まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:中国大使館

    1: まるっとニュー 2019/09/26(木) 16:15:50.66 ID:CAP_USER
    2019年9月25日、中国紙・新京報によると、中国の国慶節(建国記念日)に伴う大型連休(10月1~7日)を控え、在韓中国大使館はこのほど、韓国へ渡航する人に向けて、現地で注意すべき項目を列挙した「安全に関する助言」をホームページに掲載した。

    「安全に関する助言」はまず、韓国で今年6月1日から、肉や肉製品(ソーセージ、ハム、干し肉等)の違法な持ち込みへの対応が厳格化され、不正に持ち込んだ場合、不正持ち込みの回数に応じて、500万ウォン(約45万円)から1000万ウォンの罰金が科せられること、特に最近、アフリカ豚コレラが拡大しており、入国審査基準が厳しくなると予想されることなどを挙げている。

    そのほか、違法なタクシーや悪質なタクシードライバー、一部旅行会社による不合理な低価格ツアー、大使館や警察、税関、銀行などを名乗る者からの不審電話、生食による食中毒などにも注意するよう呼び掛けている。
    Record china
    2019年9月26日(木) 16時10分
    https://www.recordchina.co.jp/b747775-s0-c30-d0054.html

    引用元: ・【違法タクシー、肉製品持ち込み、不審電話、食中毒…】中国大使館、国慶節連休の韓国渡航者に注意喚起[09/26]

    【中国に注意喚起される下朝鮮www 【違法タクシー、肉製品持ち込み、不審電話、食中毒…】中国大使館、国慶節連休の韓国渡航者に注意喚起[09/26] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 11:16:48.57 ID:CAP_USER
    2017年8月21日、静岡県富士市田子で、中国人研修生が死亡する事件が起きた。中国中央テレビが伝えた。

    21日夜、田子の中国人技能研修生らが住む寮の一室で、血を流して倒れている中国人の男女2人が発見された。女性は孔令華さん(35歳)。男性は同じ寮に住む20代男性とみられる。

    発見時に孔さんはすでに死亡していた。男性は意識不明の重体。外部から第三者が侵入した形跡はなく、警察は孔さんと男性の間にトラブルがなかったかについて調べている。

    事件を受け、在日本中国大使館は日本当局に対し、一刻も早い事件の解決を要求した。また、被害者家族と連絡を取るなど事件の対応に全力を挙げている。

    近年、日本で働く中国人技能研修生をめぐるトラブルや劣悪な待遇が中国でも問題となっている。22日付封面新聞は孔さんの事件を取り上げ、中国人研修生が安い賃金で長時間の3K労働に従事していると報じた。

    中国人技能研修生は2016年10月末時点で21万人に達し、日本経済を支える重要な労働力となっている。しかし劣悪な条件に耐えられず逃げ出す者も少なくない。15年には3116人が失踪している。(翻訳・編集/増田聡太郎)

    http://www.recordchina.co.jp/b188270-s0-c10.html

    【【迷惑な話だ】静岡で中国人2人が刃物で刺され死傷、中国大使館は一刻も早い事件解決を要求】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 23:30:23.18 ID:CAP_USER
     第二次世界大戦期間中、日本の神奈川県の相模湖ダム建設工事で犠牲となった中国や日本などの国の労働者に対する追悼会が30日、神奈川県相模湖交流センターで行われました。

     追悼会では、地元の小学生3人が中国・日本・朝鮮(韓国)の3民族を象徴するロウソクに火をともし、出席者全員が起立して犠牲者に黙とうを捧げ、献花しました。

     席上、邵宏偉駐日本中国大使館一等書記官があいさつし、「日本が侵略戦争を起こした時期、約4万人もの中国人が日本軍に強制連行され、基本的人権の保障もない状況下で過酷な労働を強いられ、大勢の労働者が亡くなった。今回の追悼会を、歴史の教訓を心に刻み、過去のような悲劇を再発させぬきっかけとし、また、今日この日を、平和を守り美しい未来を開く新たなスタートとしていきたい」と強調しました。

     追悼会は相模湖・ダム建設殉職者合同追悼会実行委員会の主催によって行われたものです。追悼会には、相模湖の所在地である神奈川県と相模原市の政府関係者、並びに在日中国人・朝鮮人・韓国人らが列席しました。(殷、む)

    http://japanese.cri.cn/2021/2017/07/31/181s263748.htm

    引用元: ・【神奈川】相模湖ダム建設の中国人犠牲者らを追悼 在日中国人・朝鮮人・韓国人らが列席[7/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【強制労働ネタ掘り起し】駐日本中国大使館一等書記官があいさつ 相模湖ダム建設の中国人犠牲者らを追悼 相模湖・ダム建設殉職者合同追悼会実行委員会の主催】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2017/01/12(木) 21:01:52.07 ID:CAP_USER
    (画像)
    no title


