まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:北朝鮮

    1: ■忍法帖【Lv=12,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/06/12(月)13:10:56 ID:KK7

    今日の中日新聞。呆れを通して力なく笑うしかない。
    #サンデーモーニング
    画像/no title

    午前9:25 ・ 2017年6月11日
    1,305件のリツイート
    703件のいいね
    https://mobile.twitter.com/pes0878taku/status/873697612691423232


    ユーフォルビア @0V5f1dTlqhFoe2f

    17時間

    返信先: @pes0878takuさん
    先軍女子を世に広め、北に親近感を持たせよふと誘導するプロパ新聞の督記者さん
    no title

    no title

    引用元: ・【アイ・ラブ・北朝鮮】今日の中日新聞。呆れを通して力なく笑うしかない。[H29/6/11]

    【【北の軍隊は綺麗な軍隊】「アイ・ラブ・北朝鮮」中日新聞の督記者さんが北朝鮮を支援】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/15(木) 21:29:36.45 ID:CAP_USER
     北朝鮮がミサイル発射を活発化させる中、各自治体は有事に備えて避難方法の周知などの対応を迫られているが、教育現場も例外ではない。

     滋賀県ではミサイル飛来時の対応を保護者らへ周知するよう、県教委が各自治体の教育委員会へ通知したところ、多くの自治体で対応が記された文書が配布された一方、「現場の不安をあおる」などと反発して配布しない自治体もあり、対応が分かれた。

     中には「戦争をあおる」と県を非難する声も聞かれ、相次ぐミサイル発射は教育現場も混乱に陥れている。

    まずは周知を

     「(教育委員会や危機管理部局など)各担当が個々に連絡すると現場が混乱するのでは」

     「どういう場合にどこへ逃げないといけないのか、漠然としている。情報が少なく、対応ができない」

     5月中旬に大津市内で開かれた滋賀県市長会議。議題が北朝鮮の弾道ミサイル飛来時の対応に移ると、次々と質問や意見が上がった。

     事の発端は、4月20日付で県教委が県立学校へ通知した文書だ。弾道ミサイルが日本に飛来した際は全国瞬時警報システム(Jアラート)などで情報が伝達されることや、避難方法を教職員や子供たちに周知するよう記されていた。

     さらに県教委は、各市町の教育委員会へもこの文書を参考に「適切」に対応するよう通知した。

    戦争をあおる?

     これを受け、多くの自治体の教育委員会が各学校に対し、子供たちを通じて保護者らに周知するよう指示した。しかし、湖南市と野洲市は学校へ文書の内容を伝えたものの、保護者や子供たちへは周知しなかった。

     湖南市教委の担当者は「いたずらに不安をあおるだけになってはいけないと考え判断した」と説明。

     さらに、「今は緊迫しているような状況ではなく、学校現場だけで周知しても、例えば未就学児の家庭など全県民に対応は伝えられずアンバランスだ」などと県の対応に疑問を呈した。

     野洲市教委も「Jアラートが鳴った時点で、数分後に着弾するのだから知らせても同じ」とした上で、「子供たちの無用な不安をあおる方が大きい」と指摘した。

     一方、この問題で全滋賀教職員組合などは「政府・内閣官房はこの機を利用し国民をあおっている」とし、子供たちに周知のための文書を配布する行為は「異常」と非難。

     「戦争につながる危機意識の扇動に手を貸さないよう」求める抗議文を県へ提出している。

    子供の命を守るには

     文部科学省は有事の際は「自治体と学校が連携しながら連絡体制を密にするのがのぞましい」としているものの、ミサイル飛来時の対応の周知など個別の事案に関しては「自治体ごとで実情が違う」として、対応を各自治体に委ねている。

