まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:危機

    1: まるっとニュー 2019/08/11(日) 12:09:48.81 ID:CAP_USER
    日本アイドル過去最悪事態・韓国から追放危機


    過去最悪といわれる日韓関係の中、韓国で“日本人アイドル追放”への議論が渦巻いている。

    5月にAKBを卒業した高橋朱里(21)が韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch」として“韓国デビュー”。
    一方、同じくAKBを5月に卒業した竹内美宥(23)は日韓関係を考慮し、デビュー曲の発売が延期に。

    「TWICE」や「IZ*ONE」に所属する日本人メンバーにもバッシングが起きている。

    徴用工問題、レーダー照射問題などに端を発した日韓関係の亀裂。日本の半導体材料の対韓輸出規制強化をめぐり、
    韓国側はついに「日本製品の不買運動」を展開。日韓関係は過去最悪ともいえる状況にある。

    そんな中で韓国デビューしたのが、5月にAKBを卒業した高橋だ。

    韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch(ロケットパンチ)」に唯一の日本人メンバーとして加入。
    7日にデビューミニアルバム「PINK PUNCH」の発売記念イベントに出演したが、いきなり洗礼を浴びたという。

    「韓国マスコミから、高橋に対して“日韓関係が悪化する中での韓国デビュー”について、質問が飛んだ。
    高橋が困惑すると、MCが『この質問に答えることは難しい』などと遮りましたが、アイドルのデビューイベントとは思えない緊張感に包まれました」(レコード会社関係者)

    昨年のAKB選抜総選挙で12位に入るなど人気メンバーだった高橋は、AKBグループメンバーが参加した韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に挑戦。
    同番組で結成された宮脇咲良ら3人が加わった日韓アイドルグループ「IZ*ONE」のメンバーには選ばれなかったものの、
    高橋の奮闘ぶりを評価した韓国の芸能事務所からスカウトされ、同国で再デビューすることを発表していた。

    「政治と文化やスポーツ交流は分けて考えるべきとの冷静な声もあるが、韓国内では2020年東京オリンピックへのボイコット論も過熱。
    14日公開予定だったアニメ『映画ドラえもん のび太の月面探査記』も延期になった。高橋の活動について韓国メディアは厳しい論評をしている」(前同)

    高橋と同じく「PRODUCE48」に参加し、5月にAKBを卒業した竹内は、韓国の芸能プロダクションと契約。
    7月に歌手として新曲の発表を予定していたが、日韓関係の悪化を受けて、こちらも延期したことが明らかになった。

    両国の関係悪化の影響は、日本人メンバーが所属するTWICEやIZ*ONEら日本でも人気の高い韓流ガールズグループにも波及している。

    「TWICEにはサナ、モモ、ミナと3人の日本人メンバーがいるが、『日本に帰れ』などネット上で韓国からの追放を求めるバッシングが起きている。
    そんなTWICEは日本で3月に1枚のアルバム、7月に2枚のシングルをリリースしたばかりで、好調な売り上げを記録している。
    国と違い、日本では日韓の関係悪化の影響はそれほど感じられない」(前同)

    IZ*ONEには、AKB48グループの活動を一時休止して、参加している宮脇咲良(21)、
    本田仁美(17)、矢吹奈子(18)が所属しているだけに、ファンからは不安の声が噴出している。

    「昨今、韓国グループによる日本市場への熱烈な売り込みが続き、若者を中心に『第3次韓流ブーム』といわれる。
    だが、一方で日本人が韓国の音楽界で稼ぐことは拒絶する傾向がある。日本で稼ぎたいが、韓国では稼がれたくないという二面性がある」(前同)

    昨年9月、韓国の男性7人組グループ「防弾少年団(BTS)」の新シングル収録曲「Bird」の作詞を秋元康氏が担当したことが発表されると、
    歴史問題に結びつけるとともに“韓流ビジネスに狙いをつけた”と猛反発されたのも記憶に新しい。

    一部ファンが「シングルの発売を中止しなければ、不買運動を行う」と声明文を出す事態に発展し、発表からわずか3日で収録中止が決定する事態が起きていた。

    夢を持って海を渡った日本人アイドルたちに罪はないのだが…。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1506675/

