まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:出版

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/20(月) 09:38:12.26 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本で出された著書を手に「四国八十八カ所は心の道しるべです」と語る崔象喜さん=愛媛県今治市旭町で2018年8月16日、松倉展人撮影
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    韓国・ソウル在住の旅行作家、崔象喜(チェ・サンヒ)さん(42)が今月、四国遍路の体験や出会いへの感謝をつづったエッセー「韓国女子 涙と絆の四国八十八ケ所参り」を日本で出版した。崔さんは八十八カ所の「歩き遍路」を7回達成。遍路道の案内役や巡礼作法を手ほどきする霊場会公認の「先達(せんだつ)」に2013年、外国に住む女性で初めて認定された。

    崔さんが初めて四国遍路に出たのは10年のこと。その4年前に父が亡くなり、経営した店の倒産、大金を貸した知人の失跡なども重なって「途方に暮れた」時期だった。

    当時は日本語がほとんどできず、宿を予約するにも旅の人に地図を見せ、身ぶりで電話を頼んだ。それでも「恩送りだから」と、かつて旅先の韓国で地元の人に世話になったという日本人の遍路がそっと部屋代を払ってくれた。15キロの荷物を背負っての旅。「遍路ころがし」と呼ばれる難所では、「私のかばんと交換して背負いましょうか」と、ベテラン遍路の助けを受けた。

    「国籍も性別も地位も関係ない。白衣を着ているだけでみな平等の『お遍路さん』になれる」。翌年には韓国語のインターネット交流サイト「同行2人」での情報発信も始め、会員は900人近い。遍路が自由に利用できる休憩所作りに取り組む「四国霊場八十八ケ所ヘンロ小屋プロジェクト」にも参加し、日韓で多くの義援金を集めてきた。
     
    今回は16年に韓国で出版し、2000部以上を売り上げた「四国を歩く女」に加筆した。韓国でこの本に出会って四国遍路に出る人もおり、崔さんの本は遍路旅の「先達」となっている。
     
    「私は一人で出発したが、一人ではなかった」「弘法大師に呼ばれている感じ。宿命のように毎年歩いている」。崔さんの思いだ。
     
    同書は牧山公美訳、アートヴィレッジ刊。税込み1500円。【松倉展人】

    ソース:毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180820/k00/00e/040/178000c

    引用元: ・【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版[08/20]

    【仏像返せや【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版[08/20] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/20(金) 16:42:09.71 ID:CAP_USER
    2018年07月20日14時11分
    [? 中央日報日本語版]

    1991年8月から現在まで続いている旧日本軍慰安婦被害者の証言が英語の書籍で出版される予定だ。

    ニューヨーク市立大(CUNY)クイーンズカレッジ社会学科のミン・ビョンガプ客員教授は19日、慰安婦の歴史や挺身隊運動を学者的な観点で分析した『慰安婦収容所の残酷な惨状:慰安婦はセックス道具だった』(仮題)を出すため、現在、最後の執筆作業中だと明らかにした。

    ミン教授は慰安婦被害者103人の証言を載せた「慰安婦証言集」と挺身隊運動の歴史、国連人権理事会の報告書、メディアの報道など多くの資料を分析して整理したと明らかにした。

    ミン教授は米州中央日報のインタビューで「1990年代初めに始まった『挺身隊』暴露運動が広まり、世界各国の知識人の間ではすでに広く知られているが、いまでも多くの人々には馴染みの薄いイシュー」とし「社会・歴史・女性学などの分野の資料として使用できる本を出そうと考えている」と述べた。

    http://japanese.joins.com/article/370/243370.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: ・【韓国】旧日本軍慰安婦の証言、英語で出版予定

    【【韓国】旧日本軍慰安婦の証言、英語で出版予定 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/04(火) 00:29:13.38 ID:CAP_USER
    no title

    ▲学生用教材「慰安婦の歴史と問題」表紙(左)と目次. [ESJF提供]写真には”Japan, acknowledge your crimes”と英語で書かれている。

    米国サンフランシスコで高校生が習うことになる日本軍慰安婦教材が最近出版された。

    現地多国籍NGOの社会正義教育財団(ESJF・代表ソン・ソンスク)は先月30日(現地時間)、サンフランシスコ地域の高校生用教材「慰安婦の歴史と問題(“Comfort woman” History & Issues)」(106ページ・非売品)を出したのに続き、今月、中公立学校と芸術学教など18の高等学校に無料配布すると3日明らかにした。

    今年3月、教師用の「慰安婦の歴史と問題~学習指導書」を出版してこれら高校にまず提供したのに続くもので、米国で日本軍慰安婦だけを主題に高校生用教材が出たのは今回が初めてだ。

    高校教師用学習指導書と学生用教材ができたことはサンフランシスコ市議会が10学年の学生たちに今年3月から日本軍慰安婦の歴史を学習する内容の決議案を昨年、通過させたことに伴うもの。

    ソン代表は聯合ニュースとの通話で「非営利団体に提供される寄付金でまず100部を出版し、これから追加印刷してサンフランシスコ地域内の公立図書館にも配布する計画」とし、「教材は探求基盤学習に焦点を置き、歴史的で市民的な関心と参加の重要性も含んでいる」と説明した。

    教材は日本軍慰安婦の歴史的背景、1990年代から慰安婦歴史を積極的に教えようとした国際社会の動きと進行過程、サンフランシスコの中心にたてたキリム碑設立の背景、慰安婦関連基本資料、練習問題用紙、学習活動地等から構成されている。