     釜山市在住のキム・ゴンヒさん(29)は3日、中国に留学中にきょうだいに会いに行くため、中国のビザを申請したが却下された。
    眼鏡をかけた写真を提出してはならないという理由だった。キムさんは「前に何度も眼鏡をかけた写真でOKだったのに、なぜ突然
    却下されたのか理解できない」と話した。ソウル汝矣島でビザ申請代行センターを運営するキム・デウォンさんは「最近中国のビザを
    申請した人の約40%が写真のせいで不適格判定を受けている。これだけまとまった数のビザ発給が拒否される例は以前にはなかった」
    と指摘した。

     このように中国は今年からビザ申請時の写真の条件を強化し、ビザ発給を拒否される例が相次いでいる。中国大使館によると、
    黒縁や色付きレンズで顔が隠れている写真、帽子やスカーフを着用している写真などは使用できないという。眼鏡の影が顔に
    かかっていたり、レンズが反射して顔の一部が見えなかったりするケースも不可だ。

     一部には韓半島(朝鮮半島)への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復ではないかとの見方もある。これについて、
    中国大使館は「今年1月1日から全世界の在外公館で同時に適用した規則であり、現在の韓中関係とは全く関係ない」と否定した。
    他国でも中国ビザの申請時に同じ基準に従わなければならないとの説明だ。実際にオーストラリア、カナダ、タイなどの中国大使館の
    ウェブサイトにはビザ申請用写真の条件強化に関する案内が掲載されている。在韓中国大使館も先月15日、同様の告知を
    ウェブサイトに掲載した。

     しかし、条件強化が周知されていないため、混乱を生んでいる。また、中国側の説明とは異なり、金色や銀色のフレームの眼鏡でも
    申請が却下されるケースがあるとの不満の声も出ている。中国ビザの発給を代行する旅行会社関係者は「眼鏡だけでなく、
    他の理由でビザ申請を取り下げさせるケースも出ている。中国ビザの申請時にはこれまでよりも注意を払うべきだ」とアドバイスした。

    キム・ジヨン記者 , チュ・ヒヨン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2017/01/12 09:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/12/2017011200698.html

    引用元: ・【話題】眼鏡をかけた韓国人、中国ビザ申請却下相次ぐ 中国大使館「現在の韓中関係とは全く関係ない」[1/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【面白い事考えるな】眼鏡をかけた韓国人、中国ビザ申請却下相次ぐ 中国大使館「現在の韓中関係とは全く関係ない」】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2016/12/19(月) 23:37:35.65 ID:CAP_USER
    (参考写真:唐辛子)
    no title


     在インドネシア中国大使館は、「生物兵器」の使用を否定している。これは、ジャカルタの農地で中国籍の男4人が、
    細菌汚染した中国産唐辛子の種を植えたため逮捕されたことについて、インドネシアのメディアが「中国は『生物兵器』
    を使った」と猛批判をしたことに対する回答だ。

     中国人4人の逮捕に関するインドネシアの報道は、領海抗争や、中国人富裕層に対する嫉妬など、くすぶっていた国内の
    反中感情をあおる結果となった。

      ・インドネシア初確認の細菌 中国「陰謀説」広まる

     インドネシアの検疫当局は、ジャカルタに近い農地で、中国人により、ジャガイモに病害を引き起こす「黒あし病菌」に
    汚染した唐辛子の種が植えられていたのを確認した。 当局は種を焼却処分し、農地を廃止した。

     当局によると今回、この菌は国内で初めて発見されたという。菌は人体へ害をもたらさないが、汚染した農作物は
    破棄されなければならないため、収穫量を減少させる。

     インドネシアのインターネットでは、この細菌汚染した種について、一部のユーザが中国による「陰謀説」を唱えだし、
    注目を集めた。

     「中国からのさまざまな攻撃があることを皆知らない。覚せい剤、不法労働者、そして唐辛子の細菌」と、
    ユーザ@BoengParnoはつぶやいた。

     これについて、在インドネシア中国大使館は声明文を通じて、中国が「インドネシアの経済を破壊する生物兵器」を
    使用したとの疑惑を否定した。また、中国産作物からの細菌汚染の発見について、他人事と思わせるような懸念を示した。
    「中国とインドネシアの人々の相互関係、友好が、この問題により影響を受けないことを願っている」。

     インドネシアの一部の国民は、反中感情の強い。2014年に誕生した、ジョコ大統領政権は中国寄りの舵取りをとるが、
    軍がこれに従わず、インドネシアから「違法操業」しているとみなされた中国漁船は爆破させている。スハルト政権下の1998年、
    ジャカルタ暴動が起きた際、比較的裕福な華僑(中国系インドネシア人)は嫉妬を買われ、暴行を受けたり店舗が破壊されたりした。

    (翻訳編集・佐渡 道世)

    大紀元 2016/12/19 20:02
    http://www.epochtimes.jp/2016/12/26552.html
     

    引用元: ・【大紀元】インドネシアに細菌汚染した中国産唐辛子の種を植えた中国人を逮捕 「生物兵器」の推測広がる 中国大使館は否定[12/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これはテロだな】インドネシアに細菌汚染した中国産唐辛子の種を植えた中国人を逮捕 「生物兵器」の推測広がる 中国大使館は否定】の続きを読む

    このページのトップヘ