まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:ドラマ

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/24(火) 22:39:25.23 ID:CAP_USER
    no title


    ケーブルチャネルtvNの430億の大作「ミスター・サンシャイン」は旧韓末混乱期を背景にする。第1回で売国奴・イ・ワンイク(キム・ウィソン)が伊藤博文を訪ねて5万ウォンで朝鮮を売ると提案する場面が登場した。雲揚号派遣も弛緩熟が先に提案した。

    雲揚号は1875年に江華島(カンファド)を攻撃して略奪した日本軍艦だ。この事件は日本の朝鮮植民地化の第一歩だった。結局、日本はじっとしていたが朝鮮人が先に訪ねてきて朝鮮侵略を提案して取り引きしたという設定だ。

    この他にも「朝鮮はみな国が売れないでやきもきしているというのに?」等のセリフで当時、親日派が蔓延していたという印象を与えた。こうすれば侵略国としての日本の責任が消える。加害者の日本は受動的に取り引きに応じた存在で、朝鮮を滅びる様にした主体は朝鮮人自身ということになる。

    このドラマはまた、当時、朝鮮がどれほど不条理で残酷な社会であったかを精魂を込めて描写した。そのような体制だったため、人々が国を裏切るのが当然だったという印象を与える。結局、朝鮮崩壊は自国民を親日派に追いこんだ朝鮮の自業自得だ。これでは日本の責任が消えることになる。非常に危険な設定だ。いくら親日派が沸き立っても朝鮮を侵略した主体は明確に日本だ。親日派は単に日本の手下の役割をしただけだ。

    日本が胴で親日派は尻尾なのにこの作品は親日派を胴に浮上させた。さらにはこのドラマの背景になる時代はまだ親日派が本格的に蠢動した時期でもなかった。歴史を歪曲し、親日派を浮上させて日帝侵略の犯罪に免罪符を与えたのだ。

    このドラマの内容のとおりなら安重根義士が伊藤博文を処断したことも問題になる。伊藤博文は単に取り引きに応じただけ、侵略の元凶ではなくなるからだ。当然、歴史歪曲論議がさく烈した。一部ならともかく、朝鮮に問題があったのが正しく、結局、親日派が蠢動したのも正しいなら、そのような歴史も描かざるをえないのではないか。

    ヨーロッパならばそのようなこともある。ナチの侵略犯罪が歴史的事実で完全に公認され、加害者のドイツが繰り返し謝った。この程度の状況なら被害者側の複雑な事情を描いた作品も可能だ。しかし、日本はまだ侵略の歴史を否認し、さらに最も大きな被害者の我が国に対しネット右翼らが第二次加害まで犯しているところだ。

    この様な状況で被害者の私たちの内部の複雑な事情を描いて日本の責任を希薄にさせるのは不適切だ。すでに歴史が整理されたヨーロッパですら、ナチにやられた被害者内部の複雑な事情を描いてナチの罪を減らすことはない。ナチは相変らず悪の胴に描かれるだけだ。

    日本は救済不能な朝鮮を日本が近代化させてやったという植民史観を流布した。「ミスターサンシャイン」は朝鮮がどれほど凄惨な状況であったか描写しながら結果的に植民史観と似た設定になった。問題はこの作品が韓流大作でネットフリークスを通じて全世界に放映される点だ。東アジアで格別の注目をあびることも確実視される。

    そうでなくても日帝の罪状に対する世界の人々の認識がナチに比べてとても微弱なのが問題だった。ナチ象徴物は徹底的に禁止しながら日帝旭日旗は放置するのが西欧の現実だ。この作品がそのような現実をより一層悪化させる可能性がある。製作スタッフはこれからでも日本が侵略犯罪の主体で明らかな加害者であり朝鮮は被害者という点をドラマに入れる必要がある。

    ハ・ジェグン/文化評論家

    ソース:文化日報(韓国語) ミスターサンシャイン、「日帝責任論」が抜けた危険な設定
    http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2018072401032612000002

    引用元: ・【芸能】 大作ドラマ「ミスターサンシャイン」、親日派を強調し加害者である日帝の責任が抜けた危険な設定[07/24]

    【【芸能】 大作ドラマ「ミスターサンシャイン」、親日派を強調し加害者である日帝の責任が抜けた危険な設定[07/24] 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2018/07/15(日) 11:27:06.21 ID:CAP_USER
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15009407/
    no title