    特に学生たちの歴史的批判的な思考力を増進する開放型質問がたくさん収録されており、理解を助ける慰安婦関連写真も十分に掲載された。

    ソン代表はサンフランシスコ内の韓人と中国系・フィリピン系・日系人々と共に結成した「汎アジア系慰安婦正義連帯」(CWJC)の教育委員会共同議長として活動し昨年5月、慰安婦教育教材作り、教師ワークショップなどを主導するためにESJFを創立した。

    ESJFは来る15日、教育団体の「向き合う歴史と私たち」(FHAO)等と共にオールドセントメリー大聖堂で「南京大虐殺と日本軍慰安婦」を主題に高校教師対象のワークショップを開催し、17~22日ダウンタウンにあるマニラタウン遺産財団で「真実と正義そして記憶」という主題で日本軍慰安婦展示会を開く。

    韓人1.5世でバークレーカリフォルニア大(UC)で言語学を専攻したソン代表は1992年、サンフランシスコ教育統合区バイリンガル指導教師になり、2年後、統合教育区がハングル、バイリンガルプログラムを初めて実施する時「韓国語バイリンガル教科課程指針書」を書いた。

    ワン・キロァン記者

    ソース:聯合ニュース(韓国語) 米センプランソ高校生用「慰安婦教材「出版…18校に無料配布
    http://www.yonhapnews.co.kr/compatriot/2018/09/03/1701000000AKR20180903034800371.HTML

    引用元: ・【慰安婦問題】 米国サンフランシスコで高校生用「慰安婦教材」出版~18校に無料配布[09/03]

    【【慰安婦問題】 米国サンフランシスコで高校生用「慰安婦教材」出版~18校に無料配布[09/03] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/03/21(水) 11:26:10.77 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b584124-s0-c30.html

    2018年3月20日、韓国・ソウル新聞によると、韓国で就学前の子どもたちに竹島問題を分かりやすく説明するための絵本が出版された。

    記事によると、絵本の題名は「宝島 独島(竹島の韓国名)家の家族」で、出版社は同書を企画した理由について「2014年に日本の元小学校教諭が制作した絵本『メチのいた島』に対抗するため」と説明した。「メチのいた島」はアシカと日本の子どもたちの友情を描いた童話で、「竹島周辺で遊んでいたアシカが韓国の漁師の乱獲により絶滅した」との内容が含まれているという。韓国では日本政府が同書の電子図書を全国の小中学校に配布するなど、教育の現場でも積極的に活用するよう指示したとのニュースが波紋を広げていた。

    同社は「日本の子どもたちに偏った歴史の事実を植え付けることになると考え、子どもの目線に立った絵本を企画した」とし、同書を皮切りに全10巻を制作する計画という。同社理事は「まだ文字を読めない子どもたちに韓国の天然記念物である独島の大切さをできるだけ簡単に、面白く説明した」と述べている。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「いいニュース」「企画した人たちに賞を与えるべき」「絵本を購入して応援しよう」「子どもに読んであげたい」「絵本の内容は子どもたちの記憶に残りやすい。本当に必要なものだ」など肯定的なコメントが多数寄せられている。

    また、日本に対し「アシカを絶滅させたのは日本人ではないのか?」「まるで日本が被害者のよう。図々しい」「韓国と戦っても得られるものはない。兄弟国への礼儀をわきまえて」と指摘する声も。

    その他、韓国政府に対し「日本の官房長官が韓国大使を呼んで抗議するのでは?韓国政府はしっかり対応してほしい」「小学校の教科書にも載せられるよう、政府が支援して」と訴える声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    引用元: ・【韓国】日本の絵本に対抗!韓国で竹島テーマの子ども向け絵本が出版=韓国ネット「政府が支援を」「韓国と戦っても日本は何も…」

    【【韓国】日本の絵本に対抗!韓国で竹島テーマの子ども向け絵本が出版=韓国ネット「政府が支援を」「韓国と戦っても日本は何も…」 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/30(水) 09:55:27.45 ID:CAP_USER
    赤旗編集局編『語り継ぐ 日本の侵略と植民地支配』(新日本出版社、2016年3月発行)が韓国で出版され、複数の韓国メディアが紹介しています。
     
    この本は、韓国の建国大学校KU中国研究院の「海外名著翻訳叢書(そうしょ)」の初回として実現し、8月に錠漢書房から出版されました。翻訳者は洪相鉉(こうしょうげん)氏。同研究院は15年に、日本共産党の志位和夫委員長の著書『戦争か平和か』を同大出版部から発行したことがあります。
     
    KU中国研究院の韓仁煕(ハン・インヒ)院長は「推薦の言葉」で、歴史的観点で北東アジアを貫通する胸を痛めるキーワード、それは「日本の侵略問題」によるアジア人の傷である、しかし、日本の現政権はまだ謝罪や反省をする意思がなく、むしろ厚顔無恥な態度を見せている、そのなかでこの本は、「日本人によって日本のアジア侵略問題を追跡したということで大きな意味」があり、「十分読む価値がある」とのべています。
     
    メディアの「韓国経済」はコラムで「日本の中の義人(=正義を重んじる人)たちと手を握って連帯を広げていくことが、日本を真の反省と謝罪に導く道だ」とのべ、「東亜日報」は「日本の政治家の妄言に憤怒しても、植民地支配を心から反省し軍国主義を警戒する良心的な日本人が少なくないことを忘れてはいけない」、「国際新聞」は「日帝の侵略の現場を追跡、日本の言論人らの良心の告白」と見出しで紹介しています。


    2017年8月30日(水)
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-30/2017083001_04_1.html

    引用元: ・【赤旗新聞】赤旗編『日本の侵略と植民地支配』韓国で出版、複数メディア紹介「日本の言論人の良心告白」[08/30]©2ch.net

    【【北と仲の良い人】「日本の中の義人」赤旗が『日本の侵略と植民地支配』韓国で出版】の続きを読む

    このページのトップヘ