まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:ベトナム

    1: まるっとニュー 2019/10/31(木) 08:33:59.61 ID:CAP_USER
    ベトナムで買春した韓国人男性9人が現地警察の大々的な取り締まりで摘発され、国際的な亡身(恥)を晒した。

    30日、ベトナムのホーチミン駐在総領事館によれば、去る27日の午前1時頃(現地時間)、ホーチミン市内の韓国人が運営するカラオケ(風俗店)2か所に現地警察10人余りが押し寄せた。

    警察は接待婦(ホステス)と顧客名簿を確保して、これらが向かったホテルを封鎖した後、韓国人の男性観光客9人を売春容疑で逮捕した。

    被疑者は同日午後まで取り調べを受けた後釈放され、31日までに全員帰国する予定である。

    警察はまた、カラオケを管理していた韓国人女性2人も逮捕して、取り調べていることが分かった。

    ベトナムの刑法では性売買をして摘発された場合、50万~100万ドン(約2,350~4,700円)の罰金が科せられ、売春を斡旋した場合は懲役5~10年の型が宣告される。

    (写真)
    https://img5.yna.co.kr/photo/cms/2019/07/07/10/PCM20190707000110084_P4.jpg
    ▲ ホーチミン市内の景色

    ソース:ハノイ=聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191030198400084

    引用元: ・【越南】『アグリーコリアン』~ベトナムで買春した韓国人男性9人摘発=国際的恥さらし[10/31]

    【まーたライダイハン増やしてるのか【越南】『アグリーコリアン』~ベトナムで買春した韓国人男性9人摘発=国際的恥さらし[10/31] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/10/07(月) 19:28:04.47 ID:CAP_USER
    鹿沼市内のドラッグストアで大量の化粧品などを盗んだとして栃木県警に窃盗の疑いで逮捕されたベトナム人の女が、ベトナムから会員制交流サイト(SNS)を使って万引の実行役とされる男女に目当ての商品を指示していたことが4日までに、捜査関係者への取材で分かった。女は「ベトナムで転売するつもりだった」などと供述、来日しては下見をして人気の商品ばかりを狙っていたという。

     「棚の商品がごっそりなくなっていた。許せない」。同市内のドラッグストアの男性店長(32)は被害を振り返り憤る。スタッフが巡回を強化するが、「相手は『プロ』で一瞬の犯行。対策は難しい」と漏らす。

     県警に逮捕された女はベトナム国籍、自称ベトナム在住、自称飲食店経営の女(36)。知人の同国籍、足利市在住の20代男女=窃盗罪で公判中=と共謀し3月26日午後、鹿沼市内のドラッグストア2店で化粧品など計53点(16万420円相当)を盗んだ疑いがある。

     捜査関係者によると、自称飲食店経営の女は複数回、来日しており、そのたびに売れ筋の商品を下見。ベトナムに戻った後などに、SNSで商品の写真を男女に送信し、万引を指示していた。点数や送り先なども伝えていたという。男女は化粧品などをバッグに詰め、店から持ち出していた。

     県警は9月、来日した自称飲食店経営の女を逮捕。女は「ベトナムで売れそうな商品を狙った」「日本の商品は人気がある」などと容疑を認めている。

     ベトナム人グループによる転売目的の窃盗は全国で起きている。2018年には、兵庫や福井などの県警が摘発。警察庁は3月公表した「組織犯罪の情勢」で「巧妙かつ潜在化している」と警鐘を鳴らしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00010000-soon-l09
    10/5(土) 13:22配信 記事元 下野新聞社

    引用元: ・【来日しては下見】ベトナムから万引指示か 窃盗容疑で逮捕の女 転売目的、来日しては下見[10/5]

    【犯罪者は何人だろうがお断り 【来日しては下見】ベトナムから万引指示か 窃盗容疑で逮捕の女 転売目的、来日しては下見[10/5] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/30(月) 23:59:30.93 ID:CAP_USER
    29日(現地時間)、国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)に国際手配されていた40代の韓国人が、ベトナムの高級ホテルで麻薬を使用した状態で暴れ、現地警察に逮捕された。

     日刊ベトナム・ネットなど現地メディアによると、韓国人のA容疑者(47)は同日午前3時ごろ、ベトナム中部ダナン市にある五つ星ホテルのロビーで、大声で騒ぎながら物を壊すなどして暴れた。A容疑者は通報を受けて駆け付けた現地警察に逮捕された。

     警察署に連行されたA容疑者は供述を拒み続け、取り調べに協力しなかった。しかし、警察はA容疑者のポケットから凶器と、麻薬と疑われる白い粉の入ったビニール袋二つを発見した。警察がA容疑者の麻薬検査を実施した結果、陽性反応が出たため、警察はさらなる調査のためにA容疑者を拘禁した。

     警察は、捜査の過程でA容疑者が韓国での犯罪によってインターポールに国際手配されている事実を知ったと明らかにした。

    キム・ギョンア記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/30/2019093080215.html
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 2019/09/30 21:16

    引用元: ・【国際手配】韓国人のインターポール手配者、ベトナムのホテルで麻薬使用して暴れ逮捕[9/30]

    【厳罰徹底しないと【国際手配】韓国人のインターポール手配者、ベトナムのホテルで麻薬使用して暴れ逮捕[9/30] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/14(土) 13:11:24.12 ID:CAP_USER
    >>10日前記事です。

