まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:仁川

    1: 動物園φ ★ 2017/12/05(火) 23:04:58.35 ID:CAP_USER
    2017年12月5日 20時50分
    Record China

    2017年12月4日、韓国・ニュース1によると、韓国西部、仁川(インチョン)沖で釣り船が給油船と衝突し転覆した3日の事故をめぐり救助活動の遅れが指摘される中、救助に向かうはずの高速艇が故障で使えず、救助隊が陸路移動を経て現場に向かっていたことが分かった。

    9.77トン級の釣り船が336トン級の給油船と衝突し転覆したこの事故では、釣り船の乗客ら22人のうち13人が死亡、7人が救助され、船長を含む2人が行方不明となっている(4日現在)。

    ニュース1によると、海洋警察は3日午前6時9分に事故の通報を受け、同13分に潜水救助ができる仁川救助隊に出動を要請。しかし、同救助隊が保有する夜間運航可能な新型高速短艇は修理中で使えず、救助隊は海上移動を断念。結局、出動命令から7分後の6時20分に車両で出発したという。救助隊が事故海域に近い霊興(ヨンフン)派出所に到着したのは午前7時15分。その後、民間の救助船に乗り換え、7時36分にようやく事故現場に到着した。つまり、通報から事故現場到着まで、1時間27分もかかってしまった。

    海洋警察救助隊が移動手段の問題のため事故現場への到着が遅れたのは、2014年4月16日の旅客船セウォル号沈没事故時も同様だったという。この日午前8時58分、セウォル号から通報を受けた海洋警察(当時)は特殊救助団に出動命令を下したが、ヘリコプターがないなど適切な移動手段を使えなかったため、救助団が現場に到着したのは午後1時40分だった。

    今回の報道を受け、韓国のネットユーザーからは「高速短艇の故障で救助隊の出動が遅れたのだとしたら、本当に海洋警察は情けない。国民の一人として怒りを覚える」「前もって安全点検していないから、緊急時に故障なんていうことになる」「どうしていつも事故が起こるたびに修理中なの?」など海洋警察への非難が相次いでいる。

    また、事故直後から対応に当たった文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し当初は称賛の声が聞かれた韓国ネットだが、「セウォル号事故に遭ってもこんな調子か」「また被害を大きくしてしまった。そろそろろうそくを持って集会を開くかね…」と皮肉を込めたコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13987559/

    韓国・釣り船衝突 2人の遺体見つかり死者15人に(2017/12/05 19:18)
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000115990.html

    引用元: ・【韓国】セウォル号の反省生かされず 15人死亡の釣り船転覆事故、救助隊の高速艇が故障で使えず

    【【馬鹿は歴史から何も学べない】仁川の釣り船衝突転覆事故、救助隊の高速艇が故障で使えず セウォル号の反省生かされず】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2017/12/04(月) 10:52:02.14 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    no title


    韓国海洋警察によると、同国西部・仁川沖で3日午前、22人乗りの釣り船が給油船と衝突し転覆した。
    海洋警察は20人を発見し引き上げたが、うち13人の死亡が確認された。船長を含む2人が行方不明。
    現場は海にかかる橋脚の間の比較的狭い水路で、衝突原因を調べている。
     
    海洋警察は、船底を上にして海面に浮いた釣り船や周辺から乗客らを救助した。死者のうち11人は船内
    で見つかり、突然の転覆で船外に脱出できなかったとみられる。ほぼ全員が救命胴衣を着ていたという。
     
    海洋警察によると、出港の9分後に救助を求める通報があった。文在寅大統領は救助に全力を尽くすよう
    関係機関に指示した。
     
    生存者の男性は聯合ニューステレビに「大きな船が後ろから近づいたので大声を上げたが騒音にかき
    消され、船長が気付かなかったようだ。直後に衝突して海に投げ出された」と話した。(共同)

    ソース:産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/171203/wor1712030022-n1.html

    引用元: ・【韓国】釣り船が給油船と衝突・転覆、13人死亡[12/04]

    【【またセウォったのか 】仁川沖で釣り船が給油船と衝突・転覆、13人死亡(写真)】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/11(土) 10:00:19.71 ID:CAP_USER
    「集団売春」80人摘発・・・抽選まで行った申請方法は

    no title

    集団売春の募集 [仁川地方警察庁提供=聯合ニュース]

