まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:人種差別

    1: まるっとニュー 2019/07/29(月) 00:05:01.62 ID:CAP_USER
    no title

    写真=マルカ

    アジアを苦痛の中に落とした日本の戦犯旗に対するヨーロッパの無知が物議を醸している。

    スペインメディア「マルカ(MARCA)」は去る27日(現地時間)、「バルサが日本で得た点」を主題に記事を送った。
    この記事には深刻な問題点があった。それは写真に使った背景だ。

    「マルカ」はフランキー・デ・ヨングやウスマン・デンベレなど選手団の写真の背景に戦犯旗を使ったのだ。

    戦犯旗は日本帝国主義侵略を象徴する。第2次世界大戦で太平洋とアジア国家を苦痛の中に追い立てたのだから、なおいっそう使ってはならない。これはドイツ侵略の象徴ナチ旗の「ハーケンクロイツ」をヨーロッパで表示するようなものだ。

    バルサは日本ツアーを進めながら現地になじみを見せようとし、「マルカ」もこれに便乗しようとしたと見られる。しかし、ヨーロッパで「ハーケンクロイツ」を禁止するのと同じように戦犯旗を使って、韓国をはじめとするアジア ファンたちに傷を残した。

    ハン・ジェヒョン記者

    ソース:(韓国語)<‘日本ツアー’バルサ報道に戦犯旗背景使った報道機関>
    http://www.sportalkorea.com/news/view.php?gisa_uniq=2019072805430612

    関連スレ:【サッカー】1時間遅刻、1秒も出ないC・ロナウド…韓国人ファン愚弄した6億円の試合
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1564228119/

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1564313922/
    ★1のたった時間:2019/07/28(日) 20:38:42.05

    引用元: ・【旭日旗】 サッカー、バルサの日本ツアー報道に「戦犯旗」~ヨーロッパの無知がアジアのファンを傷つける[07/28]

    【韓国人の日本人への人種差別【旭日旗】 サッカー、バルサの日本ツアー報道に「戦犯旗」~ヨーロッパの無知がアジアのファンを傷つける[07/28] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/11/08(木) 15:16:20.89 ID:CAP_USER
    国家人権委員会(人権委)が「韓国に深刻な人種差別がまだ存在する」という内容の人種差別状況を診断した報告書を作成して国連人種差別撤廃委員会(CERD)に提出した。

    8日、人権委は国連の「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」の国内履行状況に対するモニタリングと国家人権機関として意見を盛り込んだ独立報告書を全院委員会の議決として採択し、国連人種差別撤廃委員会に送ったと明らかにした。

    人権委によると、CERDは26日から12月14日まで開かれる第97回会期で大韓民国、カタール、ホンジュラス、イラク、アルバニア、ノルウェーなど6カ国の政府報告書を審査する予定だ。

    これを受け、人権委は韓国政府の報告書の審議に役立つ情報と意見を提示する独立報告書をまとめた。

    今回の独立報告書には合わせて20項目の争点(31個の細部争点)が提示された。人権委はこれまでCERDが持続的に勧告してきた「国内法に協約上の人種差別の定義反映」「人種差別行為に対する処罰規定作成」「包括的差別禁止法制定」などの争点に対する最近の事例と意見が含まれている。

    人権委は「外国人・多文化政策の総合的施行に向けた国家計画と法制を策定・制定し、全国的に支援インフラを構築するなど、政府が積極的に取り組んだ」として「だが、実態調査結果、まだ韓国の移住民人権状況は劣悪であることが分かった」と分析した。

    特に、人権委は最近、済州道内イエメン難民申請者の急増に関して韓国社会の人種主義的嫌悪、あるいは人種差別的認識表出事例に注目した。

    人権委は今回の難民事態が2014年国連人種差別特別報告官が韓国を訪問調査した後「韓国社会に関係当局が関心を持つ必要があるほど、深刻な人種差別が存在する」と報告した状況をもう一度確認させていると判断した。

    人権委は「国家人権機関として『人種差別撤廃条約』の国内履行を促進するために実態調査、モニタリング、訪問調査を行い、移住民の人権増進と人種差別撤廃勧告の意見表明などの役割と責任を全うしようと思っている」と明らかにした。


    2018年11月08日14時53分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/928/246928.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【国家人権委員会】 「イエメン難民事態で再確認した韓国の人種差別…深刻」 国連人種差別撤廃委員会に報告書を提出 [11/08]

    【常に差別が根底にある【国家人権委員会】 「イエメン難民事態で再確認した韓国の人種差別…深刻」 国連人種差別撤廃委員会に報告書を提出 [11/08] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/10/10(水) 09:46:39.30 ID:CAP_USER
    ロシアの有名サッカー選手2人がモスクワ市内のカフェで韓国系公務員を暴行し警察の取り調べを受けている。