    引用元: ・【芸能】 日本人アイドル、韓国から追放危機 「日本で稼ぎたいが、韓国では稼がれたくない」

    【朝鮮人ちゃんはほんとわがままだなー(笑) 【芸能】 日本人アイドル、韓国から追放危機 「日本で稼ぎたいが、韓国では稼がれたくない」 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/06(木) 14:54:30.79 ID:CAP_USER
    この春、南西諸島方面に陸上自衛隊の部隊が次々に創設されたが、そちらに注目が集まるなか、長崎県・対馬は、なおざりになっている感も否めない。最大の問題は、韓国資本による土地の買収が拡大していることだ。それは自衛隊の庭先のような場所、いやほとんど敷地内といっていい場所にも及んでいる。

     このことを報道で知った人から、自衛隊の部隊に「しっかりしてくれ」という電話があったという。だが、部隊の隊員にとってみれば、国として自衛隊周辺の土地を守ってくれないなかで、周囲をハングルの看板で取り囲まれていく状態にあり、やるせなく悔しい思いだったに違いない。韓国側としては、売ってくれるから買っているまでで、これは極めてこちら側の無策と言わざるを得ないだろう。

     「対馬の自衛隊を増やしてほしいんです」

     地元の人たちは、自衛隊にどんな感情を抱いているのか。そんな関心を持って、最近、対馬に行ったが、私の聞いた声は好感どころか渇望していると言っていい思いが多かった。対馬には陸上自衛隊対馬警備隊と、海上自衛隊対馬防備隊、航空自衛隊第19警戒隊がある。警戒監視を担う海空自衛隊よりも陸自は人員が多いが数百人規模の部隊である。

     もし、朝鮮半島有事となって難民が上陸し、武装工作員が紛れている可能性がある状況が生起したら、丸腰で出動して対応できるのか、など対馬の人々の「気がかり」事項は多い。

    現状は、島内の民宿などが次々に韓国人に買収され、地主も店主も利用客も韓国人というケースが圧倒的に多くなっている。昨年の韓国人観光客は初の40万人を超えたといい、人口が3万人強の島にとっては極めて大きな数字だ。

     高齢化もあり、島民は「年間約600人ずつ減っている」と言われるなかで、「国境の島に外国人の方が多い状態」が将来起こり得て、それに対するリスク管理は不十分だ。また、韓国人ガイドの中には、対馬を韓国領であるかのような案内をする者もいるとも聞く。

     北朝鮮の非核化は私たちの望むものだが、もし米国がそれと在韓米軍撤退を引き換えにしたら、現在の38度線は対馬海峡に下りる。そうなれば対馬の防衛態勢は各段に強化しなくてはならない。そういうイメージトレーニングが今まさに必要だ。

     韓国人観光客を敵視する必要などまったくない。だが、自衛隊周辺の土地買収対策はすべきだ。そのうえで、訪れる韓国の若者に正しい歴史・文化に触れてもらい、日本は自国をしっかり守る良い国だと思ってもらえるようにしたい。

     ■桜林美佐(さくらばやし・みさ) 防衛問題研究家

    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190606/pol1906060002-n1.html
    夕刊フジ 2019.6.6

    引用元: ・【夕刊フジ】対馬の危機! 韓国資本による土地買収で… 自衛隊増員“渇望”する島民の声[6/6]

    【米軍基地おいた方が良い【夕刊フジ】対馬の危機! 韓国資本による土地買収で… 自衛隊増員“渇望”する島民の声[6/6] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/11(火) 19:25:36.33 ID:CAP_USER
    「50年間の日韓関係が原点に戻りかねない『体制の危機』状況だ」 (小此木政夫慶応大名誉教授) 

      「両国関係の『協力-葛藤』サイクルが消え、『葛藤の常時化』時代になった」 (チョ・ヤンヒョン国立外交院日本研究センター責任教授) 

      昨年10月に韓国最高裁の強制徴用賠償判決があった後、悪化の一途をたどる韓日関係を専門家らはこのように診断した。7日に慶応大で開催された「第7回日韓ジャーナリスト・シンポジウム」は、こうした状況に対する解決方法を探る場となった。韓国言論振興財団、韓日未来フォーラム、慶應義塾大学現代韓国研究センターが主催した今回の行事には、韓国と日本の学者・ジャーナリストが集まり、韓日関係の未来ビジョンについて意見を交わした。 

      出席者は現在の韓日関係が脱冷戦以降、両国が直面した脅威の認識の乖離から始まったものだと指摘した。チョ・ヤンウォン教授は「中国と北朝鮮、米国との同盟関係に対する両国の認識の違いのもと、国内の政治状況、政治指導者の認識などが今のような葛藤を招いた」と述べた。奥園秀樹静岡県立大教授も「冷戦の終息以降、両国間で過去という遠心力が大きくなり、安全保障や経済など求心力になってきた共通分母が消えた」とし「日本が絶対的に韓国に必要な存在だった時代が過ぎたが、日本はこうした構造的変化を受け入れていない」と分析した。 

