク・ジャチョルは「そのゴールキーパーに電話で謝罪を受けた記憶がある」と回想し、夕食の招待も受けたという。ク・ジャチョルは「今考えても、それはあまりにも悲しかった」と吐露している。

    その一方、昨年の大韓サッカー協会(KFA)主催のイベントでも当時を回想していたク・ジャチョルは、「とても苦痛だったが、1日休んでロッカールームで大声で歌って勇気を出した。その後、選手たちと初めて一緒にご飯を食べに行き、殻を破るきっかけになった」と語っている。

    人種差別に心を痛めたク・ジャチョルだが、その後はドイツで長年プレー。自身のサッカーキャリアにおいてターニングポイントの一つになったようだ。


    2020.05.21
    https://www.football-zone.net/archives/262950
    https://www.football-zone.net/archives/262950/2

    引用元: ・【サッカー】 『ヘイ、チャイニーズ』 元韓国代表FW、海外で「人種差別」被害  憤怒の過去告白 「あまりに悲しかった」 [05/21] [荒波φ★]

    【こりゃ1000年言い続けるな】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/04/23(木) 23:30:09.20 ID:CAP_USER
    2020年4月22日、韓国・ベストイレブンによると、元韓国代表MFキ・ソンヨンに対して人種差別的な行動を取ったとして非難を浴びていたコロンビア代表MFエドウィン・カルドナが弁明した。

    記事によると、カルドナは17年11月10日、韓国の水原ワールドカップ競技場で行われた親善試合で、キに対し両手で目尻をつり上げる人種差別的なポーズをした。記事は「当時、キはハメス・ロドリゲスと小競り合いになり、途中でカルドナが割り込んできて挑発した」と伝えている。

    この騒動でカルドナはFIFAから国際Aマッチ5試合の出場停止処分を受け、その影響で18年のロシアW杯出場のチャンスを逃したとされている。

    これについてカルドナは今月21日、コロンビアメディアとのインタビューで「私の心と神に懸けて言うが、その行動は彼ら(韓国選手ら)の侮辱的な行動に対する反応にすぎない。とっさに出たものだった。公に謝罪もした。はっきり言って、私は人種差別主義者ではない。私はみんなを愛している」と述べたという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからはカルドナに対し「もうちょっとまともな弁明をしてほしい」「悪く言いたくないけど、これは無理」「『あの子が最初に言ったんだから!』というのは最も簡単で幼稚な弁明」「結局自分で自分の首を絞めたね」「そう簡単に神様の名前を口にしないで!」など厳しいコメントが殺到している。

    一方で、キがかつて日本戦で「猿まねパフォーマンス」をしたことを挙げて「猿まねのことを日本人にたたかれても何も言えないね」と指摘するユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

    https://www.recordchina.co.jp/b800369-s0-c50-d0127.html
    Record China 4月23日(木)21時40分

    引用元: ・【韓国サッカー】「韓国の侮辱的行動のせい」人種差別騒動のコロンビア選手が弁明=韓国ネット「幼稚だ」[4/23]

    【カルドナは正しい】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/05/18(月) 12:20:39.85 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title


    ●人体が細かく描写され、質感もプラスチックではなく、高価なシリコン素材

    ●明らかに普通のマネキンでなく、アダルト用品の「リアルラブドール」と判明

    ●販売業者が宣伝目的で設置。球団関係者は「そのようなマネキンだとは知らなかった」。

    ※ 「リアルラブドール」は「儒教の国」韓国らしく、長い間、輸入販売流通が禁止されていた。しかし、昨年の判決で解禁され、日本製の輸入が急増中。


    2020/05/17 23:40 入力
    https://kt.wowkorea.jp/album/331419.html

    引用元: ・【韓国】 新型コロナで 「無観衆の開幕」 韓国サッカーリーグ、「応援マネキン」で物議。 「リアルラブドール」と判明 [05/18] [荒波φ★]

    【空気嫁!】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/04/20(月) 21:50:11.63 ID:CAP_USER
    no title


    ■度重なる不可解な判定で韓国に敗れたスペイン 「疑惑以上のジャッジパフォーマンス」

     サッカー史上に残る“誤審”の一つとして認知されているのが、2002年日韓ワールドカップ(W杯)準々決勝のスペイン対韓国の一戦だ。スペイン紙は「2002年の日韓W杯でスペインが強盗の被害」と見出しを打ち、優勝候補だった当時のチームの悲劇に再びスポットライトを当てている。

     日韓W杯はブラジルが優勝を収めたが、最もインパクトを残したのはアジア史上初のベスト4進出を成し遂げた韓国だった。一方で、その勝ち上がりの過程のなかでは審判団による不可解な判定が物議を醸した。その一つがベスト16のイタリア戦(2-1)で、優勝候補の一角だったアズーリは不利なジャッジに悩まされ、延長戦では明らかなゴールがオフサイド判定となり、エースFWフランチェスコ・トッティは2枚のイエローカードで退場処分に。バイロン・モレノ主審への買収疑惑も報じられるほどだった。

