まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:内心

    1: まるっとニュー 2020/06/20(土) 12:51:00.21 ID:CAP_USER
    no title

    ▲内田樹著『街場の日韓論 』

    日本の代表的思想家として知られる神戸女学院大学、内田樹(ウチダ タツル)教授と彼の友人十人が一緒に書いた<街場の日韓論>は現在の韓日関係に疑いを抱いた知識人の多様な視線でみた韓日論を集めたアンソロジーだ。韓・日関係はこのままで良いのだろうか?、史上最悪と言われる韓日関係、なぜこのような関係になったのだろうか。その原因は韓国にあるのだろうか、日本にあるのだろうか、果たして解決策は何か?

    内田は自身が会った二人の「パク先生」がマルクス思想に関する自分の本を韓国で翻訳してくれたことを記して、冷酷な独裁政権時代に失ったものなどを「藁をつかむ心情で詰め込む」人々の苦労を話す。過去を否定せず、過去に失ったものを探そうと努力する彼らの姿に比べて、自身はとても無知だったと胸を痛める。

    演劇<ソウル市民>で良く知られた演出家、平田オリザは日本の大学生の現住所について報告する。「なぜ韓国がこのように莫大な文化予算を編成するのか」という質問に日本の学生たちは次のように答える。「分断国家なので国家アイデンティティを明確にしなければならない韓国は内需市場が狭く、輸出を前提に文化コンテンツを製作するためだ、高度経済成長期を経て安定成長を試みているためだ」という返事に平田は正解と叫ぶ。

    しかし、日本が36年間植民支配をしながら言葉と文化を奪ったからだ、と答える学生は40人中1人しかいないとし、日本の学生たちの歴史認識と知識の不足を指摘する。

    自身が韓国で勉強をした1980年代に担当教授が日本語で書かれた研究書を読んでいたことが印象的だったとし、それだけ日本が韓国知識階級の思考の中に深く食い込んで、彼らの言語を奪ったと分析する。同時に日本の自称保守が日本文化に対してさえ鈍感なのは自身の言語と文化の大切さを韓国のように深く理解できないからだと付け加える。

    政治学者、白井聡は「昨年から韓国嫌悪が限度を越えた」として「韓国に対してならどんな話をしても良い、という雰囲気が充満している」「<韓国人に生まれなくてよかった>という本を書いた外交官が放送に出てきて喜びに満ちた姿で話すのはこの国が限りなく墜落したことを意味する」と書いた。日本メディアがムン・ジェイン政権を反日政権と呼ぶのはステレオ タイプに過ぎず、軍事独裁政権と現在の政権は全く異なる政権であることを日本は理解しようとせず、そういう日本を怠慢だと指摘した。

    鳩山由紀夫元総理は韓国を植民地とした日本は数多くの人々に苦痛を与え、相手がもういいという時まで謝罪の心を抱いて生きるべきで謝罪は自虐史観でないと主張する。それだけが東アジア共同体実現のための土台になる、という。

    7月、東京都知事選挙に嫌韓を業とした桜井誠が立候補した。彼を支持する市民も少なくない時代に韓日関係を正しく見ようとする知識人がそれなりにいる、ということだけで心が少し安らぐ楽。

    キム・ミンジョン/在日作家(記者注:日本在住の韓国人作家)
    no title


    ソース:[キム・ミンジョンの東京しおり]韓国に対する日本の無知と怠慢…最悪の韓・日関係‘内心’を掘り起こして
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?art_id=202006192137015#csidxd92c0b4072720e9b7eafcc1fbd7e0b2

    引用元: ・【書籍】 韓国に対する日本の無知と怠慢…最悪の韓日関係の「内心」掘り起こす内田樹著『街場の日韓論 』[06/20] [蚯蚓φ★]

    【言葉と文化を学ばせたのは日本だろ 【書籍】 韓国に対する日本の無知と怠慢…最悪の韓日関係の「内心」掘り起こす内田樹著『街場の日韓論 』[06/20] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/11/07(火) 20:17:49.25 ID:CAP_USER
    Record china配信日時:2017年11月7日(火) 20時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b206018-s0-c50.html

    2017年11月6日、韓国・中央日報などによると、来年2月に開かれる平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピックのボランティアチームが正式に発足したが、いよいよ配属が決定したボランティア志願者から早くも不満の声が上がっている。

    5日、ソウル大生向けのフェイスブックのページに、五輪ボランティアとみられるユーザーの投稿があった。投稿者は冒頭で、平昌五輪について「内心では開催が失敗してほしい」とつづり怒りの胸中を吐露した。

    投稿によると、ボランティアになるまでの道は険しく、昨年の夏ごろに志願書を提出、書類通過後に希望分野別の面接を受けて最終合格を通達されたという。その後も時間を割いて10時間を超える教育を受け、ようやく先月、具体的な職務・活動・地域・宿所などの配属が決定した。

    問題はこの配属先。投稿者に与えられたのは「交通整理および案内」「乗降車サポート」「チケットブースでの券売サポート」などで、いずれも当初の希望とは違っていたという。投稿者は「確かにそういう仕事のボランティアも必要。でも、希望職務に最終合格して教育を受けた者に対し、何の知らせもなく希望職務も配属しなかったり、まったく異なる職務に配属したりするのはあり得ない」と話した。

    こうした不満を持ったボランティアは他にもいたといい、主催者側に抗議をしたというが、「人員計画を間違った」「宿所を十分に設けられなかった」「ボランティアがいなかったら五輪運営が困難。楽しい気持ちで臨んでほしい」などの回答が返ってきたそうだ。

    投稿は「劣悪な処遇でも専攻と関連のある職務に就けると思い、多くの時間を投資してボランティアに臨もうと思ったが、そうした考えはもうやめる」と締めくくられた。

    この投稿に接したボランティア志願者たちからは「取材を希望したのにチケット担当になった」「ITを希望したのに駐車整理になった」など互いの近況に関するコメントが多く寄せられ、中には「面接を受けなくてよかった」と安堵(あんど)する声も。

    また「これが本来の韓国の姿なんだけど、学生たちには衝撃が強かったようだ」「五輪組織委は『ボランティア=ただ働きのバイト』と考えている」など達観したような指摘も。

    開催まで100日を切ったが、まだまだ問題が山積みの状況に「平昌五輪は大コケすればいいさ。そして二度と国際イベントは誘致しないで」と冷めた声もあちこちで上がっている

    引用元: ・【平昌五輪】ボランティアの扱いがひど過ぎる!?志願者から怒りの声=韓国ネット志願しなくてよかった」「ただ働きのバイトと思われてる

    【【進んで祖国のために尽くせや】平昌五輪のボランティア志願者「内心では開催が失敗してほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