まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:世界遺産

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/02(水) 22:54:15.65 ID:CAP_USER
    韓国の世界遺産エリアで、高齢者による売春が絶えないことをご存じだろうか。

    問題となっているのは、ソウル市鍾路(チョンノ)区に位置する宗廟(チョンミョ)周辺。

    朝鮮王朝歴代の王と王妃を祀った王家の霊廟で、1995年にユネスコ世界文化遺産に指定された建物だ。現在は、高齢者たちの憩いの場としても親しまれている。

    以前にも紹介した通り、この宗廟の周辺で、50代以上に見える女性たちが、高齢男性に売春を持ちかけているという。

    客に声をかける際、栄養ドリンク「バッカス」を差し出していることから、彼女たちは“バッカスおばさん”と呼ばれている。最近は売春婦が高齢化し、“バッカスおばあさん”も珍しくないらしい。

    20年以上、売春を続けているという75歳の女性は、こう証言している。

    「今は60代でも若い方。80代も、『バッカス』片手に大勢繰り出してるよ」

    バッカスおばあさんの存在は1990年代ごろから知られてきた。2016年には“バッカスおばあさん”を主人公にした映画『バッカス・レディ』も公開されている。

    ただ近年はその数が増えており、2013年から2016年の3年間で、全国の摘発件数が183件から603件と3倍以上に膨れ上がったというデータもある。

    彼女たちの性ビジネスは、カナダのメディア『VICE』やシンガポールのチャンネル・ニュース・アジア(CNA)などが取り上げたこともあり、宗廟を訪れた外国人観光客にも認知されているという。

    観光地のイメージダウンは避けられず、韓国ネット民も「外国でも放送されているなんて、恥ずかしい」「外国に発信されてしまったいま、高齢売春は根絶しなければ」などと嘆いていた。

    「バッカスおばあさんと売春してきた」

    そんなバッカスおばあさんは2018年、韓国で再び注目を集めていた。

    きっかけは、7月に“韓国の2ちゃんねる”と呼ばれる「日刊(イルガン)ベスト貯蔵庫」(イルベ)に、あるユーザーがアップした写真だった。

    このユーザーは「バッカスおばあさんと売春してきた」と書き込み、バッカスおばあさんとされる女性の裸の写真4枚を投稿したのだ。

    その投稿はネット上で物議を醸し、投稿者は翌8月に警察に検挙されている。

    警察の発表によれば、この投稿者は「関心を引きたくて写真を投稿した。本当に撮影した写真ではなく、他所から拾ってきた画像だ」と供述したという。

    真偽は明らかになっていないが、いずれにしてもこの問題をきっかけに改めてバッカスおばあさんに関心が集まったのは間違いないだろう。

    最近も、韓国メディア『韓国日報』が「無関心に蔑視…安全網がない“バッカスおばあさん”」と題した特集を組んでいた。

    バッカスおばあさんが絶えない理由

    ただ、それは裏を返せば、現在もバッカスおばあさんたちの売春が現在も続いているということでもあるだろう。

    なぜ、バッカスおばあさんたちが絶えないのか。

    その一因には、韓国が「高齢社会」(高齢者人口の比率が14~21%)に突入したこともあるだろうが、それよりも深刻なのは高齢者の貧困だという。

    韓国の65歳以上の相対的貧困率が2016年基準で43.7%に上る(韓国統計庁調査)なか、生活するために売春に手を出すしかないのが実情だという。

    前出の『韓国日報』の記事では、70代の女性がこう語っている。

    「売春で稼いだ金で、その日の夜ご飯のおかずを買うんだ。こんな歳になると、これから他の仕事を探すのも難しい」

    ちなみに、彼女たちの収入は性交渉までこぎつけても2~3万ウォン(約2000~3000円)程度らしい。

    こうした状況を改善すべく、取り締まりと処罰を強めるべきだとの声も聞かれるなか、警察も指導に力を入れているが、目の前の生活に困窮している彼女たちには効果が薄いようだ。

    韓国老人相談センターのイ・ホソン所長は、バッカスおばあさんたちへの公的な支援が不可欠だと指摘している。

    「基礎生活受給費(日本でいう生活保護)を受けられない高齢者たちは、社会の死角に隠れてしまっている。一般的な売春婦たちを対象にした自立支援活動も、高齢者たちにとっては何の意味も持たない」

