まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:中国人

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 04:12:40.74 ID:CAP_USER
    中国産輸入食品から防腐剤や消毒剤などの有害物質が相次いで検出された。9月13日、食品医薬品安全処(省庁の1つ)などによると、最近6カ月間に輸入された中国産キムチのうち、プロピオン酸やデヒドロ酢酸などの防腐剤が入ったキムチ製品が6件摘発されたとのことだ。

    月に1回の割合で「不適合中国産キムチ」が入ってきているのだ。中国・青島の食品会社から輸入された「キムチ・サダグ」からは今年6月、プロピオン酸が1キログラム当たり46ミリグラム検出され、搬出・廃棄処分された。

    プロピオン酸などの防腐剤はパンやチーズなどに一定量で使用が許可されているが、キムチ製品に対しては使用が禁止されている。防腐剤の成分を過剰摂取すると胃けいれんや吐き気などを引き起こし、じんましん・鼻炎の発症や男性生殖機能などに悪影響を及ぼすという。

    今年7月に中国産「小ネギキムチ」では発がん性物質問題があり、韓国や米国で使用が禁止されている「チクロ(cyclamate)」という人工甘味料の成分が検出された。

    食品当局はこれに対して、「検出された防腐剤成分は有害性が高くない。問題の中国産キムチが国内に流通しているかどうかに関して調査を実施する計画はない」と述べた。輸入キムチの大部分を占める中国産キムチは年間20万トン以上に達する。

    食品医薬品安全処が国会に提出した「最近3年間の中国産不適合食品」という資料によると、今年4月に中国産コウライギギ(ナマズ目の魚)からマラカイトグリーンが0.027ミリグラム/キログラム検出された。

    消毒剤のマラカイトグリーンはかつて養殖業者が寄生虫・水カビ除去のため使用していたが、発がん性が確認されて使用禁止になっている物質だ。

    建国大学のキム・ジンマン畜産食品工学科教授は「2005年に発生した中国産『寄生虫卵キムチ』や『マラカイトグリーン・ウナギ』などの食品問題は今も解決されていないということだ。このほど『殺虫剤卵』問題が発生したが、それよりも衛生的に問題で有害な食品がある可能性もあるので、食品安全管理を強化しなければならない」と語った。

    金成謨(キム・ソンモ)記者 , チェ・ウォヌ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400310.html


    運び屋が韓国に持ち込む中国産食品年間1万7000トン

    正式な輸入検査を経ず、中国の運び屋(中国語で「代工」)が韓国に持ち込む食品が食の安全で死角となっている。年間で運び屋延べ4500人が1万7000トンの食品を持ち込んでいるあ、政府による検証はほとんど行われていない。

    食品医薬品安全処(食薬処)が国会議員に提出した資料によると、過去5年間に携行品として輸入された食品の検査で、加工食品3125点を調べ、102点で問題を摘発した。

    特に中国産キムチなど加工食品に対する検査では、520点のうち75点(14.4%)が不適合食品だった。13、14年には検査が全く行われなかった。水産物は5年間で15年に16件の検査を実施しただけで、残る4年間には調査は行われなかった。

    税関当局は平沢港、仁川港、群山港などで活動する運び屋が4500人余りに達すると把握している。運び屋は中国から韓国に入国する際、乾燥トウガラシ、ゴマ油など最大50キログラムを持ち込む。年間の往復回数は数十回に及ぶ。

    運び屋は年間で1万7000トンの食品を韓国に持ち込んでいるとみられるが、食品当局による検査は年間100トン(0.6%)にも満たない。殺虫剤成分が残留したトウガラシ、防腐剤を含む中国産キムチなどが確認不能の経路で国民の食卓に上る可能性がある。

    中央大食品工学科のパク・キファン教授は「中国の食品は品質がさまざまで、価格が安い代わりに品質が劣る『偽食品』まで登場している。運び屋を取り締まらなければ、食の安全をめぐる騒動の再発は防げない」と指摘した。

    チェ・ウォンウ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400313.html

    引用元: ・【韓国】中国産キムチに防腐剤、魚には発がん性消毒剤 運び屋が韓国に持ち込む中国産食品は年間1万7000トン[10/07]

    【【中国人運び屋が持ち込む】中国産キムチに防腐剤、魚には発がん性消毒剤】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=11,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/04(水)09:01:15 ID:???