      強制徴用判決以降の状況については、簡単には解決策を見いだせない危機という意見で一致した。小此木教授は「その間、韓日関係にはさまざまな危機があったが、1年ほど経てばいかなる形であれ決着がついて回復するものと予測した。しかし今回は誰も適切な案を出せずにいる状況」と説明した。ペ・ジョンユン延世大政治外交学科教授は「これまで伏せてきた問題、知りながらも知らないふりをしてきた問題が出てきた」と診断した。 

      しかしこうした時であるほど両国関係を長期的な視点で眺めるべきというのが出席者の共通した意見だった。チョ・ヤンヒョン教授は「韓日関係が弛緩したというが、両国間に円滑な意思疎通がなければ双方にマイナスの関係という点は変わらない」とし「安定した地域秩序の構築という多者的な観点から両国関係を眺め、長期的に市民社会レベルの人的・文化的交流を支援すべき」と述べた。奥園教授も「地域内で中国が浮上する状況で韓国と日本は北東アジア国際秩序という大きな枠でお互いの戦略的価値を認識して協力する必要がある」と強調した。 

      このために政界の緊密な対応を要求する声も多かった。日本側の出席者からは「韓国政府がもう少し明確な立場を表明をする必要がある」という意見が続いた。金顕哲(キム・ヒョンチョル)ソウル大日本研究所所長は「6月に開催される大阪G20(20カ国・地域)首脳会議に韓国が来なくてもよいというメッセージが日本政界から出ているのを見て残念だった」とし「両国首脳会談を通じて変化が生じることを期待する」と語った。秋圭昊(チュ・ギュホ)韓日未来フォーラム代表(元駐英大使)も「G20で韓日会談が行われないかもしれないという日本側の警告は外交に従事する人の常識として信じがたい」とし、日本政府の誠意ある対応を要請した。

    https://japanese.joins.com/article/288/254288.html?servcode=A00&sectcode=A10
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年06月11日 07時47分

    no title

    7日に東京慶応大で開催された「日韓ジャーナリスト・シンポジウム」(写真=韓国言論振興財団)

    ★1が立った日時 2019/06/11(火) 09:05:53.64
    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1560211553/

    引用元: ・【日韓ジャーナリスト・シンポジウム】「韓日関係は体制の危機、G20で両国首脳会うべき」[6/11] ★2

    【危機なのは韓国だけ 【日韓ジャーナリスト・シンポジウム】「韓日関係は体制の危機、G20で両国首脳会うべき」[6/11] ★2 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/11/10(土) 17:28:05.96 ID:CAP_USER
    日本企業は再び、「危ない橋」を渡ろうとしているのか-。

    日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の「異常判決」に日本中で怒りが沸騰しているなか、
    韓国で日本への「就職ブーム」が起き、労働力不足に悩む日本企業が人材を募集しているのだ。

    今回の訴訟の原告4人について、日本政府は「徴用工」ではなく、自ら応募して日本企業で働いたことを明らかにしている。
    韓国が国家を挙げた「反日」を続けている限り、将来的に、同様の事態が繰り返される恐れがあるとの指摘がある。

    韓国での日本就職ブームは、日本側の統計でもうかがえる。
    法務省の統計によると、2017年末時点で、大学での専攻などを生かして業務にあたる
    「技術・人文知識・国際業務」ビザを取得した韓国人は2万1603人で、前年に比べて約14%増加した。

    平時なら喜ばしいニュースだが、日韓関係は今、河野太郎外相が「友好関係の法的基盤を根本から覆した」と激怒するほど、史上最悪レベルになっている。

    原因は、韓国最高裁が先月30日に出した「異常判決」にある。戦時中に「徴用工」として日本企業で労働を強いられたという韓国人4人に対し、
    新日鉄住金(旧新日本製鉄)が賠償金を支払うよう命じたのだ。

    両国の請求権問題は、1965年の日韓請求権・経済協力協定で、「完全かつ最終的に解決する」(第2条第1項)と定められた。
    韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権も2005年、「(元徴用工の賠償請求権は)日本が無償供与した3億ドルに『包括的に勘案された』」と認めていた。

    そもそも、今回の原告4人は「徴用工」ではないことが明らかになっている。

    安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で、「政府としては『徴用工』という表現ではなく、
    『旧朝鮮半島出身の労働者』と言っている。4人はいずれも『募集』に応じたものだ」と指摘した。