    2018年も物議を醸していたバッカスおばあさん。

    宗廟が世界遺産の権威を取り戻すためにも、より根本的な対策が求められている。

    (人気記事:韓国で慰安婦を「売春婦」と主張したらどうなるのか。とある女性教授の“末路”とは)
    http://s-korea.jp/archives/14738?slink=1

    (文=S-KOREA編集部)

    http://s-korea.jp/archives/51639
    S-KOREA 2019年01月02日

    引用元: ・【バッカス】韓国の世界遺産周辺で絶えない“売春おばあさん”。「60代でも若い方」という彼女たちは今…[1/2]

    【そのうち従軍慰安婦と言い出すよ 【バッカス】韓国の世界遺産周辺で絶えない“売春おばあさん”。「60代でも若い方」という彼女たちは今…[1/2] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/18(水) 12:26:18.85 ID:CAP_USER
    no title

    ▲古代国家 伽耶の歴史は、西暦400年高句麗広開土大王が朝鮮半島南部の伽耶と倭の兵を攻略したことを基点に、洛東江下流地域を中心に繁栄した前期伽耶(左図)と内陸地域を中心に繁栄した後期伽耶(右図)に区分される=慶尚南道提供//ハンギョレ新聞社

     「今日の慶尚南道地域を中心に繁栄した古代国家伽耶は、首露王など六兄弟が建国した六つの小さな国々で構成され、互いに連盟を結び仲が良かったが、新羅に征服された」

     これが伽耶に関する一般的常識だ。しかし、各種の研究成果を総合してみる時、これは歴史的事実とは全く距離が遠い。六つの国が兄弟のように仲良くしていたというのは『三国遺事』の記録のために作られた虚構に過ぎないというのが、伽耶関連研究成果の総合結論だ。

     「慶尚南道伽耶古墳群世界遺産登載推進団」は16日、『伽耶史総論』『伽耶古墳群1』『伽耶古墳群2』の三巻で構成された『伽耶古墳群研究叢書』を出した。研究叢書は「伽耶史の時期区分と空間的範囲」「伽耶古墳群の形成過程と景観の特徴」「文献で見た伽耶の対外交流」など計25章で構成され、大学・博物館・研究院など20の機関の専門家25人が一章ずつ分けて執筆した。
    (中略)

     韓国と日本の歴史学界の長年の論争の種である「任那日本府」について研究叢書は、倭の王権が伽耶に派遣した外交使節と定義した。任那日本府は、咸安の阿羅国に長期滞留し伽耶王らと歩調を合わせて百済と新羅に対する外交活動に参加した。阿羅国の王は彼らを通じて倭を背後勢力として確保し、百済と新羅に対抗した。

    no title

    ▲慶尚南道咸安郡の伽耶邑で発見された阿羅伽耶王宮跡地と推定される遺跡。阿羅伽耶は後期伽耶の中心地であった=慶尚南道提供//ハンギョレ新聞社

     伽耶古墳発掘の結果、伽耶は死んだ権力者のために従属関係にあった人を強制的に殺して一緒に埋葬する殉葬を3世紀末から6世紀中葉までしていたことが確認された。古代朝鮮半島南部の殉葬は、3世紀末に造成された金官伽耶の古墳である慶尚南道金海市大成洞(テソンドン)古墳で初めて確認された。新羅で殉葬が施行されたより早い時点だ。

     6世紀に造成された大伽耶古墳の慶尚北道高霊郡芝山洞(チサンドン)44号墳では、40人余りの殉葬者が確認された。これは古代朝鮮半島で確認された最大規模の殉葬事例だ。

     慶尚南道伽耶古墳群世界遺産登載推進団は「今回出した研究叢書は、伽耶古墳群世界遺産登載のための基礎資料として活用するために、最近の研究成果を集約し専門性を備えつつ一般教養書水準で整理したものだ。伽耶に関連した多くの研究成果を、初めて一堂に集め整理したという点に研究叢書の価値があると見る」と明らかにした。