     偽造クレジットカードを製造するための器具を用意したなどとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は3日、
    支払用カード電磁的記録不正作出器械原料準備の疑いで、会社社長で中国籍の王崢容疑者(29)=埼玉県川口市=を逮捕した。

     逮捕容疑は6月26日、知人男性が経営する川口市内の会社で、偽造カードを製造するために使う磁気テープがついていない
    「生カード」約50枚が入った荷物を受け取ったとしている。

     組特隊は7月、王容疑者に荷物を発送した中国籍の男(24)を不正電磁的記録カード所持の疑いで逮捕。
    9月に王容疑者を同容疑で逮捕し、川口市内にある王容疑者の会社から刻印機やパソコンなどのほか、
    生カード409枚や偽造カード36枚を押収していた。

    (以下略)

    産経web/2017.10.3 18:24
    http://www.sankei.com/affairs/news/171003/afr1710030031-n1.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 75◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504129238/

    引用元: ・【事件】「偽造クレジットカード工場」摘発 運営の中国人社長を逮捕 警視庁 [H29/10/4]

    【【内臓を売ってでも賠償させるべき】「偽造クレジットカード工場」運営の中国人社長を逮捕(警視庁) 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/30(土) 01:27:17.73 ID:CAP_USER
    こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

    2017年9月12日、中国・浙江省杭州市に所在する旅行会社が、自社の日本観光ツアーに参加した70人以上の中国人が行方不明になったとホームページ上で発表しました。

    ■日本側を不当に貶める中国の旅行会社

    旅行会社の報告によると、観光ツアーは広東省の広州市から出発したそうです。今回の事態を受け、旅行会社は日本の査証規則に則り日本大使館に一人あたり10万元(約170万円)、総計700万元(1.2億円弱)の罰金を支払いましたが、その際「上海の日本総領事館が査証(ビザ)の審査レベルを10倍にした」と中国のネット民がデマ情報を流しました。

    その後、ただちに日本総領事館側がホームページ上で否定したのですが、その後旅行会社の関係者数人が、以前から不正行為が実施されていることを暴露しました。

    近年、日本国内における中国人に対するビザ申請の条件は簡易化されており、中国の悪質な旅行会社はビザ審査用の偽装資料を作成するというサービスを行っています。そのため、現在の日本には多くの中国人不法滞在者が存在します。

    中国国内は地域によってビザ審査制度の基準が異なり、広州市は在広州日本大使館が審査する際に、一人あたり10万元を行政に預ける必要がある一方(帰国後に返還される)、杭州市は預り金なしで審査可能です。

    行方不明になったと報道された観光客たちは、おそらく不法滞在を目的として杭州市の旅行ツアーに参加した連中で、現在は日本国内に潜伏していると思います。

    彼らは日本に存在する中国人犯罪組織とあらかじめ内通している可能性があり、目的は経済問題や環境汚染で崩壊する一方の中国からの脱出。あるいは日本にサイバー攻撃を仕掛けるために人民解放軍から派遣されたスパイ部隊か、日本に工作を仕掛ける工作員かもしれません。なお、杭州市のビザ審査は上海市の日本領事館が管轄しているため、今回の問題は日本側にも責任の一端があります。

    今回の例を受け、中国のネット上には

    「(観光客たちは)日本に潜んで苦難な日本人民を解放するつもりか?(人民解放軍を表すニュアンス)」
    「この事件を日本側は報道しなかった」

    などと、問題を皮肉ったり、

    「私は旅行会社の従業員です。今回は人数が多かったため大問題になりましたが、実はこのような行方不明事件は日常茶飯事です。このような大人数が行方不明になったため、旅行業界は大きな打撃を受けました」

    と、中国の旅行業界の異常性を批判する意見が寄せられました。

    今回の場合とは異なり、中国人側に不法滞在の意思がなくても、旅行会社側が利益目的で偽装ビザを渡す場合もあります。現在の中国には正規のビザ申請代行会社が数多く存在するため、本来ならばこのような事態は回避できるはずですが、悪徳会社は日本領事館に提出せずに割安で偽造ビザを作成するため、結果多くの顧客が利用します。

    事実を知らずに偽造ビザを使用して日本に入国しようとした中国人は空港の入国管理局で入国を拒否された挙句、「不法入国者」としてブラックリストに記載されるという不幸を味わう羽目になります。

    このような現状を受け、

    「(上述の問題から)日本観光旅行のビザを申請中だが、急に審査基準が厳しくなった」
    「ビザ申請を厳しくしないと、我々は日本観光時に奇異な目で見られる」
    「悪徳ビザ申請会社には注意しなければ、下手すれば犯罪者扱いされる」

    といった意見が中国のネット上に寄せられています。

    今回のような問題が発生するなど、日本の外国人に対する入国審査の基準は緩すぎると思います。日本の観光庁は「爆買い」による外貨獲得が目的なのか、中国人観光客を積極的に受け入れているようです。しかし、犯罪防止のために僕はビザ申請基準の厳格化や偽造ビザを判断するための検査員の育成、人工知能探知機の設置と、アナログ面、デジタル面の両方を強化することを提案します。