    【ソウル聯合ニュース】人気俳優、イ・ビョンホンの主演で注目を集める韓国ドラマ「ミスター・サンシャイン」(原題)の内容に親日的な部分があるなどの指摘が出たことを受け、制作サイドは13日、謝罪するとともに内容を修正すると発表した。

     ドラマ制作サイドはこの日発表したコメントで、「本ドラマの公式ホームページや制作発表会で紹介された(ユ・ヨンソク演じる)ク・ドンメのキャラクターは日本を美化する素地があるほか、歴史的事件の中にある実際の団体を背景にすることは正しくないとの指摘を受け、制作側は仮想の団体として内容を修正した」とした。

     先週放送された2話から本格的に登場したク・ドンメは「黒竜会」という組織の支部長として登場した。同組織は実際に存在した極右団体であることから問題になった。 

     ク・ドンメはキム・テリ演じるヒロインのコ・エシンを愛する人物で、今後ユジン・チョイ(イ・ビョンホン)、キム・ヒソン(ピョン・ヨハン)と四角関係を繰り広げることが予想される。これに対し一部視聴者はク・ドンメの親日的な行為が正当化される可能性があると指摘していた。

     制作側はこれについて、視聴者を混乱させたことについて謝罪。「すでに撮影を終えた部分であっても今後放送される分を修正することにした」と説明した上で、日本の行為を美化する意図はなく、低い身分に生まれた男が、道を誤ったことで変わっていく姿を描こうとする意図があったなどと説明した。

     また、敏感な問題のある時代を扱うドラマであるだけに、細心の注意が必要だということを繰り返し確認したとし、「今後も制作には格別の注意を払い、修正していく」と伝えた。

     「ミスター・サンシャイン」は「太陽の末裔 Love Under The Sun」(2016)や「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(2016~17)などのヒット作で知られる脚本家、キム・ウンスク氏の新作で、1900年代前半の朝鮮半島で起こった抗日運動がテーマ。ケーブルチャンネルtvNで放送され、2話までの視聴率は10%を目前にしている。

    引用元: ・【韓流】抗日運動テーマのドラマが親日との指摘を受け、制作側が謝罪と修正の発表

    【【韓流】抗日運動テーマのドラマが親日との指摘を受け、制作側が謝罪と修正の発表 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/15(日) 02:41:00.42 ID:CAP_USER
    2014年10月14日、青島空港で働く中国人が、日本人客と韓国人客の違いについて記した文章が話題を集めている。

    日本の団体ツアー客が移動するときは、常に一列に並んでいた。彼らは一様に清潔で落ち着いた服を着ており、色は白や灰色、ベージュ、緑などが多かった。彼らはガイドまたは添乗員の指示に従い、秩序を保って搭乗手続きや出入国審査を行っていた。

    中国語も英語も話せないお年寄りでも、係員に日本語で「ありがとう」と声をかけ、お辞儀をしていた。トイレに行くときもきちんと列に並び、列に並んでいる時は静かに待っている。そして、これは細かいことだが日本人のスーツケースを検査すると、衣類や生活用品、土産物などがきちんと整理されている。

    韓国の団体ツアー客は秩序なく移動する。道幅がどんなに広くても、幅いっぱいに広がって歩く。中高年の男女が着ている服はド派手。上は赤で下は緑、または上が緑で下は黄色といった具合だ。彼らは自分たちの顧客やグループの年長者には遠慮するが、そのほかの人に対してはまったく遠慮はしない。

    韓国人の英語レベルは日本人よりひどい。韓国人からよく「Can you speak English?」と上から目線で聞かれることがあるが、こちらが英語で話を始めると茫然としている。このほか、韓国人のスーツケースを開くと、往々にして靴下と食べ物がいっしょになっている。

    どこにでも民度の低い人がいることは否定しないし、中国人の素養もまだまだ引き上げる必要があることもわかっている。しかしそれでも、韓流ドラマの登場人物以外の韓国人の素養は、目も当てられない。(翻訳・編集/北田)

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20141015/Recordchina_20141015005.html

    http://s.eximg.jp/exnews/feed/Recordchina/201410150050000view.jpg
    写真は青島空港

    引用元: ・【中国】空港職員が見た!日本人客と韓国人客の違いとは?=「目も当てられない…」―中国ネット[10/15]