    集団売春性行為の写真を流布した主催者・参加者80人を摘発

    売春女性は制服・乗務員服・着物を着用

    インターネットで参加者募集...申込者が多く抽選

    男性10~15人と女性1人が売春する

    女性は短時間で高額の代価を稼ぐために参加

    集団売春集会の総責任者A氏(31)ら3人は昨年1月から今年9月まで、インターネットアダルトサイトに集団売春(別名「ギャングバング」)掲示板を運営した。彼らはチャットなどで参加者を募集して、集団性行為の場面を撮影し、インターネットに流布した。彼らは京畿道水原と安養などのモーテルで、合計29回の集団売春集会を開いた。

    no title

    A氏が買春男性を装った警察官とやりとりしたメッセージの内容 [仁川地方警察庁]

    A氏らは男性10~15人が女性1人と一度に6時間ほどの集団売春をする様子を撮影して、約600回にわたってインターネットアダルトサイト4ヶ所に写真300枚を載せた。この過程で男性は参加費用として16万ウォンを支払って、売春女性は一度に50万~100万ウォンを受け取った。

    売春女性は主に制服・乗務員服・着物などを着て、男性と集団セックスをした。過去にも売春斡旋の経験があるA氏は、売春女性の管理、モーテルの交渉、売春撮影後のインターネット流布などを主導する総責任者の役割をした。彼は集会を主催し、6300万ウォンの不当利益を手にした。

    no title

    A氏が買春男性を装った警察官とやりとりしたメッセージの内容 [仁川地方警察庁]

    B氏(34)ら共犯2人は過去、A氏が作った集団売春集会に参加した後知り合って、今回の犯行を一緒に計画した。 B氏らはギャングバングの買春男性の募集、場所の告知、セキュリティを維持するための身分確認(現場管理)などの役割を担当した。

    このようにインターネットで集団売春の参加者を募集した後、性行為の場面を撮影してインターネットに流布した、総責任者と売春の参加者が警察に大量に摘発された。

    no title

    A氏が買春男性を装った警察官とやりとりしたメッセージの内容 [仁川地方警察庁]

    仁川地方警察庁サイバー捜査隊は、売春斡旋行為など処罰に関する法律違反などの疑いで集団売春集会の総責任者A氏を拘束し、B氏ら共犯2人を書類送検したと5日、明らかにした。警察は売春女性9人と買春男性71人など80人を共に立件した。

    警察の調査の結果、この集会は申請者が多く、抽選に当選しなければ参加することができないほどの人気を集めた。ギャングバングの集会に参加した女性のほとんどが20代前半で、主犯A氏とランダムチャットなどで会話しながら自分の性的嗜好を説明し、短時間で高額の代価を稼ぐことができるという誘惑に負けて犯行に加担した。

    警察はインターネットポルノサイトでギャングバングの集会の書き込みを発見した後、男性の参加者に偽装して待ち合わせ場所である、水原市のモーテルに潜伏して彼らを検挙した。警察は彼らが所持していた携帯電話や住居のコンピュータなどを復元して、ギャングバングの集会に参加した買春男性を検挙した。

    http://pds.joins.com//news/component/htmlphoto_mmdata/201711/05/3da17bf3-0fe9-4c7c-ad28-534678f263fc.jpg
    A氏が買春男性を装った警察官とやりとりしたメッセージの内容 [仁川地方警察庁]

    警察は迅速な捜査でこのような違法な撮影物、ポルノなどの拡散を防止しながら、厳正な捜査で必ず処罰を受けるという意識を持てるようにする方針だと説明した。警察関係者は「制服を着て集団性行為をした女性と買春男性には、児童青少年の性保護に関する法律違反の罪を追加で適用した」と述べた。

    警察はA氏が主催した集会に参加した買春男性たちが、さらにいるものと見て捜査を拡大している。また、関連機関との協議を通じて、迅速に製作・流布されたわいせつ物を削除して、遮断する予定だ。

    ソース:中央日報 2017.11.05 14:40(韓国語)
    http://news.joins.com/article/22083868

    引用元: ・【韓国】集団売春で80人摘発。集団売春は申請者が多く、抽選に当選しなければ参加できないほど人気だった[11/11]