    AFP通信とタス通信など外信が10日に伝えたところによると、サッカー選手アレクサンドル・ココリン(ゼニト・サンクトペテルブルク)とパベル・ママエフ(FCクラスノダール)が8日にモスクワのカフェでロシア産業通商省の公務員を暴行した。

    防犯カメラの映像には被害者であるデニス・パク氏が食事をしている途中に選手らが近づいてきて、いすで頭を攻撃する場面が撮られていた。デニス・パク氏は韓国系だと外信は伝えた。

    デニス・パク氏の弁護士はロシア国営放送で「彼らはデニス・パクの人種をばかにした。被害者は脳しんとうを起こした」と明らかにした。

    有罪判決が下される場合、ココリンとママエフは最高5年の懲役刑を受ける可能性がある。

    この日両選手はこの事件の直前にもあるテレビ司会者の運転手を暴行して車を破損したりするなど1日で2件の暴行事件を起こした。

    事件が伝えられるとサッカー界を含めロシアでは非難があふれた。

    ペスコフ大統領報道官は「クレムリンは事件を認知している。事件映像は不快だった」と表現した。

    スポーツ解説家のドミトリー・グベルニエフ氏は「これは国際サッカー連盟(FIFA)が断固として清算しようとしている人種差別」と非難した。

    合わせてココリンの所属チームのゼニトは「ココリンの犯罪はおぞましい」とし、FCクラスノダールは「ママエフとの契約解除を検討している」と話した。ロシアプレミアリーグも彼らが厳格な処罰を受けなければならないと糾弾した。

    ココリンとママエフはいずれもロシア国家代表チームで活躍した選手だ。特にココリンはフォワードの主力で、ワールドカップ・ロシア大会ではひざの負傷で欠場した。ママエフは2016年欧州サッカー選手権大会(ユーロ2016)まで代表チームで活躍した。

    一方、彼らはユーロ2016当時ロシアが予選リーグで脱落した後、モンテカルロのナイトクラブで3億ウォンを超える酒代を使って超豪華パーティーを行い摘発され懲戒を受けたことがある。


    2018年10月10日09時39分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/907/245907.html?servcode=600&sectcode=600

    引用元: ・【中央日報】 ロシアのサッカー選手、モスクワのカフェで韓国系公務員「人種差別暴行」 [10/10]

    【被害者面は大得意【中央日報】 ロシアのサッカー選手、モスクワのカフェで韓国系公務員「人種差別暴行」 [10/10] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/19(木) 11:31:39.23 ID:CAP_USER
    2017年10月18日、韓国・インサイトによると、欧州で韓国人が人種差別を受ける事件が相次いで発生している。

    英国に留学中の韓国人学生チョ・ミンスさんは18日、SNSに「後輩が人種差別を受け、シャンパンのボトルで暴行された」との文章と動画を掲載した。

    チョさんによると、英国南東部のブライトンに留学中の後輩Aさんは、ショップが並ぶ路地で英国人青年らからワインの瓶を投げつけられた。「なぜこんなことをするのか」と尋ねるAさんに対し、青年らは「アジア人だから」と答え、目を細めたり、耳を引っ張って猿のものまねをするなど侮辱的な言動をした。

    さらに、青年らの1人はAさんの顔をシャンパンの瓶で殴ったという。青年らはAさんを暴行した後、そのまま逃走。Aさんは歯を折るなどのけがを負った。

    チョさんは「現在、警察署や大使館と連絡を取っている状態だ」とし、「多くの人にこの事件を知ってもらいたい」と訴えた。

    チョさんの文章と動画は在英外国人のコミュニティサイトでも紹介され、多くのネットユーザーから批判の声が寄せられている。

    韓国では先月21日にも、あるバラエティ番組でアイドルグループ「god」のメンバーのパク・ジュニョンがベルギーでのロケ中に人種差別を受ける様子が放送され、波紋が広がっていた。

    当時、路地を歩いていたパク・ジュニョンは突然、現地の人たちに取り囲まれて暴行を受けた。すぐにスタッフが止めに入り大ごとにはならなかったものの、欧州にまん延する人種差別が間接的に感じられる事件だったという。

    これを見た韓国のネットユーザーからも

    「本当に腹が立つ」
    「英国には絶対に行かない」
    「これは殺人未遂罪。顔を攻撃するなんて殺意があったとしか思えない」
    「英国は紳士の国だなんて誰が言った?」
    「国の恥さらしはどの国にも存在するんだね」

