まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:ソウル

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/04(金) 05:35:21.89 ID:CAP_USER
    2017年8月3日、韓国・YTNによると、ソウル市内の道端に利用者の安全のため設置されていたはずのフェンスに触れ、親子が相次いで感電する事故が発生した。

    先月末、事故に遭ったのは2歳の子どもだが、自治体など関連機関が5日間にわたって責任の押し付け合いをしている間に、今度は現場確認に訪れた子どもの母親まで感電してしまったという。

    子どもは感電による後遺症から3日間入院、妊娠中の母親も病院で診察を受けた。被害者側が直接確認した結果、フェンスには200ボルト前後の電流が流れていたことが分かった。

    事故現場は、駐輪スペースと駐車場の間に常設されている一般的な金属製のフェンス。当時周辺では街灯などの工事が行われており、古い電気線が露出して雨に当たったことからフェンスに電気が流れたことが確認された。

    工事の責任者である区役所のほか、1度目の事故時に通報を受けたソウル施設管理公団や韓国電力は、5日間何の措置も取らなかったという。

    2度目の事故を受けて電気線はようやく整理されたが、被害者は手抜き工事と対応の遅れが重なって2度も事故が発生したと怒りをあらわにしている。

    この驚きの事故に、韓国のネットユーザーからは「一体どうしてすぐに出動して措置を取らないの?こうなったら全部消防に通報しないといけないね」「手が離せない急用でもあったのか?あり得ない」と対応の遅さへの追及コメントや、

    「また責任の押し付け合い。韓国の安全不感症は相変わらずだ」「情けない。これだから韓国はまだまだなんだ」と嘆きコメントが寄せられている。

    また、「被害者が区役所や施設管理公団、韓国電力を告訴して、大統領府が監査に来て初めて、関係者がお互い『許してください』と出てくるのだろう」と予想する声も上がり、

    「誰が担当するかによって対応が大きく変わる。1カ月前に家の前の電話線が切れて伸びていたから市民センターに連絡したんだけど、すぐ措置を取ってくれて確認の電話もくれたよ」と対応者による違いを指摘するユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)

    http://www.recordchina.co.jp/b173455-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】危険過ぎる「安全フェンス」、触れた母子が相次ぎ感電=韓国ネット「相変わらず安全不感症」「これだから韓国はまだまだなんだ」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【養豚場かよ 】ソウル市内の「安全フェンス」、触れた母子が相次ぎ感電】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/17(木) 11:10:46.66 ID:CAP_USER
    no title


    戦前・戦中に日本に強制徴用された犠牲者の遺骨が故国に戻ってきた。

    ソウル市は16日午前、京畿道坡州市広灘面(キョンギド・パジュシ・クァンタンミョン)のソウル市立龍尾里(ヨンミリ)第2墓地公園で、強制徴用犠牲者の遺骨33体の安置式が行われた。

    第2墓地公園「追悼の家」に安置された強制徴用犠牲者の遺骨33体は、6日に東京の在日同胞の寺院「国平寺」で奉還式を終えた。

    国平寺と韓国の市民団体「日帝強制徴用犠牲者遺骨奉還委員会」が協力して身元を把握した遺骨101体のうち先に33体が奉還された。残りの68体も順次奉還される予定だ。

    遺骨奉還委員会側は、「私が死んだら故郷に埋めてほしい」という多くの強制徴用犠牲者の遺言により、ソウル市に遺骨安置の支援を要請した。

    市は、遺骨奉還委員会が別途に推進する非武装地帯(DMZ)「平和の公園」の海外同胞墓地が造成されるまで、追悼の家に安置することを決めた。市は、来年33体、2019年に35体を安置する予定だ。

