まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:刺激

    1: まるっとニュー 2020/03/22(日) 22:03:47.70 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすらに与党の『総選挙用』と批判して物議を醸している。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    日本最大の日刊紙である『読売新聞』は22日付の7面に、『国民惑わす選挙宣伝』という見出しの不届きなコラムを掲載した。

    コラムは『読売新聞』の豊浦潤一ソウル支局長が執筆して、文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応をひたすらに『総選挙用』だと非難した。現政権がコロナ事態を与党の総選挙戦略に合わせて対応しているという、デタラメな主張を繰り広げているのである。

    彼が提示した根拠を見れば、元ベテラン級の記者なのかと疑問が浮かぶほど浅はか極まりない。

    まず、先月13日の経済界懇談会の際に、「国内での防疫管理は(ある程度)安定的な段階に入ったようだ。(コロナ19は)遠からず終息する」と述べた文在寅大統領の発言を取り上げた。これを総選挙の日程と結びつけて疑ったのである。

    引き続き、前日12日の保健福祉部次官の発言を持ち出した。「(まだ)集団的な行事を取り消し、延期する必要はない」と述べた発言である。当時、韓国政府が警戒を緩めていなければ、感染者のエクスプロージョン !!(爆発的増加)を防げたのに、あえて警戒を緩めたかのような論理を展開した。

    それと同時にこれら二つの発言を、「単なる楽観(論)というより、差し迫った総選挙に対する焦りがもたらした」とし、『総選挙用』とこき下ろした。非常に不届きな視覚である。

    そして、「総選挙まで消費の冷え込みなどが続けば(選挙が)与党に不利になると考え、前のめりになった発言ではないだろうのか。危機管理の局面で政権トップ(最高指導者)自らが政府の信頼を失墜させてしまった」と指摘した。不届きな想像を前提にした、『似非(えせ)ジャーナリスト』の断面を露わにした。

    彼の疑念は収まらない。彼は、「防疫上の観点ではなく、選挙対策として見れば納得がいく」とし、日本の入国制限措置に対する韓国の反撃を取り上げた。「韓国に入国制限措置を取った国の中で、唯一韓国だけが日本に対抗措置を取った」とし、「日本に強く出なければ、世論の反発が怖いから」という説得論理を繰り広げた。

    安倍政権が政略次元で持ち出した入国制限措置に対し、じっと伏せながら対抗したのは、文在寅政権が政略的に近付いたのではないかという、古臭い植民地史観的な主張である。

    また、「総選挙で敗れた場合、2年の任期を残して文在寅政権がレームダックになる公算が大きい」とし、「そのため勝つことが優先」と付け加えた。ひたすらに総選挙の勝利という一念の下、文在寅政権が事態を臨機応変に『誤魔化している』とし、幾重にも捻じ曲げたのである。

    読売新聞のソウル支局長はこの日、事実を始終全面的に歪曲して、1人称の観点という狭い観点で、極めて偏狭な『駄文』を書き散らしたと言っても過言ではない。

    日本の『嫌韓感情』を刺激して、危機に陥った安倍政権の背中をなだめる浅はかな舌先三寸を通じ、彼はこの日、自分が日本版の『寄生虫』役を天下に公言することになった。

    歴史学者のチョン・ウヨン教授は、「読売新聞が韓国の未来統合党の支持者と “完壁に一致した” 主張をした」とし、「1世紀前に我々の祖先は、“外見は韓人だが腸(はらわた)は倭人の鬼のような者” を、“トオェ(土着倭寇)” と呼んだ」と皮肉った。

    ソース:グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229252

    引用元: ・【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]

    【感情論で罵詈雑言並べてるだけの朝鮮メディア【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/15(日) 16:38:13.60 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅政権によるGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄など、
    日韓関係が“悪化の一途”をたどっているが、その大きな原因の1つに、
    韓国社会で昔から根強く残る「恨(ハン)の文化」があるといわれている。