     だが、急いで出版したために、研究叢書は所々誤字が残り、筆者どうしが使う用語も一部統一できなかった。またそれぞれ異なる研究結果を提示するなどの問題点も抱えている。850ページを超える膨大な分量の学術書籍であるのに、索引が付いていないなど、物足りなさも残る。

    チェ・サンウォン記者
    http://www.hani.co.kr/arti/society/area/853447.html
    韓国語原文入力:2018-07-16 15:14訳J.S

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版<「古代国家 伽耶、6カ国でなく12カ国以上で構成」>
    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/31136.html

    引用元: ・【韓国】 「任那日本府、倭が阿羅伽耶に派遣した使節だった」~伽耶(カヤ)古墳群世界遺産登載推進団「研究叢書」発刊[07/17]

    【碑文改竄説崩れたらこれだものなw 【韓国】 「任那日本府、倭が阿羅伽耶に派遣した使節だった」~伽耶(カヤ)古墳群世界遺産登載推進団「研究叢書」発刊[07/17] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/19(月) 06:29:29.20 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/world/news/180218/wor1802180017-n1.html

     【北京=西見由章】世界文化遺産に登録されている中国チベット自治区ラサの仏教寺院「トゥルナン寺」(通称ジョカン寺、中国名・大昭寺)で17日に発生した火災で、中国当局はインターネット上の関連の書き込みや映像を削除するなど情報統制を強めている。チベットでは中国当局への反発が根強く、今回の火災が治安の混乱を招くことを警戒しているとみられる。

     火災の発生後、ネット上では同寺の一部とみられる建物が広範囲にわたって炎上し、屋上付近まで火柱が立つ様子を撮影した動画が拡散した。

     自治区中国共産党委員会機関紙の西蔵日報(電子版)は「火災はただちに消し止められ、死傷者はなく、周囲の秩序は正常に保たれている」と報じたが、出火原因は明らかにされていない。大半の官製メディアは火災について報じておらず黙殺している。

     トゥルナン寺は7世紀に建立。2008年の反中国デモ(チベット騒乱)では同寺周辺でチベット仏教の僧侶らが抗議活動を展開した。当局によると、同寺はチベット暦の元日にあたる14日から16日まで観光客らに開放されていたが、火災のあった17日は閉鎖されていた。

    引用元: ・【中国】 世界遺産チベット寺院の炎上映像削除 中国当局、情報統制[02/18]

    【【中国】 世界遺産チベット寺院の炎上映像削除 中国当局、情報統制[02/18] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/10/17(火) 08:59:06.26 ID:CAP_USER
    韓国、なくしたと思っていたユネスコ世界遺産の認定証が2件だけ見つかる=韓国ネット「どうやったら原本をなくせるの?」「韓国らしい話だ」

    https://i.imgur.com/31bNHvd.jpg
    15日、紛失したとされていた国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産の登録認定証のうち2件分が、韓国文化財庁に保管されていたことが分かった。写真は世界遺産の水原華城。

    2017年10月15日、紛失したとされていた国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産の登録認定証のうち2件分が、韓国文化財庁に保管されていたことが分かった。韓国・ニュース1が伝えた。

    韓国国会・教育文化体育観光委員会に所属する与党・共に民主党の金炳旭(キム・ビョンウク)議員は同日、文化財庁から提出された国政監査資料「ユネスコ世界遺産など認定証の管理現況」を通じてこのような事実を確認したと明らかにした。

    今回、認定証の所在が確認された世界遺産は「慶州(キョンジュ)歴史地域」と「高昌(コチャン)・和順(ファスン)・江華(カンファ)の支石墓群」の2件。一方、慶州の石窟庵(ソックラム)と仏国寺(プルグクサ)、海仁寺(ヘインサ)大蔵経板殿、宗廟(チョンミョ)、昌徳宮(チャンドックン)、水原華城(スウォンファソン)の世界遺産5件と、朝鮮王朝実録(朝鮮王室儀軌)、訓民正音の「世界の記憶」2件の計7件については依然として認定証の原本の所在が確認されておらず、紛失したものとみられている。

    世界遺産の認定証をめぐっては2002年、全48の複製を製作する際に「原本を政府記録保存所に移管すべき」との議論があったものの、実際には移管は行われなかった。その後07年に担当者が調べた際に原本紛失の事実が発覚した。

