まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:ニューヨーク・タイムズ

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/02/18(月) 11:35:07.46 ID:CAP_USER
    誠信(ソンシン)女子大学校の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は18日、去る7日のニューヨーク・タイムズ(NYT)の日本軍慰安婦に関連した日本の外務省報道官の名義の反論報道について、「これは全く事実ではない」という内容の再反論の書簡をこの新聞の編集長に送ったと明らかにした。

    徐教授は手紙で、「日本政府は何度も慰安婦について誠実な謝罪と悔恨の意を伝え、すでに慰安婦の名誉と尊厳を回復させようと努力して、心の傷を治癒する措置も取っていると主張したが、これは全く事実ではなく、日本軍慰安婦ハルモニ(お婆さん)に直接会って誠実な謝罪をした事は一度もない」と一喝した。

    彼はまた、「1965年の韓日請求権協定を通じて賠償問題は解決している。特に、慰安婦生存者47人のうち34人が支援金を受け、日本の対処を歓迎した」という日本の一方的な強弁(ごり押し主張)について、「すでに和解治癒財団が解散しているうえに、日本の出資金10億円を返すという韓国政府の方針が確定してからだいぶ経つ」と伝えた。

    続けて徐教授は、「このように日本政府は日本軍慰安婦に関して、全人類を対象に継続的な歴史歪曲だけを事としている」とし、「去る1月末のニューヨーク・タイムズの記事のように、今後も日本軍慰安婦と関連して、真実の事実だけを記事にしてくれるよう望む」と求めた。

    徐教授はこの新聞の編集部にも同じ内容の手紙を電子メールで転送した。

    書簡と電子メールには日本軍慰安婦関連の映像CD、徐教授がNYTに掲載した日本軍慰安婦の広告などを同封した。

    NYTは去る1月30日に日本軍慰安婦の金福童(キム・ボクドン)さんの死去の消息を伝え、「贖罪(しょくざい)を拒否する日本政府を相手に名誉回復のために戦う」という、ハルモニの生前のインタビューを掲載した。

    これに対して日本政府は反論報道を要請して、NYTは去る7日にインターネット版にこれを掲載した。

    これまで日本軍慰安婦に対する全面広告をNYTに地道に掲載してきた徐教授は、「日本政府が外信報道で反論を積極的に提起した事に対し、我々も再反論で立ち向かい、歴史歪曲を継続的に正して行く」と述べた。

    (写真)
    no title

    ▲ NYT編集長に送った書簡の内容。

    no title

    ▲ NYTに最近、日本政府が反論を提起した文章。

    no title

    ▲ 徐教授がNYTに掲載した慰安婦関連の全面広告。

    ソース:NAVER/ソウル=聯合ニュース(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0010640038

    引用元: ・【韓国】徐敬徳、ニューヨーク・タイムズに、「日本の慰安婦反論は事実ではない」[02/18]

    【反日をビジネスにしているクズ 【韓国】徐敬徳、ニューヨーク・タイムズに、「日本の慰安婦反論は事実ではない」[02/18] 】の続きを読む

    1: ◆cyx88LoMNQ 2015/04/29(水)14:55:30 ID:oCp
    2015年04月29日13時31分
    [? 中央日報日本語版]

    韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大教授が日本の安倍晋三首相の米議会演説に対抗して28日付(現地時間)の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に「真珠湾爆撃」の広告を掲載した。

    今回の広告はAセクション8面の下段ボックス広告で、「Attack on Pearl Harbor(真珠湾爆撃)」の大きな題名の下に1941年12月7日の日本による米国ハワイ真珠湾爆撃当時の現場写真が背景に挿入されている。

    広告下段には「米国真珠湾爆撃を覚えていますか? このように日本は第2次世界大戦を通じて世界のさまざまな国家に多くの被害をもたらした。特に、日本は世界中でまだ生きていらっしゃる旧日本軍“慰安婦”にまだ謝罪と補償をしていない」と書かれている。