     さらにもう1試合、“誤審騒動”の被害者となったのが、準々決勝で韓国と対戦したスペインだった。後半3分にFKから、MFルベン・バラハが合わせてネットを揺らすも、不可解なファウルの判定で取り消しに。さらに0-0で突入した延長前半2分にも、右サイドを突破したFWホアキン・サンチェスのクロスからFWフェルナンド・モリエンテスがヘディングシュートを放ちネットを揺らしたが、ホアキンのクロスがゴールラインを割っていたと判定され再びノーゴール。だがリプレーでは全くラインを割っていなかったことが発覚し、波紋を呼んだ。最終的にスペインは、0-0の末に迎えたPK戦で3-5と韓国に敗れている。

     スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「2002年の日韓W杯でスペインが強盗の被害」と見出しを打ち、日韓W杯でスペインが見舞われた悲劇に再び脚光を当て、「W杯史上最悪の判定」と表現している。

    「エジプト人のガマル・ガンドゥール主審による疑惑以上のジャッジパフォーマンスがスペインを追い出した」と指摘。「数年後にガンドゥール氏を直撃したところ、『なぜスペイン人は怒っているんだ?』といまだに理解できずにいた。FIFA運営は判定ミスを認めるも、この試合の主審に高評価を与えていた」と説明している。

     スペインは8年後の2010年南アフリカ大会で悲願のW杯初優勝を達成し、08年欧州選手権制覇から始まった黄金期を確かなものとしたが、スペイン人の中では日韓W杯の歴史的誤審は“負の記憶”として、いつまでも心に刻まれ続けるのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_258008/
    Football ZONE web 2020年4月20日 19時5分

    関連
    【国際】「史上最大の強盗」日韓W杯の韓国戦をスペインの選手が非難…韓国ネット「もっと誤審はある」「ホームアドバンテージ」[4/12]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1586668726/

    引用元: ・【サッカー】日韓W杯の韓国戦は「史上最悪の判定」 スペイン紙が“世紀の誤審”に再脚光「疑惑以上」[4/20]

    【一番気の毒だったのは何といっても日本だがな】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/02/29(土) 13:12:16.50 ID:CAP_USER
    日本のスポーツ漫画の中でも特に人気が高い『キャプテン翼』。

    日本のサッカーブームの火付け役となり、日本代表やJリーガーたちはもちろん、ジネディーヌ・ジダン、アレッサンドロ・デルピエーロ、リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタなど世代を超えた世界のスーパースターたちが“キャプ翼”のファンであることを公言しているが、どういうわけか韓国ではあまり認知度が高くないことをご存じだろうか。

    『キャプテン翼』が韓国で出版されなかったわけではない。

    『ナルアラ(翔べ)キャプテン』というタイトルで、1996~1998年にソウル文化社から翻訳出版されている。ただ、37巻までで、南葛中学を率いた大空翼が日向小次郎率いる東邦学園と両校同時優勝するまでで終わっている。

    ジュニアユース編も、その後に続くワールドユース編も翻訳出版されなかったというのだ。

    韓国の漫画事情に詳しい関係者は言う。

    「小学校、中学校の全国大会優勝を目指すまでは良いのですが、日本代表になって世界と戦う大空翼に共感する韓国人はいない。韓国でサッカー日本代表の躍進を読みたがる人はいませんから、中学編で終わったのでしょう」

    つまり、サッカーでは日本に負けないという韓国のプライドが『キャプテン翼』を許さなかったわけか。翻訳版では大空翼の名前が、「ハン(韓)・ナルゲ(翼という意味)」だったらしい。

    ちなみに韓国では『キャプ翼』を凌ぐ人気を誇るサッカー漫画があった。タイトルは『蹴球王シュットリ』。1993年から韓国のテレビ放送局SBSで放送されたアニメ番組で、当時は1994年アメリカW杯のアジア予選最中だったこともあって高視聴率を誇った。

    Kリーガーの中にはこの『シュットリ』に影響された選手たちが多く、サッカー好きで知られる日本でも有名なとあるK-POPアイドルも「シュットリを見て育った」と公言するほどだが、この『シュットリ』も実は日本のアニメだ。

    原題は『燃えろ!トップストライカー』。1991年10月から1992年9月までテレビ東京系列で放映されたテレビアニメだ。

    スポーツソウル
    https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9988

    引用元: ・【サッカー】イニエスタも影響された『キャプテン翼』が韓国では拒絶された理由[2/29]

    【パクって自分の物にする【サッカー】イニエスタも影響された『キャプテン翼』が韓国では拒絶された理由[2/29]】の続きを読む

    このページのトップヘ