まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:ソウル

    1: まるっとニュー 2019/12/10(火) 19:18:00.55 ID:CAP_USER
    過去1年間、ソウルで※Air Quality Indexが100を超えた日数

    106日(2018年11月~2019年11月)

    18年11月 14日
    18年12月  8日
    19年01月 16日
    19年02月 17日
    19年03月 20日
    19年04月  5日
    19年05月 16日
    19年06月  2日
    19年07月  2日
    19年08月  1日
    19年09月  0日
    19年10月  1日
    19年11月  4日

    no title

    http://aqicn.org/city/seoul/


    過去1年間、横浜でAir Quality Indexが100を超えた日数

    4日(2018年11月~2019年11月)

    no title

    http://aqicn.org/city/yokohama

    引用元: ・【ヘル朝鮮】ソウル、3.4日に1日のペースでPM2.5が健康に有害なレベルの濃度

    【外務省は渡航注意呼びかけろよ 【ヘル朝鮮】ソウル、3.4日に1日のペースでPM2.5が健康に有害なレベルの濃度 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/12/18(水) 18:33:56.72 ID:CAP_USER
    【ソウル=名村隆寛】日韓でベストセラーとなった「反日種族主義」の共同著者で、
    韓国・落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イウヨン)研究委員が18日、
    ソウルの日本大使館近くで集会を開いていたところ、サングラスの男に襲われた。

    警備中の警察官が男を制止し事情聴取した。李氏にけがはなかった。

    李氏は、韓国で浸透している「日本軍慰安婦は性奴隷」などの主張が、事実に反しているとの立場。
    大使館前に設置されている慰安婦像の撤去と大使館前で開かれていた日本政府糾弾集会の中止を求め、
    数十メートル離れた歩道で数人の支援者と集会を開いている最中に襲われた。

    男は李氏に近寄ると、突然、素手で襲いかかった。警察官に引き離されたが、
    「こいつ(李氏)を殺しに来た!」と何度も叫んだ。

    周辺には李氏らの活動を批判する市民やメディアが集まっており、現場は一時騒然となった。
    李氏はその場で被害を訴え、警察は男と李氏を警察署に移動させて事情を聴いた。

    李氏らは、今月4日から反日糾弾集会と同じ時間に集会を開いており、18日が3回目。
    この日も、李氏に対し「おまえはゴミだ!」「いくら日本からカネをもらったんだ」などの罵声が執拗(しつよう)に浴びせられ、
    集会はさながら李氏を糾弾する場となった。

    非難の的となった李氏だが「むしろ我々の主張に社会の関心が集まっている」と意に介しておらず、今後も集会を続ける構えだ。
    https://www.sankei.com/world/news/191218/wor1912180016-n1.html

    引用元: ・【韓国】 ベストセラー「反日種族主義」の共同著者、ソウルで襲われる

    【親日狩りだぁwwwwww 【韓国】 ベストセラー「反日種族主義」の共同著者、ソウルで襲われる 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/11/14(木) 13:40:26.91 ID:CAP_USER
    2019年11月7日、韓国・京郷新聞によると、先月30日、ソウルの公園でホッキョクギツネが保護された。

    記事によると、動物保護団体・KARAは先月30日、「ソウルの公園に白いキツネがいる」という情報を受け現場に行き、公園内にある建物の屋根で日光浴をしながら寝ているキツネを発見した。猫用の捕獲機を使って捕獲し確認すると「ホッキョクギツネ」だったという。同団体のチ ン・ジンギョン理事は「人の後をついて回ることから人に捨てられたか逃げ出した可能性が高い」とし「公園内にある猫のエサを食べて空腹をしのいでいたようだ」と説明したという。

    現在、保護されたキツネは同団体が運営する動物病院で治療を受けている。しかし野生動物や捨てられた動物を救助、保護する既存の施設の対象ではないため、同団体はキツネの今後に頭を悩ませているという。記事は「野生動物救助センターは国内の野生動物を、動物愛護センターは主に飼い犬や飼い猫を保護する機関だ」「ホッキョクギツネは国際的な取引が禁止されている絶滅危惧種ではないため環境部の所管でもない」と説明している。また、イヌ科のキツネは麻疹や狂犬病に弱いため、動物愛護センターへ送るのは危険だという。

    チ ン理事は「『ホッキョクギツネを動物の取引サイトで買った。庭に放した隙に逃げ出した』と主張する人物が現れたが真偽を確認できていない」と話した。また「ホッキョクギツネがソウル都心に現れるようになった主な原因は最近、ペットにするのが難しい外来種の野生動物を家庭で飼う特異な文化の流行にある」と指摘したという。

    韓国では野生動物の販売やインターネットでの取引などを規制する法律案が国会で発議されたが、通過はしていないという。

    これに韓国のネットユーザーからは「最期まで責任を持てないのなら飼わないで」「飼えなくなって捨てるということは すことと同じだ」「北極で生きるべきキツネを遠くまで連れてきた揚げ句捨てるなんて」「開いた口がふさがらない。育てるのが大変なら動物園に寄贈すればいいのに」「韓国の冬はホッキョクギツネにとっては春や夏なのでは?。夏はどうするつもり?韓国でこのような動物を飼うなんて自分勝手だ」など批判の声が相次いでいる。