    南中部沿岸地方ダナン市タインケー区警察は8月25日、市内で違法に宗教教育を行っていた外国語センターを摘発したことを明らかにした。

     同区警察によると、同月20日19時30分に区警察の治安部隊と同区アンケー街区グエンフオックグエン通り239B番地(239B Nguyen Phuoc Nguyen, phuong An Khe)の外国語センター「ベストワンアカデミー(Best One Academy)」の立ち入り調査を実施した。

     センター3階の教室には主に同市に住む学生や社会人の生徒18名がおり、韓国籍1名を含む4名の教員が韓国の新興宗教団体「新天地」の宗教教育を行っていた。新天地が同市内で活動しているのが当局により確認されたのは今回が初めて。

     調べによると、外国語センターの教職員らは無料で韓国語が学べる、学費が安い、韓国留学のサポートをする等と謳って7月3日から学生団体やフェイスブック(Facebook)を介して生徒を勧誘していたとみられている。これまでに50名以上を勧誘し、生徒から1か月60万VND(約2800円)の学費を徴収していた。

     生徒はそれぞれ聖書を1冊与えられ、授業では韓国語とベトナム語で聖書を読むという内容が盛り込まれていた。さらに聖書は授業内でのみ使用が許され、持ち帰りは禁止されていたという。

     センターでは違法な宣教活動について緻密な隠ぺい工作が行われており、生徒たちは監視役に割り振られた教職員から勉強方法のほか、家族や友人に宗教教育を受けていることを口外しないよう指導されていた。

     タインケー区警察は同センターの全資料を押収すると同時に、被疑者らに対して直ちに違法活動を止めるよう指導した。同市リエンチエウ区警察では2018年5月、学生や高齢者を勧誘して新興宗教団体「神様の教会世界福音宣教協会」の宗教教育を違法に行っていた団体を摘発している。

    https://www.viet-jo.com/news/social/190902013239.html
    ベトジョー 2019/09/04 05:28 JST配信

    引用元: ・【ベトナム・ダナン】:韓国語センターで違法な宗教教育を摘発[9/4]

    【第二のライダイハンを作るのか? 【ベトナム・ダナン】:韓国語センターで違法な宗教教育を摘発[9/4] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/21(土) 23:12:20.66 ID:CAP_USER
    no title


    「戦犯旗」は洋の東西を問わず全世界的に登場する悩みの種だ。

    20日ベトナム、ホーチミンのトンニャットスタジアムで開かれたホーチミン・シティFCとサイゴンFCの2019シーズンVリーグ24ラウンドの試合はいつもより興味深い流れだった。チ ン・へソン監督が率いるホームチーム・ホーチミンが先制ゴールを入れ、サイゴンの選手1人が退場させられて雰囲気が急激にホーチミン側に傾いた。

    しかし、サイゴンが意外な同点ゴールを入れて試合は振り出しに戻った。ホーチミンは落ち着いて試合を支配しその後、3ゴールをきめて4-1で勝った。ホームで準優勝を確定する意味のある試合だった。

    現場の雰囲気は熱かったが競技場の片隅ではためく戦犯旗形状の旗は残念だった。ベトナムをはじめとする東南アジアのチームは観客席に散らばってグループを作り応援する場合が多い。ホーチミンも同じだった。あちこちに応援組織がそれなりの構成で応援合戦をくり広げるが、ゴールポストの後側の一つに席を占めた一部ファンは戦犯旗からモチーフを取ったような大型旗を絶えことなく振り続けた。

    いわゆる「旭日昇天旗」の形で日本の軍国主義を象徴する代表的な道具だ。

    戦犯国日本が全世界に戦争を起こした時、戦犯旗を前面に押し出した。過去、ドイツのナチがハーケンクロイツ模様を国家イメージとして使ったのと同じ脈絡だ。ハーケンクロイツ模様は全世界でタブーになっているが、旭日旗の場合、相対的に問題意識が弱い。洋の東西を問わず色々な人物、団体で旭日旗形状を使って物議を醸す場合が多い。

    最近、韓国政府が2020東京オリンピックで戦犯旗の旭日旗使用禁止を要請したのに対して国際オリンピック委員会(IOC)は問題が発生した場合、懸案別に判断する、という曖昧な立場を明らかにして俎上に上がった。

    過去に戦争の痛みを体験したベトナムでさえ旭日旗の正確な意味と象徴性を正しく知らないと見られる。

    一方、韓国では旭日旗退治キャンペーンを着実に広げているソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大教授が最近、全世界主要メディアに東京オリンピック旭日旗応援許可に関する情報提供メールを発送するなど積極的な運動を実施している。

    ソース:スポーツソウル(韓国語)Vリーグ競技場に『戦犯旗』形状の旗…依然として不足な問題意識
    http://specificasia.blog.jp/archives/1075788209.html

    引用元: ・【旭日旗】 ベトナムのサッカー場に登場した『戦犯旗』形状の旗…依然として足らない問題意識[09/21]

    【自分達がおかしいと気づけよアホ 【旭日旗】 ベトナムのサッカー場に登場した『戦犯旗』形状の旗…依然として足らない問題意識[09/21] 】の続きを読む

    このページのトップヘ