    一方、「世界の記憶」2件の登録認定証が最初に発給されたのは2000年8月28日。その後、紛失を理由に07年に再発給されたが、ユネスコが文化財庁ではない他機関宛てに再発給文書を発送した可能性が指摘されているという。

    金議員は「ユネスコ世界遺産など登録認定証の原本はそれ自体が大切な文化遺産の記録であるため、しっかり管理して子孫に伝えていかなければない。まだ見つけられていない原本についても最善を尽くすべき」と伝えた。

    大事な証書発見の知らせに、韓国のネットユーザーからは「本当に良かった。これからはしっかり保管して」と安堵(あんど)の声が上がったものの、「もらったらすぐに保管しておけばいいものを…」「どうやったら原本をなくせるの?」「昔のものじゃなくて2000年代に発給されたものをなくすなんて」「仕事をしっかりしないから。関連の公務員は何やってるんだ?」「がっかり」「これがヘル朝鮮(地獄のような韓国)の公務員のレベルだ」など公務員への非難の嵐が巻き起こっている。

    また、「手抜き工事にずさんな管理、その上『安全不感症』。韓国らしい話だ」「ご先祖から受け継いだ文化財を守れないどころか、世界が認めた文化財の認定証すら管理できないほどねじが抜けているとは…」と、自嘲気味のコメントも目立った。(翻訳・編集/松村)

    Record China 2017年10月17日 06時50分
    http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=193864

    引用元: ・【Record China】韓国、なくしたと思っていたユネスコ世界遺産の認定証が2件だけ見つかる=韓国ネット「韓国らしい話だ」[10/17]

    【【何をさせてもダメ】韓国、なくしたと思っていたユネスコ世界遺産の認定証が2件だけ見つかる】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/08/22(火) 21:27:57.36 ID:CAP_USER
    http://www.moreunikka.com/imgdata/geokkuro_com/201708/2017082258042334.png
    ▲小鹿島(ソロクド)原作者ムン・ホジュン(左側)とイム・ジョンヒョク推進委員長

    イム・ジョンヒョク元法務研修院長が「小鹿島(ソロクド)ユネスコ世界遺産登録推進委員長」に選任した。

    イム委員長は法務研修院取引を終えて2016年1月から「大韓民国を正しく知る国民運動本部」代表として歴史講義やコラム寄稿など活動を広げてきた。彼は法曹人の道を歩みながら、大韓民国を正しく知るための先頭に立って私たちの歴史だけでなく人間が生きる理由と価値の人文学的省察をして美しくて成熟した共同体を指向する。

    彼は現在製作中の映画「小鹿島(ソロクド)」(原作ムン・ホジュン、監督チォンソンレ)を支援しており、ユネスコ文化遺産登録のための試写会も計画している。

    イム委員長は「米国が日本に原子爆弾を投下していなければ、大韓民国は相変らず日本の手中にあったかも知れない」とし、「小鹿島(ソロクド)は日帝蛮行の頂点だ。慰安婦や徴用による痛みも記憶しなければならないが、小鹿島こそ忘れてはいけない歴史だ。特に第2の安重根(アン・ジュングン)と称される愛国志士イ・チュンサンも再照明されなければならない」と話した。

    彼はまた「映画・小鹿島が興行に成功して小鹿島がユネスコ世界遺産に登録され、隠れた日帝の蛮行を国民に知らせて東南アジアはもちろん全世界に知らされることを願う」と明らかにした。イム委員長の希望のように私たちの辛い歴史が含まれる<小鹿島>が世界文化遺産に指定され、人類の関心の中に再照明されることを願う。

    映画<小鹿島>は現在、約3カ月間の全国オーディションを終えて男女主人公と主要配役人物100人余りの発表を控えている。

    キム・サンテ記者

    ソース:モルニカタイムズ(韓国語) 小鹿島(ソロクド)ユネスコ世界遺産登録推進委員長にイム・ジョンヒョク元法務研修院長選任
    http://www.moreunikka.com/sub_read.html?uid=11554

    【【自分達の悪行は全て日本のせいに】 日帝最悪の蛮行「小鹿島(ソロクド)」、映画化してユネスコ世界遺産登録し、全世界に知らせる】の続きを読む

    このページのトップヘ