まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:パレード

    1: まるっとニュー 2019/07/21(日) 11:21:52.97 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】日本の「経済報復」措置などで韓日間のあつれきが深まる中、ソウルの日本大使館前にある「平和の少女像」付近で20日午後、日本の経済報復や過去の歴史歪曲(わいきょく)を批判する集会が行われた。100余りの韓国市民団体の会員約1000人が参加した。

    ある市民団体の幹部は「強制徴用訴訟で日本企業に賠償を命じた大法院(最高裁)の判決は人権蹂躙(じゅうりん)など犯罪行為に対する慰謝料を請求したもの。しかし、安倍政権は1965年の韓日請求権協定を口実に賠償を拒否し、軍事大国化を追求している」と日本側を非難した。

     別の市民団体の幹部は「われわれが日本の経済報復に憤りを感じるのは単に輸出規制を強化したからではない。強制徴用の判決と日本軍による性奴隷制の問題に対する報復であるためだ」と指摘した。

     参加者たちは大型の「旭日旗」を破るパフォーマンスを行い、「安倍は消え、平和よ来い」と書かれたプラカードを持ち、約2.2キロをパレードした。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190721000100882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2019.07.21 09:56

    no title

    少女像付近で行われた集会のもよう=20日、ソウル(聯合ニュース)

    no title

    大型の「旭日旗」を破るパフォーマンス=20日、ソウル(聯合ニュース)

    関連
    【韓国】 巨大な旭日旗を引き裂く韓国人 (画像あり) 日本の輸出規制を非難
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1563625946/

    引用元: ・【韓国市民団体】ソウルの日本大使館前で「経済報復」非難集会 100余りの市民団体の会員約1000人参加 約2.2キロをパレード[7/21]

    【在韓日本人に注意報【韓国市民団体】ソウルの日本大使館前で「経済報復」非難集会 100余りの市民団体の会員約1000人参加 約2.2キロをパレード[7/21] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/20(日) 23:01:25.49 ID:CAP_USER
     在日コリアンが多く住み、特定の民族や人種への憎悪をあおるヘイトスピーチを伴うデモの標的になってきた川崎市川崎区の桜本地区で20日、朝鮮文化を披露する「桜本マダン」が開かれた。民族舞踊パレードには民族衣装姿の住民ら約150人が参加。参加者は「ヘイトデモに傷つけられたが、今日は誇りを取り戻せた」と話した。

     桜本地区では昨年11月と今年1月、「川崎発 日本浄化デモ」と題するヘイトデモが行われた。デモ参加者は「ゴキブリ朝鮮人は出て行け」「じわじわと真綿で首絞めてやる」などと叫びながら、地区周辺を集団で行進した。

     この地区で働く在日コリアン3世の崔江以子(チェ・カンイジャ)さん(43)が今年3月、ヘイトスピーチ対策法案を審議していた国会で被害の実態を証言。国会議員らが地区を視察し、法案の成立を後押しした。横浜地裁川崎支部は6月、地区でのヘイトデモを禁じる仮処分決定を出し、それ以降、桜本地区を標的にしたデモは行われていない。

     民族舞踊パレードでは、「ヘイトスピーチ許さない。共に生きよう」と書かれたのぼりが翻る中、参加者たちがチャンゴ(太鼓)などの楽器のリズムに合わせ、踊りながら地区内を練り歩いた。

     崔さんは「(仮処分決定で)ヘイトスピーチがここでは行われず、守られたから、安心して自分たちの文化を発信できる。誇らしいし、うれしい」と笑顔で話した。【後藤由耶】

    http://mainichi.jp/articles/20161121/k00/00m/040/023000c

    no title

    商店街で朝鮮半島の民族舞踊「プンムルノリ」のパレードをする人たち=川崎市川崎区桜本で2016年11月20日午後2時28分、後藤由耶撮影

    引用元: ・【神奈川】朝鮮文化を披露する「桜本マダン」 住民ら150人が民族舞踊パレード 川崎[11/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【文化の押し付け】朝鮮文化を披露する「桜本マダン」 川崎区の住民ら150人が民族舞踊パレード】の続きを読む

    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2014/11/07(金) 15:16:26.80 ID:???.net
    外国人住民の民間支援団体を訪ね、外国人住民の抱えている課題などについて理解を深める全5回の学習講座が16日から
    始まる。川崎区は外国人住民が市内で最も多い一方で、こうした民間支援団体の取り組みがあまり知られていないという。
    講座をきっかけに、課題を区民に知ってもらい、新しい共生ネットワークの広がりにもつなげていくのが狙い。

    主催するのは、川崎市ふれあい館(桜本・三浦知人館長)と川崎市教育委員会。「川崎区に暮らす外国人&日本人の共生
    ネットワークを広げよう」と題し、川崎市ふれあい館が進める人権尊重学級の一環として開講する。

     市によると、市内の外国人住民は、今年3月現在、2万9571人。このうち川崎区は最も多い1万979人が住んでいる。

    一方、外国人を支援する民間団体は30年以上前から様々な取り組みを進めているものの、そうした活動があまり知られていないという。
     講座では、フィリピン人コミュニティが形成されているカトリック貝塚教会の神父やフィリピン人リーダー、ベトナム人
    留学生支援に取り組む市民、外国人労働者の支援に取り組む労働団体などから話を聞く。
    また、課題解決に向け市民ネットワークと自治体がどのような協働事業を目指していくかについても話し合う。

     初回は16日午後1時から。桜本地域を街歩きし、商店街で行われる韓国・朝鮮の伝統芸能「プンムルノリ」のパレードを見学する。

    http://www.townnews.co.jp/0206/2014/11/07/258821.html

    引用元: ・【川崎】外国人住民の課題知ろう~初回は韓国の伝統芸能「プンムルノリ」パレードを見学

    【川崎きもすぎwwww 【川崎】外国人住民の課題知ろう~初回は韓国の伝統芸能「プンムルノリ」パレードを見学】の続きを読む

    このページのトップヘ