    恨とは要するに「恨み」のことだが、北朝鮮や韓国で言うところの「恨」は
    日本で認識されている恨みとは全く別物で、一旦暴走すると止まらなくなる“不幸な国民的性質”を表しているらしい。

    「東アジアの地図を見れば分かります。朝鮮半島(韓国・北朝鮮)は、まだ日本において人の歴史が記録され始める古代以前から、
    左隣に居座る巨大中国の“無残な圧迫と侵略と搾取”を受け続けてきました。

    その結果、朝鮮半島でも中国とソックリな“搾取的社会体制”が生まれ、朝鮮の支配者階級『両班』は、
    中国のやり方を真似するが如く、上下の階級を厳格化し、大多数の自国民に対し“過度な搾取と差別”を
    何世紀もの間、繰り返すようになったのです」(朝鮮半島ウオッチャー)

    当然ながら朝鮮国民は極度に疲弊し、平民の中で特に多かった『奴婢』という両班の奴隷身分の者は、
    自分を虐げる者に対しての強烈な恨みや嫉妬、羨望、絶望感などが入り交じる“恨の文化”を1000年の長きにわたり、形成していくことになる。

    近代に入ってからは『日韓併合』という日本の屈辱的な統治体制が、韓国の反日教育を生み出し、彼らの恨をより“複雑化”させる1つの要因にもなった。

    そういう“怨念”にも似たもろもろの感情が、今回の日韓対立で一気に火を吹いていると言える。

    日本人の多くは他人事と思い、SNSでは過激な言葉を普通に書き込んでいるが、
    日本国内には47万人を超える在日韓国・朝鮮人が居る。彼らの恨を無用に刺激するのは危険だろう。

    戦後の日本は北と南に分断された朝鮮半島の“不幸な事情”を考慮し、特に南の韓国とは親しく付き合ってきた。
    国内状況を考えても、このスタンスを崩すべきではないという声が上がるのも、また当然なのかもしれない。
    https://wjn.jp/article/detail/7340246/

    引用元: ・【話題】 日韓対立の裏側に潜む「恨」の恐怖・・日本国内には47万人を超える在日韓国・朝鮮人が居る、彼らの恨を無用に刺激するのは危険

    【何この脅迫 こわい(´・ω・`) 【話題】 日韓対立の裏側に潜む「恨」の恐怖・・日本国内には47万人を超える在日韓国・朝鮮人が居る、彼らの恨を無用に刺激するのは危険 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/16(日) 18:47:18.77 ID:CAP_USER
    沖縄県の石垣市議会(平良秀之議長)が17日開会の6月定例会に、尖閣諸島を巡る玉城デニー知事の発言に対する抗議決議案を提案することが15日、分かった。与党の賛成多数で可決される見通し。

     玉城知事は5月31日の記者会見で八重山漁船が中国公船に追尾された件を「中国公船がパトロールしていることもあるので、故意に刺激するようなことは控えなければならない」との認識を示していた。

     抗議決議案は「日本の領海内で漁労することがなぜ中国を刺激するのか」と指摘。「玉城知事にとって尖閣諸島周辺海域は日本の領海ではないとの認識なのか、という疑念を払拭(ふっしょく)できない」と非難している。

     その上で、発言の撤回と、日本の漁民が安心して操業できる最善の方策を示すよう求めている。

     市町村議会の知事への抗議決議は、翁長雄志知事時代の2018年3月、南城市議会が可決した例がある。翁長氏が選挙の応援演説で、南城市の予算配分に言及した内容に抗議した。

    沖縄タイムス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00433283-okinawat-oki

    2019/06/16(日) 12:07:05.02
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1560654425/

    引用元: ・【沖縄】玉城知事「日本漁船は中国公船を刺激してはいけない」→石垣市議会「知事は尖閣は日本の領海ではないとの認識か」★2[06/16]

    【日本政府には嫌がらせ【沖縄】玉城知事「日本漁船は中国公船を刺激してはいけない」→石垣市議会「知事は尖閣は日本の領海ではないとの認識か」★2[06/16] 】の続きを読む