    【【申込者が多く抽選 】集団売春で80人摘発 韓国人男性10~15人が女性1人と一度に6時間ほど(仁川)】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/02(月) 16:51:13.94 ID:CAP_USER
    韓国の小学生男児が2歳下の女児に強制わいせつ行為、民事訴訟の判決下る=「国の将来がとても心配」「法律を改正して厳しく罰するべき」韓国ネット

    2017年10月1日、同じジムに通う女子小学生に対しわいせつな行為を繰り返したとして損害賠償を求められていた男児に対し、損害賠償責任を免除する民事訴訟判決が下された。韓国・聯合ニュースが伝えた。

    仁川(インチョン)地裁は同日、被害者である女児Aさん(11)とその両親が起こした損害賠償訴訟で、原告一部勝訴の判決を下したと明らかにした。加害者のB少年(13)は賠償責任を免れたが、その両親とジムの責任者は、共同でAさんに慰謝料500万ウォン(約50万円)を、またAさんの両親にそれぞれ100万ウォン(約10万円)を賠償するよう命じられた。

    裁判所は、B少年の不法行為は当時幼い小学生だった少年が特別な罪悪感なしに犯したものとし、民法に基づき損害賠償責任を負わなくともよいと判断した。民法第753条「未成年者の責任能力」では、未成年者が他人に損害を加えた場合、その行為の責任を理解できる知能を持たなかった時は賠償の責任を負わないと規定されている。一方、裁判所は「責任無能力者を監督する義務があるB少年の親とジムの責任者である館長の損害賠償責任は認められる」と判断した。

    B少年は2015年、グループで公演観覧に向かう車の中でAさん(当時9歳)の胸を触ったり、ジムで座っていたAさんの尻を触るなど20回にわたり強制わいせつ行為を行い、性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反で、仁川家庭裁判所で保護処分を受けていた。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「特別な罪の意識がなかったなんて、何を根拠にそんなことが判断できるんだ?」「加害家族には賠償責任を科すだけでなく、性暴行に関する教育プログラムを受けさせる必要がある」「家庭教育を間違った親が責任を負うのは当然」「11歳の少年が9歳の女の子の胸や尻を触って、間違ったことだと分からなかったって?」など、加害者側への厳しい声とともに、「加害者のための法であり、被害者のための法ではないね」「Aさんの精神的衝撃は考慮しないのか」「法律を改正して強力に処罰しろ」など、現行法の不備に言及する声が寄せられた。

    また、「この国の将来がとても心配だ」「世の中がおかしくなっている」など、社会全体が変質していることを心配する声も。

    その他に「被害を受けた女の子には、この事件は生涯トラウマとして残るだろう」「その女の子の心の傷のケアが必要」など、被害者少女を気遣う声も多く寄せられた。(翻訳・編集/三田)

    ソース:Record China 10月2日(月)13時10分
    https://news.biglobe.ne.jp/international/1002/rec_171002_2520914368.html

    引用元: ・【韓国】小学生男児(13)が女児(11)に強制わいせつ繰り返す。裁判所は罪悪感なしに犯したとして損害賠償責任を免除[10/02]

    【【子供は周りを見て育つ】小学生男児(13)が女児(11)に強制わいせつ繰り返す(仁川)】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 17:37:54.87 ID:CAP_USER
    山口県と山口宇部空港利用促進振興会、韓国観光公社は、エアソウルの山口宇部~ソウル/仁川線就航1周年を記念して、パスポート取得費用として5,000円を助成するキャンペーンを実施している。

    対象となるのは、同路線の利用者でパスポートの発行年月日が2017年8月1日以降である場合。旅行出発日に山口宇部空港で担当者にパスポートと航空券を提示すると、審査後にその場で5,000円を受け取れる。

    キャンペーン期間は2018年3月24日までで、先着200名限定。

    同路線は現在、月・水・土曜の週3便を運航している。

    https://www.traicy.com/20170918-UKBpassport

    引用元: ・【山口】宇部~ソウル/仁川線利用でパスポート取得費用5,000円助成[9/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【貴重な税金が】山口県が費用助成 宇部~ソウル/仁川線利用で】の続きを読む

    このページのトップヘ