    今回の広告を企画した徐教授は「29日の安倍の米国議会演説を控え、過去の歴史に対する心のこもった反省のない日本の今の姿を世界の人々に広く伝え、世界的な世論を通じて日本政府を圧迫していきたかった」と伝えた。

    http://japanese.joins.com/article/728/199728.html?servcode=A00§code=A10

    2: ◆cyx88LoMNQ 2015/04/29(水)14:56:15 ID:oCp
    画像
    no title

    引用元: ・【韓国】韓国広報専門家、ニューヨーク・タイムズに「真珠湾爆撃」の広告を掲載[4/29]

    【日米は未来志向 【韓国】ニューヨーク・タイムズに「真珠湾爆撃」の広告を掲載 韓国広報専門家 徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大教授[4/29]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/02/04(水) 10:40:41.45 ID:???.net
    no title


     1月29日の衆議院予算委員会で安倍晋三首相は、米国の公立高校向けの世界史教科書の慰安婦記述について「がくぜんとした」と述べ、日本の名誉にかかわる問題について、積極的に情報発信して対応していく方針を示した。

     教科書のタイトルは、『伝統と対立:過去への世界的な視線(Traditions and Encounters: A Global Perspective on the Past)』だ。
    教科書には、第二次世界大戦中に、日本軍が約20万人の14~20歳の女性を連行し、慰安婦として徴用したといった記述がある。また、日本海と東海という名称が併記されている。

     安倍首相の発言や日本政府の対応について、米韓メディアが報じている。

    ◆米出版社「疑いようのない真実だ」
     日本政府は1月、外務省を通じて公式に、教科書の記述を訂正するよう米出版社のマグロウヒルに求めた。しかし同社はこれを断り、次のような声明を出した。
    「学者らは、『従軍慰安婦』の事実に基づいて執筆している」、「執筆者による文章、検証、説明は、疑う余地のない正しいものだと考える」(ニューヨーク・タイムズ紙(NYT))

     ブルームバーグは、従軍慰安婦の人数について各者の意見が食い違っていると指摘する。国連が1998年に発表した調査結果では、20万人以上の女性が性的労働を強いられたとしており、これはマグロウヒルの教科書と同じ数字だ。
    一方、歴史学者の秦郁彦氏は、強制はなかったとし、2万人だったと主張している。

    ◆政府の対応は日本のイメージを損なうのでは
     NYTは、「日本が海外でのイメージを向上させるため、予算を大幅に増やそうとしている時」、と首相の発言のタイミングに注目している。
    記事は、「安倍首相のような日本の保守派は、日本を唯一の侵略者とする歴史的表現を頑として受け入れず、戦いはアジアを西欧の支配から解放しようとするものだったと言っている」、と伝えている。

     首相に回答を促したのは、自民党の稲田朋美議員だ。同議員は、国の名誉を守るのは政府の責務だと主張した。

     ブルームバーグによると、カリフォルニア州立大学フラートン校のナンシー・スノー教授が日本政府の問題への対応が誤っていると述べている。
    今のような対応では、「守勢に立つ日本に不利となる見方を強めることになる。今は将来どうなるかという方向に視線を向けるべきだ」、
    「世界に向け『隣人を歓迎する』という雰囲気を伝えなければいけないだろう。地域の周辺国と協力し、平和を進める国だとより広く認識してもらい、歴史認識をめぐって争うという嫌なイメージを纏うべきではない」(ブルームバーグ)と意見した。

     韓国紙ハンギョレは、安倍首相の歴史認識をいま一度精査する必要がある、と記事を始めている。そして、安倍政権の態度は、米政府も懸念を示しているとして、米議会調局(CRS)が1月20日に発表した報告書の内容を取り上げた。
    報告書では、従軍慰安婦問題や靖国神社参拝、海域での領有権に関する対立、全てが継続的に地域の緊張を高めることに繋がっている、と指摘している。

    ◆韓国との支持獲得をめぐる争い
     NYTは、ここ数年間、日本と韓国は、アメリカに対してそれぞれの歴史認識を受け入れさせようと競争を加熱しているとする。
    韓国系アメリカ人の団体は、日本と対立している歴史と領土の問題について韓国側の見方を浸透させようと、政治的影響力を使い、教科書を修正させ、モニュメントを建設、と指摘。