     内閣官房の担当者も「基本的な対応は周知しないといけないが、最終的なことは現場で考えていただく必要がある」と話す。

     大津市教委は「知らなかったら万が一のときに安全な避難行動がとれなくなる」として、子供たちを通じて保護者へ文書を配布するなどして対応を周知した。

     草津市教委も同様の対応を取ったが、「戦争をあおるような表現だ」などの非難の声が寄せられたという。

     担当者は「どちらの対応をとっても何らかの非難は上がる。連絡しなくて子供の命を守れなかったときの方がつらい。きちんとお知らせはすべきだろう」と話す。

     各自治体で異なる対応となったが、統一的な指針や基準がないがゆえの対応の難しさを示したともいえる。

     県教委は「子供たちの安全を第一に考え、知らせた方がいい」とし、その場合は「小学生と中学生ではとらえ方が違うので、配布する文書の内容は学年を考慮する必要がある」とする。

     ただ「市教委に指導する立場ではない」ので、現時点で今回の通知以上の対応をとる方針はないという。

    http://www.sankei.com/west/news/170615/wst1706150005-n1.html

    no title

    北朝鮮によるミサイル発射が相次ぐ中、滋賀県市長会議では学校現場の対応などが議論された(下、写真は共同など)

    引用元: ・【国内】北朝鮮のミサイル発射、教育現場も混乱…県の注意喚起に「戦争をあおる」と一部市教委・組合が反発[6/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日教組は子供の命を守る気が無いのか】全滋賀教職員組合「北朝鮮のミサイル発射周知は、戦争につながる危機意識の扇動。手を貸さない」】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 12:07:27.64 ID:CAP_USER
    金正男暗殺に、新型の中距離弾道ミサイルの発射。

    北朝鮮をめぐる情勢がふたたび動き出した。彼の国は昨年、2回の核実験と19回のミサイル発射実験を行っている。これらを通じ、ミサイルに搭載する小型の核兵器製造に成功したとの観測が一部にあるが、そうでなくとも核ミサイル関連の技術が飛躍的に向上したことは確かだろう。

    こうした状況のなか、驚くべき事実が明らかになった。「新潮45」3月号に掲載された記事のタイトルは、

    「京大原子炉実験所准教授は『拉致実行犯』の娘と結婚していた」

    北朝鮮の核開発協力者と目される人物の岳父が、大物工作員だというのだ。

    問題の准教授は、現在51歳。登録上は韓国籍である。

    実は昨年2月、日本国政府は、北朝鮮の核実験を受け、北朝鮮関係者22人に対して、一度北朝鮮に渡航したら日本には戻れない「再入国禁止」措置を取った。その中には5名の科学者がおり、2人がミサイルの、3人が核技術の研究者だった。当時その名前は発表されなかったが、問題の准教授はそのひとりだったのである。少なくともその時点で、彼ははっきり核技術の協力者と見なされていたということだ。

    では、その准教授はどんな人物なのか。

    神奈川県川崎市生まれで、朝鮮学校で学んだのち、

    「89年、名古屋大学工学部に進み、95年、名古屋大学大学院工学部工学研究科修士課程修了。97年、京都大学大学院入学。2000年、エネルギー科学博士号を取得。

    産業技術総合研究所特別研究員を経て、02年京都大学原子炉実験所の助手となり、現在、准教授である」
     
    まばゆいばかりの研究歴である。専門は、原子炉物理と原子力教育。優秀な研究者である証拠に、2014年、15年と英文の論文の引用回数が最も多かったという。さらに原子力の専門家によれば、核兵器の小型化に応用できる研究もあるというのだ。

    そのエリート研究者たる彼は、1998年、ある在日韓国人女性と結婚した。そしてその父親が外事警察からマークされている重要危険人物だった。それはなんと、

    「『洛東江』(ナクトンガン)という北朝鮮直属の秘密工作機関の親玉だった」
     
    「洛東江」――神戸のラーメン店店員、田中実さんの拉致を実行した北朝鮮直属の工作機関である。その人物の部下だった張龍雲が「文藝春秋」1997年1月号に手記を寄せたことから、組織の実態と拉致事件とのかかわりが明るみに出た。その後、彼は「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会・兵庫」から兵庫県警に告発されるが、現在のところ逮捕はされておらず、野放しの状態になっている。

    記事では、准教授とその岳父の複数ある住居を直撃し、准教授の出生地なども取材、北朝鮮との関係を浮き彫りにしていく。ちなみに准教授と岳父の名前は、記事では実名である。