    また「野生動物の搬入を禁止する法律が必要だ」「野生動物の不法な取引を厳しく取り締まる必要がある」「飼えなくなって捨てる人が多いのに、なぜ規制されないの?韓国の生態系にも影響するのだから動物の輸入は厳しく制限するべき」「野生動物をペットや見世物にするのを禁止するべきだ。カフェにいるミーアキャットやタヌキ、水族館の熱帯魚やヘビなど野生動物は野生でいる時が一番幸せで美しい」など野生動物に関する法整備を訴えるコメントも寄せられている。
    Record China
    2019年11月14日(木) 12時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b758714-s0-c30-d0149.html

    引用元: ・【動物保護団体も困惑】ソウルの公園で見つかったのは…=韓国ネット「自分勝手」「開いた口がふさがらない」[11/14]

    【女は3日殴らないと、キツネになる。【動物保護団体も困惑】ソウルの公園で見つかったのは…=韓国ネット「自分勝手」「開いた口がふさがらない」[11/14] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/24(火) 21:31:19.31 ID:CAP_USER
    栄養剤の注射を受けにきた妊婦に中絶手術を行った医療関係者が警察の捜査を受けている。医療陣は患者の身元を錯覚したと説明している。

     ソウル江西署は23日、ソウル市江西区の産婦人科医A容疑者、看護師のB容疑者を業務上過失・重過失致死傷の疑いで立件したことを明らかにした。警察によると、ベトナム出身の女性Cさんは8月7日、病院の診療室で妊娠6週目と診断され、医師の処方に従い、栄養剤注射を受けるため、分娩室のベッドに横たわった。

     ところが、看護師のB容疑者は中絶手術の患者と勘違いし、本人確認なく麻酔剤を注射。続いて、医師も患者の身元を確認しないまま、中絶手術を行った。

     刑法によると、妊婦の同意を得ない中絶手術は「不同意堕胎罪」が成立する。警察関係者は「被害者が中絶手術を受けるという事実を知らず、反対意思を表明することもできなかったため、不同意堕胎罪の適用は困難とみられる」と話した。

    ピョ・テジュン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/24/2019092480122.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/09/24 11:38

    引用元: ・【韓国】栄養剤の注射を受けるため横たわったベトナム出身の妊婦に中絶手術 /ソウル[9/24]

    【ああっ?!女性の人権が!! 【韓国】栄養剤の注射を受けるため横たわったベトナム出身の妊婦に中絶手術 /ソウル[9/24] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/10/22(火) 14:29:33.33 ID:CAP_USER
    2019年10月18日、韓国・イーデイリーは、ソウル・東大門(トンデムン)にある橋が崩落する恐れがあると報じた。

    記事によると、この橋は05年に建設され毎日のように車が行きかっているが、週末になると近くにある市場を訪れる人々の路上駐車が問題になるという。同メディアの記者が13日に現場を訪れると、「車両駐停車時、2000万ウォン(約184万円)以下の罰金」と書かれた看板があるにもかかわらず、歩道の半分ほどが車でふさがれていたという。記事は「韓国では橋の上での駐車は不法行為にあたる。また、橋は人や車が行き来することを前提として設計されているため、車が長時間止まっていると橋に亀裂が入り崩落につながる可能性もある」と指摘している。

    しかし、ソウル市の安全課関係者は「渋滞が起きた時に橋の上に車が停車することを考慮して設計しているので問題ない」と説明したという。17年にソウル市が外部機関に依頼して該当当該の橋の安全診断と精密点検を行った結果、B等級と判定された。B等級は「全般的に安全だが観察が必要な状態」を指すという。同関係者は「B等級の構造物は2年ごとに安全点検を行っている」と話したという。

    一方、アン・ヒョンジュン建築工学博士は「疲労破壊」の可能性を指摘し、「通常、橋の安全点検は車のない状態で行われる。週末になると橋の上に止まっている車が増えるのであれば、これを考慮して点検を行う必要がある」と訴えた。また「何よりも不法駐車の取り締まりをしっかり行えば済む問題」「自治体が違法車両を厳しく取り締まるべき」と指摘したという。

    これに韓国のネットユーザーからは「なんで取り締まりをしないの?」「しっかりと罰金を科すべきだ」「ソウル市の対応は無責任過ぎる」「大事故が起きてからじゃないと対応しないってこと?」「平日だけじゃなくて週末も取り締まりをするべきだ」「看板を置いていながら取り締まりをしないから不法駐車が後を絶たない」「問題ない、問題ないって言いながら崩壊した橋がある。事故は一瞬だ」などソウル市の対応に対する批判の声が上がっている。

    また「歩道と道路に大きな段差をつけたら?」「鉄で作った固定式のガードを設置すればいい」「監視カメラを設置して5分以上駐車したら罰金を科すようにすれば?」「違反車両をレッカー移動させて罰金を科せば二度とそこには止めないだろう」など不法駐車を解決するためのアイデアも寄せられている。

    その他「駐車スペースがあまりにも少ないから不法駐車が後を絶たない」などの指摘も見られた。
    Record china
    2019年10月22日(火) 8時10分
    https://www.recordchina.co.jp/b753729-s0-c30-d0149.html

    引用元: ・【ソウルの橋に崩落危機】その原因は?=韓国ネット「無責任過ぎる」[10/22]

    【また落ちてしまうん? 【ソウルの橋に崩落危機】その原因は?=韓国ネット「無責任過ぎる」[10/22] 】の続きを読む

    このページのトップヘ