    著者プロフィール
    孫向文
    中華人民共和国浙江省杭州出身、漢族の33歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。その傍ら独学で日本語を学び、日本の某漫画誌の新人賞も受賞する。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359264/?page=all

    引用元: ・【日中】70人以上の中国人観光客が消えた?日本が報じない行方不明事件の真実[9/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【来るのは犯罪者ばかり】日本が報じない「70人以上の中国人観光客が消えた行方不明事件」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/30(土) 17:29:20.57 ID:CAP_USER
    訪日外国人観光客(インバウンド)に沸く国内で、地方の旅館やホテルの経営者が様変わりしつつある。将来が見通せないなどとして、日本人オーナーが手放した施設を外国資本が購入するケースが相次いでいるのだ。中でも、高額取引を持ちかける中国人の手に渡ることが多いとされ、経営形態を大きく変化させる施設も出現している。(社会部 三宅陽子)

    「後継者がいない中では売りに出すほかない…」

    岡山県内で旅館を営む男性(70)は今、施設の売却を考えている。旅館は古きよき風情が漂う隠れ家的宿として知られており、こだわり抜いた食事の評価も高く、リピーターが来訪客の30%を占めるという。

    だが、部屋の回転率は60~70%にとどまり、土曜日以外はガラガラの状況だ。こうした中、共に働いてきた妻が体の不調を訴えるようになったこともあり「そろそろ引退したいと考えている」と男性。思うように利益が上がらない中では改装など思い切った改革には踏み切れない。子供たちもすでにそれぞれの道を歩きはじめている。

    男性は今年、夫婦二人三脚で守り抜いてきた旅館を6500万円で売り出すことに決めた。

    × × ×

    現在、地方旅館の多くはオーナーの高齢化に加え、施設の老朽化やこれまでの過剰債務などから“廃業の危機”にさらされている。

    厚生労働省の「衛生行政報告例」によると、国内にある旅館は約4万軒(平成27年度)。だが、その数は減少傾向が続いており、18~27年度だけを見ても、1万軒以上が姿を消した。

    帝国データバンクの調べでは、27年の旅館・ホテル経営業者の倒産件数は前年比8・9%増の86件となり、東日本大震災が発生した23年以来4年ぶりに増加。「業歴30年以上」の倒産が半数以上を占め、多くが設備の老朽化や改修に伴う借入負担などを理由に、経営を悪化させていた。

    こうした中、激増しているといわれるのが、外国資本による国内旅館・ホテルの買収だ。特に衰退が進む地方は、“草刈り場”に近い状態に置かれつつあるとされる。

    ホテル・旅館の経営コンサルタントで「ホテル旅館経営研究所」の辻右資(ゆうじ)所長(58)のもとには、東京五輪・パラリンピック開催が決まって以降、「旅館を買いたい」という外国人からの相談が殺到している。

    毎日30~40件はあるという問い合わせの約9割は中国人で、「契約件数は毎年30~40件に上っている」と辻氏。「彼らは日本人客が減って経営に行き詰まる地方の旅館でも、中国から観光客をどんどん連れてくることで十分稼げると踏んでいる」と語る。

    × × ×

    大阪府内にある温泉ホテルを中国人に売却した不動産会社経営の男性(54)は、そのビジネス手法に驚かされた1人だ。

    売却前のホテルは客足が遠のき、借金が膨れあがっている状況だった。これまでの慣例を見直して無駄な経費を削減するなど努力も続けたが、男性は将来への展望を描けず売却を決意。立地が訪日客に人気の「ゴールデンルート」にあったことなども助けとなり、中国人が約1億5千万円で購入した。

    だがその直後、ホテルは“様変わり”したという。

    連日、中国人ツアーを乗せた大型観光バスが到着するように。宿泊料金は1泊3千円(朝食付き)ほどに値下げされたが、8畳間に4~5人を泊まらせるなど“詰め込み”が目立ったという。

    当時ホテルで働いていた関係者からは客室の稼働率が大きく向上したと聞いたが、「日本人客には敬遠されるようになったようだ」と男性は語る。

    関係者によると、中国人が購入旅館を自ら経営するケースでは、これまで当たり前だったサービスに変化が生じることもある。客室稼働率を上げるため、宿泊料金の大幅な値下げに踏み切ろうとするからだ。

    コストカットの対象にされやすいのは食事。日本の温泉旅館では夕食は懐石料理というスタイルが多いが「『夜は外食で』となり、1泊2食付きから1泊朝食付きとなる」(関係者)。