    終盤で筆者はこう書く。

    「国立大学の研究費は、すべて国民の税金で賄われる。我々の税金がこともあろうに、我々の生存を脅かす独裁国家の大量破壊兵器の開発に使われているとすれば、それは悪夢以外のなにものでもない」

    再入国禁止にしようとも、情報ならさまざまな手段で伝えることができる。一刻も早く、国レベルでの対策が必要である。

    デイリー新潮編集部

    ソース:デイリー新潮 2017年2月20日 06時00分
    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170220/DailyShincho_518080.html
    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170220/DailyShincho_518080.html?_p=2
    京大原子力実験所の入口
    no title

    衝撃スクープ!「京大原子炉実験所准教授は「拉致実行犯」の娘と結婚していた!」掲載の「新潮45」2017年3月号
    no title

    引用元: ・【京都】北朝鮮「核開発」の協力者か?京都大学原子炉実験所准教授(韓国籍)と「拉致実行犯」の娘が結婚していた![02/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世も末だなあ。(>_<) 】川崎市生まれで朝鮮学校で学んだ韓国籍准教授は、北朝鮮の核開発者】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/02/22(水) 18:31:34.40 ID:CAP_USER
    「朝鮮学校では金正男氏のことを教えていない」 在日コリアンが語る“暗殺事件“

     金正男氏の殺害をめぐる日々の報道に、困惑している人たちもいる。今回、匿名を条件に証言してくれたのは、朝鮮学校を卒業した在日韓国人女性のAさんだ。

     Aさんによると、朝鮮学校において金正男氏に関する教育を受けるということは「私の知る限りでは聞いたことがない」とし、在日韓国人の間でも、噂レベルの情報しかなかったという。
    むしろ、今回の事件をきっかけに「この人はこういう生い立ちや人となりなんだということがわかったという人も多いと思う」ということだ。

     すでに“5世“も生まれている時代。子どもたちへの影響も懸念するAさんは断定的な報道が増えたことで「在日のコリアンたちもひとくくりにされて、学校の前に街宣車が来るなど、大変なことになっているという話も聞く」と話す。


     「在日の方たちは北朝鮮で生まれたわけではなく、日本に住んで、北朝鮮を大切な祖国と思いながら頑張っているので、色眼鏡で見ないで、見守っていただきたいなと思います」と訴えた。

    AbemaTV/AbemaPrime
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00010000-abemav-kr

    引用元: ・【話題】朝鮮学校卒の在日韓国人女性が訴え「在日は北朝鮮を大切な祖国と思いながら日本で頑張ってる。色眼鏡で見ないで」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こうやって日本国内から応援】朝鮮学校卒の匿名在日韓国人女性「在日は北朝鮮を大切な祖国と思いながら日本で頑張ってる。色眼鏡で見ないで」】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/19(月) 14:54:15.23 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/west/news/161219/wst1612190039-n1.html

     和歌山朝鮮初中級学校(和歌山市)は19日、北朝鮮から援助を受けたことを理由に市が本年度分の補助金140万円の交付を停止したことに対し、補助を継続するよう市などに要望した。

     約1万6900人分の署名とともに要望書を提出した朴志●(=日へんに俊のつくり)校長は「政治的な理由で補助金を停止するのではなく、子供たちの教育を考えてほしい」と求めた。市教育政策課は「市の方針は変わらない」としている。

     朝鮮学校への補助金を巡っては3月、当時の馳浩文部科学相が地方自治体に支給の妥当性を再検討するよう通知。和歌山市が対応を検討した際、前年度の学校の決算報告に「祖国からの援助費」があったことを確認した。市は交付の要件に反したとして補助金の交付を停止したが、要件は明文化されていなかった。

    引用元: ・【国内】朝鮮学校、補助継続求め和歌山市に要望 北朝鮮から援助で交付停止[12/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【今まで貰ってた分も返せよ】北朝鮮から援助の和歌山朝鮮学校、補助継続を和歌山市に要望】の続きを読む

    このページのトップヘ