    【【支那人に言われたら終い】「韓流ドラマの登場人物以外の韓国人の素養は、目も当てられない」―中国ネット】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/04/18(火) 16:47:12.45 ID:CAP_USER
    韓国ドラマには豪邸やおしゃれなマンションがよく出てくると感じる中国人は多いようで、登場人物のおしゃれな生活にあこがれる人も少なくない。しかし、中国メディアの今日頭条が15日付で掲載した記事は、韓国を訪れた中国人旅行客の見解として「真実の韓国はドラマに出てくる韓国とは全然違っていた」と伝えている。

     記事は韓国について「ドラマと美容整形で知られた国」であるとし、また韓国ドラマに登場する人はみなきちんとした服装をしていると紹介したが、韓国のある路地の写真には、取り立てておしゃれとは言えない普通の服装をした人が、際立って魅力的とは言えない普通の店の路地で食事をしている風景が映し出されている。

     また、小型トラックで野菜を販売している様子が映し出された写真を掲載したほか、夜の路地で簡易テーブルを囲んで路上で食事をしている人びとの写真も掲載。ある意味で、中国国内でも普通に見られる光景の数々だが、韓国ドラマの内容を信じ込んでしまっていたのか、記事は結論の部分で韓流ドラマが物事の真の姿を描くとは限らないという見方を示した。

     日本人ならばドラマに登場する人物や街、風景はあくまでもドラマ仕様であり、あくまでも現実とは違うドラマの中の世界であることを知っている。だが、韓流ドラマがヒットした中国では、「韓国が外国」であるためか、韓流ドラマに出てくる人物や街が「ドラマ仕様」ではなく、真実の韓国を描いていると誤認してしまったのかもしれない。また、路地に簡易テーブルを出して食事をする光景は中国でも見られる光景だが、こうした共通点も「真実の韓国はドラマに出てくる韓国とは全然違っていた」と感じさせた要因かもしれない。

     この記事に対して、中国ネットユーザーたちは「韓国の大部分の都市は中国の都市より小さく、都市化も中国の方が進んでいる」、「ドラマの内容なんて信じちゃダメだ。それは中国のドラマを見ればよく分かるだろ」、「自分が北京を訪れた時も、ドラマの舞台だった北京との落差にがっかりした」などのコメントを寄せている。(編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1633877?page=1

    引用元: ・【今日頭条】韓国を訪れてみたら「ドラマに出てくる韓国とは全然違っていた」=中国報道[4/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ハリボテ国家だからな】中国人旅行客「真実の韓国はドラマに出てくる韓国とは全然違っていた」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/03(日) 12:26:57.12 ID:CAP_USER
    no title

    先月25日午後9時ごろ、群山市羅雲洞の美容室に裸で侵入し現金を盗んだ少年。(写真=群山警察署)

    証拠を残さないために裸で窃盗行為をした男が警察に捕まった。

    全羅北道群山(チョンラブクド・クンサン)警察署は2日、閉店後の美容室に裸で侵入し現金17万ウォン(約1万5060円)を盗んだ容疑で17歳の少年を逮捕し調査中だと明らかにした。

    少年は先月25日午後9時ごろ、群山市羅雲洞(ナウンドン)の美容室に窓から侵入した。頭に黒いビニール袋をかぶり手袋をした以外は何も着ていない裸の状態だった。少年は美容室の金庫から現金17万ウォンを盗み逃走した。

    警察は美容室内の防犯カメラの映像を確保したが、犯人の人相着衣を把握できず身元把握は困難を極めた。事件現場周辺のカメラ30台余りの映像をすべて分析し容疑者を特定するまで1週間かかった。

    警察は1日午後7時ごろ、美容室の近所に住む少年を自宅前で逮捕した。

    少年は警察の取り調べに自身の犯行であることを認め、「裸で犯行すれば証拠が残らないという内容のドラマを見て模倣したもの」と供述した。盗んだお金は遊興費に使う計画だった。

    少年は昨年12月にも同じ美容室に裸で侵入し現金4万ウォンを盗んだことが確認された。警察は「少年は精神的に問題のある状態ではないとみられる」とし、犯行動機など事件の経緯を追加で調べていると明らかにした。

    http://japanese.joins.com/article/779/217779.html

    引用元: ・【韓国】「証拠残さぬため」ドラマ模倣した裸の窃盗犯検挙[7/03]©2ch.net

    【【韓国】全裸DE窃盗 ドラマ見て実行】の続きを読む

    このページのトップヘ