    ただ、従来のサービスがそぎ落とされた温泉旅館は「寝泊まりするだけのシティホテルのよう…」との声も聞こえてくる。

    × × ×

    http://www.sankei.com/premium/news/170930/prm1709300021-n1.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【国内】ここにも忍び寄る外国資本!知らぬ間に中国人オーナーに入れ替わり 老舗旅館やホテルが“草刈り場”に[9/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【テロ組織やテロ工作員の拠点に】老舗旅館やホテルが中国人経営者の“草刈り場”に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/10/01(日) 18:14:27.69 ID:CAP_USER
    “爆買い”という社会現象を日本で起こし、いまなお訪日の多さが目立つ中国人。ニーズが膨らめば新たなビジネスが生まれるのは世の常だが、それが非合法とあっては事は穏やかではない。

    関西国際空港では近年、中国の業者に登録した在日中国人が、自家用車を使って有料で中国人観光客を運ぶ「白タク」が横行していると聞いた。予約や支払いをスマホなどで行うため、取り締まりが難しいという。日本を走る「中国式白タク」は一体どのようなものか、中国に6年間留学経験のある記者が実態を取材した。(神田啓晴)

    日本円の現金支払いも

    平日の午後、関空の周辺道路にずらりと並ぶ大型の国産車。ナンバーはいずれも白、つまり一般の自家用車だ。どうやら、「客待ち」中の中国人らしいが、待っているだけでは白タクかどうか判断できない。様子をうかがっていると、到着した1台のワゴン車から大きなスーツケースとともに降りた中年の夫婦が、運転手らしい男に日本円の現金を手渡していた。

    夫婦の会話は中国語。これは、中国人観光客を運んできた白タクに違いない。そう思って中国語で夫婦に話しかけてみた。「中国人の観光について調べているのですが、どの配車アプリを使って関空まで来たのですか」

    驚いた表情の夫婦は記者から目をそらすと、「友達の車だよ」と連呼し、逃げるように空港へ入っていった。それなら、なんで日本の札でお金を払ってたのか。そう心の中で突っ込んだが、「友達」と釈明されれば、違法な白タク行為と立証するのは確かに難しい。こうして中国式白タクは白昼堂々、ずらり並んでいるようだ。

    中国は世界最大の“合法白タク国”

    そもそも「白タク」とは、タクシーなどの事業用車両が緑のナンバーなのに対し、自家用車が白ナンバーであることから付けられた名称だ。営業許可を受けていないので、国内ではもちろん違法だが、実は中国では昨年11月、ルールを定めた上で「配車サービス」として自家用車をタクシーのように使うことが合法化されている。

    5年前に設立された「滴滴出行(ディーディーチューシン)」という企業は現在、中国最大手の配車サービス業だ。

    「微信支付(Wechatpay)」「支付宝(アリペイ)」といったモバイル決済が可能で、現金のやり取りが不要という手軽さに加え、ドライバーの身元を事前確認し、金額を事前提示してもらうことができ、さらにラッシュ時でも捕まえやすい-など、そのサービスは日本のタクシーと比較しても相当充実している。アプリを使うなどするため利用者は登録されることになるが、現在、登録ユーザーは3億人以上ともいわれる。

    確かに記者が留学した上海でも、「足」はもっぱらタクシーだった。地下鉄整備がまだ途上で、バスは渋滞に巻き込まれて使えないうえ、なんと言っても安い。上海のタクシーの初乗り料金は14元(約240円)で、観光客の足として手軽に利用されていた。

    有名アプリでは大阪に1300人超のドライバーが

    そんな中国の「白タク」は、日本でどのように運行されているのか。中国ではスマホアプリでの予約が主流なので、ネットで日本で運営している配車サービスを調べてみた。

    まず、目についたのは「皇包車」というスマホアプリ。公式サイトをのぞいてみると、9月12日時点の在日中国人ドライバー数は、東京が最多の1895人。2番目に多いのは大阪の1311人で、北海道も284人、沖縄にも164人いるという。

    「中国語ガイドによるドライブコース」の案内も。大阪は「USJ→梅田空中庭園→道頓堀グルメ街 中国語1日ガイド」(出発は空港やホテルなどから)が1人331元(約5600円)から。京都なら「和服体験 哲学の道→醍醐寺→伏見稲荷大社」が428元(約7200円)だ。

    神戸は「神戸空港→三宮センター街→北野異人館→六甲山展望台→有馬温泉」が同428元、奈良~京都は大阪への帰路も含めて「東大寺→奈良公園→平等院→嵐山」で同505元(約8500円)から。関西の観光地はほぼ網羅され、充実のコース設定になっている。

    http://www.sankei.com/west/news/171001/wst1710010009-n1.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【国内】関空で横行「中国人白タク」、大阪に1300人超のドライバー…スマホで決済、摘発逃れの“狡猾さ”[10/01]

    【【片っ端から捕まえろ】関空で横行「中国人白タク」、東京1895人、大阪1300人超のドライバー】の続きを読む

    このページのトップヘ