    光復70周年だった2015年に、北海道の強制徴用犠牲者の遺骨115体がここに安置された。

    ソウル市高齢者福祉課のキム・ボクチェ課長は、「市民が強制徴用犠牲者を忘れずに追悼し、歴史を認識する契機になることを期待する」と話した。

    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1029316/1

    引用元: ・【韓国】日本から強制徴用犠牲者の遺骨33体を奉還[8/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【戦後72年も何してたの? 】ソウル市で安置式 戦前・戦中に日本から強制徴用犠牲者の遺骨33体を奉還】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/07(月) 11:37:33.01 ID:CAP_USER
    2017年8月7日、ソウル松坡区蚕室洞のロッテワールドでアトラクションが故障し、乗客70人が3時間にわたって宙づりになる事故が発生した。幸い、けが人などはいなかったものの、ロッテワールド側が事故当時、消防当局への通報すら行っていなかったことが分かり、物議を醸している。

    韓国・JTBCによると、5日にロッテワールドで発生した事故で、119番通報をして救助を要請したのは乗客だった。通報した乗客はアトラクションが突然停止してから約1時間が過ぎても目立った措置が取られなかったため、自ら通報したという。

    また、事故発生後、乗客らは暗闇の中で高さ9メートルの地点で宙づりの状態になっていたが、ロッテワールド側は明かりもつけず、乗客らに対応についての説明も行わなかった。

    乗客らが3時間も宙づり状態になっている間、ロッテワールド側の取った措置は「席に座ったまま少々お待ちください」という案内を繰り返し放送することだけだったという。

    これについて、ロッテワールド側は「現場に到着した整備担当の職員がマニュアルにそって措置を取るのに時間がかかり、通報のタイミングを逃した」と説明した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「恐ろし過ぎてもう遊びに行けない」「大好きなアトラクションだったからとても残念」「韓国の事故への対応は後進国レベル。もし事故に巻き込まれたら誰を信じればいいの?」「誰も通報しなかったなんてびっくり。客も職員も我慢強いね」など驚きや不安の声が相次いでいる。

    そのほか「ロッテワールドの運営マニュアルがおかしいようだ」「マニュアルには事故が起きても通報するなと書いてあったのか?」「マニュアルを公開するべき」「外国で同じことが発生したら企業側は訴訟などで大変な思いをするだろう。しかし、韓国では遊園地の無料利用券とデザートサービス券をあげて終わり」などと指摘する声も。

    また、韓国で多くの乗客がその場での待機を求める船内放送に従って犠牲となった2014年4月のセウォル号惨事を思い出したユーザーも多く、

    「もうセウォル号事故を忘れたの?」「第のセウォル号惨事が発生するところだった」「乗客らが静かに待ち続け、セウォル号のような事故につながっていたらどうするつもりだった?」「韓国はあの時から少しも成長していない」などのコメントを寄せている。(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/b186751-s0-c30.html

    no title

    写真はロッテワールド。

    引用元: ・【韓国】乗客70人が宙づりも通報すらせず「待機せよ」=ロッテワールドのアトラクション故障事故で職員の対応が物議[8/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【少しも成長していない】ソウルのロッテワールドでアトラクションが故障、乗客70人が宙づり】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 21:59:16.29 ID:CAP_USER
     このところソウルの道峰・江北区一帯に、長い触角を持った、親指くらいの大きさの昆虫が群れをつくって出没している。

     ローカルなネット掲示板では、今月20日前後から「ゴキブリみたいに湧いてくる虫が数十匹、道で死んでいたり飛び回ったりしてる」「ぞっとするほど湧いてきた。防疫してほしい」という書き込みが相次いだ。

     通報を受けた道峰区が出動して確認したところ、正体は「カミキリムシ」(写真)だった。通常「ミヤマカミキリ」と呼ばれる。同じ甲虫目・カミキリムシ科でも、韓国の天然記念物に指定されている将帥カミキリ(ウスリーオオウスバカミキリ)とは違う。

     直接人に害を及ぼすことはないが、木に穴を開けたり樹液を吸ったりするので、山林庁では害虫に分類している。ブナやクリなどの木に生息し、都心よりも山で主に見つかる。道峰区庁では、通報があるたびに防除を行っている。

     江北区水踰洞の住民らは「子どもが登校中、ミヤマカミキリが数十匹死んでいるのを見てショックを受けた」「夕方になると飛び回るまでになり、外に出るのが怖い」と訴えている。ミヤマカミキリは明るい光に反応するため、夜間は明るい場所の周りに群れる。