    などと批判する声や、

    「実話なの?恐ろしい」
    「どうしてそんなことができるのか…。同じ人間なのに」

    と驚く声が寄せられている。


    2017年10月19日(木) 9時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b194199-s0-c30.html

    ★1の立った時間 2017/10/19(木) 09:37:37.39

    ★1
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1508373457/

    引用元: ・【欧州】韓国人が相次いで人種差別の被害に、瓶で殴られるケースも★2[10/19]

    【【朝鮮人をピンポイント】韓国人が相次いで人種差別の被害に、瓶で殴られるケースも】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/20(水) 11:35:39.28 ID:CAP_USER
    沖縄市のコミュニティーFM「オキラジ」の「沖縄防衛情報局」という番組で、「沖縄の反戦平和運動はほとんどが偽物」や「朝鮮人や中国人はどうして平気でうそをつくのか」など人種差別的ともとれる出演者の発言が放送されていたことが分かった。放送に詳しい専門家は、番組編集についての規定を定めた放送法に抵触する可能性があると指摘している。

    https://i.imgur.com/DcruquS.jpg
    沖縄防衛情報局での発言の一部

    オキラジは、同市のコザ・ミュージックタウン音市場にある放送局「沖縄ラジオ」(石川静枝社長)が運営し、同市とその周辺自治体が放送エリア。「沖縄防衛情報局」は約1時間の番組で毎週月曜日に放送されている。出演者はカウンセラーの我那覇隆裕氏と「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の我那覇真子氏ら3人。

     放送内容は同社のホームページで過去数回分が公開されている。沖縄タイムスが今年7月以降、番組を聴き、内容を確認した。

     各回の冒頭は同じせりふが読み上げられ、「米軍基地反対、自衛隊反対、しまくとぅば運動、先住少数民族、(中略)はすべて裏でつながっており、左翼活動グループが市民団体を装って行っている」とし、「反戦平和運動はそのほとんどが偽物であり革命運動をカムフラージュするもの」と述べる。

     7月17日の放送では、スイスの国連欧州本部で6月に開かれたシンポジウムに出席した弁護士や沖縄タイムスの記者を「ほとんど工作員そのもの」と名指し。同月31日の放送では、朝鮮半島の人について「よい行いをやってきた人の遺伝子はすべて断たれた」と発言した。

     8月28日の放送では、米軍キャンプ・シュワブゲート前で起きたひき逃げ事件について「ひかれた側にも責任がある」「事故を誘発している」と述べている。

     放送法に詳しい琉球大学法科大学院の井上禎男教授(行政法)は「新聞やネット放送とは異なり、電波を用いるコミュニティーFM局は特定地上基幹放送事業者としての免許を受け、放送法・電波法の規律に服する」と説明。

     「もし事実に基づかない誹謗(ひぼう)中傷や出演者の主義・主張が一方的に放送されていれば、明らかに法の趣旨にはそぐわない。番組出演者個人の責任とは別に、あくまでも免許事業者・局としての自覚と責務が問われる。法定の番組審議会の役割も重視すべきだろう」と指摘する。

     一方、沖縄ラジオは19日までに、沖縄タイムスの電話取材に対し、スタッフが「取材は受けられないと会議で決まった。番組内容については出演している我那覇氏に聞いてほしい」と回答。

     沖縄タイムスは8月中旬以降、我那覇隆裕氏に複数回、取材を申し込み、我那覇氏は「取材を受けるかどうか検討中」と答えていた。

    沖縄総合通信事務所「編集 放送局の自主規律が基本」

     【ことば】放送法の編集規定と番組審議機関 放送法は4条で、放送局の番組編集について、(1)公安および善良な風俗を害しないこと(2)政治的に公平であること(3)報道は事実をまげないですること(4)意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること-などを義務付けている。

     総務省沖縄総合通信事務所によると、編集は放送局の自主規律が基本で、番組の内容が適正かどうかは、放送局に設置が義務付けられている第三者機関である番組審議機関が審議すべきとする。

     放送局は、視聴者などから番組への苦情や意見があった場合は概要を同機関に報告しなければならない。同機関は審議内容を踏まえ、放送局に対して意見を述べることができ、放送局は同機関からの意見を尊重し、必要な措置をしなければならないと定められている。

    2017年9月20日 08:15 沖縄タイムス
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/145114

    引用元: ・【オキラジ】「沖縄の反戦平和運動、偽物」沖縄市のコミュニティーFM番組で放送 人種差別的ととれる発言も[沖縄タイムス][9/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本人がほとんどいないもんな】沖縄タイムス「「オキラジ」の「沖縄の反戦平和運動は偽物」は人種差別」】の続きを読む

    このページのトップヘ