    1: 【大吉】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/01(日) 05:03:00.46 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』
    「日本のやつらが我々に謝罪するだろうか。あいつらがこのペ・ジョンギルの前でひざまずくのか!」

    日本軍『慰安婦』被害者の熱い声が心に響く映画『ホストリ(HERSTORY)』が、去る27日に公開された。

    『ホストリ』は、日本軍慰安婦被害者のハルモニ(お婆さん)たちが日本政府を相手に勝訴した実話の事件、『関釜裁判』を基にした作品である。

    121分の上映時間の中で俳優たちは、ハルモニたちが経験した痛みや悔恨、そして勇気を淡々と描き出した。

    緊迫した展開や派手なアクションは無いが、この映画はこれで十分である。

    『慰安婦』問題は依然として『現在進行形』の我々の悲痛な歴史だからである。

    映画『ホストリ』の沁みるセリフはより一層その痛みを切々と感じ、また憤怒させてくれる。

    観客に対し、時にはチョリッとする(痺れる)痛みを、時にはムンクルする(ジーンとする)感動を届ける映画、『ホストリ』の名セリフを紹介する。

    1. 「私を私本来の姿に戻してくれ。今すぐ17歳の時、あの時の姿に戻してくれ!」

    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』

    法廷に立った慰安婦被害者のぺ・ジョンギル(演=キム・ヘスク)は、自分の証言の番に慰安婦に連行される前の17歳の姿に戻してくれと言って泣き叫ぶ。

    17歳。 花の年頃に日本軍に連行されたその瞬間から、ハルモニたちの人生は180度で変わった。

    まだその痛みを忘れられないハルモニたちの心情が、ありのままに伝わるセリフだった。

    2. 「私たちは独り身ではなく、国家代表の選手だ」

    (写真)
    no title

    ▲ 映画『ホストリ』

    「どちらに行きますか」というタクシー運転手の問いに、「日本に慰安婦裁判を受けに行く」と答えたハルモニたち。

    驚いたタクシー運転手が両目を大きく見開くと、ハルモニたちは豪快に笑って自身の事を「国家代表」と称する。

    ハルモニたちを理解する事ができない人もいたが、応援してくれる人もいるという事である。

    そして弱い国の国民ゆえに経験した悲しみに対す謝罪を受けるという、ハルモニたちの心が感じられた。

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/163554

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】慰安婦映画『ホストリ(HERSTORY)』の涙腺を刺激する名セリフ[07/01]

    【【韓国】慰安婦映画『ホストリ(HERSTORY)』の涙腺を刺激する名セリフ[07/01] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/07(火) 16:09:58.57 ID:CAP_USER
    社説

    北朝鮮めぐる日米首脳会談 試される非核化の構想力

    安倍晋三首相と初来日したトランプ米大統領が迎賓館で会談し、北朝鮮の核・ミサイル問題や日米経済問題などを協議した。

    北朝鮮問題で両首脳は「北朝鮮の政策を変更させるため圧力を最大限まで高めていく」ことで一致した。

    経済では「貿易投資を活性化し、エネルギーやインフラなどで協力を強化していく」ことを確認した。

    両首脳の会談はこの9カ月半で5回目だ。電話協議は16回に及ぶ。日米首脳がこれほど緊密に連携した例はかつてない。

    安倍首相が共同記者会見で「首脳同士がここまで濃密に深い絆で結ばれた1年はなかった」と振り返ると、トランプ氏も同意した。

    幅広い課題を率直に議論できる日米関係の現状は評価されよう。

    ソース:毎日新聞 2017年11月7日
    http://mainichi.jp/articles/20171107/ddm/005/070/118000c

    続きます


    引用元: ・【毎日新聞/社説】中国の軍事的な海洋進出は看過できない。だが、日本が対中抑止を主導、中国を刺激することは慎重であるべきだ[11/07]

    【【要するに「看過しろ」ってこと?】「中国の軍事的な海洋進出は看過できないが、刺激してはだめ」毎日新聞】の続きを読む

    このページのトップヘ