    つまり、4人は徴用令に基づく「徴用」ではなく、民間企業が朝鮮に渡って実施した「募集」や、
    朝鮮総督府が各市・郡などに動員数を割り当て、行政の責任で民間企業に引き渡した「官斡旋(あっせん)」に応じて、日本に渡ったのだ。

    当時の日本では、多くの日本人男性が徴兵の対象となり、労働力不足が発生し、賃金が高騰していたとされる。
    このため、日本企業で働く朝鮮人労働者の待遇も良く、あこがれた朝鮮の人々が、日本に密航したことも分かっている。

    この構図は、現在の韓国での日本就職ブームと酷似している。

    朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「戦時中の日本は人手不足で、それを補おうと朝鮮半島に労働力を求めた。
    今回の原告4人は『行きたくなければ、行かなくてもいい』立場だった。でも、お金が稼げるので日本に渡った。
    極めて状況が似ている」といい、次のように懸念する。

    「日本に行った韓国人が帰国すると、日本の良いことは言えない。『日本に行って親日派になった』と批判・差別されるからだ。
    『日本でひどい目にあった』としか言えなくなる。韓国の『反日』が変わらない限り、日本でお金を稼いで、帰ったら日本の悪口を言い、
    10年、20年先には『日本企業にだまされた。慰謝料を寄越せ』という話になりかねない」
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/181110/soc1811100008-n1.html

    引用元: ・【第2の徴用工危機】 日本企業112社に韓国学生が殺到・・・専門家が懸念 「10年、20年先に『慰謝料よこせ』と言われかねない」

    【反日をうたいながら【第2の徴用工危機】 日本企業112社に韓国学生が殺到・・・専門家が懸念 「10年、20年先に『慰謝料よこせ』と言われかねない」 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/09/07(金) 09:03:53.49 ID:CAP_USER
    6日午後、地盤沈下で傾いたソウル市内の幼稚園建物の様子。
    no title


    7日午前1時、ソウル市銅雀区(トンジャクク)の上道(サンド)小学校併設幼稚園建物は断崖の危険に辛うじて踏ん張っていた。明らかに傾いた建物の下は、共同住宅工事の現場(総面積4758平方メートル)だった。

    幼稚園の建物1階は2・3階の重さに耐えきれず、柱がぺしゃんこにつぶれていた。建物全体にもところどころに亀裂が入っていた。建物を支えていた下の厚いコンクリートの擁壁も10メートル下に押し流された。擁壁があった場所には赤色の土がむき出しになり、建物から飛び出した窓のフレームは無残な姿をさらしていた。

    銅雀消防署によると、上道小・幼稚園建物の「傾斜事故」は前日午後11時22分ごろに届出があった。消防車14台と消防隊員44人が緊急出動した。

    消防当局関係者は「共同住宅工事現場の築台が崩れて地盤沈下が発生し、建物が傾いた」と説明した。

    傾いた建物からわずか30メートル離れた住宅に住む人々は、自宅の屋上に上がって事故建物を確認した。

    事故建物に隣接したアパートに住むチョンさん(28)は「午後11時を越えた時刻に、突然、ドンドドンという音が立て続けに聞こえた。周辺で花火をしているのかと思った」とし「幼稚園が地盤沈下に巻き込まれたらしいということは、消防車が来るまで考えもしなかった」と話した。

    また別の住民キム・ヘジンさん(24)は「非常に大きな銃声のようで、花火が空中で開くときのような音のようでもあった」とし「不安な気持ちで母親と一緒に屋上に上がってみた。いつ崩れるかもしれず不安だ」と話した。

    銅雀区庁・消防当局は事故現場に近い上道4洞住民センターに一部住民を避難させた。

    ここで会った住民(58)は「大きな轟音が聞こえたが、同じ住宅に住んいる住民がうちの家のドアを叩いて『建物が崩壊した。避難して』と教えてくれたので、急いで出てきた」と話した。区庁関係者は、住民センターに避難した10人余りをまず近くの宿舎に案内した。不安な住民は住民センターで状況を見守っている。

    消防署関係者は「現場指揮所を設置した。建物が傾いている状態なので事故現場周辺を統制して状況を見守っている」と話した。


    2018年09月07日07時36分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/871/244871.html?servcode=400&sectcode=430

    引用元: ・【韓国】 ソウルで突然の地盤沈下…建物が崩壊危機 「ドンという音がして傾いた」 [06/07]

    【【韓国】 ソウルで突然の地盤沈下…建物が崩壊危機 「ドンという音がして傾いた」 [06/07] 】の続きを読む

    このページのトップヘ