     ソウル・双門洞のコンビニの従業員は「夜になると昆虫がガラス窓にぞろぞろくっついているのはもちろん、店の中にまで入ってきて困る」と語った。

     ソウル地域で害虫防除作業の総責任を負うソウル市は、国立山林科学院・国立樹木院の専門家らと共に、カミキリムシが都心にやって来た原因を追っている。

     ソウル大学応用生物科学部のイ・シヒョク教授は「ミヤマカミキリは、健康な樹木よりも弱った木に生息する。このところ韓国中部地域で『ナラ枯れ』(ブナ科樹木萎凋〈いちょう〉病)が増え、モンゴリナラなどブナ科の樹木が被害に遭っていることとも関連があるだろう」と語った。

    ソン・ホヨン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/25/2017072501054.html

    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2017/07/25/2017072500981_0.jpg
    ▲今月21日、ソウル市道峰区道峰洞のクレーンゲーム店に現れたカミキリムシの群れ。/写真=インターネットからのキャプチャー
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2017/07/25/2017072500981_1.jpg

    引用元: ・【韓国】ソウルにカミキリムシの群れ 道峰・江北区に大挙出没 住民は「外出するのが怖い」と訴え[7/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ポンデギ食べるんだから】「ぞっとするほど湧いてきた」ソウルにカミキリムシの群れ】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/30(日) 01:23:42.87 ID:CAP_USER
    2017年7月27日、韓国・ソウル市内のプール施設の驚くべき衛生管理実態が明らかになった。中には9カ月間も水の入れ替えを行わないなど、水質管理を事実上行っていない施設もあった。韓国・ニューシスなどが伝えた。

    野党・正義党の李貞美(イ・ジョンミ)議員が文化体育観光部とソウル市から提出を受けたソウルのプールに関する資料によると、ソウル市内122カ所のプールの水入れ替え回数は平均で約1カ月に1回(民間30日、公共29日)であったことが分かった。

    このうち、ある民間施設では最大9カ月間(263日)も水の入れ替えが行われず、子ども専用プールでも4カ月間(133日)水を使い回していた施設があった。

    毎日水を入れ替えていた施設は2カ所のみ、その他、入れ替えが「毎週」の施設は38カ所、「1~2週に1回」が28カ所などで、入れ替え頻度が月1回に達しない施設も28カ所(23%)あった。

    李議員室では、施設が時間や費用を惜しみ水の交換を適切に行っていないものと分析するとともに、韓国ではプールの水質管理項目に大腸菌以外の一般細菌が含まれていない点を問題として指摘した。

    世界保健機関(WHO)や日本、ドイツ、米国など先進各国では、一般細菌もプールの水質管理基準に含まれている。

    夏本番、プール利用がこれからまさに増えるという時に明らかになった驚きの実態に、韓国のネットユーザーからは「うぇっ、汚い!」「9カ月ってさすがにおかしいだろ」「目に見えないだけで、細菌がぷかぷか…」など悲鳴にも似た声や、

    「まるで細菌の養殖場」「名店でだしでも取ってるつもりか?」「いろんな排せつ物が熟成された水を飲みに行くようなもの」と不気味な例えが数多く上がっている。

    また、「毎日交換してる所と、9カ月入れ替えてない所、教えてもらうわけにはいかないの?」「今も知らずに汚水の中を泳いでいる人がいるはず。施設名を明かしてくれ」と訴えるものや、「確かにプールの水はいつも腐ったような臭いがする」「プールはいつもなんだか汚い感じがする」との体験談もあった。

    李議員は今後、全国的にプールの安全衛生に関する実態調査を行う必要性を指摘したが、ネットでは「ソウルだけでなく、全国のプールのほとんどが同じようなものだろう」との見方が大勢のようだ。(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/b185762-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】ソウルのプールの驚くべき水質管理実態にネットが悲鳴!9カ月間、水を替えない施設も=「確かにいつも腐ったような臭いが…」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【お構いなしだろ】「まるで細菌の養殖場」ソウルのプールの驚くべき水質管理実態が明らかに】の続きを読む

    このページのトップヘ