     安倍首相のもと、日本も遅れを取るまいと慌てているが、韓国に対抗するため外交官を特派するなどしているが、あまりうまくいっていない、とNYTはみている。
    2014年、バージニア州は、教科書の「日本海」という表記に「東海」という韓国の呼び名も併記することを決定したが、それに反対する日本の訴えを却下している。

    http://newsphere.jp/politics/20150203-3/

    関連スレ
    【国際】米ニューヨーク・タイムズがキムチを絶賛!・・韓国ネットは「私たちの魂」「キムチ嫌いが増えないよう官民一体で…」[1/24](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422096821/
    【慰安婦】「女性20万人を強制的に募集・徴用」「逃亡したら殺害」記述の米教科書…カリフォルニア以外の4州でも使用の可能性[1/27] (c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422332664/
    【話題】マイケル・ヨン氏「マグロウヒルの教科書は作り話、言論の自由とは誤りを真実として製品を売る自由とイコールでは無い」[02/02](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422854730/

    引用元: ・【日米韓】韓国に遅れを取る日本の歴史認識戦略、ニューヨーク・タイムズ指摘 米教科書の慰安婦記述などめぐり[2/03]

    【世界三大インチキ新聞 【日米韓】ニューヨーク・タイムズ指摘、韓国に遅れを取る日本の歴史認識戦略 米教科書の慰安婦記述などめぐり[2/03]】の続きを読む

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/01/23(金) 21:57:37.75 ID:???.net
    中国共産党系ニュースサイト・人民網は22日、米紙ニューヨーク・タイムズがキムチのおいしさを絶賛し、「韓国人のソウルフードだ」と紹介したと報じた。
    ニューヨーク・タイムズは21日、キムチは韓国文化の根源だとした上で、
    「ドイツ人が漬けるキャベツ(ザワークラウト)と同じ野菜の漬物にすぎないと外国人は思うかもしれないが、韓国人にとって、キムチはソウルフードだ」と紹介した。
    キムチの作り方も掲載し、「非常においしい。スープや麺類、チャーハンと幅広くアレンジできる。
    発酵食品のため、消化がよく、免疫力増加にも効果的。体によい健康食品だ」と絶賛した。
    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150123/Xinhua_07263.html

    引用元: ・【国際】米ニューヨーク・タイムズ、「キムチは韓国人のソウルフード」―中国メディア [01/23]

    【知らんがな、腹こわすで 【国際】米ニューヨーク・タイムズ、「キムチは韓国人のソウルフード」―中国メディア [01/23]】の続きを読む

    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 19:09:13.39 ID:???.net
     朝日新聞社は11日、東京電力福島第1原発の事故当時の状況を記した「吉田調書」に
    関する5月掲載のスクープ記事を誤報と認め、取り消した。同社の吉田伊量社長は同日夜、
    記者会見を開いて「読者の信頼を傷つけた」などと謝罪した。 

    海外各紙もこのニュースを報じている。ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)やウォール
    ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は、この原発関連記事の問題だけでなく、慰安婦問題を
    めぐる誤報やジャーナリストの池上彰さんの連載コラムの掲載拒否問題など、最近の
    一連の朝日の不祥事についても併せて取り上げている。

    【「慰安婦」誤報問題では各紙の論調に温度差】

     NYTは、今回の件について報じるとともに、いわゆる従軍慰安婦問題で、朝日新聞が
    日本軍による強制性の有力な証拠として度々取り上げてきた故・吉田清治氏の証言を
    虚偽と認め、関連記事を撤回した件についても詳しく論じている。 NYTはその中で
    、朝日が誤報を認めるに至ったのは、以前から「朝日新聞の誤った記事によって日本の
    国際的な評判が傷つけられたという批判が、特に右派のメディア・政治家から
    高まっていた」からだと記す。

    そして、「(右派からの批判は)日本で最も抜きん出たリベラルの声である朝日新聞に
    打撃を与えるための、政治的なキャンペーンだという見方も多い」と、朝日も被害者だ
    とする一部の国内世論を強調している。

    ※本文より抜粋しました。
    http://newsphere.jp/national/20140912-5/

    【NYT自体、特定アジアの機関紙だもんなw 【慰安婦誤報】朝日新聞は被害者? 慰安婦、吉田調書問題受け、「右派の攻撃」を強調 - 米・ニューヨーク・タイムズ紙】の続きを読む

    このページのトップヘ